札幌に行ってきた。
しかも、仕事を3日さぼって。バニラエア。
成田空港第3とかどんな僻地だよ。

ムチャクチャ不便。

でも、往復1万円。
名古屋に行くより安いとか、静岡に行くのと変わらないとか、どんだけ安いのか。


IMG_20160607_145228


そもそも北海道は15年ぶりぐらいの2度目だ。
前回は登別。
ここには、会社の慰安旅行で行って、みんなでストリップ見たことしか覚えていない。

今回は自分から行くことを決めた札幌だ。札幌初体験。
狙いは、四季の「ウィキッド」 だ。

IMG_20160608_082045



でも、このエントリーでは余市工場について書こう。
ウィキッドについてはまとめて別途。

IMG_20160608_101600


余市工場は、札幌から電車で1時間半。
まあ、許容の範囲だろ?
小樽からは1時間に1度しか電車が出ていない。

IMG_20160608_100300


ご存知の通り、マッサンとエリーの町だ。

IMG_20160608_120003


今回は予約して行ったが、予約なしでも見学はできるようだ。

場所は余市の駅前。徒歩5分。
便利な場所だ。

建物はリビルドされているものも含めて綺麗だった。
まさに、観光コースかな。
IMG_20160608_132128 - コピー

IMG_20160608_132135


IMG_20160608_105430_3CS

IMG_20160608_105416


IMG_20160608_105640


見学コースごとに見ていこう。
これはピートを蒸すところ。
石炭を使うのは国内で唯一ということらしい。

IMG_20160608_104120


IMG_20160608_104118


IMG_20160608_104112


IMG_20160608_104053


IMG_20160608_104052



これは、蒸留釜。
サントリーと大きく変わらず。

IMG_20160608_104031


IMG_20160608_104027

IMG_20160608_104022


樽。
こちらは展示用。
貯蔵してある現物は、展示してないらしい。
宮城峡ではちゃんと見学コースにのっているみたいだ。
こちらもそのうち行ってみたい。

IMG_20160608_105756

IMG_20160608_105751


ピート。
初めて現物を見た。
臭くはなかった。
火を入れるとかなり臭うらしい。
乾燥していたからね。

IMG_20160608_111212

IMG_20160608_111216



全体的に。
サントリーの山崎工場には2回、白州工場には1回行ったが、それに比べるとエンタメ性は低い。
「さらっと見学コースを見せます」
みたいな内容だった。
できたら、リアルに製造している場を見たかった。

IMG_20160608_110755








有料の試飲ももうひとつ。
山崎では原酒とか、山崎21年とかの試飲ができたのに、そういうのも一切なし。
工場ならではプレミアム感がほしかった。

(こんなとこも飲んできました)
IMG_20160608_120518


IMG_20160608_121233


IMG_20160608_121830



無料試飲はこの3種。
3杯まで。
私は勝手に5杯のみました。すいません。

IMG_20160608_112241


IMG_20160608_113626


IMG_20160608_114738


IMG_20160608_114441

電車の時間まで間があったので、昼メシはこちらの園内のレストランで。
イクラ鮭丼。
1800円くらいかな。
まあ、普通。
東京で食べた方が美味かったかもね。

IMG_20160608_123902 - コピー

IMG_20160608_123905 - コピー

次は宮城峡に行きたいな。
NIKKA的には、宮城峡の方が生産量が圧倒的に多いらしい。