更新が滞りがちであるが、頑張ってブログ更新していこう。
日曜出勤したオフィスで自分のパソコンを持ち込みながら。

5/3(祝)
大阪キャッツ
image


前から3列目くらいの席。
驚くほどに近かった。
キャストたちも知っている人は少なかったが楽しむことはできた。

image

1年に1度程度はキャッツを見たくなる日がある。
そんなときには、突発で見に行こう。
でも、大阪までグリーン車は贅沢しすぎだね。

image



5/4(祝)
宝塚大劇場

image

演目の名前も忘れてしまったが、宝塚をみてきた。
新人の口上なども聞いたりして楽しかった。

image

やはり、宝塚は大劇場で見ないと駄目だな。

image


公演は前半は喜劇。

image



それなりに面白いかったのではあるが、たまにしか見ない私はコテコテの少女マンガのようなラブロマンスをみたい。
これぞ宝塚、みたいなの希望だ。

レビューの方も悪くない。
こちらは「これぞ宝塚」
満足できる内容であった。

5/6(土)
谷口あかりライブ。
井坂茜とのライブ。
四季関係の楽曲も多く出て楽しかった。

image


彼女のメルマガからセットリストが出たのでコピペしつつ感想など。

image




【5月6日】

生まれてはじめて(アナと雪の女王)昼 / どんな夢より(リトル・マーメイド)夜
Nothing(コーラスライン)
メドレー
・Mama Who Bore Me(春のめざめ)
・シャドウランド(ライオンキング)
・The Sound of Music (SOM)
・もうすぐ17歳(SOM)
・I Have a Dream(マンマ・ミーア!)
・ポピュラー(ウィキッド)
・マーメイドソング(アスペクツ・オブ・ラブ)
・Part of Your World(リトル・マーメイド)
・リフレクション(ムーラン)
・歌を歌いましょう(君よ生きて)
・魔法使いと私(ウィキッド)
・ア ホール ニュー ワールド(アラジン)夜
・楽園(フランケンシュタイン)夜

・H12メドレー

・Something More(ルドルフ  あかり ゴリ)
・扉あけて(アナと雪の女王  あかねゴリ)
・闇に生きる(ウィキッド あかねあかり)

・で、ミゼラブル(Sign)
・愛した日々に悔いはない(コーラスライン)

・Thank You For the Music(マンマ・ミーア!)

全体的に四季時代の楽曲が多かった。
これは親しみのあるナンバーが中心で、観客への伝わる感は大きいと思う。
小劇場での楽曲も良いものは沢山あるのだが、上演回数が少ないために観客の耳に馴染む前に消えてしまう。
こういう点でも四季の破壊力は大きいのか。

それよりも、おれが行かなかった前日のライブはカバー満載で聞きたい曲ばかりだった。
貼っておこう。

【5月5日】

・にじいろ(絢香)
・365日の紙飛行機(AKB48)
・ありがとうメドレー
・Thank You For The Music(ABBA)
・サンキュ。(Dream Come True)
・ありがとう(いきものがかり)
・ありがとう(大橋卓哉)
・ありがとう(Kokia)
・ただ、ありがとう(モンキーマジック)
・ありがとう(JUJU)
・ありがとう(Funky Monky Babys)
・涙そうそう(夏川りみ)
・もらい泣き(一青窈)
・歌うたいのバラッド(斉藤和義)
・ダーリン(西野カナ)

・誰に話していこう(ユウサミイ)
・うたを歌いましょう(ユウサミイ)

・愛をこめて花束を(Superfly)
・糸(中島みゆき)
・Smile with Me(オリジナル)
・手紙〜愛するあなたへ〜(藤田麻衣子)
・何度でも(Dream Come True)
・hank You For The Music(ABBA)

中島みゆきの「糸」とか、しみじみと聞きたいわな。

image

5/20(土)
image

引越し前にもう1度「ライオンキング」
これは定番の安定感。
四季劇場が浜松町を離れていく。
東京オリンピックを目指して浜松町周辺の再開発が始まり、四季劇場も立ち退きになるのだ。
私は劇場の立地は重要だと思っている。
また、演劇はその場に出かけて行く文化なので、1度根をおろしたら簡単に移ってはいけないと思う。

image


劇場に行く日の高揚感。
朝、目を覚ましたときに始まり、新幹線を含めた電車の中、降り立った駅、劇場までの商店街、劇場のモギリ。
終わったあとの喫茶店での舞台に関する会話。
全てが舞台を構成する主要要素だ。

舞台も地元商店街と一体になって街を作っている。
それが演劇のある街なのだと思う。

今回は、東京オリンピックの再開発での移動であるが、新たな移転先の大井町でも豊かな文化を創ってほしい。

image

ちなみにこの日、日下翁のためにこんなコーナー。
合掌。

image


image

5/20(土)
ロストフォレスト@新馬場六行会、ミュージカル座

image

これも谷口あかりつながり。
当日に照明機材が動かずに開演が遅れるというドッキリがあったが、そこを乗り越えての上演。
私の目には、機材トラブルは全く映らなかった。
というか、役者もスタッフも必死で頑張ったのだよね。
気になったのは、麻田キョウヤ氏。
マヌケな幽霊役で登場。

image

白塗りだったで誰か分からなかった。
でも、さすがにベテラン俳優。
こんな役もできるのか!!という引き出しの多さで見せてくれた。

5/28(日)
吉沢梨絵
「I have a piano」
これもクオリティの高い舞台。
でも、なぜか感動に至らず。
自分の中で未消化のまま。

image



5月は6本。
それなりに多かったな。
6月は既に消化済みなのも含めて、6本予定。
このままだと、年間70本の大台にのってしまうな。
最近は四季の比率や遠征も増えてきた。
自重しながら投げていこう。

それにしても、日曜日のオフィスは暑い。
クーラー入れてくれよ。