2/14(日)

image


木村花代のライブの定例会に行ってきた。

彼女のファンミーティングにはよく行っている。
ただし、これで一区切り。彼女はしばらくはライブ活動は休止するという。

だから、今回は解散記念。
あまり見れなくなるというのもあり、気合をいれて横浜まで行ってみた。

会場は、梟の歌。毎度おなじみだね。
前回、遅刻したのもあり、開場時間の10分前に行ってみると20人ほどの行列。
やはり彼女は固定ファンを多く持っている。

今回はバレンタインライブ。
相変わらず、カップルで来ている人は少ない。
彼女からは、手作りのチョコを貰った。
勘違いして受け取っておこう。っていうか、その場で食ってしまった。

image


最初は、オペラ座の怪人から3曲。シンクオブミーを含めて歌ってもらった。
(いつものお約束の気ぐるみはなし)

その後は四季時代の歌中心に。

1幕のラストは、ウィキッドからポプュラーを大阪弁バージョンで。
グリンダが大阪人というか、ロス出身だったらさぞかしみたいな関西弁だった。
「♪うち、関西人やし〜〜!!」
さすが花ちゃんだ。
関西人のノリで楽しませてくれた。

2幕はディズニーメドレーからスタート。
パートオブユアワールドとか
アナ雪とか
美女と野獣とか
その辺りをメドレーにして聞かせてくれた。

後半は四季卒業後の歌を中心に。

オーディナリーデイズから、「I'll be here」も出できた。

これ、やはり名曲だ。

この舞台に関わった人は、歌い続けて欲しい。
いろいろなテーマを含んでいてメッセージもたくさんもっている。

そういえば、マンマからも数曲やってくれた。
「OUR LAST SUMMER」
「この手をすりぬける」
など。
彼女の持ち役のソフィではなく、ドナのナンバーから聞かせてくれるなど
これも将来に向けて期待が持てる。
花ちゃん、ドナの客演で帰ってきてくれないかなあ。
「Little woman 」では千寿さんと
ダブルだったし。
(この日、奈良坂氏が言っていたが、「千寿さんは花ちゃんより細い」らしい。
ってどれだけ細いのか?花ちゃんでも近くで見るとムチャ細いよ)

誰か、マンマをなんとかしてくれないかなあ。
(彼女は四季にはもどらないという。それでいい。彼女の思う歌を自由に
歌ってほしい。
自由ではない役者さんを見ているのは観客として苦しい。
自由な花ちゃんをみて、自分も自由になれると思う)

ラストは「愛した日々に悔いはない」
たしかに、これもメッセージのある歌だ。彼女の思いが伝わってきた。
他の記事でも触れたたが、ここ数ヶ月の中で何度も聞いてしまった。
でも、歌う人それぞれに違いはあるのだよね。

アンコールのあとは、ファンから
「愛をありがとう」の合唱。
なんだ?なんでみんな歌えるんだ?
って俺も大きい声で歌ってしまった。

途中、花ちゃんも感極まって涙に流されそうな瞬間もあったが、
さすがそこはプロ。グッとこらえて、しっかり歌い切るとか。

彼女からは
「5年間、このライブに助けられてた」

という言葉もあったが、救われてたのはむしろ、俺。
ここで、何度元気注入されたか。

いつも、終わったら挨拶もせずに帰るけど、ここで貰った元気は間違いなかったのだな。

そうは言っても、この日も挨拶もせずに帰るなど。
いや、スターの役者さんとお喋りなんてできません、、、、、、

----------------------------

2/20(土)内田莉紗ファーストソロライブ
image


奈良坂ファミリーつながりということで、翌週の土曜日。
内田莉紗ちゃんのライブにも行ってきた。
はなみずきの会produceということで、基本的に奈良坂氏と花ちゃんと内田莉紗ちゃんの
3人で歌う。
ピアノはもちろん、久田奈美さんね。

会場は神楽坂の「The Glee」
ここ、すごく上品なんだよね。
音響もいいし。(音がとても綺麗に聞こえる)

image



だからというわけではないが、ワンドリンクは白ワインを頼んだ。

内田莉紗ちゃんについては、過去の花代ライブで何度も会っている。
たぶん、3度目くらい。
気になっていた女優さんだったので、会いに行ってみた。
暇だしね。
(でも、この日、水戸から早朝バスに乗って東京に戻ってきた。翌日は館山へ行かなきゃだし。
意外にタイトなスケジュールだ。)

彼女の来歴についてはこちら。

知らなかったが、アニーやヤングナラにも出ていたんだね。
しかも、大人になってから四季に戻ってきて、研究生もやっているし。
声の音域も高いし、短期間では水野貴以みたいな役どころができればいいんじゃないのか?
究極的には、本田美奈子だけどね。

この日の彼女のセットリスト
彼女にtwitterで呼びかけたら、ブログにセットリスト出してくれた。
ありがとうございます。
これ、嬉しいんだよね。
セットリスト出てくると、後で思い出してニヤニヤできる。

1部
1.アメイジンググレイス
 奈良坂・花・莉紗の3人で。
ライブに行くとよく聞く曲だけど、ミュージカルの世界となにか由縁でもあるのかな?

2.自由への行進
 これ「アイハブアドリーム」のメインテーマ。ついこの前まで出演していたみたい。(知らなかったし)
 彼女はベス役。昨年は小松春佳ちゃんもやっていた役だ。
 ベスは、若手の注目株がやるみたいだ。
 莉紗ちゃんも注目度が高いのだろう。
 
3.フローラ
4.ほしものがたり
 この「3〜4」はよく分からないんだけど、彼女がサンリオピューロランドでキャストを
 やっていたときの持ち歌みたい。
 だいぶ、アイドル入ってますし、アニメ系でもあるね。
 声質が高いから、そちらの世界にも入っていけそうだ。

5.Happy birthday to you
 これは、ピアノの久田奈美さん作曲による新曲。
 いい歌だった。
 今回のライブに向けての新曲
 耳に残りやすいね

6.Think of me
 これは花ちゃんのソロ。
 毎度おなじみではないけど、しみじみと聞かせてもらいました。

7.王様になりたい
 彼女がヤングナラを昔やっていたということもあり、この曲。
 ヤングシンバの魅せ場だけど、いやいやナラもいいね。
 奈良坂さんのザズーもいいんじゃないの?

8.Seasons of love
9.365日の紙飛行機
 これは朝ドラのうた。おれは聞いたことないけど。
 普段、地上波見ないから?
 
2部
1.フォーチュンクッキー
 花ちゃんと二人でAKB。
 花「もうやりません!」って言っていたけど、またやってください。
 楽しみにしています。

2.名も知らぬ人
3.哀しみの祖国
 この2曲は「異国の丘」から。見てないんだよね。昭和3部作で俺が未見で残す1作。
 将軍様も退団したし、もう再演かからないかな?


4.風に立つライオン
 これは奈良坂氏のソロ。
 前にもはなみずきの会で聞いたかな。しみじみと来る歌だった。

5.何かが変わった
6.輝く未来
7.生まれたわけ
8.君へ
9.ファンレター
 これは彼女が最近出た舞台の「スター誕生」から。
 昭和歌謡な歌。でも、これなかなかいい。再演があったらぜひとも見に行きたい。

10.Thank you for the music
 2部のラストの曲。
 「Thank you for the music」って吉沢梨絵ちゃんの専売特許と思っていたときが
 あったけど、そんなことはない。
 いい歌は皆で歌うことで育っていく。
 この日もそれを感じた。
 この曲は奈良坂ファミリー全員で

11.全てを歌に
 これはアンコール。「スター誕生」から。昭和歌謡でいい曲だ。

全体的に
彼女のコアなファンと、奈良坂ファミリーの一派が来ていたせいもあり、ある意味
予定調和のお約束の中で成立していた。
ただし、みんなが娘の巣立ちをみるような暖かい空気の中だった。

彼女、歌は上手い。
高音に素直に伸びていくソプラノは透明感があり、聞いていて気持ちがいい。
これからに大いに期待が持てると思う。
でも、苦言を呈すならば、自分の持ち曲以外に対する深さというか芯が足りない。
芝居で歌った曲などは、しっかり伝えきることができていたが、それ以外の曲は
やはり1段落ちてしまう。

でも、そんなの当たり前だと思う。

これから、聞き手との信頼関係も含めて、いい歌を歌えるようになればいいと思う。

-----------------------

帰りに、握手コーナーがあったので、お土産持参(水戸で買った「ねばーる君せんべい」)で
ご挨拶。
いやげものだな。

6d0a64b4-s


握手って罪ですね。

もう、何度でも通ってしまいそうになるくらい。
彼女の柔らかい手でオジサン、メロメロでしたわ。

ね?これって。俺のオシメンの小松春佳嬢への裏切り?
いえいえ、ミュージカル全体を愛してます。って、最近、若い女優の話ばかりじゃん。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓お土産でフォトカード貰いました
Scan0013