12月観劇日記(すこしずつ書き足しています)
⇒ 編集というか、画像のup終わりました。
 

12/9(金)水野貴以ソロライブ@吉祥寺
会場は、吉祥寺のヨドバシ (昔の近鉄)の裏の、
スターパインズカフェ。

70人くらい入りそうな、ライブハウスとしては大きな箱
であった。 

image

 
http://ameblo.jp/mizutaka127/entry-12227301887.html

image

彼女の言う「茶番」というか「寸劇」もありながら楽しませてくれた。

バンド構成も4人(ピアノ、ギター、ベース、チェロ、ドラム)、
本格的に楽しませてくれた。
ゲストは田宮華苗に丹宗立峰。
ミュージカル座のチームだね。


曲目も忘れてしまったが、14Gとかも歌ってくれて楽しかった。
印象に残った歌は、ウィキッドから「魔女になる」
なかなかライブで歌う人は少ないのであるが、レアなポイントから
聞かせてくれた。 
ディズニー特集とかもあったかのような。
マライア・キャリーのクリスマスの歌があったような。 
すまん、あっという間に忘れてしまった。

それから、小此木マリちゃんも会場に来ていて、
2席隣に座ったのが印象深かったかな。

o0480064013817876714
 

<2017/2/2>
 ミュージカル座が当日の動画を上げてくれた。
貼っておこう。

 

--------------------------------
 
12/10(土)「触れない月」@中野
村松みさきという注目の脚本家の作品。ストレートプレイ。
ちょっとした繋がりで見に行った。

image


image


 

<キャスト>
大嶋麻沙美 
岡谷瞳 (Timely Office)
かまくらあや 
新里哲太郎 (劇団居酒屋ベースボール)
仲村大輔  (劇団PIS★TOL)
のしほ 
宮吉康夫 (パンチドランカー)
村松みさき (村松みさきプロデュース)
本倉さつき (劇団PIS★TOL)  
吉澤尚吾 (CLEO)

9999


Scan4222


大変よく練られた脚本で、時の流れを多重的に見せてくれた。
小川信太郎さんの舞台で見つけた仲村大輔君が出ていたので、気になって見に行ったの
だが、他にも面白そうな人を見つけられたのだが収穫だった。

仲村大輔君はヘナチョコが似合うということにも気が付いた。 


Scan4222222
Scan4222223
666666


Scan455555


 --------------------------------------------

12/24(土) Company Musical Concert「レ・ミゼラブル」@恵比寿アーレスコート
 
http://ken-agawa.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/company-musical.htm

image


たてつけはライブ(コンサート)なのだが、レミゼのほぼ全曲を見せてもらった。
4000円でレミゼを見てしまってお得感十分。
しかも、アンサンブルまで歌が上手で感嘆するばかり。
バンドも、オーヴォエ、チェロ、ピアノと豪華だった。

クリスマスイブに素敵なプレゼントをもらった気分だ。

キャストは、ジャン・バルジャンに阿川健一郎、
ジャベールに、武藤寛。

有名どころは、この2名だけで、あとはほぼ若手の
出演だった。

こういう、若手に出番を与える試みはいいのではないか。
しかも、大作だしね。
見ごたえがあった。

意地悪な言い方をすれば、こんな超大作の難しい芝居、
大怪我してもおかしくない。
でも、そこを乗り越えてしっかり成功させるとは、感動を
通り越して、驚きの範疇だ。

image


Scan4000



 --------------------------------------------
 
12/25(日) 小松春佳ライブ@西荻窪

<別記事>に切り出しました。

http://blog.livedoor.jp/yoshibou11/archives/53216954.html

 
小松春佳15284984_1139324686186249_2266402747912633363_n












 --------------------------------------------

12/28(水)銀座ボンボン。四季ナイト。
阿川健一郎と武藤寛の掛け合い漫才。
この二人には、クリスマスイブに恵比寿のレミゼで会ったばかりだ。
この小箱で聞くと、阿川氏の歌の上手さには本当に驚かされる。
劇団時代も含めて、彼のことをあまり知らなかったのは俺の不徳のいたすところだ。
曲目のほうは、当然のように殆ど忘れてしまった。
俺が悪いんじゃない。ムーチョがあまりにも喋ってばかりいるから、、、、、。

あずさ2号しか覚えてないよ、、、、、、。 

image


image

 --------------------------------------------

12/30(金)ノートルダムの鐘@四季劇場秋
image


これは、、、、、、
久々に度肝を抜かれた四季の新作だった。
いまだに「アラジン」を未見の俺にとっては、こんな驚いた芝居は久しぶりだ。
これから何年も上演される名作になっていくのではないだろうか?
特に、カジモドが鐘を鳴らすシーンは圧巻。
みんな、見にいくべし。
これについては、別エントリーを上げよう。
四季に対するせめてもの感謝だ。

これだけのクオリティで長期公演を打てるのは、国内では四季しか
ないだろう。
さすがに四季だ。
参った。
また行っちゃうぞ!! 

image


image


1

 --------------------------------------------

12/31(土)木村花代カウントダウンライブ。@六本木

image

全体的にJPOPを中心に歌っていた。
JPOPになると、途端に下手になってしまうミュージカル俳優は多いのだが、
花ちゃんの場合はJPOPもうまい。
しっかりと自分の歌にして解釈してうたっているのだろう。
これができないと、カラオケになってしまう。
ミュージカル俳優がJPOPを歌うことには反対だったのだが、ここまで上手く
歌っていただければ大満足だ。

<セットリスト:覚えている範囲で>
・春よ来い
・夏の扉
・秋桜
・津軽海峡冬景色

・アニメメドレー
 ルパン3世のテーマ
 隣のトトロ
 タッチのテーマ
 ラムちゃんのテーマ

・世界でひとつだけの花
  
・シンク・オブ・ミー
・ポピュラー(関西弁バージョン)
・島歌
・ドレミの歌
・二人の世界
・時の流れのように

ライブの感想は、見たらすぐ書かないと駄目だね。
すぐに曲目を忘れてしまう。

image


会場では年越し蕎麦と樽酒をいただいてしまった。
♪振る舞い酒に酔っ払い、だった。
 
image


 
12月は7本か。
どうりで何か疲れた感があったわけだ。
理想的には月に3本だろう。
2016年は年間で何本見たのだろうか?
これから、数えよう。
たぶん、50本くらいかな。