2月3月観劇日記
(画像を整理しつつ更新中)

新しい商売が始まったのもあり、忙しくてブログを書けずにいた。
それでも、観劇やライブには行っていた。

2月・3月の観劇日記書いてみよう。

2/25 龍平カンパニー「君よ生きて」マチソワ
これはブログに記事をあげることができた。
http://blog.livedoor.jp/yoshibou11/archives/53223459.html

魂のこもったいい作品だった。

2/26
谷口あかりファンクラブライブ
ファンクラブで告知が出ていたので、フラフラと出かけてしまった。
場所は、田町のオクションの個人宅。
窓からお台場と海が見えるような高級な場所だった。
他のミュージカル俳優の人も使っているみたいね。
俺もこんな凄いパトロンになってみたいものだ。

音楽のほうは彼女の出演した「フランケンシュタイン」から。
すまん、見に行ってないわ。

この日、帰りにはチェキで彼女と2ショットで撮影とか。
お土産としていただいた。
この人のように、にやけてはいないが、緊張で顔が明後日になっていた。
ネットの世界に晒したら、チキンであることが露呈してしまうので、こっそり財布の中にしまっておこう。
やはり、スターの前では別人になってしまう。

3/4 谷口あかり・井坂茜 四谷天窓ライブ
前週に続いて谷口あかり縛り。
http://ameblo.jp/akari-taniguchi/entry-12253565130.html

ミュージカルの歌も多かったのだが、その中でも特筆すべきは
「魔女になる」
これはファンに向けて動画が公開された。
素晴らしいアレンジだ。
比較的地味なこの歌にスポットを当てた着眼点もさることながら、輪唱で
歌いきるとかもありえないほど素晴らしい。
緑のスポットライトも含めて賞賛だ。
アプローズ。




今気が付いたのだが、「魔女になる」じゃなくて「闇に生きる」なんだね。
いやーまいった。何10回もみた好きな舞台なんだけど。

3/11「エルホス」
年に何回も見ないストレートプレイ。

今回は「君よ生きて」で出てきた冨田浩児に釣られて行ってみた。
若い人ががんばっている感はあった。
トミーは、チャラい役が似合うね。
あと小島よしおにも似ている。

ダウンロード


3/12
親の顔が見てみたいライブvol30@銀座ボンボン
凄い凄い。
相変わらずの水野貴以ちゃんでよかった。
丹宗立峰君も久田菜美ちゃんもよかった。

アランメイケン特集ということであったが、一番良かったのは
「スーパースター」(byジーザス)かな。
これはポップで盛り上がりもあった。

毎度のことながら、近場の銀座は行きやすい。
こちらも毎度のことだが、近すぎて開演直前になるのも控えよう。



3/19
「ノートルダムの鐘」
ノートルダムの鐘、2回目。
2回目にしてやっとストーリーが見えてきた。
素晴らしい舞台であることは違いない。
閉幕が早くも決まっている舞台なので、今のうちに何度でも行こう。
この日、今年初めてのスタオベ。
2階席からスタオベって、勇気がいるのね。 


3/20
「ライオンキング」
2年に1度のペースになってしまったLK。
久しぶりに見ると面白いね。
でも、細部までしっかり覚えているし、拍手のタイミングをはずさずに
ガンガンアプローズしてきた。

引越し前にもう1度。
あと、1度いけるかな?とおもいつつ、帰りに窓口で予約。
結局、LKも好きななのか

3/26
「リトルマーメイド」
もう行くことはないと思っていたLM。
四季モードに入っていたので、勢いにのって行ってしまった。
初見の秋元恵美、女王の貫禄に相応しい美しさ。
C席3000円でオペラグラス経由で見ても至福だ。
演目としての華やかさはもうひとつなのだが、好きなキャストが現れたと
きには見に行こう。
見たいときが身頃だということだ。
あと1度、残り1週間で見れるかな?
谷原詩音ちゃんの、東京ラストのアリエルを見てみたい。

名古屋にも行くだがね。
なにしろ、若菜まりえチャンがでてくると、ゆーとるからね。
(名古屋弁、あってます? )

2月:3本
3月:6本

3月は頑張ったな。
平日は忙しくても、土日は開放されることに感謝しよう。