4月の観劇日記。
思い出せる範囲で。
画像も整理しつつ更新中。

4/1(土)sign 藤倉演出@中目黒
前回上演で評判が良かったので行ってみた。
ソングサイクルミュージカルという新しいジャンル。
相変わらず、私の中で掴めずにいたが、なんとかかんとか成立している様子だけは垣間見れた。
印象に残っていた歌は「で、ミゼラブル」
これは、各所のライブで歌われているが、ショートミュージカルで歌うには相応しい内容であった。
演技も入ってくると、ライブよりもストーリーが数倍掴みやすい。
また芝居で聞きたい曲だ。
キャストの中では谷口あかりちゃん。
やはり彼女、1番光っているキャストであった。
他のキャストには悪いが、2段も3段も上にいて、格の違いがあった。
まさに役者が違っていた。

ソングサイクルミュージカル、もう少し我慢して見続けてみよう。
なにか、新しい世界が広がるかもしれない。


image

4/8(土)ノートルダムの鐘。
3回目のノートルダム。この日は田中カジモトと野中フロロー
野中さん、芝さんと全く違うフロローだったが、素晴らしかった。
どちらもいい。

image


image


4/15(土)オペラ座の怪人@神奈川KAAT
席が最悪。
サイドの3階席で見切れるは、乗り出さないと見れないわ。前の人は気になるわ。
こういう席は発売を控えて貰いたい。
初見の人など、芝居が嫌いになってしまう。

舞台の方はそれなりに高品質。
15年以上ぶりのオペラ座だったが、品質の高さは実感できた。
でも、好きな舞台ではないな。
マスカレードは凄かったけど。

image


image



4/16(日)ハートストラ@六行会
ミュージカル座の舞台
知っている人がたくさん出ていたので行ってみた。
今回は国産ミュージカルの素晴らしさ。
久田奈美さんのオール書下ろし。
凄い人だよ、この子は。
どんなジャンルの曲もかけてしまう。
終演後に彼女と小さく会話もできた。
奈良坂氏とも目でアイコンタクトしたりして。
他にも気になっていた役者さんにお礼のみでも言いたかったのだが、果たせず。

肝心の舞台もよかった。
般若心経がテーマだったが、それ以上にエンタメは感じた。
特に「無」のクダリはよかったなあ。
これは再演してほしい。

image


4/23(日)この町がなくなる @荻窪小劇場
好き好きアイドルの石井亜早実ちゃんが出ていたので見てきた。
彼女、可愛い女の子から女性に変身しつつある。
ティンカーベルのような可愛らしさと、大人の女性が同居するようになってきた。
これからも変化を楽しむように見に行こう。

4/29(土)ノートルダムの鐘@浜松町マチネ
この日4回目の観劇。
飯田カジモトと芝フロロー。
安定キャストだね。
ノートルダムの鐘については、どこかでまとめて記事にしたい。できるのかな?

image

image



image
しっかり、俺が映っているという、、、



4/29(土)アラジン@新橋ソワレ
マチソワ、夜の部。
楽しんだ。

image


これは凄く面白い舞台だ。
開幕して2年だが、今まで行ってなかったことを凄く後悔。
遊園地にいるような楽しさを味わえる。
これからも、チケットを探しながら見に行こう。
最近は、四季のチケットはオケピで殆どとっている。
直前になると、驚くようないい席が出ていたりする。他の演劇ヲタクに感謝だ。
image


image


4/30(日) 
王家の紋章@帝国劇場
帝劇初体験。

image

東宝ミュージカルシリーズ。足を踏み入れてもいいものか、悩みどころである。

image

舞台の方は久しぶりの濱田めぐみ先生。
彼女の演技、最後に見たのはマンマ以来だから、5年以上は経っているのか。 
やはり、その辺りのアイドルとは格が違うどころか、世界とか次元が違っていた。
AKBの宮澤さえとか、彼女と同じ舞台に立って自分の未熟さを痛感して5年後くらいに四季で主役でもやってくれれば演劇ファンも納得するだろう。

image

他に山口佑一郎とか。
名前は知っていたけど見るのは初めて。
この人も大御所だよな。
見れてよかった。
image

4月は8本!!
これは今までの月間新記録か?
こんなに見ることは今までなかったな。
オケピで四季劇場のC席3000円の味を覚えてしまったから、かなりやばい。
半分は四季だしな。

5月は既に大阪まで遠征済み。
はてさて、どこまで見に行けば病が収まるのか