10月観劇日記

もう年も明けてしまったが、2017年10月の観劇日記を書いていこう。

10/14
ムーチョライブ。武藤会。@横浜


1510497352692

武藤寛のバースデイライブ。
いつもの歌もあったのだが、ガンダム関係の歌などもあったりして、世代としては
嬉しかった。
ごめん、だいぶ忘れている。
ライブは早めに感想を書かないと忘れるね。
(尾崎とかもあったかな?)

1507974017396

1507974021482

これはお土産で貰ったコーヒーとカード
1508738725043



10/21
10/22
10/29
スコアプロヂュース「I love you,you are perfect,Now change」
なうちぇんじ。

1508580236908

1508580230697

1508738704144


キャストが良かったので、思わず3公演も申し込んでしまった。
https://ameblo.jp/lllllmusicalllll/entry-12299458538.html


1509244417803



好きなキャストである木村花代、沼尾みゆき、今井瑞、水野貴以が揃っていたので
行くことは前から決めていた。
前回上演の評価も高かったし。

1508574776455



でも、3グループに分かれて出てくるので、合計3回の鑑賞。
これは結果的に凄く良かった。
同じ脚本・演出でも色合いの違いをマザマザみることができ、十分に楽しめた。

木村花代について言えば芸達者だ。
1508574781137


麻田キョウヤとの大阪弁の夫婦はイッチャッテイル感が出ていてよかった。
また、刑務所内の結婚相談所の相談員役は舌足らずでズレまくっている感がたまらん。
一人で延々と喋り続ける手品女も飽きさせることがなかった。

今井瑞は今年の俺の追っかけポイントだ。
歌うときの目線が好きなので、追いかけるように見ている。
年明けにも、主演舞台があるので見にいきたい。
http://www.musical-za.co.jp/stage/%E9%87%8E%E3%81%AE%E8%8A%B12018/#CAST


そして、今年一番見た女優の水野貴以。
彼女、今が旬だ。
失礼を承知で言うが、歌が巧い。
高音の美しさの中に、染み入るような説得力がある。
何度でも聞きたいと思う。

上記以外の俳優もみんな良かったのであるが、特に気になる俳優としては、
伊藤広祥だ。
http://orchard-net.com/wordpress/?page_id=4274
器用さと力強さが同居している気がした。
これからに楽しみだ。
若手の男で輝いている人を見つけるのって難しいのだよね。


この公演、10日間ほどやっていたのだが、その間に2度も台風がくるという正に嵐を呼ぶミュージカルだった。

ソングサイクルミュージカルは今年は何本も見たが、その中で唯一成功している事例だった。
さすが、オフブロードウェイでの成功作品だね。スコアさん、さすがです。

つけたしではないが、受付に居た渡辺桃子ちゃんも可愛かったぞ。
今回も、少しだけお話しました。


10/22
猫はしる


1508654704825
新百合ヶ丘の地域ミュージカル。
地元の人たちと、笠松はるが協業して構成していた。
全くの素人が多く入っていたとは思えないほどの良作。
小劇場とか、地域劇場とか、こうやって育てていくべきなんだろうな。
小規模劇団。
来年はできるだけかかわりを持っていこう。
見るだけでもなく、支援するだけでもなく。

1508559384859


10/28

アラジン
1509173629904


阿久津ジーニーに慣れてきたアラジン。


1509168266688

ジャスミンの斎藤舞は初見。
名古屋のマンマでソフィを長くやっていたイメージだが、
娘役としてのキャラに大いに合っているのではないか?
ジャスミンのかわいらしさと、はじけている感がよく出ていた。

アラジンは相変わらずの十分な華やかさで大盛エンタメ。
これは、2ヶ月に1度はしっかり通わないと。
(でも、大阪公演とかにも行かなきゃ行けないだろうし、東京公演は相変わらず、全日満席だし、どうするんだろ?)


<ご欠席>
10/21
谷口あかりと藤川ティモンの「オズ」
会場と日程を間違えて行ってしまい見れず。
月に何本も見ていると、思い込みも含めて間違えたりします。

10月は6本。まずまずかな。