カテジナ・ルース・ファンクラブ

悪女よ。戦う必要はない。君は自分が勝ったことに気づかない馬鹿か?

2020年10月25日

わたしはここにはいないの!

fda603c3.jpg


seiza-hayamiban@willcom.com

07066313844

東京都北区王子本町3-1-13-506

北海道(8)、岩手県(10)、山形県(2)、群馬県(4)、千葉県(1)、埼玉県(2)、東京都(500以上。正確な回数不明)、神奈川県(2)、山梨県(1)、奈良県(2)、和歌山県(1)、大阪府(1)、愛媛県(5)、兵庫県(1)、富山県(1)、福岡県(10)、大分県(2)

韓国(1)

くまさんのあげあしとり、エレガントピクルス、蓮、緑野大地プロジェクト、小悪組、MEIGA―ZA、人気アイテム、東京三角、カリフォルニアバカンス、猫道一家、水族館劇場、罠、No17、小櫃川桃郎太一座、ドピンク、毒針、混沌の首、ビニイルテアタア、ロメオ・カステルッチ作品、イッセー尾形ワークショップ横浜公演、劇衆上海素麺工場、COLOOL、そのほか(推定出演団体数60以上)

高校生の夏休みアルバイトでデビューしたのは大日本印刷の王子支部で本の出荷のバイトだったが辛くてやめた。同じく高校生時代に長崎ちゃんぽんリンガーハットのバイトを一日で首になった。それ以来しばらく怖くて仕事をせず。就職活動にことごとく落ち、仕方なくアルバイト探す。天津甘栗の販売員をしていたらスカウトされてキヲスクの販売員になり、同時に児童館の清掃と専門学校の女子トイレ清掃をやり、この19歳の頃が一番稼いだ(月30万くらい)。芝居を始めたらそれらをすべて辞め、シフトの都合がつく派遣アルバイトに変わり、建築現場の雑工という肉体労働に。そこからは転々とする。築地市場を二日でクビに。ビッグサイト飲食店を一日でクビに。住友不動産のポスティングをバックレ。しかし別のポスティング会社はしばらく続くがあまりに要領が悪くクビに。医療翻訳会社の事務につくが遅刻多すぎて辞める。友人に紹介された建築現場の電気工事をバックレ。出会い系チャットのサクラをやるが半ばバックレ。マンションの駐輪場案内のバイトも続かず辞める。日本科学未来館の清掃員になりしばらく続けるが精神疾患になり暴れて警察に逮捕され、吉祥寺病院隔離病棟に入り…結果的に重度の鬱のため辞める。エキストラのアルバイトもしていた。モーマンタイという映画の1シーンにアップで出ている。三和出版のエロ本のエキストラも経験がある。一人芝居を見せつつセックスするという出張ホストをしていた時期もあった。やがてカチカチ(交通量調査)のバイトに出会い、天職と知る。一人遊びの究極の形(僕自身にとっての)が形づくられつつある(2017年4月12日現在)


一人芝居主催イベント一覧(記憶にある限り)

吉田ミサイルとその仲間たちと敵とが入り乱れてやりたい放題 5時間

ロンダルキアでピクニック 7時間

太陽と月とアクシズに背いて 12時間

善人の王国、雨の都 18時間

夢みる少年の昼と夜 31時間

雨の日に動物はよく眠る 8時間

吉田十本刀 7時間

邪劇の館 195時間

悪魔大祭 4時間

魔女への鉄槌 4時間

大嘘憑き岩手県縦断ツアー 3日間

輝け!エレバンバンババーン 5時間

君を洗い流せ 7時間

決闘!高田の馬場 4時間

水曜ヴァルハラ 8時間

神様みたいに人間つくりたいのわたし 7時間 

少女天秤アテナ 5時間

ベルサイユの薔薇の花嫁フランス革命ウテナ 12時間

ほか多数


※台本だけのブログもあります。「東京の台本」で検索してみてください。ライブドアブログです。















 





yoshida_ryo_yakusya at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年01月23日

予定


430 新宿ジャムにてジャムフェス始まる※今年は500組出演らしい。僕は5月3日の夜8時から3時間。

501 東高円寺UFOクラブで木場くんに会う。ユーテロからの伝言を伝える。

502 13時治験電話報告

503 20時ジャム斉藤めい+村男+東京+奥山京。とんでもない四人組によるセッション。※7:30からデリシャスウイートスもメイン会場でやってる。僕らは地上階のCスタジオです。

504 村男企画※観客は基本入れないライブ。

505 猪股桃絵鑑賞※ジャムフェスにて

507 パーティーランブルに出演。あさがやドラム。まもさんも出ると思う。夜はジャムフェスの最後に立ち会う。

509 川崎駅周辺で野宿

510 仕事

511 深夜に川崎からエアドラムしながら徒歩で帰宅。

512 高円寺ちょこれーとちわわにて渡瀬雪絵杯

514 緊縛ライブの司会。ゴシック緊縛のシママルフィスさんやルーシーさんたちと再会。

516 24仕事

517 24仕事終了

518 24仕事予備日

520 24仕事

521 24仕事終了

522 月刊ドラムランド。あさがやドラムにて。地下アイドルたちに紛れる。

531 治験本検査

611 たろ様※時代劇

722 岩手県水沢ライブ

729 福岡県天神ライブ

813 たろ様















yoshida_ryo_yakusya at 12:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月30日

東京ディスティニーランドの感想

d859bee1.jpg
左から二番目のサニーさんが書いてくれたようです。


http://lifeismine.me/archives/11792


福岡のジジにてのライブ2017年4月22日の。について。なんつー素晴らしい文才の持ち主たるや。ギターを持たせたらたちまち甘い声でジャズのような芝居のような歌をうたうおじさん。それがサニー・ザ・マジシャンッ!


yoshida_ryo_yakusya at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

このように

f0ae0666.jpg
自分で自分にツンデレしているわけです。それが興奮して、それが明日への糧になるわけです。糧ジナ。カテジナのカテは糧。勝て。ジは自慰のジだし、ナはもちろんオナニーのナ!

人生をぐちゃぐちゃ鳴らしながら歩きたい。怖いものや怖いひとに対しては、すぐにびびりたい!臆病で卑怯で、自分の作品にだけは真っ向勝負でありたい、なぜなら自分になら手加減無用だし、ビビりだから無意識で手加減するだろうし。しかし下手だから、ニャハハハハ。


にゃんにゃん。


ぶるるるー。


yoshida_ryo_yakusya at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

台本よ、さようなら

1c5c0e6f.jpg
そういうわけで今までの台本を基本的に破棄します。びりびりに破いて棄てましょう。怨むなら想像主なる我をうらめよ。馬鹿どもめ。いい君だ。


もしまた過去の作品を演じたくなれば、そのときにまた書けばいい。 


そのときに「ああ台本を保管しておけば良かった」とか思うならば、それくらいの才能しかない奴だという証明です。


しかし御気に入りの台本はいくつか保管しておきましょう。矛盾していますが矛盾していてよろしいではありませんか? 

矛盾しているのが嫌ならば二度と僕に関わらなければいいだけの話です。さよなら。いつでもさよならでいいじゃありませんか?


なんだかいい気分です。これからも物語が書けそうなので、今後このblogには未完成の作品や、作品の自己批判ならびに公開処刑。あるいは勝手に他人の作品を掲載するなどの好き放題いたします。



これからも形や内容をぐにゃぐにゃに変えたり護ったり勝手にしながら物語を吐き殺してゆきますのでよろしゅうたのんま。我は魔王なり。想像主にして妄想の虚無にしてあなたやおまえの恋人でもあり親でも子であり舞台という最悪の人間の暇潰し、芸術という真っ黒な天使や電子や絶望と希望のうちよせる波打ち際であるのです。ふおふおふお。


yoshida_ryo_yakusya at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

海と老人 

f25c5c73.jpg
台本blogにキレた。吠えた。かみついた。自分でスタートした台本だけのblogだが、馬鹿馬鹿しくなったのだ。

やはり台本は殺す。絵も殺す。これは今のわたしの気分だ。生涯気分屋でありたいわたしにはやはり「荒れている」のが一番気分がいい。


台本を殺すことで、台本を守りたい気持ちが発生するのだ。 

わたしは神ではないが神であり、魔王ではないが魔王たりえるのである。


そうじゃなきゃ物語は死んで甦らないだろうに。不死鳥とは何度も殺される火の鳥なんだ!


台本blogは継続するが、昔の台本が掲載されるかは謎とします。未定。気分次第。 

むしろ新しい台本を掲載、あるいは過去の台本を殺す、その殺人現場を赤々とみせる公開処刑の場所をしよう。わたしは愛さないことで愛を表現し、結婚しないことで結婚を守る。物語はもう自由だ。歯向かうなら歯向かえ。わたしはヨウサャシナイ!


yoshida_ryo_yakusya at 20:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

アレックス

077f79b4.jpg
荒れていたからゲームした。メトロイドをクリアしてやる、と鼻息荒くニンテンドークラシックみにの電源をオンしたらばなんとデータが消えて最初からやりなおす羽目に。ウキーッってなって精神もヤミ病み闇ッ!だったせいもありましてからにそのまんまゲームすることにして部屋のなかを引っ掻きまわしてあれを取り出す。これだこれこれ。良かった。メトロイドのマッピングしておいたのだ。メトロイドの難しさは迷宮に潜るってところだ。メトロイドはドがつくくらいにシンプルなゲームでグラフィックと音楽が抜群によくて、自分の意識の奥に奥に入ってゆくような

脳の血管のなかへ

入ってゆくようなゲームです。時代を30年くらい経たというのに、いまゲームしても気味悪いし、頭使うし、すごい迷宮。それに怖い。 

小学生のときに一回じゃクリアできなかった。あのくやさしを30年越しに。

クリアした。だが一回だけ死んだ。あとミサイルをたぶん一個取れなかった。どこだ。あれはどうしたら取れるんだ。しかし自力でマッピングしてインターネット検索もかけず、誰にも聞かないでクリアしたときの気持ちよさったら!

芝居も音楽も人生も同じ。

どんなに遠回りでも自分で見つけたい。アドバイスは極力要らぬ。どうしても必要なアドバイスはあるが、それは自然と耳に入るシステム。入らないならそれでよろしい。

なんで言ってくれなかったんだよ!とはまったくならないし、思わぬ。


メトロイドをクリアしたし、尊敬する演者からもメールが来た。元気だ。わーい。

支度をスタート。3日と7日のための。


yoshida_ryo_yakusya at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

荒れています。

精神内部が荒れています。嫌では無いんです。ただ、あれているだけで。必要なことです。僕には。ただ、めちゃくちゃなんで。なんの区別もできなくなりそうだし、破滅型だし、夜と昼の区別すらわからなくて、暴言や暴力を頼りにしそうにもなるし、しかし不思議と自己批判にはならない。どこまでもどこまでも自分が大好き。それにだけは救われています。自分が、ですけれど。他人を救うのはわたしではなくて他人本人ですから。忍野さんの言葉の通り。がんばらない。それが特技。余計なことは余計なんだから。どきどきが激しい。動悸息切れ?雀の巣? 


yoshida_ryo_yakusya at 02:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

�����

d8da41ba.jpg
今夜はいずれかの台本を殺す。かわいそうだが、それがわたしの気持ち。造り出したら、やがて、死ぬ。 

最終的には。 

最終的?

でも電子の世界で翼が生えて翔ぶ。信じていない世界で、ぼくから生まれた奴等が生き残れれば。いい。

いや

何を書いているのか自分でもわかっていません。


yoshida_ryo_yakusya at 01:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

言葉

今はだいたいが怒っていたり、悲しんでいたりする。だいたいの台本において、そうである。それが前々つまり昔より少なくなってきた。やがて最終的にはなくなるのだろうか?最終的とはいつなのだろう。最終的なんてことがあるのか。最終的とはなんだ?最終的?何ぞ? 

最終的?


yoshida_ryo_yakusya at 01:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

「これだけ」

これだけは守りたい、とか、これだけはやり遂げたい、などの「理由」はその場刹那的には存在しうる。実際に存在します。翌朝か翌週か長くて翌年か。それくらいには変更されている。 

振り返っても記憶にないことが多々。体や心には蓄積されてゆくが、すでにこの文章すらがわたしやぼくの気持ちからズレています。


yoshida_ryo_yakusya at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月29日

アキラ

アキラを読んだのはあれは小学校六年かあるいは中学生1年か。さあね。忘れたよ、おぼえているけど、記憶は細胞の奥だ。 

あれを読んだときの世界破滅あとの風景と空気は読者にも伝わったが、アイアムあのほうはまあまあだ。ラストがそれに近い。かなりいいラスト。


yoshida_ryo_yakusya at 15:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

台本よ地獄におちよ

6f258fe6.jpg
夢をみていました。ミタケくんには悪い夢。ミタケくんが運転する車「なぜか軽トラ」で走っていると信号は間違えるし、玉突き起こすし、大変な運転で、実際にミタケくんがどんな免許なのかわからないけど、まあ死なずには済んだ。玉突きされた方は金持ちでいいひと。警察のたちあいのもと、しかし何も訴えたりせず、むしろ私たちに食事をくれた。 

台本を棄てる作業に戻る。そのためにはまず台本を台本blogに書き写す。


ちょっと前にドラえもんの台本をカテジナに掲載したのは、台本の「書き方」が変化したのを自分で確認するため。 

以前の台本は基本的には「加筆型」で、口調にも気を使ったが、いまはなるべくなら淡々と描きたい。


yoshida_ryo_yakusya at 13:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

メノウ錯覚

最近は不思議な幻覚をみる。いまは赤い絨毯の壱分が紅く光っていた。飛行機のなかで蠅が膝にとまっていた。蠅かよくわからないけど虫だった。最初は幻覚だと思い、凝視したら消えなかったから幻覚じゃないのか?と、つかんでみたらすり抜けた。幻聴もあるのだろうが幻覚にくらべたら認識が浅いのです。あたりまえのように見えたり聞こえたりしますのでわたしは現実と非現実の差別はあまりしませんね。わたしには意味ないもの。


yoshida_ryo_yakusya at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

叫びの鳥の死骸

034910a9.jpg
ああああと叫ぶとき、その声に意味はないが、魂は籠められます。それが20年間で会得した唯一の技術かも知れません。魂は削られ、声として亡くなる。ただそれだけですからそんなに大したことはありません。素晴らしく動けるバレリーなんかに比べたら。大したことはない。


もともとは何もできない少年でしたので、助かります。


お話を作るのが好きでしたし、今も好きですが、そのなかに魂の叫びがなければ不満です。


自分が観客でもそれを求めるのでしょうか。実はよくわからない。


淡々とした作品も好きだから。だがもしや…そこに隠れているのだろうかしら。え?なあ。 


くそうメトロイドがクリアできねえ。憂さ晴らしにゼルダを始めた。リンクの冒険は難しい。ニンテンドークラシックミニは「メトロイド」「ゼルダ」「リンク」「ロックマン2」「ソロモン」だけ。入っていて欲しかったソフトは「スパイ&スパイ」「ドラゴンクエスト2」「」

いや。ちがう。たぶん僕がいまだにファミコンやスーファミを愛しているのは、当時リアルタイムでそれをプレーしていた友達たちとの想い出を愛しているからだろう。実際におもしろいのかどうかは別だ。


yoshida_ryo_yakusya at 05:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月28日

�����������������冴�����

ふらふらしたのち、祖母の家へ向かう。昨夜は荒れた。いや昨夜じゃない、今朝だった。空がクリームソーダみたいだったから、あれは朝だ。ジャムフェスの見たい聞きたい歌いたい人間たちをピックアップしたが、すべては見に行けまい。そんな元気もないし、エネルギーが反転してストレスになりかねない。やつらは魂の塊だから。ジャムの店長がじきじきにスカウトしてくる連中によって出演している。ジャムフェスは自分から出たいって言えないシステム。あちらがわが選ぶんだ。なのでそれなりにいい奴等だ。ジャムの店長がいい人間だから。だから、です。ぼくはいい人とワルイヒトが半々くらいで納得いくからさ、いい人ばっかりだと反転しちゃうんだ。いや例外もありますし、毎回なわけではありません。ジャムフ
ェスは影響力が強すぎます。だから長居しないほうがわたしには絶対に良い。荒れていたまま眠ったからヘンテコリーンな夢を観た。相撲とライブとが交じる。秋葉原にでもいくか。上野あたりをぶらぶらすっか。そう言えば町屋のお気に入りのアンティーク雑貨屋に行ってない。都電で終点まで行けばいいだけなのに。もうだんだん舞台に迷いはなくなりつつある。正確には違う


迷いがあるのが当たり前で受け入れつつある、か。そのときの自分しか舞台にはあがらない。


去れ。来い。おまえをおまえろ!


じりりりりりん


じりりりりりん


yoshida_ryo_yakusya at 12:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

そうとうな

相当なアレグアイ。どうしようもなく痛い。腹痛。吐き気。つい昨日までの優しい気分が破壊されて弾丸炸裂みたいに。波がある。波がひくと優しい気持ち。だけどそれがストレスとなって次の溶岩がマグマがイナズマがたまる。何もかも殺したくなる気分や、可愛くて可愛くて、どうにかしてやりたい気分とか、痛い。痛い。痛い。

こういうときは誰も何も心配しなくていい。本気で。そう願う。メールとかも要らない。必要ない。むしろマグマを噴火させちまう。ほっといてほしい。馬鹿は馬鹿なりに蹄の馬は空をとぶのだ。こういう文章がわたしなりの呪文で。なるべくなら他人を攻撃したくはないから。 
いってー

いたい。


yoshida_ryo_yakusya at 05:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

羣����

灰皿と鍋の蓋。あとは衣装。他はなし。少しばかりの音楽。かつら。化粧品。 

最近の芝居準備は、あれだ、邪劇の館より先だんだん減りつつある。シンプルと言えば耳障りはいい。

お腹が痛い。すぐに痛くなる。一年のサンブンノ1は下している。毎年最低一度はウンチを漏らす。慣れたもんだ。

なるべくの対策はうつ、だが腹巻きはすぐに無くす、下痢止めは効かない。


鶯谷の片方は墓だし、片方はラブホ。


ジャムフェスは楽しみと苦手意識のまっぷたつ、半々だ。去年だか一昨年だがエルミにキレたが、ありゃなぜだったんだ。

みんなが盛り上がるという雰囲気が僕の火薬庫を爆発させます。このまえの福岡ジジが良かったのはお客が終電がやばいやはいってみんなアッチューマに帰ったからだ。そのあとのウエストも、静かなメンツだった。静かなりにワイワイした。あれくらいがいい。

荒んだ気分になった。ジャムフェスの賑やかそうなホームページを観たからである。

爆破してやりたい。そんな気持ちをエネルギーに変換して放て。

死ぬまでこの気持ちは続く。愛よ地球よさよなら、剣はおさめるがそもそも弱いから、だが。まあ。うさぎ。 

吠えたい。あばれたい。家を燃やしたい。痴漢がしたい、とは今は思わない。馬鹿の墓の裏山の幕の内弁当。


yoshida_ryo_yakusya at 04:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ジャムフェスの導

ジャムフェス2017

★4月30日

1845君にはなすよ ナインス

ひびやん12時から22時


★5月2日

21時鳥肌みのる


1645かもものジョナサン Cスタジオ


★5月3日

1935デリシャ

セクシーパンサー?
斎藤めい昼間にも13時半から

そして20時から三時間「東京ディスティニーランド+斎藤めい+村男+奥山京」


★5月4日

18時55安全ピン

2015リンダリンダラバーソウル

2335モケーレムベンベ

2415奥山漂流歌劇団


1315安全ピンDスタジオ

1445モケーレムベンベ同じく

1805マゼルナ 

2230自由参加



★5月5日

25時 吉田崇展とズーカラテル

21猪股桃絵Cスタジオ

2330安全ピン


★5月6日

2410よしだズーカラテル

2210ヒカシュー、ナインス


1210黒崎龍太郎

1255奥山漂流歌劇団Cスタジオ


1520ちはる安全ピン

1630安全ピン


★5月7日

1825奥山漂流歌劇団


2105ザボーイズ&ガールズ



打ち上げは余程の理由がなければ出ない。たぶんキレちゃう。反対のことがしたくなるんだよねー。しみじみした打ち上げならば好きだが。盛り上がるならば家で寝るわ。


yoshida_ryo_yakusya at 04:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月27日

不思議口座

口座という字は□座に似ている。煮たり酔ったり。確かに呪文は唱えた、2万入れッて。12円しか残金はなかった。手持ちの現金でさえ千円を切っていた。なんの計画もなく漫喫に入ったりなんの計画もなく通りもん、だっけ?福岡の土産を買ったり、成田からの帰路も気にしていなかったので高速バス運賃がかかったし、そのまま渋谷コジンシュギでつまらない映画という最高のイベントへ足を向け、旧友ミドー(大魔王みたいだ)と星降る話に花が咲いたから、べつに無一文になってもいいやくらいの感覚であった。


それからフツカゴ。どれどれと口座を覗いたら50012という残金。あたふたしてとりあえず銀行を出た。おちつけ。まずそもそも5万という金額にびびるくらいの金銭感覚なのにも驚くが我ながら。10万以上の金を自分のものとして見ていないからね。数年。いやそれ以上。


だが問題は金額ではなくて。どこから来た金なのか見当がつかないってこと! 

わたしはあたふたして銀行を出たり入ったりしてええいと気持ちを踏み締めて半ばヤケクソになりながら口座から49000円おろした。ぼくは貯金しない。貯金という考え方が苦手というか嫌いで、そもそもが生きているこの世界のすべてを疑問視しているわたしです。銀行とか金とかも「不思議」なんですよ。とくに銀行にお金がある、だから安心って思考がどうしてもできない。あのデジタルな数字だけで自分の財産が?あの「数字が」?

通帳の数字をみてもまったく実感がわかない。手元にないと。信じられない。


手元にあっても、なんだけど。正確には。お金って「考え方」は理解できます42年間生きてきたから。だけどいまだにこの金属やら紙やらに、なぜ、価値があるように信じることができるのかしら。

まあ

実際にはみなさんだって信じる信じない以前の「ルール」なのだろうけれど。 


僕は基本的にルールってやつが不思議で不思議でたまらない。


例えば道路。車は道路に引かれた白い線を守っている。守っているのは人間。白い線をこえようとしたら機械が勝手にボカーンと止まるわけじゃないでしょ?

ルールを守っているってだけだ。だから車に乗るのも見るのも怖い。信号だって人間が守っているだけ。


人間の可能性をめちゃくちゃ信じている。超能力だってありうると思っている。可能性っていい意味でとらえるかもしれないが負の可能性も信じている。だから交通事故とか、あれのほうが信じられます。なぜ、どうしてそんなことが!なーんて思わん。

こんなにルールだらけの世界を、よくまあ造りあげてきたって思うし、いつ壊れても崩れてもおかしくないって思ってる。

常識やらモラルやら正義とか、べつに否定しないけれど信じてもいない。人間誰しも悪!とか、そーゆーんじゃないの。それはそれで信じてないの。

一方的だけ信じるのが信じられない。


とにかく約5万が入った。何の金だかはわからないが。 


yoshida_ryo_yakusya at 15:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月26日

フロトメシンガー

b6fcad7b.jpg
母が風呂に入る。そのあいだはキッチン圏が立ち入り禁止になる。治験薬を吸う。 


桜の花弁がまだ路上にのこっていて昼間の強風で飛び去ったのでわたしの春の嵐はきょうだった。

メトロイドはあとはマザーブレインを倒すのみ。FF3がいまいち乗れない。いまやりたいゲームは

ファイナルファンタジー2か4か5

ドラクエ2か3か5

女神転生欲求はいったんおさまる。あとはサガ1、ロマンシングサガ1と2と3

マザー


そう言えばロックマン2がまだクリアしていない。ゼルダ、リンク。


昔の頭のキレはないんだよな。だから不死鳥の騎士団も、ああなってしまう。だがその無理矢理ドラマにする力がないこと自体は、美しいのです。確実に君は美しい。

両方を建てるのは難しい。が、人生って面白い。面白いと思える人生ですごくありがとう!みなさま!


yoshida_ryo_yakusya at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ハルノアラシ

きょうのひるま、なけなしの小銭を握り締め、マーケットにキーマカレーを買いにゆく。白米を炊いてキーマカレーかけて食った。天神で近藤さんちに泊まったとき明け方に近藤さんが白米を炊いた。鍋で炊く派であった。最近出逢う人間たちがみんな鍋で炊く派。そして例に漏れず美味い。鍋で炊くと冷めてもうまい。そこでもキーマカレーを食べた。残金千円ではさすがに何もできない。あしたの午後には会社にもいかにゃならん。面接。就職活動じゃないよ?ただの面接。ただの面接とは何ぞ?

片付けよう。


スパを購入してくれた友人たちの多きことよ。ありがとう。ありがとうって書いたがまあ売上次第で何が起きるわけでもない。スパの編集者とライターとカメラマンは「また何かありましたら宜しく!」みたいな去り際のセリフを僕に遺したが、その後また取材、だなんて、あるような気はしない。


夕飯も飯を炊く。問題はおかずだ。冷蔵庫内部に何かあるはずだから探索。冷蔵庫のダンジョンを降りてゆく。ざっざっざっ。


壁がひんやりしている。懐中電灯のスイッチを入れた。


yoshida_ryo_yakusya at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

スパッ!

自分が載っている週刊SPA!を買ってみた。財布には残金千円。だが予言の書が正しいならば明日には2万円が口座に振り込まれるはずだ。

予言の書とは通帳のこと。2月27日に2万円振り込まれていたことがあり、当時は「え?なにこの2万円?」と、まったくココロアタリがない金でしたが。後にそれが治験の給与だと判明。2ヶ月ごとに2万円入るシステム。ならば、2月27日の2ヶ月後。つまり明日。 

入れ!2万円ッ!

残金千円の我が懐を潤せーッ!


ピカッピッシャーンゴロゴロォー…(稲妻)


yoshida_ryo_yakusya at 19:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

������������������

6ec6a6a2.jpg
のび太「ドリムノート?デスノートのパクリか」

ドラ「くそったれ!ふざけんな!デスノートがドリムノートのパクりなんだよ。先輩なんだから。同じジャンプの。知らないわけないはずだ。夢戦士ウイングマンだよ。知らないの?」

のび太「知らない」

ドラ「知らないならいい。無知を責めることはない。ごめんなさい」

のび太「とにかく。夢が叶うノートなわけだね。物語を書くなら僕は得意なんだ」

ドラ「ドリムノートは気まぐれだからね。おもしろいことを書かないと叶えてくれないよ」

のび太「わかってるってまあ見てろ」


数時間経過。時間経過のマイムと音楽。やがて深夜2時。


のび太「できた!ドラえもん!ちょっと見てよ!」

ドラ「こんな時間に俺を起こすとはいい度胸してるな。つまらなかったら殺すぞ」 

のび太「では劇のなかで劇をやります。いや。東京ディスティニーランド自体が劇みたいな人生だから、劇のなかの劇のなかの劇かな」 

ドラ「(灰皿投げる)いいから早くやれ!」 



下記の中からいずれかをやる。


「遠いお山」「カルちゃんランドセル」「事象の地平線」「カルちゃんランドセル2悪霊の神々」「ヘンゼルとグレーテル」「シンデレラ」「カルちゃんランドセル3そして伝説へ」「ノダメカンタービレ」「桃太郎」



ドラ「つまんねえんだよ」

のび太「ドラえもんは僕の味方じゃないのか」

ドラ「味方だからだぜ。救済してやってるんだ。仲良しコヨシで面白かったですねぇとか打ち上げで糞みたいな感想いいあって実力あるのに有名ならないのはなぜかとかくっだらねえことや面白くもないやつと今度イベントみにいきますぅみたいな無駄な時間を過ごすのか。帰れ。帰って自分のためだか他人のためだか理由はわからねえが練習しとけ。つまらない部分をつまらないって言ってやるのが友人ってものだ糞眼鏡あやとり野郎」

のび太「そこまでぼくのことを…ドラえもん。ありが…」

ドラ「だから勘違いすんなって!盛り上がる元気があるなら面白いもん作れって!バカな芸術家気取りは死んだほうがまし」 

のび太「そこまで言わなくてもいいじゃないか!僕はほめられて伸びるタイプだよ」

ドラ「うるさい。はやくねろ。明日にそなえろ」

のび太「ねえ…ドラえもん…寝た?…そうだ!いいこと考えたよ」

ドラ「なんだ?」

のび太「なんだとはなんだ!もしもボックスを出して。もしもこの世界がファンタジーだったら」

ジリリリリーン


のび太「よーし!チンカラホイ!」


何も起こらない


ドラ「いいじゃないか。最近は何も起こらないのが流行」

のび太「うるさい!ドラえもんの道具が悪い。」

ドラ「君は僕を神様か何かだと思ってるのか。神様だったらいいさ。神様とはそういう役割を持つ。だが僕は君の目の前にいるんだ。絶交だ」


のび太「なんだよ。ドラえもんだってキレたじゃないか。僕と何が違うのさ。もういいよ。ドラえもんには何も頼まさない。これは独り言だよ」

ドラ「ああいいさ。例え頼まれても助けない。これは独り言だ」

のび太「おやすみ。独り言だけど」

ドラ「ちゃんと布団をかぶれよ。春先の風邪は厄介だからな。独り言だけど」



翌朝



すごいことに。


yoshida_ryo_yakusya at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ものがたり

c4fc43be.jpg
プール掃除をする女子高生は宇宙。鏡にうつる女装姿でオナニーした日々。俺のどこかに二十歳がある。人魚は薄暗い貨物船の牢獄でこの世の果てに運ばれてゆく。出会わなかった恋人に愛していますと手紙を送る。また会おうね、という言い方のさよならもある。俺のどこかに二十歳がある。太陽がいっぱいと正確に発音できますか。俺のどこかに二十歳がある。

そのまま音楽に入り、タイトル。

「ドラえもん☆のび太と不死鳥の騎士団カチコチ南極大魔界」 


yoshida_ryo_yakusya at 04:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

天神でやりました

a6d1b21c.jpg
天神でやりました。芝居。「ドラえもん☆のび太と不死鳥の騎士団カチコチ南極けものフレンズ」


※以下。正確ではないが台本


のび太「ちきしょう!あのジャイアンとスネ夫とかいうやつらめ。」

ドラ「なんだ」

のび太「なんだとはなんだ!いいよなぁ。ドラえもんは毎日遊んでいるだけだもんね」

ドラ「ご覧の通り手がこんなではな。どこも断られるさ。猫の手も借りたいというのは単なる皮肉な例え」

のび太「四次元ポケットを使えばいい」

ドラ「これは禁忌の力だ。のび太くんのためにしか使わない」

のび太「ありがたい話だが、どうして僕なの?」

ドラ「君が救済すべき人間の底辺だからだ」

のび太「てめえ!いいからジャイアンとスネオをぎゃふんと言わせる道具を早く出せ!」 

ドラ「そんなに巨大な相手なのか」

のび太「ちげーよ。ジャイアント・スネ夫じゃねえからな。二人だよ」

ドラ「ならこれだ。デスノート。これに名前を書かれたものは死ぬ」

のび太「えっ…ぼくは殺したいんじゃない。優越感を味わいたいんだ。」

ドラ「優越感なんてものは刹那的なもの。救済するためには殺すしかない。」

のび太「過激。だいたいダメだ。名前が必要なんだろ?剛田剛や骨川スネ夫とかならいいが、出来杉の名前がわからない。あいつの本名わからないんだ」

ドラ「ならば死神の目の取引をするかい?」

のび太「死神の目?」

ドラ「見るだけで本名がわかるようになる。ただし寿命が半分になる。のび太くんは寿命が68歳だから34歳になる」

のび太「なんで寿命言っちゃうの!」

ドラ「俺は未来から来た。寿命を知っているのは当たり前だ。死因は交通事故」

のび太「えー…迷惑かけて死にたくないなぁ」

ドラ「大丈夫だ。アクセルとブレーキを間違えて自爆するだけ」

のび太「僕らしいけど…もっと他の道具はないの?」

ドラ「拳銃」

のび太「だから殺したいんじゃいんだよ!」

ドラ「中途半端に傷つけるのが一番ひどい。別れても友達でいようね、とかな。それに殺しは悪いことではない。インドの聖人アーグリマーラは百人殺して悟りをひらいた。」

のび太「とにかく僕はやさしく勝ちたいんだ。しかもてっとりばやくて、なおかつ楽に」

ドラ「ならば自分でどうにかしろ。ドリムノート。これに書かれた物語は現実になる」


yoshida_ryo_yakusya at 04:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月25日

空をとぶ。

27588609.jpg
お菓子もぐもぐ。ジェット機があつい。翼をあたためているようだ。椅子は硬い。 

牧畜業者さんは興味深い人物だった。サニーさんの言葉には癒された。ジジでのライブは一人遊びの極みの前兆らしかった。

上杉さんには挨拶ができなかったが、あの人やシナカイさんたちは雲の上のひと。会えるだけで嬉しい。バットさんも相変わらずファンタジー。悪徳屋でだらだら話すのは好きだし、悪徳屋の二階は凄まじい汚さだが楽しかったなー。

ギアアンティーク!

軽くサンドイッチでもこうて、水とか、あと8分で搭乗開始だから。とか思っていたらアンナさんから電話がきて、海外に棲むことになるから会えなくなるみたい。実はさっき街中ですれ違ったのでした。 

「ドラえもん☆のび太と不死鳥の騎士団カチコチ南極けものフレンズ」のせいで今、片方の眉毛がまったくない。

仕事までにははえてほしい。

なんか色々書きたくなる、旅のまとめ、みたいなもんだ。だが、旅という感覚すら薄れてきた。

日本国内ならば、あまり関係ないね。たぶん。


散歩は終わった。うちに帰ります。


yoshida_ryo_yakusya at 15:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

サンダル

サンダルにしたのです。今回の福岡は今までで一番ラフな姿で来たかも知れない。あえて上海の稽古場にはお世話にならないでおいた。いままで甘えてきた。自分を野に放ち、厳しい現実のなかでボロボロになってゆく、のを、逃げる!

食事はまあまあした。やっぱりこっちの飯はうまい。なぜだかわからないが。 

ジジでの公演もうまくいきました。かなり危ない橋を渡りましたが。メロスでもなく流刑地でもなく、ドラえもんシリーズという爆弾を置いた。 

終わるか終わらないかわからない芝居をした。

大分の演劇祭実行委員会のひとからのスカウトというか、出ませんか的な誘いを受けた。どうかな。別府には行きたいし、またやりたいが。審査されるものにはなりたくないし、猛反発しそう。僕が。

上杉満代さんの舞踏はキレイでした。まわりの関わる人間は懐かしい人たち。だが、僕がそこに関わることはなかなかないような気がした。これまでの上海の舞台で関わっていたことが奇跡なのだ。 

わたしはさらに遊びにゆく。自分だけの遊びのため。


もう「旅」という概念は薄い。危機感もないし、社会性もないし、馬鹿だし、馬鹿な自分が大好きです。


yoshida_ryo_yakusya at 13:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ヨルアソビ

7d87cef4.jpg
夜に遊んで昼間にそれを観る。昨夜の映像をいまひとりでビデオで観た。正確にはすぐ間近で近藤さんは寝息をたてています。近藤さんの彼女さんは気がついたら居ない。 

近藤さんはまったく映像を見たがらない。こだわりがある。だから見れないみたいだ。 

僕は楽しむ。爆笑。編集なんかしなくてもこのままのほうが面白い。ひたすらNGやら角度をちがくして取り直しやら55カットかけて近藤さんが不動産屋のパターンは終わる。

いっぽう同じ内容なのに僕が不動産屋のパターンは3カット!途中から台本持ってるし。最後には台本捨てるし。一人芝居と同じ。そこに近藤さんがいる。

二人芝居。

ぼくの不動産屋はパンツ一枚だ。お客様もパンツ一枚。 

いやあ、楽しめた。これは他の友人知人にも見せたいのだが、まあ、近藤さんとしてはイヤだろうなー。

作品にはなってないんもんね(笑)

やっぱり、ぶつけ本番でなんとか作品になるというのは、それはよほどの素材であるはず。

それにしても映像で観る僕もあんがいにかわいいなぁ。だが不思議なことに誰が撮影しても、というわけじゃないし、近藤さんの映像は「いい」んだよね。


納得できるんだよ。近藤さんの映像は。僕が舞台で「こういう風景になりたい」と思っている、理想、に近い画を撮影してくださりますのですわ。


ありがとうございました。遊んでくれて。


yoshida_ryo_yakusya at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

絶望的に楽しい人生

5220f4b2.jpg

3c028caf.jpg

本日発売のSPAに掲載されています。


yoshida_ryo_yakusya at 12:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

撮影終了

友達の家でレゴブロックで遊んだ。小学生のころ。それを思い出すような撮影だった。他人に見せる作品として、などというくだらない概念は棄てた。すごく楽しめた。近藤さんは撮影した内容を作品にするかどうか、きっと迷うだろう。なにぶん、きちんと創作の思考がある人間だ。ぼくとしては創作とは無関係でもいいから映像にしてほしいし、誰かに、いや、誰かではなく特定の友人に見せたい。 

映像の内容

不動産屋が男性を連れてボロボロのアパートに来る。男性は東京に住むことに憧れがある。

不動産屋の男はどんな物件でも売ることができる伝説の男。 

あれやこれや


最終的には男性は物件に住むサインをする。


それを近藤さんが不動産屋で僕が客…のパターンと

その逆のパターン

二通りを撮影。



たぶん色々な意味でひどいのだけれど、いやあ、遊びとしては最高だった。

これからしばらく睡眠する。近藤さんの家で。近藤さんの彼女(外国人)と近藤さんと僕。 

僕以外は10時くらいに出てゆくらしいから、そのあと一人で撮影した映像を観てみよう。それを楽しんでから空港へ向かう。


yoshida_ryo_yakusya at 06:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月24日

夢の舞台

ぼくはたくさん夢をみた。眠りの中では眠りはいらなかった。巨大なフェス。巨大なステージ。紹介のアナウンスを聴いてから舞台袖を急いで走ってもタイムラグが出てしまう、それくらい巨大ステージで。本来ならば僕は大嫌いだ。


これは夢の話だ。


夢のフェスで僕はむかしむかしの彼女とグループを組み、リーダーはなぜかカズレーザーで、野猿の歌をカバーする!とか言い出す。


ぼくはエアドラム担当。芝居ではないのだった。 


yoshida_ryo_yakusya at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

台本ブログ

17a0d068.jpg
台本だけを掲載しているブログがあります。


http://blog.livedoor.jp/yoshida_ryo_yakusya-daikon/


yoshida_ryo_yakusya at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

木像

637366c1.jpg

250ac5f4.jpg

ゆらゆら炎みたいにゆれます。きもち。風が吹いたらフッて消える。雨でもジュッてなる。なくなる。いつでもどこでも。 

当初緊張していた生命はジジのライブを二時間半やりましたらば、緊張はとれた。 


yoshida_ryo_yakusya at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月23日

悪徳屋

b1d51dca.jpg

5ca24e04.jpg

天神のちかく、何て言うのか、まあ悪徳屋というなまえの店にいる。バットさんと会話。

おまえさんは甘いものは好きかね?この椅子に神妙に座ってたべたまえ。わしは珍しくおまえさんに飲み物を買ってくる。

平然と店をあけるミセヌシ。


yoshida_ryo_yakusya at 14:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

������������

トイレを探している。鏡がみたい。鏡だけに用事がある。化粧したい。本当は髭も剃りたい。


銭湯にでもいこうか。とにかく、うろうろしたい。夜六時はんにはイタリア会館。


悪徳屋にも行こう。まずはトイレ。


yoshida_ryo_yakusya at 13:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

晴れてるぜ

福岡の夜はあけた。深夜の警固公園にいた。いい名前。ドラムをくちずさんでいたが遠くにしっかりとした音質と音量でギターが聴こえてやりずらく、うろうろしているうちにケータイを落とした。まあ仕方ないか。異国の地で誰とも連絡つかなくなるのもやむをえまい。と思いながら歩いていたら自分のケータイをひろいました。ラッキー!

いやそもそも落としてアンラッキーだったからイーブン!


yoshida_ryo_yakusya at 13:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2時間

大長編も短編もやりたかったので、そうしてみた結果、2時間の芝居となった「ドラえもん☆のび太と不死鳥の騎士団カチコチ南極けものフレンズ」(※結局こういう題名になりました)

終わって、ジジでだらだら話して、しかし嫌なだらだらではなく、五人でウエスト(出た!)にゆき、あいかわらず

いや

こんなことはいいか。

●に、まみれた夜でした。ミチルさんのときにも感じたが、すごい不思議でいいお芝居をする連中に出会える。福岡。

つかれた。 

だが飯を食い終えたあとに福岡天神あたりをうろうろしたくなり、ひとりで歩き出した。

きょうもエアドラムを叩いた。前より少しは人前でも叩けるようになりましたが、それがいいことなのかしら。わからないけど気持ちよかったからいい。 

「ドラえもん☆のび太と不死鳥の騎士団カチコチ南極けものフレンズ」の作品の中で「遠いお山」「ヘンゼルとグレーテル」「カルちゃんランドセル」「事象の地平線」「カルちゃんランドセル2悪霊の神々」 「ももたろう」をやりました。


天神駅前に着いた。エアドラム開始。


yoshida_ryo_yakusya at 02:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月20日

これは

今から準備を開始してちょーどよい。

いま自作の漫画「兆しの季節」を読んだがおもしろいなー。すんごく読みづらい。

飛びたい思う前から両手をひろげていた。書き留められるまえから航空力学は存在したし、人間がいる前から恋愛は存在したし、夜空の星座も地球があるまえからある。ものもある。わけだよね。すっご。い


yoshida_ryo_yakusya at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

地獄の鬼いちゃん

主人公B

ドラえもん。正式名サイバーダインRX78「陀羅尼門」。56億7千万年後のインドの科学者が造りあげ、三千世界を救済するために過去にやってきた猫型ロボット。


主人公A

野火のび太。祖父は太平洋戦争時にアジアの密林で地獄を見た。藤子不F二雄は「彼はいくら打ちのめされても立ち上がる」のが唯一の長所だと述べた。


yoshida_ryo_yakusya at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

人間の手がまだ触れない

1b1a42bf.jpg
福岡


桃太郎(最新版)

遠いお山

インセプション(マッチ売りの少女)

事象の地平線

カルちゃんランドセル(1と2)

シンデレラ?

人魚姫?

ノダメカンタービレ
シンデレラ2悪霊の神々




東京

ヘンゼルとグレーテル

ノダメカンタービレ

作文

大好きだったあの人へ 

画家の独白

よくわからない。ああ 

希望と言う名の船にのりぃーって歌、知ってる?

きぼうというなのーふねーにのりー

ぜつぼうというなのー地図をみてー

妄想とーいうなのー舵をとりー

ぼくらはーとびだすー冒険者ぁー


yoshida_ryo_yakusya at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

恋物語のラストあたり詐欺師が神様と会話するあたりは、なんだか現在の自分と重なった。ぼくはいま自分が作った物語たちを「あえて」大切にしていない。それは今までが大切にしてきたからだ。物語のなかには幸せや不幸がある。ラスボスを書いたり演じたりは僕の役目。 


最大の魔王としての攻撃は「上演しないこと」とか「台本を破くこと」や「関心を喪う」こと。


わたしはいまでも芝居を、いやさ、わたしが書いた芝居を愛してやまないのだ。だから滅ぼしてやるんだ。

わたしはすべての事象に愛を感じます。こう書いてみると「世界の中心で愛を叫んだけもの」というSFがちっとも難解ではないような気がしてきました。


登場人物

ドラえもん

のび太

ジャイアン

スネ夫

出木杉

しず(か)(カルちゃん)

桃太郎

おじいさんとおばあさん

プロメテウス

ノダメカンタービレ

マッチ売り

サラリーマン

ルンペン

ハーマイオニー

満月博士

※鬱は魔界説



眠い。というか気持ちいいサミット店内のベンチ。


yoshida_ryo_yakusya at 19:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

306bdf87.jpg

f61ebcd4.jpg

お腹が空きました。空腹というやつ。なんで逆に書くのだ?

台本を携帯電話に書き込みながら移動をした。まず大塚まで歩いた。途中の古本屋はお気に入りだから必ず立ち寄る。ガラスの引き戸をあけた途端に「駄菓子屋とか古本屋」の特有の匂いがする。

田舎の家の匂いでもある。ぼくには。 

これを嗅ぎたくて入る。品揃えもよい。立ち寄れば必ず書いたい本がある。ついつい購入。「スカイクロア」。

都電づたいに百均が二階にあるスーパーマーケットに到着。妹の家が目と花の咲きだ。ところが二階がリニューアルのために閉鎖されていた。百均といえば数年前からずっとここしか知らない。大きいの。 

しゃーないから電車で新宿へ向かうが反射的に間違えて池袋で降りた。しかも改札出てしばらくして「まちがえた」と気づいて、あらためて切符を購入して新宿をめざしたが新宿駅に着いたら買い物欲がすっかり消失してしまい、買いたいものリストを眺めても「べつに買わなくて良かろう」としか思えなくて。


新宿で改札から出ずにひきかえしたのだった。 


むかしはこういう時に「時間を損したーッ!」と思ったものだが、いまは無傷だ。損や得で人生を考えられない。生きたいというのが最大の目的だから。生き方は毎日それぞれ。起きる出来事はすべてが不思議に思えるから暇はしないよ。 

馬鹿で良かったとつくづく感心する。自分に。大好きだ。自分。もちろん嫌いな部分もあるにはあるが、ほとんどないね。 

池袋に間違えて降りたときに構内売店で「のび太っぽい形の眼鏡」をみつけて目印を付けていたから、それだけ購入してバスで帰宅した。 

夕食を買おう。あとは炎々と淡々と明日や明後日の準備だよーん。福岡での深夜の撮影に備えた支度も含めて、だ。 

 


yoshida_ryo_yakusya at 18:51|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

またやっちまったなー

大切なものを大切だからと思って

どこかにしまったら、そこを忘れてしまい、まったく見つからなくなる。というパターン。

気をつけても、気をつけなくてもなくす。見事だ。

あと眼鏡。いま気づいた。眼鏡をしていない。どおりで見えにくい。

そしてない。 

こうして出かけるのが優に二時間は遅れるのである。だから仕事にいく前夜やライブの直前は12時間はわざと時間を空けるのだ。

それくらいかければ何とか支度が可能だからである。さて。見つからねえなー 


yoshida_ryo_yakusya at 16:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

トレジャーハンター

b07ace2b.jpg

e6881cf0.jpg

d28a53cf.jpg

栗本薫「さらしなにっき」

高橋克彦(出た!)「霊の柩」

そして貝木泥舟の影響あからさまに「綾取り」のために赤い糸を購入。もちろん綾取りなんか知らない。


yoshida_ryo_yakusya at 16:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

呪文

826b0c11.jpg
呪文って漢字はおそろしい。だけど的を獲ている、僕にはそう感じる。色々。ようやく疲れをある程度にまで回復、動く。カラー100均マジックインキ。丸い眼鏡、しかもかなり大きな。リップ

ほとんどこれらで衣装関係はことたりる。あ、あと「ボール」か。それと七色に光る紙?

まとめ

七色に光る紙。

ボール。

マジックインキカラー

リップ

個人的に(ぜんぶ個人的だろうに)CD借りたい。

VガンダムのCDか、うーん、何かなぁ。まあいい。 


あと「のび太と不死鳥の騎士団」のCDを探す。

カチカチは見たいが、やはり見ないでおこう。


クトゥルフの資料、テロップようの紙はあるとしてだ、あとは、まあ衣装は決定していないが。

「恋物語」を読み終えた。いい。仕事のあいまにまたブックオフで他のシリーズ内の本を発見したが、うーん。やはり好きなのは貝木だけなんだな。アニメで観れば全体的に好きなんだが。扇という悪役(あえてこう記す)がいい。

よし。動こう。なんかいい。明日と明後日のライブが楽しみ。失敗してもいい。爆発。暴走。混沌。 



明日は「ヘンゼルとグレーテルと愛しさと刹那さと聖剣ココロヅヨサ」 

明後日は「ドラえもん☆のび太と不死鳥の騎士団カチカチ南極魔界大冒険」



行き先

大塚→新宿→原宿(可能性)→下北半島(古本屋)


ノダメカンタービレ

遠いお山

カルちゃんランドセル

追加。ハーマイオニーが「ララランド」をけなすシーン。※必要か?いや必要だ。


わたしは演劇泥棒。誰の芝居もわたしが関わればわたしが奪う。盗まれた側は捕まえたければ捕まえてみるがいい。

そのかわり私は誰から盗んだのかは言う。


ジャムフェス、いや、まだ先のことはよい。よいから出かけようぜ。太陽が沈む。僕みたいな吸血鬼の時間帯です。


yoshida_ryo_yakusya at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

たんぺーんぺんぺん

75d8b362.jpg
ドラえもん(陀羅廻悶)

ブッダが生まれる(うまれかわる?)のって何年後?あれ?釈迦?

三千世界を救済するために未来のインド学者が開発した新聖猫型ロボット。


のびー・ポッター

ボクワーツ魔法魔術学院 

ウラ・マウンテン

ジャイアント

スネ夫

カルちゃん(カルーセル・ハーマイオニー)

デスノートとドリームノート

もしもボックス


yoshida_ryo_yakusya at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月19日

いえーい

20aceb20.jpg
ピースピース。いえーい。

題名は「ドラえもん☆のび太と不死鳥の騎士団かちこち南極魔界大魔境」(仮)

ぼくがかつてやらかした「ドラえもん芝居シリーズ」の集大成。というか焼き直し。リメイク。リレミト。リフレク。原点に帰るようで原点を破壊する。 


「ドラえもん☆のび太とデスノート」「ドラえもん☆しずかと湯殿山麓呪い村」「ドラえもん☆しお太と鉄人兵団」「ドラえもん☆のび太と不死鳥の騎士団」などをまとめ。 

南極カチカチ大冒険は予告だけ見たからオッケー。岡田トシオさんの感想によれば、クトゥルフ「狂気の山脈」なんでしょう?

あと「ウォッチメン」「けものフレンズ」「幻魔大戦」もMIX。

もっとも、いちばんのチャレンジは「短編」と「長編」の融合。成功しる可能性は高くはない。低い。失敗とか成功とかをやることの基準にしたくない。爆発スベシ。


ふらふらする。


yoshida_ryo_yakusya at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

図形と反政府ゲリラゴリラ豚ゴリラ

7a8e8bb1.jpg
ぼくは天馬に従う。わたしも天馬から離れない。決して離れないわけじゃない、俺の自由だし、ぼくについてこないならそれでかまわないの。 

天馬は●を食べる。ヤムヤム。ヤムヤムウマイ。 


天馬は観客を蹴り殺す。共演者を角で刺す。 


わたしは天馬に従うし、天馬は何もわたしに命令はしない。あのときとはちがうのです。

だから鏡も怖くない。

怖いのは世界すべてです。


yoshida_ryo_yakusya at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

夜霧姫の下衣

479bd9c7.jpg
いま。自分にも観客にも厳しい。頑固オヤジのラーメン屋みたいな具合かも知れない。実際、会場で観客に会えばニコニコしているだろう。ムスッとしているような頭の善さはないのだから。馬鹿なので、馬鹿だから、馬鹿である自分が大好きだから笑顔は絶やさない。絶やさないってレベルではない。気持ち悪いくらいに愛想がいいはずだ。想像するに容易い。

だが過去最高にカオスです。


狂っていた時期は過去にありましたし、暴れていましたが、ソノヒではありません。正確には比べられない。過去の「狂い咲き黄金期」※例えば31時間ひとり芝居前後かしら?はたまた猫道一家時代か?

まあ、そのへん

黄金期はとにかく暴れていた。体力もあった。わけのわからないチカラが。あとは自分の書いた作品の世界や主役たちへの気持ちが熱すぎた。

今はわからない。わからないのです。無いときもあれば、爆発するときもある。カラカラに渇いた砂漠みたいな場所や、稲妻が空を走り、月を落とすくらいの引力で荒れ狂う海の場所もあって、その場所場所をまるで出鱈目にハシリマワル天馬に股がっているみたい。

方向が定まらないのだが、天馬(ペガサス)にしっかりとしがみついていますし、その蹄や翼や角は(UNICORNでもある)しっかりと確かな信頼があるのです。不思議の国に迷い混んだ。


そこが唯一の最大の違いかな。 


今までは「狂っても」「暴れても」その迷宮には自分で足を踏み入れたわけだが、そうして自分から踏み入れた迷宮で迷子になっていたのだから、ねえ?そういうことでしょう?

入り口も出口もさ、無いわけないんだよ。

それが今は迷宮のなかで出逢った天馬(ペガサス+ユニコーン+ガルガンチュア)で… 





…どこ?


yoshida_ryo_yakusya at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)