ヴィッシュ吉田の瞬間日記

整体指導家/日本理学手技療法協会 美手【Vitsyu】ヴィッシュ整体という技術で15年間に14万8000人を施術 「大自然と一体化して生きる」がモットーです。 趣味はトレイルランニング。

整体指導家/日本理学手技療法協会

美手【Vitsyu】ヴィッシュ整体という技術で15年間に14万8000人を施術
「大自然と一体化して生きる」がモットーです。
趣味はトレイルランニング。

瞬間日記 最終章

アクセスありがとうございます。

ブログを引っ越ししました。

「ストレスをスルーする生き方」

https://vitsyu.click/


今後は全てこのプログに集結していきます。
何卒よろしくお願いします。


ヴィッシュ吉田


瞬間日記1541

ツールが高性能になると、仕事の効率は上がるが
脳疲労が増える。

ツールが鈍感だと、仕事の効率も下がり、
脳ストレスも増える。

たとえ、脳疲労が増えても効率が上がると
脳ストレスは軽減されプラスマイナスは
ゼロ地場だ。

やはり、ツールは高性能に限る。
脳に疲労を感じさせないくらい
夢中になれることが必須な時代だね。

瞬間日記1540

自分の現段階の心理的状況は
即座に目の前の生活に現れますね。

イライラしていれば、
物にぶつかったりしてもガツンと
蹴っ飛ばしたり(笑)
やたらと掃除も食器洗いも煩雑に音が
出てきたり(笑)

そうかといえば、満ち足りているとき
などは丁寧にお箸を置いたり、
すべての万物に感謝してみたり。。と。

一瞬一瞬の想念は
まるでろうそくのように揺らぎ、
大きくなったり、小さくなったり
常に変動しているわけです。

この想念状況をわかっている状況と、
その渦中に入り込み第三の目が
閉ざされてしまっている想念状況とでは、
感情の状態は大きく変化します。

気分や感情を自分、
自ら操縦できるように
なれば続々と新しい発見や未知の直感が
受け取れるかもしれませんね。

自分自身の感情の主人になる・・・・。

なんか・・・
ワクワクしてきます。

瞬間日記1539

敏感に感じる力は強い感受性によって、
時には仕事を加速的に進める。

しかし、
ひとたび変貌し、バランスを崩せば
相手の中身が透けて見えてしまうから、
一気に人間不信となり、
自分自身にしかベクトルが向かなくなる。

自分自身の敏感な感受性のコントロールが
必要な時代。

  

瞬間日記1538

子供のころ、仮面ライダーに憧れた。
悪を倒し正義を愛する主人公。

でも、もともと仮面ライダーは悪の集団
「ショッカー」だった。

善ばかりの集団だったとしたら、
果たして仮面ライダーは
生まれたのだろうか・・・・・。

瞬間日記1537

大事な矯正は背骨だけじゃないっ!!

今ある環境や現象は、
自分の想念や言葉や行動のままに、
信念の程度に従って形を現すものです。

ですから、もし、現象がよくなければ
そこも矯正しなければなりません。

その矯正法は、
根本原因に変化を起こさせる、
想念=言葉を変えればいいだけです。


瞬間日記1537

大自然に教わる、
セラピーの本質は

ズバリ

『弱肉強食という生命を捧げて
 輪廻していく矛盾を超越した、
            深い愛』


瞬間日記1536

何気ない日常生活の細かい粒子の中に
沢山の幸福が潜んでいる。

その幸福を感じるためには
自分の感度を上げていけば良いだけだ。




瞬間日記1535

「幸福は香水のごときものである。
 人に振りかけると、自分にも必ずかかる。」

Happiness is a perfume you cannot pour on others
 without getting a few drops on yourself.

               −エマーソン−



与えたものは受け取る・・・
という宇宙の法則です。

与えられるものは何なのか???

得ることばかり考えているときに
ススっと引っ張ってきたい想念ですね。。。

瞬間日記1534


ひとりの時間が無性に欲しくなる。

こんな癖が昔からあって、煩雑とした毎日が
つまらなくて味気なくてどうすることもできなかった。

人工的な音楽をシャットアウトし、人と会わず、
地球と向き合う大切な時間が『神時間』

僕はこの『神時間』とても大切にしている。



livedoor プロフィール

ヴィッシュ吉田

吉田 正幸のもうひとつのブログ
http://blog.livedoor.jp/vitsyuyoshida/
発売中
吉田の書籍「でも、大丈夫。」
現代書林
1,575円
詳しくは
コチラをどうぞ
【無料小冊子】
小冊子プレゼント!
吉田 正幸の小冊子
を無料で
プレゼントします。
ご希望の方は
コチラからどうぞ
  • ライブドアブログ