2013年12月24日

merry Christmas






「おとーさん、サンタって今日来んのかな〜」


「サンタは忙しくて来れないって、さっき携帯に電話あったぞ」


「小さい子供優先だから仕方ないよね〜」


「そだそだ、18になるまで来なきゃなんないんだったら、サンタ忙し過ぎて死んじゃうよな〜がははははははははははははは」


「サンタに言っといて! ワタシ2〜3日は待ってられるって!」


「いやあのその」


「言っといて!」


「あの………」


「言っといて!!!!」







「ワカリマシタ…」



「素直でよろしい」




皆様



merry Christmasでございます


yoshidashacyou at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月30日

都会のJK…その2

セーラー服&紺色タイツ&マフラーの正しいJK3人組がて、オッサン&ニラレバ炒めを気にする事なくドカドカと腰をおろしました


「お腹空いたよね〜」
(腹へってもこんなとこ来んな!)
「ワタシ昨日もここに来たんだよね〜」

( (´Д`)〜 )

「ちょーお腹すいてないすいてない?」
(ここはオヤジの聖域だー!!)


「ここのランチ、半チャーとか着くんだよねー」
(半チャー? 半チャーハンと言え半チャーハンとー!)


「おつまみとかあるしー♪」
(隣で呑んだろかー!!!)


「みんな決まった〜?」
(ラーメン食って帰れ!!!!)


「すいませーん♪豚骨ラーメン大盛りとー」
( とー?? )


「おつまみの唐揚げとサラダ〜」
( ヒィ )


「んじゃあワタシは味噌ラーメンの大盛りとー」
( とーーっ??? )


「半チャーのセット♪」
( (´Д`) )


「ワタシあんまりお腹すいてないからー」
( ほっ )


「豚骨チャーシューラーメンの大盛りとコーラをジョッキでー」
( ハフー(´Д`) )


いたたまれなくなったワタクシ、大至急ニラレバ炒め定食をたいらげて一目散に日高屋をあとにしたのでございました


yoshidashacyou at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月27日

都会のJK

3d6bd05a.jpg
ワタクシ本日は昨年末に完成した東京は駒込の現場にメンテナンスで来ておりまして、午前中の作業を終えて昼飯タイム


駅前の日高屋でニラレバ定食でも食お〜 と、ややスキップ気味で商店街を進みました


日高屋と言えば東京の方はみなご存知の駅前ラーメン屋のチェーン店でございまして


いろんなラーメンや餃子はもとより、各種定食も豊富に取り揃えておりまして、さらにツマミや酒も充実しております


開店と同時に酒も呑めますので、客層はサラリーマンから赤鉛筆競馬新聞まで 所謂オッサンパラダイス系のお店なのです


満席に近い状況のなか、テーブル席の一角を相席で座らせていただきまして、ニラレバ定食をガシガシやっつけておりました


しばらくすると、相席の3人は席を立ち、テーブルにはワタクシ一人になったのでございます


「いらっしゃいませ〜」


ふと顔をあげると、正統派セーラー服&黒髪ストレートの東京JK3人組が入って来ました


「来るなよ来るなよ〜ここに相席に来るなよ〜」


ワタクシの願い虚しく、ホールのお姉さんの声が店内に響きわたりました

「あちらのお席でご相席お願いいたしま〜す」(次号に続く)


yoshidashacyou at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月25日

晩酌マイセルフ

d099bc8f.jpg


今日は女房が残業なんで自炊です(´Д`)


昆布とハンペンの煮物で晩酌なのだ(*´∇`*)


んま〜


yoshidashacyou at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月19日

ひさびさっす

a46a5df4.jpg
b3dd10c9.jpg


えーワタクシ、気付けば3ヶ月も日記を更新しておりませんで


このまま知らんぷりしよ〜かな〜と思っておりましたことも事実でございました


ところが最近逢う人逢う人に日記のおサボりを指摘され


さらには本日、上棟式を迎えたお客様にもご指摘をいただきました


しかも遠く白河のお客様でございます


イケマセンね


こりはイケマセン


今日から気持ちを入れ替えまして、正しい日記道を進みたいと一念発起したのでございました


ひさびさの日記に何を書こ〜かな〜と考えながら、いつもの通りにたこちゃんで一杯やっておりますと


「クジラ食うか?」


とお母さんがニヤニヤしながら聞いて来ました


「食うー」


「なじょする?」


「んー…と…久しぶりに竜田揚げ〜」


「はいよ」


「揚げ方は〜?」


「さっと揚げで」


「はいはい」


「んじゅ〜〜〜〜〜〜」


「そがなカンジでーーーっ…はい!」


「はいはい」


「ぱくり」


「んまい」


「んだが」


「んだ」


いつも通りのたこちゃんの一幕でございました


つーことで日記再開いたしますので、皆々様ヨロシクお願いいたします


yoshidashacyou at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月26日

初恋の人

先日 そうお盆前の8月10日に米沢市立第三中学校の35年ぶりの同窓会がありました


1年前から企画が始まり、幹事を任された俺は、全国に散らばった仲間を集めるべく他の9人の男女幹事と共に一生懸命連絡を行い、当日は約100名の参加の大懇親会をひらく事が出来ました


もちろんその中には初恋の人が居たわけですが恥ずかしがり屋の俺はナカナカ隣に行く事ができずにモジモジしておりました


すると、悪友ヒトシがやってきて「なんだ〜ヒロト〜○○○ちゃんどごさ行くぞ〜」
と、俺を連れ出しました


「おひおひお久しぶりですですですです」


すでぬ酔っぱらいでロレツの回らない俺は、緊張と相まって何をしゃべっているかわかりません


「あら ヒロト君 久しぶりだごど」


初恋の人は今でも美しく可憐で可愛らしいのでございました


「あのそのあのその電話番号番号電話番号電話」


何とか電話を聞き出そうとしたのですが、あっという間に回りに人が集まり、聞き出すことは出来ませんでした


その後、2次会3次会4次と夜があけるまで呑み続けたのですが


視界のさきの輝く笑顔を何度も確認しては、それだけで満足した俺でした


yoshidashacyou at 20:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年07月29日

現役Jkの実力



「さ、夏期講習の中日だ、わざわざ東京まで来て頑張ってるからな、おとーさん何でも好きなモノ食わせてやるからな!」


「肉」


「ん?」


「肉だってば肉」


「そかそか肉か肉だよな〜肉肉〜♪ここだ!」


「いらっしゃってませ〜」


「えーと、生ビールと…お前はコーラか?…んで特上ハラミとホルモンとナンコツと…ハツ刺とセンマイ刺と…カクテキとポテサラと…とりあえずこんなもんか」

「カルビも」


「はいはいカルビもね」


「じゅ〜」


「んまいか?」


「んまい」


「あ おにーさん! ホッピーね」


「レバーも」


「はいはいはいはいレバーもね〜」


「しかしよく食うな〜」


「はら減ってたんだ!」


「豚のハラミも」


「はいはい わかりましたわかりました、おにー」


「カルビもハツも」


「はいはいはいはい、おにーさん、ハラミとカルビとハツも〜」


「しかしよく食うな〜大丈夫か」


「何言ってんの?前菜だよこんなの」


「!!!」


「ちょっと待っててね、トイレ行って来るから」


「あ〜スッキリした〜!さ おとーさん、次の店いこいこいこ〜」


「ヒィ〜〜」


yoshidashacyou at 13:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月17日

いつかはスマイル





先日、そうこの前の連休の時に久しぶりに惰眠をむさぼったワタクシ



ベッドでごろごろしているのも飽きて、腹も減ったのでしょうがなく2階から下に降りて行くと



女房とムスメはすでにおでかけ状態であり、おふくろもテレビを見ながらうたた寝していた



「とりあえず朝飯だ」



冷蔵庫を開けると干からびたハムと納豆がお辞儀をしていた



「うーむ」



せっかくのお休みのスタートが干からびたハムと言うのも味気ないのだ



「そーだ!」



テレビCMの刷り込みのせいであろうが、久しぶりにマクドナルドのハンバーガーが食いたくなったのである



ビッグマックあたりを大口あけてばくりとやっつけて、アイスコーヒーをぐびぐびやっつける



そんな事を考えていたら頭の中がハンバーガーでいっぱいになってしまい、気がつくと大至急車を走らせてマクドナルドに向かうワタクシであった



「えーと」



「いらっしゃいませ〜」



「えーあのその…ビッグマックとかないんすか」



レジの前に置かれたメニューにはマックグリドルとかエッグマックなんやらしか無いのである



「そちら10時30分からの販売となっておりま〜す」



「むむむ」



時計は10時15分



あと15分もあるのだ



いや



あと15分しかないのだ



おそるおそるまたお姉さんに聞いてみた



「えー あのー ちょびっと早めにビッグマックお願い出来ないスかねあのそのもう少しだし」



「えーお時間は決まっておりま〜す」



「むむむむ」



客商売なのになんと言う傲慢さであろう 僅か10分ぐらいなんとかしてくれても良いのにいいのにいーのにー!



などと考えながらも腹はぐーぐー鳴っているのである



朝マックにすれば事足りるのである



しかもセットで安いのである



しかしながら俺はビッグマックでアイスコーヒーごきゅごきゅがいいのである



しかしながら腹ペコなのである



葛藤することしばし



己が食欲に負けたワタクシは、白旗を上げてエッグマックなんやらを頼む事にしたのである



顔をあげ、注文しようとしたその刹那



あの有名なマクドナルドのメニューが頭をよぎったのである



「スマイル 0円」



ビッグマックの腹いせに、このお姉さんのスマイルをもらってやろうじゃないのさ



満面の笑みを0円で買ってやろうじゃないのさ



ちきしょー!



いつかは一度やって見ようと思っていたワタクシ



エッグマックなんやらとスマイル!と頼む事に決心したのである


「えー すいません」



「ご注文お決まりですかー?」



「エッグマックなんやらと、」



「お飲み物は何になさいますかー?」



「アイスコーヒーと、ス」



「サイズはどうなさいますかー?」


「えー 真ん中の」



「エムサイズですねー!他にご注文はございませんかー?」



「えー スマ…」



「はい?」



「えー スマ…んがコーヒーSサイズで」



「はいわかりましたー」








こうしてマクドナルドに負け、己にも負けたワタクシ



店の片隅でエッグマックなんやらをかじるのであった


yoshidashacyou at 18:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月04日

ナポリタンの誘惑

4d9911ac.jpg
8d741268.jpg





食いたいと思った瞬間にどうしようもなくなりヨダレは出るわ目眩はするわ妄想するわとたいへんなことになる食べ物と言えば





ナポリタンをおいて他にないのである





柔やわのスパゲティに絡んだ真っ赤なケチャップの甘酸っぱい味を思い出しただけで舌の付け根からヨダレが沸きだし





甘い玉ねぎとほろ苦いピーマンの舌触りを思い出しただけで悶絶し





たっぷりかけたタバスコと粉チーズのことを思い出しただけで血圧が上がってくるのである





昼飯時に大至急向かった先はもちろん図書館の1階の喫茶店「ロータリー」である





「ちわ」





「いらっしゃい」





「ナポリタン」





「はいよ」





高校時代からだから30年以上おんなじオヤジだよな〜とか思いながらスポーツ新聞に目を通しパラパラめくっていると





「んじゅー」





素敵な音と共に芳しい香りが漂ってきたのだ





もはやパブロフの犬となりさがった俺は、銀色のフォークを握りしめ臨戦体勢で唾を呑み込んだのである





「でん」





「むひょー」





「ずるぱく」





幸せの絶頂である


yoshidashacyou at 17:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年06月02日

日曜日の小さな幸せ

3a169cd2.jpg
add7277e.jpg
716870e9.jpg





自転車で下り坂を5分ほど下ると行きつけの蕎麦屋があるのです





看板がでた頃を見計らって玄関を開けるといつものお姉さんが満面の笑みで迎えてくれるのです





いらっしゃいませ





瓶ビール





田植えが終わったばかりの風景を肴に冷たく冷えたキリンラガーを喉に流し込みます





あ"〜!





なんになさいますか?





鴨汁蕎麦と熱燗!





爽やかな青空と冷たい蕎麦と熱々の鴨汁とほどよい燗の日本酒で





久しぶりの休みを漫喫するのです





あ〜





んまかったな〜





帰りはコンビニでみたらし団子でも買ってかえろー





後は夜までjazzを聴いて過ごすのです





たまの休みの日曜日の





小さな楽しみなのです


yoshidashacyou at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)