最新コメント
  • ライブドアブログ

今日から始めます。

戦国BASARA真田幸村伝

なかなか面白いです。









片倉小十郎―ひとつの巨木を墓標とした男の生涯

片倉小十郎―ひとつの巨木を墓標とした男の生涯

今までにないタッチで片倉小十郎が描かれていると思います。

秀吉と景綱の鉄砲隊の話や引き抜きの話、上杉の家老、直江兼続との絡み。

直江兼続との絡みの話など他ではほぼ書かれていないと思います。

伊達の抑えで上杉が会津に来た時、小十郎は相当意識したかも知れないですね。

直線距離で相当近い位置に二人がいたという事実はもしかしたら本当にそんな事があったのかも知れない。

兼続は明らかに政宗が嫌いなはずだが、その側近の小十郎には本当に興味をもったのではないだろうか。

あの嫌いな政宗に信頼厚く、優秀な家臣団があるのか?なぜだろうか。

上杉家臣団との違いは?

晩年直江兼続は直江重光と名乗っていたなんて割と知られていないネタが出てきてちょっと驚き。

片倉備中景綱の最後はどんな感じであったのだろうか。

勝手にいろいろと想像してしまうのだが、これはこれありかな。

歴史なんて新しい発見があればすぐに覆されるものなので、全部うそですっていうのもないと思う。

読んでみて損はないと思う。




livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド