2012年04月08日

春休みにカナダに行ってオーロラを見てきました!

 のり子先生のかねてからの願いで、フィンランド・サーリセルカにオーロラを見に行ってから、早2年の月日が経ちました。あの時は天候に全く恵まれず、ただ、ただ−40度の世界で耐えるだけ。空には月しか見えず、オーロラはおろか、星すら見えませんでした。(でも、それなりに楽しかったんですけどね・・)
 今回は、のり子先生の執着心と次男坊の夜空に対する思いに応えようと、カナダ・イエローナイフで「オーロラ再チャレンジ」となりました。

P3260049P3260050





 成田を経って約10時間のフライトでカルガリー国際空港へ到着。濃霧で到着がやや遅れました。
 ここカルガリーで乗り継ぎ便を9時間待ちます。その間にカルガリーの街に出て、ショッピングをしたり食事をしたり。それでも9時間は持て余します!!

P3260058





 結局、空港の出発ロビーで寝る、寝る。

P3260066





 カルガリーから小さいジェット機で北極圏へ北上すること2時間半。イエローナイフ空港にやっと到着。ほぼ1日かかってやっと着きました。これから3日間オーロラの観察です。

DSC_3860DSC_3896





 オーロラ観察のための「オーロラビレッジ」は、町からバスに乗って30分のところです。先住民のテント、ティーピーの中でオーロラが出るのをホットチョコを飲みながら待ちます。意外と居心地がいいです。

DSC_4072DSC_3949





 初日から3日間オーロラを見ることが出来ました!!初日はレベル3、二日目はレベル2、三日目はレベル5!(レベルは1から5に分かれます)

DSC_4061DSC_4073





DSC_4074 レベル5の最終日は、いわゆる「オーロラ爆発」と言われる状態。オーロラがまるで生きているようにグオングオン動くんです!それこそ音がしそうなくらい激しく!!でも、実際はシーンとしている中で、みんなの歓声だけが森に響くんです。こんな神秘的なものを僕は今まで見たことがない・・・。本当に・・。来てよかった・・・。あまりにも心を強くつかまれてしまって、言葉をなくしてしまう。これを、絶句というんですね。

 本当は、ムービーで撮影したいところですが、動画は撮影できないんです。オーロラの光はカメラには強い光ではなくて、普通のカメラでも「シャッター開放で約30秒」で撮れるものなんです。ですから、動いてるオーロラを見るには、行くしかないのです!!

P3260134たまには夫婦で仲良く写ろう





P3270109





 オーロラを見ていないときは、何をしていたかって言いますと。お土産屋さんでこんなこととか、(何やってるの!のり子先生!ほしいの??)

P3270194P3270196





 凍った湖の上でこんな写真撮ったりとかしていました。

P3290255 イエローナイフでオーロラを満喫した後、一路バンクーバーにむかい2日間。僕は、歯科大の時に大学からの交換留学でバンクーバーのブリティッシュコロンビア州立大学で過ごした経験があります。25年ぶりのバンクーバーはとても懐かしく、そして魅力的でした。
この写真は、キャピラノのサスペンションブリッジです。

 実は、この旅行、診療室のリノベーション(4台の診療椅子の交換、エアコンの交換、蛍光灯のLED化)の為に1週間休診していた間に行ってきました。新しくなった診療室は、後日ブログにアップします。







2012年03月07日

左上小臼歯1歯欠損 インプラント症例 

40代女性、虫歯で歯根が割れてしまって歯を失ってしまった症例です。きれいでしっかり噛める歯が欲しいとのことで、インプラントにしました。

D0694001術前





D0694006D0694007





上顎洞がやや近めでしたので、ソケットリフトを用いて4ミリ程骨を作ります。

D0694008ソケットリフト用のリフティングドリルで治療中。




D0694012D0694014





インプラント埋入完了。とてもきれいにかつ、いいポジションに入りました。手術はこれ一回で完了です。

D0694017D0694018





3カ月後。歯肉もきれいに治ってます。



D0694020インプラントに支台を締結して





D0694024BlogPaint





セラミックがかぶって治療完了。きれいに入りました!他の銀歯もセラミックにしたいですね。





yoshie_dental at 21:47|この記事のURLすべて | 症例報告

2012年02月29日

結構降りましたね。

今日は、水曜日。休診です。朝起きたらびっくり。予報よりしっかり降りましたね。医院の周りは真っ白。明日に備えて、雪かきしておかないと凍ってしまいます。一汗かいて頑張りました

術前。
術前
ママさんダンプ。14年前くらいに買いました。関東の重い雪だと、なかなか活躍の場がなかった「雪国除雪グッズ」。あのときは、東北の方まで注文したんです。今回は、活躍しました。
ママさん





術後。すみません!医院の前だけで精一杯でした。裏の駐車場もやっておきました
術後

2012年02月28日

患者さんからランを頂きました。

 御夫婦で、新城の医院から20年来のお付き合いの患者さんに、鉢植えのランを頂きました。奥様がお花が大好きな患者さんです。僕の母も、のり子もお花が大好きです。僕は、お花が大好きな人が、大好きです。
 御夫婦は、僕ら夫婦を息子達のように思ってくださいます。奥様が御自身で株分けをして、咲かせて下さったランです。奥様曰く、「茎が真直ぐじゃなくなってしまって、失敗作です。」とのこと。これだけ花が立派に咲けば、重たさで曲がってしまうのもやむなしでしょう。形より何より、心がうれしかった。玄関に飾らせて頂きます。ありがとうございます。町の歯科医でよかったと思います。

ラン

_らん2

2012年02月25日

診療ユニット交換、一部改装に伴う休診のお知らせ

平成6年に港北ニュータウンに開業し、昨年10月で18年目を迎えました。時が経つのは早いものですね。15.000名を越える、大勢の患者様を治療させて頂きました。診療機器は、細かなものからCTなど大きなものまで、随時新しいものにアップデートしてきました。今回、診療チェアユニットを新しくします。より確実により安全な診療をこれからも心がけていこうと思っています。よろしくお願いいたします。

休診期間:3月26日(月)から31日(土)まで 4月2日は、通常どおり9時から診療いたします。

なお、26日から31日(水曜を除く)の診療時間内はスタッフが常駐していますので電話対応はさせて頂きます。



yoshie_dental at 19:21|この記事のURL病院日程 | すべて

2012年02月18日

左上2本インプラント症例

70代男性。左上第二小臼歯、第一大臼歯を残念ながら失った後、インプラントに置き換え機能回復した症例です。
術前、抜歯後3カ月経過
D0731001

局所麻酔を充分にした後、歯肉を切開、骨の状態をCTと比べ確認。インプラントの方向の確認。
D0731004





リフティングドリルにて、ソケットリフトを行いました。
D0731007D0731008





D0731010





インプラントを予定どうりの部位に埋入。初期固定良好。3か月待ちます。
D0731012D0731013





4カ月後、骨とインプラントが結合していることを確認してアバットメントコネクション。歯を作りました。(スクリュー固定式、仮歯です。)
D0731018D0731019


患者さまが、「年をとってるから、インプラント出来るかな?」と治療前におっしゃっていましたが、適切に診断、処置を行い、無理のないスケジュールで治療していけばこのような結果になります。
旅に出て、おいしいものを食べるのが趣味の患者さまでしたので、食べれる喜びを感じて頂けました。

yoshie_dental at 18:40|この記事のURLすべて | 症例報告

2012年02月06日

そうそう、移植のその後。

2010 7月に移植の症例をアップし、「その後をまた報告します。」と言っておいてそのままにしてしまいました。随分時間が経ってしまったのですが、移植4カ月後には治療が完了していますので、報告します。どんな症例だったかみたい方は、2010 7月の記事をもう一度みて下さいね

移植前。D0624018






移植後。ここまでは、2010 7月にお見せしました。D0624057






3か月まって移植歯が充分にくっつきました。歯肉の状態も極めて良好。移植した歯じゃないみたいでしょ
D0624060





グラスファイバーの土台を立てて、セラミッククラウンの準備完了。
D0624062





仮歯での確認を経て、最終のセラミッククラウンを被せました。噛み合わせもばっちり。大成功です。今日現在、メンテナンス中で異常なし。異常がないのが何よりです。
D0624066D0624068

yoshie_dental at 21:45|この記事のURLすべて | 症例報告

2012年01月31日

右上のインプラント、抜歯即時埋入法

55歳、男性、右上第二小臼歯が果物の種を噛んでしまって割れてしまいました。残念ながら歯を抜かずに治療することが無理だったこと、患者さんが西欧のかたでインプラントにしてほしいという強い要望があったことなどで、抜歯の前にCT診断を行い、骨の幅、深さ、周囲の解剖学的構造を調べました。患者さんとの充分な協議の結果、抜歯を行い、同日にインプラントを埋入する、抜歯即時埋入法を行うこととなりました。

術前。歯牙の内部に虫歯が進んでおり残念ながら保存不能。
D0755002





抜歯後。歯牙の周囲の骨を傷つけないように丁寧な抜歯を行う必要があリます。
D0755003





ドリリング。インプラントに取って適切な埋入位置は、必ずしも抜歯窩に沿ったものではないので周囲の骨の再生を予測し、かつ対合の歯牙との咬合を考慮に入れたドリリングが必要です。
D0755004





インプラント埋入。歯根幅径がΦ4.5mmであったので、初期固定を充分に得るためにΦ5.0mmを選択。充分な初期固定が得られました。
D0755005D0755008





抜歯窩とのギャップは、βTCPの顆粒を補填。新鮮抜歯窩なので速やかに骨に置換します。
D0755011D0755010





即時埋入のため、安全、確実性を考慮に入れ2回法としました。頬側歯肉に充分な減張切開を入れ、ソフレッチにて縫合。
D0755012


3カ月後に2次手術を行い、4カ月後にセラミッククラウンが入る予定です。




yoshie_dental at 21:11|この記事のURLすべて | 症例報告

2012年01月12日

2012 久しぶりにブログ再開しようかと思います。

 2010 11月からブログのアップをお休みしていました。診療や診断、家のこと、スタッフの出産、母の闘病などなど、色々とあって。でも、また少しずつ症例、日常など書きたくなリました。よろしくお願いします。
 それでは、久しぶりの症例報告。30代女性、前歯の色と歯並びが主訴で来院。

D0737002D0737004





 左の前歯は、昔、何回か虫歯にしてしまって神経を取って根の治療がしてありました。失活歯の変色と古いプラスチックの変色が著しいです。また、左右の前歯が「天使の羽根」のように捻じれています。いわゆる「ウィンギング」です。他の歯にも小さなプラスチックの変色がみられます。
 オールセラミッククラウンで状態を改善する方法(2本 or 4本)、矯正治療を行う方法、などいくつかの方法を提案させて頂き、相談した結果、前歯2本をオールセラミッククラウンで色、捻じれを治し、小さな変色は、健康保険のプラスチックで詰めなおしする方法に決まりました。

 仮歯を使いながら下地の治療を行った後、オールセラミッククラウンをセットしました。術後の写真です。

D0737006D0737009





 オールセラミックを2本被せて、小さな変色も詰めなおしてきれいになりました。なかなかの仕上がりだと思います。セラミックの歯肉との健康的な調和も充分にとれています。
 この症例は、矯正治療をもちいる案もあったのですが、もし矯正治療を行うと手に入れるメリットよりも、幾つかのことを失うデメリットの方が大きいと判断し、上記の治療となりました。治療法は様々なことを検討し、良く相談し最もメリットが多いものを選択すべきです。

「初めに診断ありき」です。

yoshie_dental at 20:04|この記事のURLすべて | 症例報告

2010年11月25日

AAP・アメリカ歯周病学会でホノルル!

2010 11 AAP学会旅行in Honolulu 00910月30日から11月4日まで診療室を離れ、AAP・アメリカ歯周病学会に参加してきました。開催場所は、日本歯周病学会、日本臨床歯周病懇談会との共催ということもあり、両国から集まりやすい場所ということでハワイ・ホノルル!歯周病治療とインプラント治療のアップデートを期待し、いざ出発。が、30日は、なんと成田直撃の台風に見舞われ、飛行機が飛ぶか飛ばずかに一喜一憂。成田で同行の同級生の先生たちと、まずは一杯やりながら台風の通過を待つ始末。1時間の遅れでユナイテッド航空は頑張って飛んでくれました。

2010 11 AAP学会旅行in Honolulu 065学会場は、ホノルルコンベンションセンター。





2010 11 AAP学会旅行in Honolulu 064アロハでの参加の先生も見かけましたが、ネクタイでもしなければハワイの誘惑に負けそうで・・・でもちょっと暑かった。



2010 11 AAP学会旅行in Honolulu 058審美的な歯周外科」のセッションを中心に講演を聴講してきました。写真で見るより巨大なメイホールで画面がダブルなっているのにはちょっと驚き。質問でマイクの前に立った時、巨大スクリーンに私の顔がダブルで映し出され、びっくりしちゃいましたそれにしてももっと英語を勉強しなければダメだと思いました・・・。もっとかっこよく英語で質問したい!!頑張らなきゃ!!

2010 11 AAP学会旅行in Honolulu 056日本未発売のマテリアルの情報もしっかり収集してきました。




2010 11 AAP学会旅行in Honolulu 068学会の後は遅めのランチ。同行した同級生、後輩と一緒にフライドシュリンプをつまみにビールで乾杯。治療のこと40%、明日どうする?この後、波乗りするか!60%。だって、ハワイですから。100%勉強なんて無理ですよ、無理。

2010 11 AAP学会旅行in Honolulu 075夕暮れ時にボードをレンタルして久しぶりに波乗りもしてきました。ワイキキの波は本当に楽しい。優しく、力強い。夕日を浴びながらメローな時間が流れます。この波ならずーっと波乗りしたい。

2010 11 AAP学会旅行in Honolulu 085しっかりゴルフもしてきました。気温、湿度、風、ともに最高のコンディション。ましてや久しぶりに会う友人とのラウンドですから、言うことなし。スコアだって気分とともに乗ってきます。楽しかった〜〜!
よく学び、よく遊ぶ、当然夜は焼酎で大反省会です。かんぱ〜い

2010年10月23日

院長 学会参加にて休診のお知らせ

 10月30日(土)午後より11月4日(木)までホノルルで行われますAAP(米国歯周病学会)に参加のため、院長の診療が休診となります。
 なを、副院長の矯正、小児、衛生士の診療は通常どおりおこなわれます。
臨床治療の向上のために頑張ってきますので、よろしくご理解ください。
(でも、ちょっとゴルフとサーフィンもしてきちゃいます・・・。学会が半日の日に。)

                              院長

yoshie_dental at 23:15|この記事のURL病院日程 | すべて

2010年10月17日

前歯のジルコニア・セラミッククラウンの症例

D0632001
 40代女性、前歯の審美障害にて来院。歯茎の雰囲気も気になるとのことでした。時間をかけて治療法の説明と相談をしたうえで、オールセラミッククラウンで改善を計画しました。過去のクラウンは色が単色でかつ不透明。形も表現に困るような不自然な形(お団子みたいに丸まってる・・)。つなぎ目の金属が露出し黒くなってますね。改善必要なのは一目瞭然。何軒かの先生に相談なさったのですが、納得できる治療方法が提示されずに紹介でうちの医院にいらっしゃいました。


D0632006
 治療後です。古いクラウンを外した後、形成し、仮歯を入れ、仮歯を通じて患者さま、技工士と意見交換を繰り返し、最終のオールセラミッククラウンを入れた後の写真です。現時点で一番すぐれているLavaジルコニア・オールセラミッククラウンを使いました。歯の自然感とともに歯茎の自然感も取り戻せていると思います。Well done.

yoshie_dental at 02:59|この記事のURLすべて | 症例報告

2010年10月14日

国際歯科学会 in yokohama

国際歯科学会 2010 横浜 00110月9日・10日、パシフィコ横浜で開かれた、4年に一度の「国際歯科学会」に医院の衛生士と一緒に出席してきました。数々のシンポジウム、レクチャー、特に「歯周病と再生医療」について学んできました。全体の学会が終わった後の夜6時から9時のナイトセッションにスウェーデンのイエテボリ大学歯周病科・主任教授・Dr.リンデの講演も衛生士とがっちり聞いてきました。


国際歯科学会 2010 横浜 003学会の内容もさることながら、今回はこれについて。みなさんこれ何だかわかります?これは国際会議などで使われる「同時通訳のレシーバー」です。このレシーバー、デザイン、かっこよくありません?いくつかのレシーバーを見てきましたが、今回のがピカイチ。よく見たら Made in germanyMade in BOSCH!でした。うちの医院にドイツ人の方が多くお見えになる、ニュータウンのボッシュからも。だからって誉めてるわけじゃありませんよ。本当にデザインがスマートで無駄がなくて、手になじむ。何て言えばいいんだろう、やっぱり工業デザインはドイツがNo.1ですよ。本当に。

2010年09月29日

YONEX OPEN JAPAN 2010

YONEX OPEN 2010 in TOKYO 001今年も行ってまいりました、ヨネックスオープン(バドミントンの国際大会)。今年は9月21日から26日の6日間の激闘。そのうち2回戦の23日(秋分の日)と決勝の26日(日)の2日間を東京体育館に足を運び観戦してきました。え!2日も行ったの!!そう、それも子供たち7人連れて!!。長男の部活の友人を連れて、保護者兼「おじさんについてらしゃい」。
 

YONEX OPEN 2010 in TOKYO 005残念ながら日本選手は上位に食い込むことはなかったのですが、頑張っていました、北京オリンピック銀メダリスト 末綱・前田ペア。男子シングルスの田児 健一も頑張ってた!でもね、相手が世界ランク1位のリー・チョンウェイだもんね・・・。来年ガンバレ! 男子シングルス リー・チョンウェイ VS リン・ダン の決勝、凄かったな。チョンウェイさすが世界1位。


YONEX OPEN 2010 in TOKYO 003ちょっといい話。この写真の選手は、混合ダブルスのデンマーク選手・フィッシャー・ペダーセン ペア。入場する時も笑顔。試合が終わって退場する時、多くの選手がセキュリティーに制止されてファンの「サインください!」に応えていなかったのに(特に日本人選手!)、フィッシャーとペダーセン選手は、制止するセキュリティーを制止して、笑顔でサインに応えてくれていた。デンマークの男子シングルのピーター・ゲイト選手も笑顔でサイン
 やっぱり、一流は何かが違う。何しろ、かっこいい!!サインをもらったうちの長男、感動に震えながら、「明日の部活、頑張るぞ!!デンマークの選手みたいになるんだ!!」だって。少年・少女の心に澄んだ感動を与えてくれる、一流プレーヤーに感謝。日本人選手!ちょっと、表情が硬すぎやしませんか?青少年は見ていますよ。




http://www.yonexopenjp.com/

2010年08月12日

オールセラミック インレー アンレー

D065800240代男性、古い金属の詰め物をきれいにしたいとの要望で治療にお見えになりました。術前のメタルインレーは決して悪い状態ではありませんでしたが、だいぶ年数も経っていて、内部に心配もあるということで治療に踏み切りました。


D0658003術後です。セラミックの種類は、リヒテンシュタイン製 イヴォクラのEmaxです。現時点で精度、強度、最高峰のセラミックです。技工は、ベアーデンタル 小土橋 誠が製作。削りだし(CAD/CAM)の安いセラミックでは、ここまで自然に美しくはいきません。いつも素晴らしい仕事をありがとう、ブラボー誠君

D06580044本をまとめて治療しましたので、来院回数は3回(1回の治療は約2時間ですが)です。すべての処置は顕微鏡下で行われますので、虫歯による感染を取り残すこともなく、セラミックのフィットも極めて良好です。
つなぎ目がどこにあるか分かりますか
この患者さまは結果に非常に満足していただき、上下、左右、4ブロックすべてセラミックに置き換えました。ご苦労様でした。

yoshie_dental at 22:57|この記事のURLすべて | 症例報告

2010年07月15日

最近の移植症例

相田1
最近の移植の症例です。30代女性、右下第一小臼歯の遠心に深い虫歯がありました。第二小臼歯は傾斜し埋もれています。深い虫歯を持つ第一小臼歯よりも埋もれている第二大臼歯のほうが歯のコンディションが良く、まっすぐ立たせるためにCTで精密検査をしたうえで「移植」をすることになりました。
相田2
手前の第一小臼歯を抜歯。抜歯と同時に矯正担当の副院長・のり子先生の技術を借りて、第二小臼歯を弱い力で時間をかけて少し引っ張っておきます。

あいだ3
ここまで引っ張りだしました。




あいだ4





あい5
第二小臼歯を抜歯、いよいよ移植です。

その2につづく・・・





yoshie_dental at 22:25|この記事のURL症例報告 | すべて

最近の移植症例 その2

あい5
さあ、いよいよ移植です

あい6





あい7歯と骨の寸法を測って、CTの計測と相違ないことを確認。移植床の形成をおこないます。慎重さと繊細さと大胆さが共存する手術です。


あい9移植床の完成。







あい10





あい11根の先端の処置を顕微鏡下で行います。細かい処置ですが集中力は、この時、最高潮です。




あい12根の処置を終えたら、移植床へ。見事にすっぽりはまりました。Wao!Excellent.






相田1術前





ai13術後
最後に縫合と接着剤で固定して処置完了。手術時間全体で約1時間。後日の来院で消毒。腫れ、痛みほとんどなく、好調確認しました。最後にクラウンがかぶったら後日報告します。ご苦労様でした。





yoshie_dental at 21:27|この記事のURL症例報告 | すべて

2010年06月27日

やまゆり学園 みずほ幼稚園 黎明幼稚園 の歯科検診

 やまゆり学園 みずほ幼稚園の歯科検診を6月17,18日の両日、黎明幼稚園の歯科検診を6月24日、今年も無事に終えることができました。今年で16年目になります。梅雨時の蒸し暑さの中の検診でしたが、園児の皆さんはいつもどおり元気いっぱいでした。「お願いします!」と皆さんお行儀よくご挨拶し、大きくお口を「アーンと開けてくれます。終わりますと「ありがとうございました!」とお礼を言ってくれます。毎年思うことですが、園の先生方のご苦労がうかがえます。入学前の子供の教育はとても重要ですね。「三つ子の魂」なんとやらです。
 検診では、園児一人に一組の手袋を使い捨てで使用します。園児同士の水平感染を防ぐ配慮です。歯科医院では当たり前のことですが、検診でも開園当初から行っています。手袋の着脱、廃棄はエアコンのない蒸し暑い部屋では滑りが悪く、なかなかの苦労なのですが、極めて大事なことですのできちんと励行しております。また、当然ミラーなどの器具も完全滅菌しておりますので、ご父兄の皆さまご安心ください。
 検診の結果が後日ご家庭に届きますが、歯科への受診の必要性が記されている場合、できるだけ速やかに歯科医院に連れて行ってあげてください。よろしくお願いいたします。
 吉江歯科医院に通院中の患者さまにおかれましては、上記の事情で6月の診療時間が少なく、アポイントが取りずらかった事をこの場を借りてお詫びさせていただくことと、ご協力に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

2010年04月17日

吉江歯科医院 医局旅行2010 in OKINAWA その2

2010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 028少し遅く起きた朝は、ゆっくり朝食を食べました。風が少し強かったのが残念でした。でも、気分は夏を先取りした感じです。



2010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 0702010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 017





2010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 0452010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 048






2010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 0572日目は、「美ら海水族館」。サンゴ礁の魚やジンベイザメ、イトマキエイ、青い青い海の中に潜っているようでした。期間特別展示として、「黒潮水槽」を上から観察することができました。上から見るジンベイザメは圧巻!!「で、でかい・・・」

2010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 065帰りに寄った「名護曲がり食堂」で「やぎ汁」に挑戦しようとしましたが、あいにく売り切れ。今度来た時の宿題になりました。院長は、内心ホッとしています。だって、臭いんだものヤギ汁!

2010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 100






2010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 0862010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 084
そして、夜はふけ、一行は宴会へと突入するのであります。イケメンの店員さんのいる恩納村の居酒屋「うら庭」で、泡盛とタコライスとグルクンのから揚げ。三線のライブがあって沖縄民謡から島唄、ビギンの曲まで聞かせてくれました。そうなるとじっとしていないのが吉江歯科医院、三線に合わせて興儀さん指導のもと「踊る阿呆に見る阿呆!!」汗かくほど踊ってしまいました。楽しかった〜!
また、みんなで来れるように診療、ガンバロウ!

吉江歯科医院 医局旅行2010 in OKINAWA その1

2010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 0014月11日から3日間で医局旅行に行ってきました。吉江歯科では、約2年に一度スタッフの労をねぎらうために院長自らツアーコンダクターとなり医局旅行に行くのが恒例です。今回は第8回。スタッフみんなのリクエストで沖縄です。4月は暑くもなく、寒くもなく女性には最高の気候でした。スタッフみんな沖縄はほぼ初めてで、出発前からやや興奮気味。興儀さんは宮古島出身ですが、沖縄本島で遊んだ事はなかったそうで、やっぱり興奮気味。朝早く羽田を発って那覇空港でレンタカーを借りて「さー出発!」運転手は、もちろん!!「院長ーー!」。
まずは、首里城で古の沖縄をざっと学んで、パチリ。

2010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 004琉球国王の王の玉座前でパチリ。






2010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 0082010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 012






2010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 011そして腹ごしらえ。沖縄一食目は、やはり島の物をということになりました。首里城を出て裏路地をとことこ歩くこと5分「ほりかわ」で「手打ちのソーキそば」「ジーマーミ豆腐」「うみぶどう」「島ラッキョウ」などなど。おいしかった。食べてるとほんと幸せ。

2010 4月 医局旅行 沖縄 3日間 018「琉球王国 玉泉洞」で観光して・・・琉球の衣装でコスプレ撮影?生まれて初めてです。なんか、照れます。みんな、似合ってるね。なんか、楽しくなってきちゃったぞ!




2010年02月28日

OSI 大阪 インプラントを安全に行う麻酔・鎮静法

OSI 麻酔
 2月26,27日の土日にOSI大阪の研修会に参加してきました。今回のテーマは「安全な麻酔・鎮静法」です。
いかに安全にかつ患者さんがいかに快適に手術を終えることができるようにするか。近年、治療法の発達に伴って従来の治療に加えて外科的な処置が増えている傾向があります。外科処置を行うにあたって、患者さんはやはり「痛くないか」「怖い」という不安と戦うことになります。それを解決してくれるのが麻酔であり鎮静法です。


OSI 麻酔2 





 どの歯科医院でも注射による局所麻酔が当然中心になります。局所麻酔には浸潤麻酔とブロック麻酔の二つがありますが、この基本中の基本の二つの使い分けは患者さんの「処置中の痛みのコントロール」と「術後の痛み・不快感のコントロール」の目的で極めて重要です。なんでも注射すればいいって訳じゃないんです。どの歯にはどの麻酔、この処置にはこの方法、この薬剤。適切な判断が大切です


OSI 麻酔3
 鎮静法は、主にインプラントや歯周病の手術、嘔吐反射や恐怖心が強い患者さんの治療に用いる方法です。昼寝をしているうちに治療が終わるという快適な方法ですが、薬剤に対する知識や技術、呼吸や心拍のモニタリング・管理が必要です。静脈内鎮静法と筋肉注射による方法があります。今回は、薬剤の知識・テクニックのブラッシュアップとモニタリングの肝、呼吸管理や緊急対応の確認などなど、基本的なことの再確認・新しいテクニックと充実した研修会でした。
 2日間、ちょっと疲れましたが、また新幹線でのビールが明日へのエネルギーになりました。

2010年02月17日

都筑区 シングルス バドミントン大会 に応援にいってきました。

P2070016
 2月6日の日曜日に「都筑区 シングルス バドミントン大会」に応援に行ってきました。社会人から中学生までが参加できる都筑区バドミントン協会主催の大会です。技術レベル別に5クラスに分かれています。長男と彼の友人が初級者のクラスに参加しました。結果は残念ながら予選リーグにて敗退。悔しがる息子を見て、昔の自分を思い出しました。負けて悔しい、悔しいから練習する、練習してまたチャレンジする。スポーツは世代を超えて人を育ててくれるようですね。

P2070024
 上級者クラスの試合も観戦しました。社会人、高校生、「すごい!!」スピードとパワーのぶつかり合いに圧倒されました。シャトルをあきらめずに追いかけ、頭から飛び込む!! なんちゅう体力、瞬発力!! 
 刺激を受け次の日曜日、息子と練習にいって筋肉痛バリバリでしたあ〜。無理せず続けます。

2010年01月30日

前歯のセラミック治療

D0591008D0591009 





30代女性の患者さんの治療前の写真です。主訴は、「前歯の形、色、が不自然なこと、付け根の黒ずみも困っている。」とのことでした。様々な診査診断を行って、患者さんにコンサルテーションをさせていただき、セラミック治療で前歯を4本治療することになりました。


D0591013 古い差し歯を外す前に診断模型上で、最終のセラミックの完成予想を立て、仮歯に置き換えておきます。


D0591018 





 その模型のシリコンコアを取っておいてから、古い差し歯を外し、新しいセラミックの準備を行います。仮歯(正式にはプロヴィジョナル・クラウンと言います。)を用いて患者さんと最終的な希望の修正確認を行った後、患者さんにOKがいただけたら、最終の型を取ります。プロヴィジョナル・クラウンに盛り込まれた情報は、正確にセラミスト(セラミック専門の技工士・ベアーデンタルの小土橋 誠)に渡されます。

D0591008D0591022
 
 最終のオールセラミック(インセラム)クラウンをセットしました。治療前(左)と比べていただければ、その差は一目瞭然です。
D0591009D0591023
 
 斜め45度からの写真です。左が治療前、右が治療後。歯の傾斜も改善しました。自然な色合い、セラミックと歯肉との調和を見ていただきたい。患者さんにもとても満足していただきました
 この症例、いくつかのキーワードがありましたが、決して特別な症例ではありません。吉江歯科では、日常的な臨床です。前歯の事で相談ご希望の方は、ご遠慮なく院長・スタッフまでどうぞ。 

yoshie_dental at 19:50|この記事のURLすべて | 症例報告

2010年01月17日

インプラント やや難症例

BlogPaint 最近、旅行や年末行事などの記事ばかりで、症例報告をさぼっていました。今年も公開を許していただいた症例を報告させていただこうと思います。40代薬剤師の男性、右上第二小臼歯の欠損。ブリッジは前後の歯を削るのが好ましくないとのことでインプラント治療を選択なさいました。術前のCT診断で、過去に病巣が存在した場所の骨が強く陥没していることが分かっていました(外側)。GBRにて骨を造成することも検討しましたが、患者さまの負担が大きくなることから「そこにある骨を有効活用」することで合意していただきまして、いざオペです。


D0603008 どうやって「そこに今ある骨を有効活用する」のか。それには、オーギュメーターという外科器具を使います。通常は、ドリルを使って骨に直径約3.5mmの穴をあけて、そこにインプラントを埋め込みます。が、この症例に普通にドリルで穴を開けたら、骨が沢山削られて、頬側の骨にドリルがはみ出て、大きな穴が空いてしまいます。そうすると、インプラントを支える骨が少なく、インプラントが不安定になり、骨と結合することも期待薄になってしまいます。そうなると骨の厚みを大きく増すためにGBR(骨造成術)の出番となるのですが、GBRは術後の強い腫れを伴うこと、作れる骨の量及び将来の骨吸収量の予測がやや難しいことなど、「そこにある骨の有効活用」に比べて患者さまの肉体的負担がやや大きくなり、また結果の予測がやや難しいという難点を伴うこととなります。(当然、GBRを用いるほうがいいケースも沢山ありますが。)

 このような症例の場合、当院では患者さまの負担ができるだけ少なく、安定した結果が得られるように「オーギュメーター法」を用います。「だんだん太くなっていく先を丸めた千枚通し」のような器具が「オーギュメーター」です。

BlogPaint この症例では直径2mmのドリルだけを初めに行い、その後はオーギュメーターで段階的に、徐々に太さを増していくことで、骨をドリルで削ることなく、骨をやさしく広げる感覚で直径3.8mmの空間を作り(一番最初の写真がその様子です。)、そこに直径4.0mmのインプラントをしっかり埋め込むことができました。頬側の骨からインプラントは、一切露出していません。ご自身の硬い骨でインプラントがしっかり支えられています。

D0603024 あとは通常どおりキャップをして、歯ぐきを綺麗に閉じておしまいです。手術時間は40分でした。きっと腫れも痛みも最小限で済むはずです。
高崎まで新幹線での帰り道、お気をつけて。ご苦労様でした。
 


yoshie_dental at 20:55|この記事のURL症例報告 | すべて

2010年01月05日

明けましておめでとうございます

fin5 明けましておめでとうございます
旧年中は、皆様にお世話になりこの場を借りて御礼申し上げます。本年も皆様のお役にたてるよう日々努力させていただく所存です。よろしくお願い申し上げます。


fin7 冬休みにフィンランドに家族で行ってきました。開業、結婚15周年ということで、のり子先生のリクエスト「オーロラが見たい」をかなえるべく一路北へ9時間半。


finfin2 



 

 ヘルシンキを経てサンタクロースのいる村「ロバニエミ」にまず滞在。「何しろ寒い」マイナス20度。
 本物のサンタクロースに逢って、次男坊(小4)は真顔で「日ごろのお礼 Thank you for your present every year Santa Claus. I will be a good boy next year also. 」を握手と共にのたまっていました。
それにしても寒い。

fin3  北極圏の人々や文化・歴史を学びに「北極圏博物館」へ。興味深い資料がたくさんありました。「人間は、こんなに過酷な条件でも笑顔を忘れずに生きてきたんだ」と深く感銘を受けました。


fin4 ロバニエミをあとにし、さらに北極圏を北上。フィンランドのほぼ北の果て「サーリセルカ」へ。
さらに寒い。マイナス27度。じっとしててもまつ毛が凍る。
でも、その極寒にもめげず、みんなでスキーを楽しみました。風があったことから体感温度は、マイナス40度くらいかな?もうここまで来ると何が何だか、やけっぱちで笑ってしまいました。
 午前10時にうっすら空が明るくなり、日が昇らないまま午後2時に日没。いわゆる白夜の反対の極夜(Polar Night)。夜ばっかり。がんばって気分を高めないと、なんだか変な時間に眠くなってきてしまいます。

それにしてもウエアを着こみすぎて「強盗団」みたいだな。

fin8 夜中にごそごそ起きだしてオーロラを探します。あいにく天気が晴れたり曇ったり。満月も手伝って星もあまり見えない。「オーロラ出ないかな・・・」「あれかな??」「あれは雲!」「ガッカリ・・」
太陽の黒点活動が近年減少していて、なかなかオーロラが出ないそう・・・天文ファンの兄から聞いてはいたのだけれど。お願い・・・何とかして。

fin9 結局、3日半オーロラ観察を試みましたが、見れたのは満月のみ。でも、「地球の北の果てに浮かぶ満月」これはこれで幻想的。手が届きそう。しばし見とれました。「この空は宇宙とつながっているんだな・・」って当たり前なんだけどジーンとしました。

fin6 オーロラは見れなかったけれど、おいしいサーモンとトナカイの肉を食べれたのでみんな満足でした。またいつかオーロラにトライするかどうかは、家族会議で相談します。でも、次は暖かいところがいいな、な、長男よ!









2009年12月27日

2009 吉江歯科医院 みんなが待ってた忘年会

2009 12 医院忘年会 001 今年も残すところあと数日。26日には診療をすべて終えた後、忘年会となりました。一年の色々を思い起こし、来年のがんばりにつなげるべく、まずは「焼き肉」で腹ごしらえ。新横浜の「仙山閣」にフルスタッフ プラス うちのちびたちです。ニュースタッフの佐藤さんと秋田さんも加わり楽しい話題が尽きませんでした。院長と副院長の馴れ初めの深ーい話が始まると、スタッフみんなの馴れ初めを披露したり、「深いい話」が目白押しでした。特に興儀さんの話は、よかった。心が温まった


2009 12 医院忘年会 032 焼き肉をしっかり食べて、お酒も程よく入ったところで・・・・やっぱりカラオケでしょ!! 始まりました、一足早い「吉江歯科医院・紅白歌合戦」


2009 12 医院忘年会 029 もうこうなると、院長もスタッフもありません。(そこがうちのいいところ!)紅組・院長歌うは、CHEMISTRY「You go your way」。熱唱です!血管切れそうです


2009 12 医院忘年会 014 お次は、我らがセラミスト、白組・ベアデンタル所属 誠君。サザンオールスターズ!!! 来年もグッドコンビネーションでよろしくね。


2009 12 医院忘年会 008 インフルエンザなんかに負けません。来年もこの笑顔でがんばります。みんな、ゆっくり休んで、ばっちり充電よろしくね。

患者様の皆様もどうかよいお年をお迎えください。







 

2009年11月10日

OSI 大阪 Implant Advanced course

94ad3c61.jpgOSI





10月17,18日 11月7,8日の土日4日間の日程を終えて「OSI 大阪 Implant Advanced course」を終えてきました。研修会に出席するたびに思うことは、「学び続けることの大切さ」「今の臨床に満足しないこと」「程よい緊張感とあくなき探究心が良い結果への道であること」。
伊藤先生、色々とお世話になりました。よりよい臨床結果のためにこれからも努力し続けます。新年にまたお会いします。よろしくお願いします。カンパーイ

2009年10月01日

YONEX OPEN 2009 に行ってきました。

2009 9 YONEXOPEN 2009 001 9月26日の日曜日にプロバトミントンの試合「ヨネックスオープン 2009」を見に行ってきました。場所は東京体育館。現在、中学1年生でバトミントン部所属、夢中で練習に励む長男と二人での観戦です。


2009 9 YONEXOPEN 2009 010 女子・男子シングルス、女子・男子ダブルス、ミックスダブルス、の決勝・5試合。ちなみにミックスシングルスはありません。
大勢の観客が見守る中、プロのバトミントンの技が目の前で繰り広げられます。何といってもそのスピード シャトルが見えない!!!でも、その強烈なスマッシュを何発もレシーブ!!形勢逆転、スマッシュで反撃!!!
その運動能力たるや・・・言葉にできません!!
シドニーオリンピックで活躍した、末綱・前田ペアが決勝戦で中国選手と戦いました。結果は惜しくも準優勝でしたが、「ガンバレニッポン!!」の歓声の中、彼女たちのあきらめずに粘り強く戦う姿は、中1の長男にも感動を与えてくれました。素晴らしい試合をありがとう。(声が嗄れてしまった。)

2009 9 YONEXOPEN 2009 021 男子ダブルスのインドネシアの選手のジャンピングスマッシュ!!! グエーーー早い!!! ウワーーーとったよ!!! マジかよーーー!!! つい言葉が汚くなってしまうほどすごいんです・・・!
私も体力維持のためにも子どもたちと休みの日に体育館に赴き、バトミントンを続けていますが、んんんーープロのすごさに脱帽です
皆さんも機会があったら是非一度見てみてください、「プロのバトミントン」。スカパーのJSPNのJチャンネルでたまに放映してますから。

2009年09月09日

OSI 大阪 Implant advanced course

ブログ写真 012

 巷では、民主党政権発足やインフルエンザの流行など様々な出来事がありブログを書くには事欠かない毎日ですが、忙しさにかまけて久々の投稿となりました。あしからず。
 8月22日(土)、23日(日) 9月5日(土)、6日(日)と新大阪の「Osseo Skarp Institute」に「インプラント アドヴァンス テクニック コース」出席のために行ってきました。今回の参加の目的は、「16年になる私のインプラント臨床、遭遇した様々なケースに様々な術式で対応してきましたが、これからのインプラント臨床にさらなる進化を加えること。また、今まで行ってきた臨床の再確認。」です。

ブログ写真 007

 セミナールームの風景です。土日、全8日2か月にわたるセミナーですが、熱心な先生方が全国南北からいらしています。午前10時から夕方6時まで講師の伊藤先生、福地先生の講演、実習などが続きます。

ブログ写真 031

 いかにインプラントを長持ちさせるか、いかに快適なインプラントを提供するか。治療法の肝は?科学的根拠は?臨床にどう生かすか、熱のこもった講演、厳しい質問。眠くなるなんてことは全くありません、昼食の後以外は・・・。(冗談です!)

ブログ写真 039

 2日間のセミナーを終えて横浜に戻るのは「新幹線のぞみ」。車窓に夕日が映えます。で、患者さんに教えてもらった大阪名物「ホウライのぶたまん」をつまみにアサヒ・スーパードライグビグビッ! ブハーッ! って一人でお疲れ様会。明日月曜は、いつもどおり9時から診療です。疲れちゃうのかなって思うでしょ、逆です、パワーがみなぎるんです、勉強の後は。 
 横浜の先生が何でわざわざ大阪まで勉強しに来たの?って聞かれます。でも、これからもどこでも行きますよ、学ばなくてはならないことがそこにあって、そこがどんなに遠くたって。

ね、来月また頑張りましょう!北村先生、岡本先生、鈴木先生、椿本先生!



2009年08月19日

OSI大阪 インプラント研修会

下記の日程で
OSI大阪 アドバンスインプラント研修会(於:大阪) 出席のため院長休診とさせていただきます。

 8月22日(土)23日(日)
 9月 5日(土) 6日(日)
10月17日(土)18日(日)
11月 7日(土) 8日(日)

なを、副院長の診療、衛生士の診療は通常通り行います。
よろしくお願いいたします。

yoshie_dental at 21:56|この記事のURLすべて | 病院日程

2009年08月10日

サイナスリフト 骨造成術

BlogPaint
サイナスリフトの症例を報告します。上顎の奥歯にインプラントをしたいけど「骨がないから無理だな」って先生に言われた方がいらっしゃるのではないでしょうか?そう、上顎の奥歯の部分はその上に副鼻腔の「上顎洞」が存在するためにインプラントを植えられる骨の高さや量に限りがある症例が多いのです。この症例では赤い線で囲った部分が骨です。非常に薄い骨で、このままではインプラントすることは不可能です。では、あきらめるか、それとも骨を造るか?患者様とよく、よく相談した上で後者、骨を造ることとしました。

BlogPaint
CTで事前にシュミレーションした上で上顎洞の側面を窓開けして、骨補てん材「β-TCP」を上顎洞粘膜のシュナイダー膜の下に入れていきます。粘膜を破かないように優しく、かつ十分に。手術は、静脈内鎮静法を麻酔医の兄に依頼し、患者様は眠っているうちに行われました。処置時間はサイナスリフトに関しては1時間45分くらい。青い線で示されたのがシュナイダー膜がリフトされたライン。白いぶつぶつがβ-TCPです。十分にインプラントが可能な状態まで骨造成が行われました。いちばん手前のインプラントはこの手術と同時に埋入しました。あと2本のインプラントは、6カ月後β-TCPがしっかり骨になってから埋入する予定です。このようにインプラントが不可能だと思われる症例も、きちんとしたCTによる術前診断、治療計画によってインプラント可能になるケースもあります。しかし、やはり不可能なケースもあるのも事実です。大切なのは無理のない治療計画です。診断ご希望の方はお申し出ください。





yoshie_dental at 21:21|この記事のURL症例報告 | すべて

2009年07月30日

母校 桐蔭学園 高校野球 決勝 

P2009_0729_160239
7月29日、我が母校 桐蔭学園 ついに決勝までたどり着きました。相手は横浜隼人。10年ぶりの決勝です。水曜日ということもあって応援に行く気満々。家族4人各々、午前中は用事があり、それを済まして横浜スタジアムに集合となりました。結局1時30分のプレイボールには間に合わず、ラジオ日本の放送を車の中で聴きながら「打ったーー!!」「打たれたーーー!!」「わーー」「ぎゃーー」の大騒ぎ。横浜スタジアムに着くや猛ダッシュで入場ゲートに行くと、な、な、なんと満員札止め。中に入って応援できず。とほほ・・・。でもここで帰るわけには行かないのだ。ゲートの外で14インチのモニターを遠くから凝視し、祈る思いで応援しました。場内から漏れ聞こえる歓声「わーー」「あーー」。中に入りたい・・・。しかし、願いかなわず。試合は5対5で延長戦に。決着は11回裏、横浜隼人のセカンド盗塁のあとのタイムリーヒットでサヨナラ・・・。ま、ま、負けた・・・。しばらくは声が出ない。んーーーー。しかし、よく戦った!野球部諸君!胸を張れ!完全燃焼じゃ!おじさんの胸には熱いものがこみ上げ、元気と勇気を再び思い出したぞ。後輩諸君よ、来年また応援に来させてくれ。
帰りは一家4人、がっくりと肩を落とし、中華街に寄り道することもなく真っ直ぐ帰宅したのでした

2009年07月27日

高校野球神奈川県大会 準々決勝 桐蔭学園

P2009_0726_154937
7月26日 桐蔭学園 対 横浜商大 、我慢できずに保土ヶ谷球場まで一家4人で行ってきました。ドピーカンでしたが風が吹きさわやかな夏の日でした。外野席に陣取って我が母校 桐蔭学園の応援です。波に乗ってる桐蔭は毎回2点づつ得点し10対0の5回コールド勝ち。久しぶりに大きな声を上げて後輩たちを激励すると「やっぱり青春はいいな・・」と胸にこみ上げる熱いものを感じました。それ行け!!かっ飛ばせ!!甲子園までまっしぐらだ!!って感じでした。
僕だけじゃないですよ、はしゃいでいたのは、のり子先生も一緒です

2009年07月24日

4月に移植した症例のその後

D0508030
 今年4月に自家歯牙移植の症例をお見せしました。その後どうなったかの報告を今日は致します。忘れてしまった方は4月の記事を見てくださいね。3ヶ月間順調に経過し、移植された歯はしっかりと骨の中で安定しました。歯の動揺もなくなり、他の健全な歯と変わりがないことがレントゲンでも確認できましたので、歯の内部の処置を行い、いよいよセラミックをかぶせる準備をしました。歯肉の状態も極めて良好、よく引き締まっています。


BlogPaint



BlogPaint




BlogPaint



D0508027
 まずはかみ合わせの安定と確認のために仮歯をセットしました。

D0508033
 仮歯での、咬み心地は極めて良好。普通にお食事を楽しんでいただけましたので、最終のセラミッククラウンに移行しました。通常、移植歯のクラウンは金属を使うことも多いのですが、患者様の希望でセラミッククラウンとしました。とても綺麗に入ったと思います。特筆すべきはこの歯肉の美しさでしょう!(手前の具合の悪い歯の歯肉と比べてみてください。)移植は全行程4か月かかりました。でも、とてもよい結果で患者様も満足してくださいました。私もとてもうれしいです。千葉からのご通院ご苦労様でした。
「次は、手前の金属歯を治したい。」とおっしゃってました。手ごわそうですけど大丈夫!がんばります!





yoshie_dental at 22:26|この記事のURL症例報告 | すべて

2009年06月27日

アガパンサス

アガパンサス今、医院の裏の玄関の看板前の花壇の「アガパンサス」が満開です。日本名、ムラサキクンシラン。花言葉はギリシャ語で「愛の花」。15年前から毎年この季節に花を咲かしてくれます。にょきにょきっと茎を伸ばし、その先に紫の花をいくつも付けて見てるとちょっと不思議な感じですね。7月なかばくらいまでは花が持ちそうとのり子先生が言ってました。

2009年06月24日

やってきました!大腸内視鏡検査。

北部病院6月17日、どんよりと曇り。先日夜からの食事制限。「おなかすいた・・・。」今日は、人間ドック2日目、一日がかりで大腸内視鏡検査です。病院に着くと細かい説明をしていただき、早速準備に入ります。まずは何しろ「出すもの出して、腸の中を空っぽにしてきれいな状態で内視鏡で見る。」とのこと。ニフレックという甘くないポカリスエットのような腸内洗浄液を2リットル、2時間で飲みきり、その間にどんどんもよおして、7から10回位トイレに行って、大腸空っぽ状態・・・。「7回目のトイレは看護婦さんに出したものをチェックしてもらうこと」と言われてなんか恥ずかしいな・・・と思っていたら大間違い!!!4回目位のトイレから出てくるものは固形物なんてまるでなし、ただの黄色い液体!!!どんどん大腸の中が洗浄されて綺麗になっていくのがよくわかりました。無事、堂々と看護婦さんにチェックしてもらって合格したら、いよいよ検査。検査自体は、身構えるほど嫌なものではありませんでした。先生が上手にすいすいと内視鏡を操作して、奥の奥までよく見てくださいました。結局、3仟腓領廟のポリープが1つあり、その場でチョイと取ってもらって検査終了。思えば看護婦さんの岡本さんがとても優しい方で、それで緊張が少なくて済んだのかなと思います。ありがとうございました。

ひとつ、これから人間ドックで大腸内視鏡検査に臨まれる方にアドバイス!何しろトイレに何回も行って出さなきゃ始まらないのです。ズボンやスカートは上げ下げの楽なベルトの無いものを着ていくべし。そのたびベルトを緩めたり、締めたりがとても面倒でした。何より終わってほっとした・・・

2009年06月07日

祝・サッカーWCup出場決定!!!

おめでとう!サッカー岡田ジャパン・ワールドカップ出場決定!
皆さん、ご覧になりましたか?ワールドカップ・アジア最終予選・ウズベキスタン戦。1対0で今、勝ちました。岡田ジャパンはワールドカップに行くのです!アウェーのウズベキスタンでの試合で不利な雰囲気の中、そして陳腐な采配のレフリーに終盤翻弄されましたが選手、監督、ウズベキスタンまで行ったサポーター、素晴らしく頑張っていました。後半は体力的にきつかったのか動きが悪くなり、ウズベキスタンに攻め込まれ続け、ひやひやするシーンが多く、また、日本に対する主審の「どこ見てんだよ」的レッドカード退場、岡田監督の退席処分。ちょっとカッとなりましたが、何より勝って良かった。4年連続ワールドカップ出場です。みんなで応援しましょう!ちなみに僕は、岡田監督は今までの監督の中で一番好きです。

2009年06月03日

幼稚園などの検診

下記の日程で医師が席をはずします。よろしくご協力ください。

歯科医師会 当番医
・院長  6月4日  1時30分から3時30分 
                  都筑区保健所にて3歳児歯科検診

学校協力医
・副院長 6月4日  9時から1時 桐蔭学園 歯科検診

幼稚園 園医
・院長、副院長 6月18日、19日 10時から12時
             学校法人やまゆり学園 「みずほ幼稚園」歯科検診

          6月25日     10時から12時
             学校法人やまゆり学園 「黎明幼稚園」 歯科検診


いずれの日も医院は休診にはなりません。スタッフもいつも通り常駐しておりますので御用の方はお電話ください。適宜対応させていただきます。

ちなみに明日は、「6月4日・虫歯予防デー」ですね。

yoshie_dental at 23:33|この記事のURLすべて | 病院日程

今週と再来週の水曜日は「人間ドック」に入るのです。

人間ドック1人間ドック2





今日は朝から人間ドックに入ってきました。医院の医療連携先としてもお世話になってる「昭和大学横浜市北部病院」で朝8時から、完全フルメニューです。頭のてっぺんからつま先まで調べてもらいました。胃カメラは相変わらずちょっとつらかったですが、やむおえません。再来週の水曜日は一日かけて大腸の内視鏡検査です。これまたちょいとつらいのですががんばってきます。(患者さんの気持ちがわかる〜)
 思わぬところに病気が隠れていることがあります。症状がなければ大丈夫?いえいえ、症状が出てからでは遅いこともあります。歯科も同じ。検診、メンテナンス、早期発見、適切な治療。今も昔も基本は変わりないですね。
 健康維持の重要性は、患者様も医療従事者もまったく同じ。健康第一です。

2009年06月02日

な・な・なんと、肉離れ

な・な・なんと私(院長)肉離れに苦しんでおります。右足ふくらはぎ。軽いものなので診療には特に支障ないのですが、歩くときには右足を引きずっております。スポーツしていて肉離れが起きたならわかるのですが、日曜日の朝、等々力の目黒通り沿いのセブンイレブンで用を済まして車に戻ろうとしてちょっと小走りに横断歩道を渡ったら、右足から「ブリリ・・」と鈍い音。はじめは「足がつったのかな?」っと思ったのですが、そこからだんだん痛みが増してきました。とほほ・・・生まれてはじめての「肉離れ」です。今日で3日経って、徐々に回復してきてますので無理せず治そうと思います。現在の足の写真(腫れてるわけじゃないですが)をお見せしようかと思いましたが、決して綺麗な足とはいえないので(男ですから・・)やめました。日ごろの運動不足からなのか?、子供とバドミントンをやりすぎたからなのか?、原因はわかりません!ただひとつ言える事は、20歳の頃とは違うということ!気をつけます。患者様から「お大事に」何て言われちゃって、ホントにご心配かけてすみません。ちょっとフットワーク悪いですが、診療はいつも通りに極めてきっちり、妥協なくさせていただいてるのでご心配なく!


ハッピー 

2009年06月01日

スタッフ食事会

食事会久しぶりにスタッフ食事会に行きました。病院外壁工事や和田さんの新婚旅行などでどたばたと忙しかった3ヶ月で、久しぶりになってしまいました。場所は、センター北・阪急デパートモザイクモールの6F「ラ・ボエム」でイタリアンとビールでお腹いっぱいの企画。和田さんの新婚旅行の写真を見せてもらって若かりし日を思い出し、スタッフみんなも私、のり子先生も胸いっぱい。若い二人の仲のよさを見ると、私達2人も若返ります。優しい気持ちに満たされると優しい治療ができますよね。治療ってそういうものだと思っています。

2009年05月26日

AEDのバッテリーチェック

AED



診療室に入ってすぐ左手、レントゲン室の横にかれこれ3年半程前から「AED」(PHILIPS社製 HartStart)が設置されてます。当時まだ歯科医院に設置されているのは極めて稀で、医院の壁に設置しても何とも違和感のある物体でした。今ではあちこちで目にするようになりだいぶ普及したなと思います。目もなれました。皆様ご存知かと思いますがあの「AED」、電気で動きます。ですのでバッテリーがなくなると動きません。バッテリーには寿命もあります。日頃からチェックしいつでもすぐに使えるようにしておくことが肝心です。吉江歯科医院でも日々チェックを行っています。小児用のパットもぬかりなく準備されていますのでご安心を。でも、使わないで済むのが一番ですね。

2009年05月23日

インプラント 前歯6歯の症例

インプラント340代女性、昔から使っていた前歯のロングスパン・ブリッジの根が虫歯で崩壊してしまい、ブリッジを支えられなくなりインプラントへ移行した症例です。昨年末にインプラントを4本埋入、6か月のインテグレーション期間をおき、先日、土台となるジルコニア・アバットメントを装着。現在インプラント上に6歯の仮歯を装着中。この症例で注意したこととしては、前歯ゆえに審美性を十分に考慮すること、唇の運動範囲(リップライン、スマイルライン)との調和。∩飴ゆえに骨の薄い部位があり、CTでシミュレーションした上で、その部位をオーギュメーターによって骨幅を十分に増してからインプラントを埋入したこと。インプラント埋入から土台が立つまでの間に前歯がなくては生活できません。その間の仮のものとして患者様が受け入れ可能な仮歯(この症例ではノンクラスプデンチャーを用いました。)を作って差し上げること。と駘冖未盥洋犬貌れた上で、強度など無理のない設計をすること。(ただ安くという意味ではありません。)などなど。
難易度の高い症例でしたが、患者様の協力もあって順調な経過をたどっています。今頃、前歯で「ホットドックをガブリ」なんて楽しんでいただけてるのではないかと思います。あと少しでセラミックが入りますよ!がんばりましょう!


yoshie_dental at 22:07|この記事のURLすべて | 症例報告

2009年05月19日

続いても駐車場の話

駐車場モニター吉江歯科医院には病院の敷地の中に4台分の駐車場があります。表の2台と裏の2台、計4台。表の駐車場に車を止めると、階段を上って、この季節緑を眺めながら院内へ。裏の駐車場は階段がなく、足のお悪い患者様や、ベビーカーのお母様にはとても便利。花壇の花もほっとさせてくれます。どちらの駐車場も趣があって悪くないと思うのですが、問題が1つ。駐車場の位置の関係で、例えば、裏の駐車場がいっぱいのとき表の駐車場が空いてるか受付で聞かれてもわからなかったのです!!!


駐車場モニター2そこで、今回、駐車場監視モニターカメラを設置しました。受付のすぐ横にモニター画面がありますので表、裏の駐車場の状態がその場ですぐにわかります。お車でご来院なさって、もしどちらかの駐車場がいっぱいでしたら受付にお尋ねください。空いてる駐車スペースをすぐにお答え出来ます。よろしくご利用ください。

2009年05月12日

裏の駐車場の花壇の角

花壇1医院の外壁工事が6月いっぱいで完了します。患者様にはご迷惑おかけしました。並びにご協力ありがとうございました。外壁工事のついでに「裏の駐車場の花壇の角」を取っています。この「角」、結構問題でありまして・・・。


花壇2患者様が車を出し入れするときにちょうどサイドミラーの死角になってしまうこたがあり、タイヤをゴリッ、横っ腹をズリッ、してしまった方もいらっしゃったと思います。私の義父もボディをボコッっとやってしまったこともありました。花壇のデザインとしては気に入っていたのですが、この際三井ホームにお願いして、せり出した部分を断腸の思いで取り除きました。これで安心して駐車していただけると思います。

2009年05月02日

インプラント3年経過症例

implant450代後半女性、左右にインプラントを入れ咬み合わせを回復した症例です。上部構造を入れてから約3年経過です。特記事項もなく安定しています。咀嚼の回復は絶大です。前歯で咬んでいたのが奥歯で心配なく咬めるのですから!上部構造はセラミッククラウンをスクリューで装着(スクリューリテイニング)してあります。

インプラント1インプラント2





インプラントの上部構造のセラミックです。手前の銀歯をセラミックに換えるとより審美的でしょうね。次の計画です。10年、15年、いやもっと長持ちするように頑張って一緒に維持しましょう。がんばります。

yoshie_dental at 19:35|この記事のURL症例報告 | すべて

2009年04月29日

矯正とラミネートべニアで、歯を削ることを最小限に行った治療

img02720代女性、かみ合わせの不調和と前歯の審美障害を主訴に来院。様々な検査・診断により治療方法を検討。患者様ともディスカッションの結果、矯正治療をまず行い、その後ラミネートべニアを応用することとなりました。副院長の私(吉江のり子)と院長のコラボレーションで良い結果を導き出しました。写真は初診時(治療前)。奥歯がほとんど噛んでません。前歯は側切歯がねじれていてかつ、わい小歯(普通よりとても小さい歯、英語でミクロドンティスと言います。)右上の犬歯はほかの歯に引っかかって生えてません。1年半の矯正治療によって歯を適切な場所、適切な咬み合わせに移動しました。

img616矯正治療終了後、左右側切歯にポーセレン・ラミネートベニアをセットしました。初診の状態と比べてください。患者さんも十分満足してくださいました。術者の私も患者さんもハッピースマイルでした。


BlogPaintBlogPaint





ここからは私(院長)の仕事の説明です。ラミネートべニアのために削った歯はこのような感じ。ごく表面を一層、約0.5ミリのみ整えました。当然ですが神経を取ったりしていません。


D0435014D0435015





セラミックのシェルを形と色が全体に調和するように作り完全に接着します。歯肉の色も変わらず綺麗ですね。


img619なかなかの出来栄えです。とても自然に仕上がりました。
この治療の成功のカギは、ゞ裟気砲茲辰徳澗療にかみ合わせ、歯の位置を是正したこと。∈脳限の歯の削除量で前歯2本の審美修復をしたこと。それらの治療をひとつの医院の中で院長・副院長が緊密な連携を取りコラボレーションできたこと。でした。

お困りの方はご相談ください。専門の二人が知恵と技術をしぼってご要望にお応えします。

yoshie_dental at 17:08|この記事のURL症例報告 | すべて

2009年04月27日

7年経過後

implant3 57歳女性、7年前、右下の欠損をインプラントにしました。調子は良好。咬み心地は天然歯と何も変わらないとのことです。骨の状態は素晴らしく安定しています。インプラントが骨の中にしっかり埋まっているのがよくわかります。患者様から「健康は咬めることからね」とお褒めの言葉をいただくと、明日の臨床にもグッと気持ちが入ります。ありがとうございます。これからもインプラントもご自分の歯も大切にしてください。私もスタッフもお手伝いさせていただきます。

yoshie_dental at 21:58|この記事のURL症例報告 | すべて

2009年04月22日

シルク・ド・ソレイユ

シルクド1 そういえば、今年の2月にシルクドソレイユを見てきました。当院の英会話の先生のシャロンに誘われてシャロンの家族(シャロンの兄弟のピーターとシェリルが北アイルランドから遊びに来てました。)と兄の家族と私の家族で。総勢11人!

2009 2 シルクドソレイユ 006会場に少し早めに着いて、ビールを飲んで少しほろ酔い加減。ステージのすごさにビックリ。ショーのすごさに声を失いました。はじめは人間がやってるとは思えない。でも、ずっと見てるとすごいことをやってるのにすごさが当たり前になってきてしまうから不思議です。一度ご覧あれ。なんだか、いずれにしてもクルクル回ってますから!!
2009 2 シルクドソレイユ 008ショーの後は新横浜:千山閣に移動して「焼肉パーティー」。みんなの食べる量にもびっくり!楽しい一日でした。(ちなみに千山閣は新横浜国際ホテルの並び、値段は普通、でも肉は厚めでおいしいと思います。こちらも行ってみてください。)

2009年04月20日

今日のインプラント(傾斜歯)

implant2 39歳女性、根尖病巣により第一大臼歯を抜歯。手前の小臼歯及び後ろの第二大臼歯がともに強く傾斜しているためにブリッジは不可能な症例でした。CTを撮影の上で患者さんと十分な相談。インプラントを選択。前後の歯が立体的に傾斜しているため、最終的に歯をきちんと作れる角度を計算した上で埋入しました。レントゲンではインプラントが小臼歯にだいぶ寄ってるように見えますが、この角度がベストポジションです。15ミリの長めのインプラントです。術後の状況は、腫れ、痛みもなく良好。4ヶ月後にセラミッククラウンを装着する予定です。

yoshie_dental at 21:26|この記事のURL症例報告 | すべて