2008年03月18日

薄い骨でも大丈夫です

長い間に骨が痩せ、薄くなってしまいました。この状態では、通常の方法ではインプラントは不可能です。何故なら、インプラントの直径よりも骨のほうが薄いので、インプラントが骨からはみ出してしまうからです。

この薄い骨を、スプリットクレスト法を用いて、幅を増やします。





そうすると、このようにインプラントが植えられます。真ん中の白く光っているのがインプラントの断面、その左右に薄く白い線状に写っているのが骨です。上下のCT画像を見比べてください。

しっかりと固定されましたので、時間とともに強い骨が成長してきます。そうなれば、上にセラミックスを被せることができます。
4ヵ月後が楽しみです。



yoshie_shika at 16:48│すべて | インプラント治療