豆知識

2008年07月14日

あまり磨けていないものです

pl1毎日歯を磨いているのに、歯周病と言われた。虫歯になった。口臭がする。こんな経験ないですか?その理由は、こんな研究に答えを見つけることができると思います。歯と歯の間のヨゴレの除去率を調べてた研究では、pl2歯ブラシのみで磨いた場合、60.2%しか落とせていません。つまり、4割近くヨゴレを残しているのです。 これが、磨いたつもりということです。また、歯ブラシにデンタルフロス(糸ようじ)を併用すると79.0%、歯ブラシに歯間ブラシを併用すると84.6%に除去率がグッ〜とアップします。これなら、磨いたことになりそうですね。歯のヨゴレの正体はプラークです。プラーク1gの中には1000億個もの細菌が住んでいるんですよ。道具を上手く使って、お口をさっぱりさせましょう。道具の使い方は、かかりつけの歯科医院で指導を受けることをお勧めします。

写真:サンスター冊子より抜粋
研究データ:高世ら,日歯保存誌,2005年より引用

yoshie_shika at 08:00|この記事のURL

2008年04月15日

フッ素予防ぁ〆能回

提案
定期的に歯科医院に通い、虫歯をチェックし、PMTCの後フッ化物を塗布します。

それから次の定期健診までは、フッ化物入りは磨き粉を使ってお家で頑張る!

いよいよ、定期検診の日。
虫歯無し!PMTC!そして、フッ化物塗布! 
次の検診もその次の検診も虫歯無し!

いかがですか?


yoshie_shika at 07:11|この記事のURL

2008年04月07日

フッ素予防

PMTC 虫歯のためのフッ化物利用は、WHO(世界保健機関)や多くの先進国の専門機関が推奨する科学的なエビデンスに基づく方法で、安全な方法です。実際はとてもシンプルですが、馬鹿にしてはいけません。一つとても大事なことがあります。それは継続することです。

実際の予防方法

フッ化物塗布
歯科医院で直接、歯にフッ化物を塗る方法です。フッ素コーティングなどと表現することもあります。歯の表面を綺麗にしてから塗ることが大切です。
PMTC
フッ化物入り研磨剤で歯科医院で機械的に歯を磨く方法です。通常、これを定期的に行い、それと同時にフッ化物塗布を行なうとより効果的です。
フッ化物入り歯磨き粉
お家でフッ化物入り歯磨き粉を使用して歯磨きをすることです。濃度は低い(1000ppm以下)ですが、毎日できるのが利点です。

次回は、院長からの提言です。

yoshie_shika at 09:03|この記事のURL

2008年03月23日

フッ素予防

フッ素効果 フッ化物の効果

フッ化物の歯に対する効果は3つあります。


歯を強くする
歯の表面にフッ化物が取り込まれ、酸に溶けにくい強いエナメル質を作ります。
再石灰化を促す
虫歯になりかけた、ごく初期のザラザラした表面をもとの滑らかな表面に戻す手助けをします。 歯の表面からカルシウム分が解け出し始めた程度でまだ穴になっていないものを再石灰化させて治すのです。しかし、残念ながら、穴になってしまった虫歯を治す力はありません。
虫歯菌を弱らせる
歯の中に住んでいる虫歯菌の働きを弱めます。この力を積極的に利用した予防法に3DS(デンタルドラッグデリバリーシステム)が有ります。大人のための予防法です.  3DSについては,別紙にて説明いたします.

次は、実際の予防方法についてです。

yoshie_shika at 21:51|この記事のURL

2008年03月09日

フッ素予防

フッ化物 フッ化物(フッ素)はどんなもの?

フッ化物は、自然界の多くのものに含まれています。海水はもちろん、湖や土、果物や野菜、魚貝や肉にも含まれています。知らないうちに摂取しているんですね。
では、食べ物にどれくらいフッ化物は含まれているのでしょう。
左の写真は、食物1000g中のフッ化物(単位mg)の量を表しています。
フッ化物は、人間の歯や骨にとって欠くことのできない栄養素(必須栄養素)です。大人で1日3mgが必要とされています。このことからも、適量のフッ化物は、強い歯を作り、正常な骨格の形成に役立つことがわかりますね。

次回は、フッ化物の効果をお話します。

yoshie_shika at 21:28|この記事のURL