矯正治療

2009年10月30日

術前矯正→外科矯正→術後矯正→インプラント→もうすぐ終了

AK 大学生、男性の患者さんです。 この方は、いわゆる受け口の方で、もともと永久歯が3本ほど少なかった方です。 最近、永久歯が生まれつき少ない方が増えているような気がします。多くの相談を保護者の方から受け、歯を抜いて歯の数のバランスを合わせ、矯正で隙間を埋めていくのが良いか、歯の無い部分にインプラントを入れて歯を補うのが良いか、話し合うことがしばしばあります。 この方の場合、受け口を治して横顔を格好よくする目的がありましたので外科治療と矯正治療とインプラント治療を組み合わせました。

外科治療のネジの痕が左右の下顎の後ろの方にぽつぽつと黒い点で残っています。右には、インプラントが3本入っています。歯の真ん中ぐらいに細い線が水平に2本通っています。これは、矯正のワイヤーです。長い間苦労されたと思いますが、あともう少しでゴールです。がんばっていきましょう。

yoshie_shika at 07:43|この記事のURL

2009年10月23日

見えない矯正装置

invisaline 今日は見えない矯正装置についてお話しします。 先日、インビザラインの認定ドクターになりましたので、この装置について簡単に紹介いたします。


aligner-pair これが矯正装置です。透明な薄いマウスピースです。



Invisalign_Trio2 このように自分で付けたりはずしたりします。





Invisalign_Trio3 パチッとはまると、このように遠目からは全くわからない状態になります。
どうですか?夢のような装置ですね。この装置は、簡便さや患者さんの違和感が少なくとても良い装置だと思います。何より、目立たないのは最高です。

でも、良いことだけではないのが代の常ですね。

(1) 一日20時間以上(食事をするとき以外は常に)装着していないと治療効果が下がってしまいます。すぐサボりたくなる性格の人は要注意。

(2)歯を抜かずに治せるようなマイルドな症例が得意で、歯を抜いてダイナミックに歯を動かすことは苦手です。

以上のことを注意しながら、確かな診断のもとに治療を行えばきっと幸せな結果が待っていると思います。


この治療に関する相談は

yoshie_shika at 08:22|この記事のURL

2009年08月05日

矯正治療で横顔も変えられます。

治療前
KK1KK2





治療前の状態です。患者さんは、15歳、女性です。高校生のうちに治療完了させたいと言う希望がありました。歯並びで気になるところは、前歯が凸凹なのと、前歯が出ていることろでした。歯を抜かずに治す方法と抜いて治す方法の2通りを説明いたしました。その結果、横顔をスッキリさせたいという審美的な要求があり、抜歯での治療を選択されました。

治療中
KK3 治療途中です。ワイヤーが見えてもしっかりと歯の角度をコントロールできる方法で治療しています。



治療後
KK4KK5





治療後の状態です。前歯の凸凹が無くなり、前歯の角度も内側になって、出っ歯が改善されています。この写真では解らないのですが、歯列全体が後ろに下がって口元がスッキリと治っています。

KKトレース2 プライバシーのことがありますので横顔の写真のトレースで治療前と治療後の変化を示してみました。少し解りにくいかもしれませんが、ご理解いただけたでしょうか。

また、治療後の写真で確認していただくと、奥歯も前歯もしっかりとかみ合っているのが解ります。歯並びを治すときには、歯の見た目、横顔の見た目、そして大切なかみ合わせを治していきます。これら総てのことを考えて、治療法を提案していきます。動的治療期間は2年半です。 診断と治療に十分な時間を与えてくださった患者さんに感謝いたします。


yoshie_shika at 18:21|この記事のURL

2009年06月30日

矯正治療で歯茎の位置も治しました。セラミックで仕上げをしています。

YT130代女性の患者さんです。歯が出ていることと、デコボコがあること。笑うと歯茎がたくさん見えることがイヤで治療にいらっしゃいました。


YT2矯正装置を入れて歯のデコボコを治しながら前歯を引っ込めながら上に移動させて歯茎が見えにくくしていきます。


YT3矯正治療が終了したところです。前歯4本は仮の歯です。ホワイトニングを行っています。これから、セラミック冠で前歯の仕上げをします。

YT4如何でしょうか。ホワイトニングはかなりがんばって頂きました。女性は、美しさのためには努力を惜しまないですね。私も患者さんの努力に助けられました。ありがとう。

注意*治療途中で撮影しているカメラがバージョンアップしています。色調が変わって見にくくなっています。すみません。

ホワイトニングについて

yoshie_shika at 07:24|この記事のURL

2009年05月27日

デーモンシステムでササッと抜かずに矯正治療

IM1 20代女性の患者さんです。歯のデコボコと、下顎が小さいのが気になって来院されました。年をとってから、口元が寂しくなるのがいやなので、なるべく歯を抜きたくないと言う希望がありました。デーモンシステムの適応症ですのでなるべくスピーディーに治療を仕上げるよう心がけました。

IM3治療途中です。今は、もう少し目立たない装置がありますが、全く見えないものは、歯の裏側からの矯正しかありません。表からの矯正装置の場合、多少の見え方の違いは、見栄えに影響ありません。それより、ササッと早く治してしまうほうが楽で良かったと思えるのでは?

IM2治療終了です。1年と4ヶ月の治療期間です。いかがでしょうか。この患者さんは、6ヵ月目に、「いつ終わりますか?」と治療に飽きた様子をうかがわせていました。でも、このときを迎えると「やってよかった!!」と喜んでいただけました。一安心です。



<矯正に関することは>

2009年05月04日

矯正治療とオールセラミックとホワイトニングのフルコースでした

mi1 女性の方です。最初にいらした時の状態はこの様でした。前歯にセラミックの治療が施されていましたが歯並びや歯茎の位置や周りの歯の状態のためにとても審美的な状態とはいえませんでした。
治療計画
|郢の治療を行う。
⊆N鼎垢觧に仮の歯をいれる。(矯正治療中も噛めるようにする)
6裟気亮N鼎濃並びを整える(歯茎の位置も整える)
ぅ曠錺ぅ肇縫鵐阿納分の歯を白くする
デ鬚なった歯に合わせて仮の歯になっているところをオールセラミックにする

2年の治療期間が必要でした。結果をご覧ください。(治療途中で撮影のためのカメラが新型に変わっています)

mi2 矯正治療中





mi3 ホワイトニング後にオールセラミックで被せて終了です。いかがでしょうか。 たくさんの努力の後には大きな結果がついてきます。この状態を維持するには、今後のメンテナンスが重要です。その努力も10年後、結果として現れます。

yoshie_shika at 06:21|この記事のURL

2009年01月13日

少し古い症例ですが

OT1 出っ歯が気になって来院されました。歯並びを治すとき、前から見たデコボコだけを気にする患者さんが多いですが、並んでいるだけでは歯は機能しません。

OT2 前から見てこのように治っていて、




OT3 この様にしっかり噛み合っていると安心です。 治療後5年の写真です。先日、定期健診にいらしたのでご紹介しました。




yoshie_shika at 08:19|この記事のURL

2008年12月25日

男性の社会人の患者さんです

TT1 軽度のデコボコでしたので抜かずに治しています。




TT2 金属の装置ですが、古い装置ではありません。デーモンシステムというフリクションフリーの新しい装置です。装置が見えても、早くて確実な方法をということでこの装置を選ばれました。 細いワイヤーでやさしく歯を動かしていきます。

TT3 8ヵ月後です。かなり並んできました。あと3ヶ月ぐらいで装置を取り外します。 この方の場合、痛みは全くありませんでした。痛みが少ないのもこの装置の特徴です。


yoshie_shika at 07:11|この記事のURL

2008年12月08日

4番目の歯を抜いて治しました

SYa1 30代の女性、主婦の方です。上の2番目の前歯が両側とも1番目の前歯の後ろに隠れています。
この状態まで歯のでこぼこが重篤だと歯を抜かずに治療することは

困難です。たとえムリムリ歯を抜かずに治しても出っ歯になってしまいます。

SYa2 4番目の歯を抜いた場所に3番目の歯を移動させて、1番目と3番目の間を広げていきます。



SYa3 広げた場所に、後ろに隠れていた2番目の歯を前に出していきます。その後、少しずつ歯並びを整えていくとこんな感じに治ります。7番目の歯が最初から無い方だったので前歯を引っ張るのに苦労しましたが、ミニインプラントを使用してロス無く治療ができました。


yoshie_shika at 22:54|この記事のURL

2008年11月26日

1ヶ月で治りました

 8才女性、下の前歯が上の前歯の前にきています。部分的に受け口になっている状態です。自然に治る確率が2割程度ありますが、このままだと上の顎の成長が抑制されて、受け口がひどくなる可能性があります。顎が成長しようとしているうちに正しい噛みあわせを作ってあげるのが大切です。
取り外しの装置を入れて1ヶ月後です。まだかみ合わせが浅いですが、受け口は治っています。上の前歯と顎の骨が前方に成長して治っている様子が解ります。もう少し時間をかけて噛み合わせを深くして終了です。



yoshie_shika at 07:41|この記事のURL