こんにちは。
今朝のニュースで、
ファッションデザイナーの芦田淳さんの
訃報が伝えられました。

芦田先生は、オーダーが主流だった60年代に
高級既製服のプレタポルテを広められたまさに第一人者。
1970年に大楠祐二、菊池武夫氏らとともに
遊び着としての既製服(プレタポルテ)「BIGI」を
立ち上げるよりも前からプレタポルテを提案されていました。
稲葉が高級プレタポルテブランド「 yoshie inaba 」
を発表したのはさらに後の1981年でした。

芦田先生は常に時代の先を行っておられ、
皇族の専任デザイナーとしても活躍し、
高級婦人既成服をいまのポジションにまで高め、
日本のファッション業界を盛り上げてくださいました。

ここに敬意と感謝の意を表するとともに、ご冥福をお祈りいたします。




さて、10月の新作のご紹介です。
エレガントなシルクサテンジョーゼットブラウスが
家庭画報ショッピングサロン冬号にてお取扱いがスタートいたしました。
【家庭画報ショッピングサロン】
http://shop.sekaibunka.com/shop/g/g18140020401/

IMG_0523


IMG_0525


とろみと落ち感のある生地の自然なドレープを生かした
フリルのボウタイが凛とした印象のブラウスは、
結ばずに垂らすだけでもじゅうぶんにエレガントな佇まいに。
ストレッチが効いているので着心地も抜群で、
ジョーゼット素材ならではの艶消しのような光沢が上品。
ビジネスのプレゼンテーションや会食など緊張度の高いシーン、
華やかなレセプションでもまわりに引けをとらない存在感です。

シルクジョーゼットブラウス  本体価格¥62,000 + 税
( オフホワイト、ダークネイビー、グレー 9・11号展開 )