釣行記

OCNのブログが廃止(まだ予定)になり、引っ越してきました。

何とかなりました。

今回も去年同様台風前の釣行となりました。
小型太刀魚はよく釣れましたが、青物と鯛が・・・。

周りがカブラでコンスタントに上がる中、自分には・・・。何でこのような差が付くの??


と言うくらい、ダメダメ。



最後、ジグで小鯛が釣れて、何とかなりました。

RIMG2812

カサゴと数匹の太刀魚は隣の方からも頂いておりますm(__)m

前回の反省でPEを細くしましたが、まだ周りと違和感。

まだ、日本海の感覚がとれてないみたい。

もう少し細い方がよさそう。

(ここから先は自分のメモ見たいなものです。)
ライトジギングに持って来いだと思った RF601LR ですが、

100gのジグを使うと、「???」という不思議な感覚。

結構今まで、ライトジギング用のRODを使ってきましたが、100gなら結構引きしなりみたいな結構な抵抗を感じられるのですが、この竿はジグに対してオーバパワーではないのか?と錯覚してしまいました。小鯛がHITしても、あれ!?バレた!?と思う程。
やはりヒラマサ対応だけ合って、使ってみるとかなり余力のある竿だと思いました。

去年、丹後でRF633LRでハマチを掛けた時も全く同じ錯覚してしまった事を思い出しました。

今回ワラサ狙いという事で急遽633を持ってきましたが、伊勢湾ではRF601LRとDE641LRの1パワーで充分と言うことが判りました。(使用ジグも違う。)



2018年玄達瀬 2回目

前回青物が獲れなかったので、行ってきました。

前回と違うのは、キャスティングロッドを追加して持って行った事。


随分前に某メーカーのオフショアを買ったが、デビュー初日に乗り合わせた方の竿とぶつかり、相手は無傷なのに、自分の竿は真っ二つ!!という事があった。
(多分、どんなメーカーの竿でも折れる時は折れると思うが、安易に安価モデルを買うのは止めようとこの時から思い始めた。)

今回は、取り回しの良い7ftのRODにしました。

今回も結局、青物は自分には不発でした。

が、誘い出しで自分のペンシルに突進するシーンを見る事ができ、それだけでも嬉しかった。

来年、来年。

玄達瀬青物不発

今年の潮回りは 長潮

余り潮が動かない日。

青物はHITしなかったが、自分にも大きな魚がHIT
RIMG2366

カガミダイ

初めてのお魚です。

ちょっと強めにシャクって、イメージとしてステイさせたときにきました。

後はダメダメな1日でした。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ