宇野コラム Uno column

宇野良治による宇野コラム Author: Yoshiharu Uno, MD, PhD 日本低フォドマップ食推進会会長。 書籍『過敏性腸症候群の低フォドマップ食 FODMAP』、英語版電子書籍「LOW FODMAP DIET IN JAPAN」: LOW FODMAP DIET FOR IRRITABL BOWEL SYNDROME IN JAPANなど多数執筆。特許庁より「低フォドマップ食」の商標を取得しています。

低フォドマップ食 低FODMAP食 ピロリ菌


Uno Y


今日は、夜中の2時半に起床し、 Office Uno Columnの出版物関係の仕事を行い、

7時に自転車で駅に行き、電車で神戸へ行く。

午前中、9人の胃カメラのバイトを終了し、元町でチャーシュー麺を食べた後、

新開地に向かう。

新開地で電車を乗り換え、山を越え、トンネルを抜けて北区へ向かう。

目的地は神戸アドバンチスト病院である。

私がPECを行った患者さんの盲腸瘻チューブ交換を行うためだ。

神戸在住のその患者さんは、脊損で全介助が必要であるが、

私が死にそうになっていた時期に、わざわざ、私に会いに沖縄まで来てくれた。

「私は、小さい頃から、人に言えない苦労をしてきた。

やっと、それから逃げることが出来たと思ったら、脊損になった。

それでも、私は生きている。あなたも、生きなさい。」

その言葉を聞いて、ベッドサイドでボロボロ泣いた記憶がある。

今回は、できれば神戸でチューブ交換ができないか、という息子さんの希望があり、

息子さんがアドベンチスト病院の外科の先生とコンタクトをとり、

患者会代表の今江さんの働きもあり、アドベンチスト病院でチューブ交換をすることになった。

私は、患者さんと息子さんに会うためと、チューブ交換の介助のために病院へ向かった。

アドベンチスト病院は、キリスト教の病院で、世界に500以上の病院・診療所を展開している。

銀行管理になっている日本の多くの病院とは、全く違う感じがする。

44図1


病院の印象は、事務員、看護師、医師、全てが優しい。

それだけではなく、動きがいい。

宗教の影響であろうか?などと考えたりした。。。

初めて会った外科の先生は、京都大学卒表であるが、私にとって、

一緒に仕事をする最高偏差値の医師であった。

やはり、手順が良く、そして、無駄がないと感じた。

人柄も申し分ない。

チューブ交換は手術室で行ったので、アームのX線透視を使った。

111図1


「まず、チューブにガイドワイヤを入れてください」

私に変わったが、ガイドワイヤが入ってゆかない。

チャイトチューブの先端が詰まっているようでガイドワイヤを変えても入ってゆかない。

初めての事であった。

どうしようか、悩んだ。

チューブを抜いて、瘻孔から直接ガイドワイヤを入れようと考えたが、

瘻孔のルートがチューブで誘導さてているので、

胆管チューブを挿入する手技を使ってみた。

つまり、チューブと瘻孔の隙間から、細いワイヤをチューブに沿わせて盲腸へ挿入した。

そして、そのガイドワイヤから新しいチューブを挿入した。

そして、それは成功した。結果として、2本のガイドワイヤが留置された。

222図1


888図1


二つのチューブが同じ経路であることを確認した後、

古いチューブを抜去した。

全てが、うまくいった。

この方法は、初めて行ったが、とてもいいと感じた。

患者さんと息子さんに、私の最近の近況を報告して、手を握った。

「おかげさまで、生きています」

別れ際、泣きそうになり、後ろを向いた。



この病院には、教会がある。


55図1
666図1

十字架は、暑すぎる太陽に反射して光り輝いていた。

555図1


・・・・

家に帰ってきて、今江さんに電話をした。

「もし、神戸でチューブ交換したい人がいれば、オレ、やるよ」

「わかりました」

「そういう人は、まず、今江さんに連絡するように、宇野コラムに書いていいかな?」

「そうしてください。私に連絡があれば、私から、神戸の病院の先生に連絡してみます」

「ありがとう。じゃ、お願いします」


ということで、

これまでPECを行って、神戸でチューブ交換を希望する人は、

今江さんにに、ご連絡ください。

病院は、有馬温泉の近くなので、ついでに温泉によってみるのもいいかもしれません。

では、また。。。。







18th July, 2018

 

Office Uno Columun: Yoshiharu Uno, MD, PhD

 

 

In 2014, Yoshiharu Uno announced the concept of ’Intestinal Gas Syndrome’ and published a book by Kindle.

 1111図1

What is Intestinal gas syndrome (IGS)

 

IGS is a hypothesis that not only abdominal symptoms but also central nerve symptom (headache, depression, and anorexia) and general symptoms (such as fatigue) are caused by increasing gas in the intestinal tract. Traditionally, Irritable bowel syndrome (IBS) has the concept that abdominal symptoms must be occurred due to abnormalities of the central nervous system (CNS). On the other hand, in theory of IGS, CNS abnormality is caused by an increase in methane and hydrogen in cerebral blood flow.

 

 22222図1

Dizziness, headache and nausea are related to the poisoning symptoms of methane gas [1].  Other symptoms, itching, diarrhea, nausea, worsening of allergic symptoms by methane have been reported [2].  Hydrogen and methane can be passing through the blood-brain barrier in humans [3] [4]. 

1. Kubota T, Miyata A. Acute inhalational exposure to chlorodifluoromethane (freon-22): a report of 43 cases. Clin Toxicol (Phila).2005; 43(4):305-8.

2. Barrager E, Veltmann JR Jr, Schauss AG, Schiller RN. A multicentered, open-label trial on the safety and efficacy of methylsulfonylmethane in the treatment of seasonal allergic rhinitis. J Altern Complement Med 2002; 8:167-173.

3. Zhao LWang YBQin SRMa XMSun XJWang MLZhong RG. Protective effect of hydrogen-rich saline on ischemia/reperfusion injury in rat skin flap. J Zhejiang Univ Sci B. 14(5); 2013: 382–391.

4. Lin A, Nguy CH, Shic F, Ross BD. Accumulation of methylsulfonylmethane in the human brain: identification by multinuclear magnetic resonance spectroscopy. Toxicol Lett 123; 2001:169-177.

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Was this theory a delusion of Yoshiharu Uno?

‘Am I crazy?’

Yoshiharu Uno suffered for a long time.

 

However….

 

In 12th July 2018,

an amazing paper has been released by Gastroenterology.

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30009815

 

Gastroenterology. 2018 Jul 12. pii: S0016-5085(18)34768-1. doi: 10.1053/j.gastro.2018.07.013. [Epub ahead of print]

Fermentable Sugar Ingestion, Gas Production, and Gastrointestinal and Central Nervous System Symptoms in Patients with Functional Disorders.

Wilder-Smith CH1Olesen SS2Materna A3Drewes AM2.

1 Brain-Gut Research Group, Gastroenterology Group Practice, Bern, Switzerland. Electronic address: cws@braingut.com.

2 Mech-Sense, Department of Gastroenterology and Hepatology, Aalborg University Hospital, Aalborg, Denmark.

3 Brain-Gut Research Group, Gastroenterology Group Practice, Bern, Switzerland.

Abstract

BACKGROUND & AIMS:

Functional gastrointestinal disorders (FGID) are defined by broad phenotypic descriptions and exclusion of recognizable disease. FGIDs cause multi-organ symptoms and abnormal results in a wide range of laboratory tests, indicating broad mechanisms of pathogenesis. Many patients with FGID develop symptoms following ingestion of fermentable sugars; we investigated the associations between symptoms and intestinal gas production following sugar provocation tests, to elucidate mechanisms of FGID.

METHODS:

We performed fructose and lactose breath tests in 2042 patients with a diagnosis of FGID (based on Rome III criteria), referred to a gastroenterology practice from January 2008 through December 2011. Medical and diet histories were collected from all subjects. Breath samples were collected before and each hour after, for 5 hours, subjects ingested fructose (35g) and lactose (50g) dissolved in 300 ml water. Hydrogen and methane gas concentrations were measured and GI and non-GI symptoms were registered for 5 hours following sugar ingestion. Symptom and gas time profiles were compared, treelet transforms were used to derive data-related symptom clusters, and the symptom severity of the clusters were analyzed for their association with breath gas characteristics.

RESULTS:

We identified 11 GI and central nervous system (CNS) symptom profiles and hydrogen and methane breath concentrations that changed significantly with time following sugar ingestion. Treelet transform analysis identified 2 distinct clusters, based on GI and CNS symptoms. The severity scores for the GI and CNS symptoms correlated following ingestion of sugars (all P<.0001). However, only the gastrointestinal symptoms associated with hydrogen and methane gas production (all P<.0001).

CONCLUSIONS:

In an analysis of breath test results from more than 2000 patients with FGIDs, we identified clusters of GI and CNS symptoms in response to fructose of lactose ingestion. The association between specific symptoms and breath gas concentrations indicate distinct mechanisms of FGID pathogenesis, such as changes in the microbiome or mechanical and chemical sensitization. ClinTrials.gov no: NCT02085889.

 

Yes


 

Yoshiharu Uno's theory may have been correct.

 

I thank the researchers in Switzerland and Denmark.






 

 

日本低FODMAP食推進会:宇野

 

 

まず、この図をご覧ください。

縦軸は呼気水素量です。間接的に大腸で発酵したガスの量を示します。

横軸は食べた後の経過時間です。
青は通常のライ麦パンの食後です。
赤は低FODMAPライ麦パンです。

何がわかるでしょうか?

 555

Laatikainen R, Koskenpato J, Hongisto SM, et al. Randomised clinical trial: low-FODMAP rye bread vs. regular rye bread to relieve the symptoms of irritable bowel syndrome. Aliment Pharmacol Ther. 2016;44:460-470.

 

通常のライ麦パンは食後3時間からガスが増加し、
6時間以降にピークを迎えます。これは、乳糖や果糖よりもはるかに遅いのです。

そして、低FODMAPライ麦パンは、発酵によるガス産生が少ないことがわかります。

この研究は、フィンランドのヘルシンキ大学から報告されました。
そのフィンランドでは、全粒粉のライ麦パンは食物繊維が多く、健康的な食物と考えられていました。その効果は、満腹感を増加させ、インスリンの増加を抑制し、死亡率を低下させるため、毎日の食事に欠かせない食物と考えられてきました。

しかし、低FODMAP食の効果がヨーロッパ中に広がる中、このライ麦パンに対しても、いいことばかりではないことに気がつき始めました。なぜなら、ライ麦にはFODMAP成分のオリゴ糖であるフルクタンが100gあたり4.4-6.6g含まれているからです。つまり、ライ麦パンが過敏性腸症候群の原因にもなることがわかったのです。もし、日本でこのようなことがあれば、低FODMAP理論を否定し、有用性だけをクローズアップさせるでしょうが、フィンランドの研究者は違っていました。(こういうところが、ヨーロッパの底力なのでしょう)フルクタンの含有量の少ないパンを作ればいいと考えたのです。そして、自分たちが作った低FODMAPライ麦パンが、過敏性腸症候群の症状を抑制するかを調べたのです。

レギュラーのライ麦パンのフルクタンは100g中に1.1g、同じくFODMAPのポリオールであるマンニトールは0.3gですが、彼らの作った低FODMAPライ麦パンのフルクタン量は100g中に0.3g、同じくFODMAPのポリオールであるマンニトールは0.1gでした。

そして、研究は、過敏性腸症候群IBS87人に対して、どのパンかわからない状態で、2種類のパンの片方のパンを4週間食し、その後、4週間ウオッシュアウト期間を経て、もう一種類のパンを食べるという無作為化二重盲検対照クロスオーバー試験が行われました。その結果、FODMAPライ麦パンは統計学的に有意にIBS症状を低下させたのでした。

なんと、すぐれた研究でしょう。

しかし、どのように低FODMAPライ麦パンを作ったかについては、

FODMAPライ麦パンは特定のサワードウシステムを用いて調製した

としか書いていませんでした。

 

 


日本のIBSと世界のIBSの乖離

 

Statement of Office Uno Column: Uno Y

 

 

In Japan, low FODMAP diet are not spread among specialists of gastroenterology. The reason may be the fact that Japanese IBS experts deny that IBS contains food intolerance. In classical Japanese textbooks, 'lactose intolerance must be excluded from IBS' was clearly listed. In the current state-of-the-art research of the world, allergy reaction and food intolerance are considered as cause of IBS. However, in a classic Japanese idea, I patients with clear reasons are excluded from IBS. Therefore, only patients who could not be understand the causal cause are evaluated as pure IBS. In other words, in Japan, forever, IBS will be caused by psychological factors. If so, IBS should be said to be psychosis or occult.

 jjj図1

Should malabsorption syndrome such as lactose intolerance be excluded from IBS? In 2009, Rangnekar and Chey Commented on the following: Recent studies suggesting that celiac disease, microscopic colitis, and small intestinal bacterial overgrowth can masquerade as IBS should teach us that this condition likely represents a number of different diseases that happen to present with similar symptoms. As our understanding of the physiologic abnormalities that underlie the different disease subgroups that constitute IBS improves, so too will diagnostic testing strategies and, ultimately, our ability to choose the most appropriate therapy for an individual patient. However, until such a time, we are left with symptoms as the primary guide to the management of IBS patients.

 

Ÿ  Rangnekar AS, Chey WD. The FODMAP diet for irritable bowel syndrome: food fad or roadmap to a new treatment paradigm? Gastroenterology. 2009 ;137:383-386.

 

To solve the cause of IBS,

Physical influence by intestinal morphology,

Intestinal compliance,

specific gravity and dose of contents,

mucosal reversible ischemia,

mast cells and eosinophils,

mediators released from immune cells,

I think that it is necessary to clarify the mutual relationships above.

To that end, a broad perspective including colon ischemia, food intolerance, and food allergy is necessary.

 

日本では、低FODMAP食は胃腸病専門医には広がっていない。その理由は、日本のIBS専門家がIBSに食物不耐性が含まれていることを否定しているという事実かもしれない。

古典的な日本の教科書では、乳糖不耐症はIBSの排除疾患と記されている。 しかし、現在の世界最先端の研究では、アレルギー反応と食物不耐性がIBSの原因と考えられている。古典的な日本のアイデアでは、IBS症状のあるグループから明確な理由があるグループは除外される。 したがって、原因がわからないグループは純粋なIBSになる。言い換えれば、日本では、永遠に、IBSは心理的要因によって引き起こさると説明される。 もしそうなら、明らかに、IBSは精神疾患またはオカルトでなければならない。

 

乳糖不耐性のような吸収不良症候群はIBSから除外されるべきか? 2009年に、米国消化器病学会機関紙のGastroenterologyにおいて、RangnekarCheyは次のようにコメントした:IBSは、この状態が同様の症状を呈して起こる多数の異なる疾患を示す可能性があることを教えてくれるはずであり、セリアック病、微視的大腸炎および小腸の細菌の過剰増殖を示唆する最近の研究 。 IBSを構成する様々な疾患サブグループの基礎となる生理学的異常の理解が向上するにつれて、診断検査戦略も向上し、最終的には個々の患者に最も適切な治療法を選択する能力が向上する。 しかし、そのような時まで、私たちはIBS患者の管理の第一のガイドとして症状を残している。

 

IBSの原因を解決するために、

腸の形態による物理的影響、

腸コンプライアンス、

比重および内容量、

粘膜可逆性虚血、

肥満細胞および好酸球、

免疫細胞から放出されたメディエーター、

私は上記の相互関係を明確にする必要があると考える。

そのためには、結腸虚血、食物不耐性、食物アレルギーなどの広範な視点が必要である。





<追記>

Rangnekar AS, Chey WD.のコメントを追記する。

・・・・・・・・・・・・・・・

IBSのより一貫した臨床的特徴の1つは、症状の発症と食物の摂取との間の関連性である。 IBS患者のほぼ3分の2は食事を摂取する症状を関連づけており、この発見は根底にある不安を持つ女性患者に特に一般的である(Digestion 2001; 63108-115)。この非常に実用的な臨床観察にもかかわらず、意外なことに、IBS症状の発生における特定の食品の役割にはほとんど注意が払われてこなかった。

IBS患者はしばしば複数の食物の「アレルギー」を報告する。しかし、IBS患者のわずかなサブセットのみが、血清免疫グロブリンE試験に基づいて真の食物アレルギーを有する(Eur J Clin Nutr 2006; 60667-672)。最も一般的な食物アレルギーには、ピーナッツ、ナッツ、魚、貝類、牛乳、卵、大豆、小麦などが含まれる(www.cfsan.fda.gov/~dms/wh-alrgy.html)。一方、あまり特徴のない食物過敏症および不耐性の罹患率は不明なままであるが、真の食物アレルギーより高い可能性がある(Ann Allergy 1989; 6294-99; Am J Gastroenterol 2005; 1001550-1557 )。IBS症状における食物の潜在的に重要な役割は、アトピー性疾患および食物アレルギーを治療するために使用される肥満細胞阻害剤である経口クロモリン硫酸だけでなく(Am J Gastroenterol 1992; 8755-57)、除外食事の利益を報告する研究(J Am Coll Nutr 2006; 25514-522; Gut 2004; 531459-1464)によって強調されている。 全体的に、IBS患者は、脂質が豊富な食品または低吸収性炭水化物にさらされた場合に、より多くの症状を示す傾向がある(Digestion 2001; 63108-115)。高脂肪食品は腸の運動性および輸送に影響することは十分に確立されている。例えば、高脂肪食は胃内容排出を遅らせる傾向があり、一部のIBS患者では誇張された胃結腸反射を引き起こす可能性がある。さらに、Simrenらは、十二指腸の脂質注入が、バルーン拡張および変化した生体パターンに応答して結腸過敏症を引き起こすことを最近実証した。これらの変化は、優勢な排便習慣、心理的要因、または性別とは無関係に起こった(Clin Gastroenterol Hepatol 2007; 5201-208)。そのように、今や脂肪食品が運動性および内臓感覚に影響を及ぼすことを示唆する証拠がある。そのような変化がIBS患者のサブセットにおける症状の発症の基礎となり得ることを想像することは困難ではない。

IBS患者における炭水化物の吸収不良/消化不良の役割が調査され、総合した結果が得られた。以前の研究は、IBS患者の乳糖消化不良に焦点を当てる傾向があった。 IBS患者では乳糖消化不良がIBS以外のコントロールよりも多いことが示唆されている証拠があるが、これはまだ議論の余地がある(Am J Gastroenterol 2009; 104 [Suppl 1]S1-S35)。乳糖不耐性がIBS患者においてより一般的であるかどうかは、最も大きな臨床的関連性の問題ではないかもしれない。明確にするために、乳糖不耐症の臨床的結果は、健康な個体よりもIBS患者においてより深刻であり得る。結腸内の吸収されない発酵可能な基質が大きな負荷をもたらすいかなる状況も、運動性および内臓感覚の異常によって特徴づけられる状態であるIBSを悪化させる可能性があると仮定することは妥当である。この仮説のさらなる支持は、IBS患者対対照における腸内細菌叢差異、発酵を同定した最近の研究から導くことができる(J Clin Gastroenterol 2006; 40264-269)。残念なことに、IBS患者における乳糖排除後の症状改善率は、29%〜44%の間で不一致であった(Eur J Gastroenterol Hepatol 2001; 13219-225

答えが乳糖だけではない場合、考慮すべき他の潜在的候補食品は何ですか?
発酵性のオリゴ糖、二糖類、単糖類、およびポリオール類またはFODMAP類は、定義上、発酵性が高く、吸収が不十分な食品である。食物FODMAPの摂取を制限することは、多くのメカニズムを通じてIBS患者に利益をもたらすことができる。 FODMAPは、糞便液含量が増加する結腸において浸透圧効果を誘発する(Scand J Gastroenterol 1992; 27819-828)。さらに、腸および結腸におけるFODMAPの細菌発酵から生じるガス産生が存在する(J Nutr 1998; 12811-19)。動物モデルにおいて、フルクトオリゴ糖を与えたラットは、結腸上皮の損傷を生じ、腸の透過性を増加させた。 FODMAPを与えたラットは、サルモネラ種に感染したときにさらに重篤な大腸炎を発症した(Gut 2003; 521572-1578)。この知見は、急性胃腸炎患者の7%〜30%がその後IBSを発症する(J Gastroenterol Hepatol 2005; 20381-386)という証拠がある場合に特に関連する可能性がある。興味深いことに、FODMAPは、ビフィドバクテリウム種のような特定の細菌株の増殖を選択的に誘導する、プレバイオティクス効果を有することが見出されている(Gastroenterology 1995; 108975-982)。 FODMAPの摂取はまた、IBSに関連する腸外効果を発揮し得る。例えば、乳糖不耐症と乳糖吸収不良の両方が軽いうつ病に関連しており、一部の患者で乳糖の排除によってうつ病症状を改善することが示されている(Scand J Gastroenterol 2000; 361048-1052.

FODMAPの主要構成成分の果糖は西洋食の一般的な部分であり、遊離の単糖、二糖スクロースの構成成分、またはフルクタンと呼ばれる重合形態で消費することができる。ヒトの腸には、果糖の消化または輸送のための特定の酵素はない。果糖の吸収は、主として大量の果糖の摂取後に圧倒されるグルコース輸送体(GLUT5およびGLUT2)による促進に依存する(Gastroenterology 1988; 95694-700)。果糖吸収は、グルコースの存在下ではるかに効率的である。実際、果糖吸収不良は、グルコースとの組み合わせと比較して、単独で服用された場合にはるかに大きい。総じて、文献的には、果糖吸収不良の有病率は、IBSのような機能障害を有する患者と健康なボランティアの間で同様であることを示唆している。果糖吸収不良は、個人のサブセットにおけるGI症状の発症と関連していることを示唆する文献がいくつかある(Aliment Pharmacol Ther 2007; 25349-363; Neurogastroenterol Motil 2008; 20505-511; J Clin Gastroenterol 2008; 42 233-238)。興味深いことに、Shepherdらの研究では、IBS患者の約30%が果糖またはフルクタンの大量負荷に耐えられなかったが、果糖吸収不良を伴うまたは伴わない非IBS患者にはこのような問題は生じなかった。これは、果糖またはフルクタンの吸収不良の臨床的影響がIBS患者では他の健康な人と異なる可能性があることを示唆している。

FODMAP食餌の他の興味深い成分は、コムギ、ライムギ、および大麦を含むフルクタンである。 FODMAP仮説は、コントロールと比較して、小腸生検でセリアック病の証拠のないIBS患者で報告された抗グリアジン抗体の有病率の増加についての説明を提供すると考えられる(Gastroenterology 2007; 132A-147 [986])。セリアック抗体陽性であるが正常な小腸生検を有するIBS患者におけるグルテンフリー食後の有意な臨床的改善が報告されている(Clin Gastroenterol Hepatol 2007; 5844-850)。

多くのIBS患者が食べ物と症状に関連していることを私たちに伝えていることを理解させるための説得力のある文献は、ますます増加している。

残念ながら、医療界はこの臨床情報をほとんど無視している。実際、機能的な腸障害の資金調達のための全国消化器疾患委員会の優先事項は、調査の優先事項として食物にほとんど言及していないことは興味深い(Neurogastroenterol Motil 2008; 201189-1203)。シェパードらの研究は、IBSのような機能障害に関心を持つ基本的および臨床的研究者の要求を喚起してくれるでしょう。消化管運動、感覚および免疫機能、ならびに宿主微生物叢へのおよび宿主微生物叢からの影響に及ぼす特定の食品の影響の複雑さをよりよく理解するためには、多くの研究が明らかに必要である。このような研究が、IBSの管理に対するより実践的で包括的な食事療法への道を開くであろうことを期待している。

<追記2>

1) 世界と比較して、日本の特徴は、医師がIBSの患者の食事内容について、全く関心を示していないと考えられる。乳糖不耐症をIBSに含まないと定義することは、それはそれでいいかもしれないが、では、自分のIBS患者に対して、きちんと乳糖不耐症を除外しているか?と問いたい。全く、乳糖不耐症を除外もせず、原因をストレスあるいは精神的な問題として、心理療法を行い安易に薬が投与されていないか?


2) IBS
に乳酸菌製品を推奨していないか?
TVでは、毎日、何回も乳酸菌の商品が宣伝され、乳酸菌の多い食品を便秘患者に推奨する医師もいる。しかし、それは本当に科学的根拠があるのか?と問いたい。科学的根拠というのは水素呼気テストをしているか?ということである。自覚症状の改善では意味がない。よく、ネットでは、乳酸菌製品でお腹が張るという苦情に対して、それは良い反応であるとしたり、乳酸菌が乳糖を分解してくれるので乳糖不耐症の改善に乳酸菌製品が有効であるという記事がみられる。その根拠として、体験談や少数健常者での自覚症状の変化を示す結果があるとしている。しかし、FODMAPレベルの研究では、MRICTなどでの客観的証拠が必要である。乳糖不耐症での下痢は高浸透圧性の水分増加が原因である。そして、乳糖が発酵してガスが産生されて腹痛が出現する。そのため、乳酸菌で乳糖不耐症が改善するというエビデンスを導くには呼気水素試験での水素量の低下を示さねばならない。山ほどの有効性を示す論文があっても、水素呼気試験が行われていなければエビデンスはないのである。

そして、私が、乳酸菌製品の有効性を疑う根拠は以下のピッツバーグ大学のレビュー論文を基にしているのである。

 

Levri KM, Ketvertis K, Deramo M, Merenstein JH, D'Amico F.

Do probiotics reduce adult lactose intolerance? A systematic review.

J Fam Pract. 2005 ;54:613-20

プロバイオティクスは成人の乳糖不耐症を軽減するか?体系的なレビュー

目的:乳糖不耐性を有する成人における経口プロバイオティクスの有効性を、症状および呼吸 水素試験に対する効果の系統的見直し、および非発酵乳製品へのプロバイオティクスの添加が食事中の乳糖不耐性を低下させるかどうかを評価すること。

方法:我々は、1966年から200212月までに発表されたランダム化比較試験を検索した。検索戦略のデータベースにはMedlineAMEDが含まれていた。我々は、主要な製品およびプロバイオティックな製品の製造業者の臨床試験および連絡先の参考文献を検討した。品質評価はMcMasterガイドに基づいており、5人の独立したレビューアによって実施されました。データ抽出は2人の査読者によって行われた。

結果:90件の記事のマスターリストが集められました。10件の記事が包含基準および除外基準を満たし、臨床上の問題と一致していた。呼吸 水素量を測定した9件の研究のうち、陽性は3件、陰性は3件、陽性および陰性の結果は3件でした。症状を測定した7件の研究のうち、1件が陽性、5件が陰性、1件が陽性および陰性結果を示した。

結論:プロバイオティック補充は一般に、本レビューでは成人における乳糖不耐症の症状および徴候を緩和しなかった。いくつかの証拠によれば、特定の株、濃度、および調製物が有効であることが示唆されている。この潜在的な治療関係を描写するために、特定の株および濃度のさらなる臨床試験が必要である。



 

日本低FODMAP食推進会: Uno Y

 

 

 

まず、日本語のウィキペディアと英語のWikipediaの違いをご覧ください

 

過敏性腸症候群 - Wikipedia

日本語版

https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E9%81%8E%E6%95%8F%E6%80%A7%E8%85%B8%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4&action=edit&section=5

 

治療の項目

 111図1

全く、低FODMAP食について記されていません。

これだけを読めば、IBSの原因は、いかにもストレスと生活の乱れのように思ってしまいます。食事療法の内容説明はなく、規則正しい食生活という意味不明なことしか書かれていません。
そして、驚くことに、ストレスに原因を求め、初めから心理療法を行うことが推奨されています。
これは、日本の消化器病の医師が、過敏性腸症候群≒心身症
と認識しているひとつの証拠でもあります。

 

このような記述は、日本消化器病学会のIBSのガイドラインでもみられます。

 

https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/ibs_2.html#q5

 

IBSの治療はどのようにはじめるのでしょうか?

まず、生活習慣の改善が重要です。
3食を規則的にとり、暴飲暴食、夜間の大食を避け、食事バランスに注意したうえで、ストレスを溜めず、睡眠、休養を十分にとるように心がけてください。刺激物、高脂肪の食べもの、アルコールは控えてください。
生活習慣を改善しても症状がよくならない場合は、次にお薬による治療を行います。薬物療法で最初に用いるお薬としては、消化管機能調節薬と呼ばれる腸の運動を整える薬や、プロバイオティクス(ビフィズス菌や乳酸菌など生体にとって有用な菌の製剤)、あるいは高分子重合体といわれる水分を吸収し便の水分バランスを調整する薬があります。これらのお薬は下痢症状が中心の方、便秘症状が中心の方のどちらにも用いられます。下痢型の方には腸の運動異常を改善させるセロトニン3受容体拮抗薬(5-HT3拮抗薬)、また便秘型の方には便を柔らかくする粘膜上皮機能変容薬も用いられます。また下痢に対しては止痢薬、お腹の痛みには抗コリン薬、便秘に対しては下剤も補助的、頓服的に使用されます。

22図1

・・・・・・・・・・・・・・

あたりさわりのない、逃げの表現である「バランスの良い食事」という表現がみられます。刺激物、高脂肪食、アルコールの回避だけでは、症状は軽快しないため、日本のIBSのほとんどの人が、薬の投与に誘導されます。そして、有効性が疑問視慣れているプロバイオティクスも推奨されています。

 



では、英語のWikipediaを見てください。

 

まず、食事療法が最初に記され、その1番目に低FODMAP食が記されています。


444図1

 

食餌療法

研究によると、IBS患者の70%までが低FODMAP食で軽快している。このような食生活から改善する可能性が最も高い症状には、発作性下痢、鼓腸、膨満感、腹痛、および排便の変化が含まれる。IBSで他の食生活や生活習慣の対策がうまくいかなかった場合に低FODMAP食を薦めるガイドラインを有す国もある。この食事は、小腸に吸収されにくい様々な炭水化物、フルクトースや乳糖を制限しますが、これらは同様に不耐容の人にはほとんど吸収されません。フルクトースおよびフルクタンの減少は、フルクトース吸収不良およびIBSを有する患者において、IBS症状を用量依存的に低下させることが示されている。

IBS患者に中には、彼らがある種の食事不耐性を有すると信じている。しかし、IBSの食物感受性を予測しようとする検査は、不完全であることが判明している。小規模な研究では、IgG抗体検査は、IBS患者の食物感受性を決定するのに幾分効果的であり、除外食餌の患者は、偽食餌のものよりも10%高い症状軽減を経験すると報告されている。しかし、IgG検査が推奨されるには、より多くの研究が必要である。

 

FODMAP

FODMAPは、発酵性のオリゴ - 、ジ - 、モノサッカライドおよびポリオールであり、小腸ではほとんど吸収されず、続いて小腸および大腸の遠位大腸の細菌によって発酵される。これは誰にとっても共通の通常の現象である。結果として生じるガスの生成は、鼓脹および鼓腸を潜在的にもたらす。低FODMAP食は食事からそれらを制限することにある。それらは、フルクトース吸収不良の人に推奨されるように、例えばFODMAPでもあるフルクトースおよびフルクタンのみを制限するよりも成功しており、個々にではなく、全体的にトリミングされている。・・・・・・(以下、導入での問題や長期での課題が記されている)

 ・・・・・・・・・・・・・・・
Wikipediaであっても、日本語板と英語板がこれほど違うのは、あまりないかもしれません。

また、特記すべきは、日本ではストレスをIBSの主たる原因としていますが、その治療は、心理療法や薬物療法となっています。

しかし、英語のWikipediaでは、以下が記されています。

 

ストレスリリーフ

ストレスを軽減することは、IBS症状の頻度および重症度を低下させる可能性がある。役立つテクニックには次のものがある。

·         瞑想などのリラクゼーション技術

·         ヨガ太極拳などの身体活動

·         水泳、歩行、走りなどの定期的な運動

 

·       
こういう比較をすると、日本では薬と心理療法士に意図的に結び付けているようにも感じます。



 
日本よりもFODMAP食の知識が高い韓国の2018年のIBSガイドライン(Korean Society of Neurogastroenterology and Motilityでは、食事療法として低FODMAP食が推奨されています。専門家の意見では:完全に同意する(5.0%)、ほとんど同意する(67.5%)、部分的に同意する(25.0%)、ほとんど同意しない(2.5%)、完全に同意しない(0.0%)、不明確(0.0%)でした。

http://www.jnmjournal.org/journal/view.html?uid=1363&vmd=Full&

 

 

英国のNational Institute for Health and Care Excellence英国国立医療技術評価機構IBSのガイドラインでも低FODMAP食が食事療法として最初に記されています。

https://www.bmj.com/bmj/section-pdf/891755?path=/bmj/350/7997/Practice.full.pdf

 



米国で高度医療を提供するMayo Clinicのサイトでも、以下あのように記されています。
このサイトは英語で過敏性腸症候群 iitabe bowel syndrome の検索で最初に出てきます。
 

https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/irritable-bowel-syndrome/diagnosis-treatment/drc-20360064

 

·         FODMAPs. Some people are sensitive to certain carbohydrates such as fructose, fructans, lactose and others, known as FODMAPs — fermentable oligo-, di-, and monosaccharides and polyols. FODMAPs are found in certain grains, vegetables, fruits and dairy products. Your IBS symptoms might ease if you follow a strict low-FODMAP diet and then reintroduce foods one at a time.



英語検索で上位の、WebMDMedicneNet.com.でも、食事療法の最初に低FODMAP食が掲載されています。

https://www.webmd.com/ibs/guide/digestive-diseases-irritable-bowel-syndrome#2-5

https://www.medicinenet.com/irritable_bowel_syndrome_ibs/article.htm


日本語検索でググると、何か、別の世界にいるような違和感を感じます。



Uno


先日、入院している母の要介護度の見直しが行われました。

母は、息子の私を誰か、わかりません。

私は誰ですか?と聞いたところ、

母の兄の名前を言いました。

その叔父は、20年以上前に死んでいます。

入院するまで、我慢して、一所懸命、一緒に暮らして、介護をしてきましたが、

その息子が誰かわからないのです。

その時、本当に、心に穴が空きました。

すでに、ほとんど寝たきりですが、

言語療法によって、以前よりも、はっきりと話せるようになり、

それは、ある意味、とても残酷な結果をもたらします。

あまり話せない時は、認知症を認識することが少ないわけですが、

話せるようになると、認知症が明らかになります。

ずっと母の病床の向いの老人は同じ人ですが、

昨日の夜に社長が向いのベッドに運ばれて、みんなで大騒ぎをして、眠れなかったと、

まるで、本当のことのように話しました。

「あの会社はどうなるんだろうね」

母は別の世界で生きているように感じました。

「あなたの会社は?大丈夫?」

と、私に聞きました。

私が医者であることも、母にはわからなくなってしましました。

しかし、驚くことに、100引く7を、「93」と答えたのです。

そして、驚くことに、93引く7を「86」と答えたのです。

そう、計算だけは、出来るのです。

それ以外は間違っている。

だから、認知症がはっきりせず、

これまで我々は、家で苦労してきたのです。



今日、

「要介護度5」の通知が来ました。


客観的に、「そうでしょう」と思いました。



宇野

 

 

話は、随分昔のこと。

高校時代に、よくオナラをする陽気な友人がいました。彼は常に、「屁、出る」と笑いながらオナラをしていました。心のどこかで軽蔑しながらも羨ましいと思いました。私は、人前でオナラができなかったからです。それは、後々結婚して、子供が生まれ、無意識にオナラをする子供にも『自由でいいな』と思ったほどでした。

若い頃、彼女と一緒にいることのできる時間は、およそ4時間でした。それ以上一緒にいると、お腹が痛くなるのでした。5時間たつと、「青春の愛」をはるかに越えるほどの痛みを生じ、それは、背中にまで広がり、話すこともできなくなる痛みでした。最も辛かったのは、一緒に朝までいる時で、決まって同じ時間から腹痛を生じ、死すら感じ、何かの重大な病気、あるいは何らかの呪?いや、彼女と一緒にいるのが(無意識に)ストレスなのか?などと思い、起き上がると少し楽なので、横になっては、冷や汗をかいて、何度も起き上がり、スヤスヤ寝ている彼女を見つめている眼は冷めていました。きっと、それはオナラを我慢していたための腸管拡張の症状だと今では理解できます。しかし、その理由がわからなかったので、だんだんと、彼女と会うことが辛くなり、「あのね、ホントのことを言うと、一緒にいれる時間は4時間が限界なんだ」と言ったのです。彼女は、それをどう受け取っていいかわからず、その後、二人の間に見えない亀裂が入りました。そして、「私とは、4時間しか一緒にいれないって言ったわよね、ひどすぎる」と泣かれても、「いや、頑張れば、5時間は大丈夫かもしれない」と言ったのでした。「どうして?」「ストレス?かもしれない」「ひどい。。。」
その後、次第に会わなくなりました。しかし、私の心の奥底で、必ず来る腹痛から解放されたという安堵感を覚えたのは事実でした。

 

確かに、あの頃、二人で会って食べていたものは、まぎれもなく、高FODMAPでした。
そして、腹痛を生じる時間は、まぎれもなく、発酵後のガス増加の時間帯でした。
そして、私の症状は、まぎれもなく、IBSでした。


Uno Y

 

 

Ultra-processed food超加工食の摂取によって癌が増加することが今年2月にパリ大学とサンパウロ大学から報告された。

Fiolet T, Srour B, Sellem L, Kesse-Guyot E, Allès B, Méjean C, Deschasaux M, Fassier P, Latino-Martel P, Beslay M, Hercberg S, Lavalette C, Monteiro CA, Julia C, Touvier M..

Consumption of ultra-processed foods and cancer risk: results from NutriNet-Santé prospective cohort.

BMJ. 2018 Feb 14;360:k322

 

これは、参加者104980人の食事を3300の食品について調査したもので、癌全体の増加、特に乳癌との関係が示された。

この研究での超加工食の定義は以下である。

 

This study primarily focused on the “ultra-processed foods” NOVA group. This group includes mass produced packaged breads and buns; sweet or savoury packaged snacks; industrialised confectionery and desserts; sodas and sweetened drinks; meat balls, poultry and fish nuggets, and other reconstituted meat products transformed with addition of preservatives other than salt (for example, nitrites); instant noodles and soups; frozen or shelf stable ready meals; and other food products made mostly or entirely from sugar, oils and fats, and other substances not commonly used in culinary preparations such as hydrogenated oils, modified starches, and protein isolates. Industrial processes notably include hydrogenation, hydrolysis, extruding, moulding, reshaping, and pre-processing by frying. Flavouring agents, colours, emulsifiers, humectants, non-sugar sweeteners, and other cosmetic additives are often added to these products to imitate sensorial properties of unprocessed or minimally processed foods and their culinary preparations or to disguise undesirable qualities of the final product.


量産(大量生産)され包装されたパン

甘くて風味の良いパッケージスナック

工業化された菓子およびデザート

ソーダと甘い飲み物

肉球、家禽および魚ナゲット

、および塩以外の防腐剤(例えば、亜硝酸塩)の添加により形質転換された他の再構成肉製品

インスタントラーメンとスープ

凍結食品または保存食

砂糖、油脂から大部分または全部を製造した食品

水素化油、加工デンプンおよびタンパク質単離物などの調理用調製物に一般的に使用されていない物質

工業プロセスは、特に、水素添加、加水分解、押出、成形、再成形、およびフライによる前処理を含む。未加工または最小限に加工された食品およびその調理物の感覚特性を模倣するため、または最終製品の望ましくない性質を隠すために、香味料、着色料、乳化剤、保湿剤、非糖甘味料および他の化粧品添加物がこれらの製品に添加されることが多い。


・・・・・・・・・・・・・



U図1


https://www.theguardian.com/science/2018/feb/14/ultra-processed-foods-may-be-linked-to-cancer-says-study

 

 

そして、さらに、超加工食が過敏性腸症候群IBSと関係していることが同じ研究グループから今年の6月に報告され、2018710日、ロイターにて発信された。Medscapeは、この記事をNewsとして取り上げた。

 

Schnabel L, Buscail C, Sabate JM, Bouchoucha M, Kesse-Guyot E, Allès B, Touvier M, Monteiro CA, Hercberg S, Benamouzig R, Julia C.Association Between Ultra-Processed Food Consumption and Functional Gastrointestinal Disorders: Results From the French NutriNet-Santé Cohort.

Am J Gastroenterol. 2018 Jun 15.

 

https://www.medscape.com/viewarticle/898989?src=wnl_edit_tpal&uac=231753EV&impID=1681774&faf=1

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29904158

 

Ultra-Processed Food Intake Might Be Tied to IBS

NEW YORK (Reuters Health) - Ultra-processed foods might be associated with an increased risk of irritable bowel syndrome (IBS), observational data suggest.

 

As reported June 15 online in The American Journal of Gastroenterology, Laure Schnabel of the University of Paris and colleagues analyzed data from the web-based NutriNet-Sante Study, which was set up to investigate nutrition and health relationships.

The team examined dietary data from 33,343 of the more than 160,000 participants in the study. Questionnaires were completed online and covered at least three 24-hour food records. Most participants (76.4%) were women; the mean age was 50.4 years.

On average, ultra-processed foods accounted for 16.0% of food consumed daily in weight, corresponding to 33.0% of total daily energy intake. Factors that were significantly associated with such consumption included younger age, lower income and lower physical activity. Similar results were seen using ultra-processed food consumption as a percentage of energy intake.

A total of 3516 participants (10.5%) reported IBS. After adjustment, the researchers found that an increased proportion of ultra-processed foods in the diet was associated with a higher prevalence of IBS. In the highest versus the lowest quintile, the adjusted odds ratio was 1.25.

They also observe, however, that "despite the various confounding factors accounted for in the multivariable regression models, we cannot exclude the hypothesis of residual confounding due to the observational design of the study."

The investigators note that ultra-processed foods "are usually affordable products, highly marketed, ready-to-eat, with a long shelf life. Moreover, they constitute the major part of supermarket supply and are therefore widely available."

"The results of this study," they go on to say, "provide arguments for collecting data on the degree of food processing in food surveys in order to explore ultra-processed foods consumption and its suspected deleterious impact on health. Further longitudinal studies will be needed to ascertain the association observed between ultra-processed food consumption and IBS."

In an email to Reuters Health, Schnabel stressed that the findings were limited to a French adult population. "The study design being observational, it must be emphasized that we cannot conclude as to a causal link and that other studies will be necessary in different populations and settings," she said.

Commenting by email, Dr. Peter Gibson of Monash University, Melbourne, Australia, told Reuters Health, "This seems like a very good study. The results are in line with the idea that eating a diet based upon whole foods is the best for the promotion of good health. However, the study does not show this. It only indicates association of ultra-processed food consumption with one type of symptom pattern (IBS)."

 

Dr. Gibson, who is Professor and Head of the Department of Gastroenterology, concluded, "The paper itself is correctly very restrained in assigning a causal relationship between ultra-processed food consumption and IBS."

 

SOURCE: https://go.nature.com/2zgZxEv

 

ニューヨーク(ロイターヘルス) - 超加工食品は過敏性腸症候群(IBS)のリスク増加と関連する可能性があるというデータが示唆された。

 

パリ大学のLaure Schnabelらは、615日にThe American Journal of Gastroenterologyで、栄養と健康の関係を調査するために作成されたWebベースのNutriNet-Sante Studyのデータを分析した結果を報告した。

 

研究者は16万人以上の参加者のうち33,343人からの食事データを調査した。アンケートはオンラインで完了し、少なくとも3つの24時間の食糧記録をカバーした。参加者の76.4%は女性であった。平均年齢は50.4歳であった。

 

平均して、超加工食品は、毎日の摂取量の16.0%を占め、毎日のエネルギー摂取総量の33.0%に相当していた。超加工食品の消費は年齢が低く、収入が低く、身体活動が低い人に有意に多かった。

参加者の合計3516人の参加者(10.5%)がIBSであった。研究者らは、食事中の超加工食品の割合が高いほどIBSの罹患率が高いことを発見し、オッズ比は1.25であった。

研究者らは、超加工食品は「通常は手頃な価格の製品であり、市販されており、すぐに食べられ、長い保存期間を有し、さらにスーパーマーケット供給の主要部分を構成し、広く入手可能である」と指摘する。

 

Schnabelは、ロイターヘルスへの電子メールで、この成績はフランスの成人集団に限られていると強調した。 「研究デザインは観察的なものであり、因果関係については結論づけできず、異なる人口や環境で他の研究が必要であることを強調しなければならない」と彼女は述べた。

 

オーストラリアのモナッシュ大学のピーター・ギブソン博士は、ロイターヘルスに、「これは非常に良い研究である。その結果は、食品とIBSとの関連を的確に示している」と述べた。

 

胃腸病学部の教授であるGibson博士は、「しかし、この論文自体は、超加工食品消費とIBSとの間に因果関係に限定される」と結んだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・


低FODMAP食のギブソン教授が、ロイターの質問に答えた。

彼は、このことについて、10年前に述べており、現代の食生活が不健康であるという信念がある。


超加工食は、女性の体重増加と関係しているという報告がある。

 

Juul F, Martinez-Steele E, Parekh N, Monteiro CA, Chang VW.Ultra-processed food consumption and excess weight among US adults. Br J Nutr. 2018 Jul;120(1):90-100

・・・・・・・・・・・・・

災害時に、被災者に配布される食品は、生命を維持するためには必要不可欠であるが、

食品によってはIBSを悪化させるかもしれない。

それは、IBSだけではなく、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、大腸憩室症にも当てはまる。

多すぎるほどの仮設トイレが必要不可欠である。

そして、超加工食ではない炊き出しが必要である。



 

Uno Y

 

過敏性腸症候群IBSは、低FODMAP食による水分量とガス量に影響されます。

それらは、下痢や便秘、腹部膨満感、放屁(おなら)の増加に直結します。しかし、それだけでは、腹痛を来しません。腹痛を来すためには、腸管過敏症(内蔵過敏症)が併存していることが前提になります。この過敏症は肥満細胞から放出されるヒスタミンなどのメディエーターが関与しています。そして、食物アレルギーや何らかの身体的ストレスがその分泌に関与しています。

身体的ストレスには、過激な運動、交感神経の過緊張があげられます。

また、寒冷ストレスは食物アレルギーに影響しています。

 

Santos J, Saperas C, Nogueiras M, et al. (1998) Release of mast cell mediators into the jejunum by cold pain stress in humans. Gastroenterology 114:640–648.

BACKGROUND & AIMS:

The central nervous system regulates gut functions via complex interactions between the enteric nervous and immune systems. The aim of this study was to investigate whether mast cell mediators are released into the human jejunal lumen during stress.

METHODS:

A closed-segment perfusion technique was used to investigate jejunal release of tryptase, histamine, prostaglandin D2, and water flux in response to the cold pressor test in 8 healthy subjects and 9 patients with food allergy. In 6 food-allergic patients, jejunal biochemical responses to cold pain stress were compared with those induced by food intraluminal challenge.

RESULTS:

Cold pain stress elevated heart rate and blood pressure and increased luminal release of mast cell mediators and jejunal water secretion in both groups. Stress-induced release of tryptase and histamine, but not of prostaglandin D2 and water flux, was greater in food-allergic patients than in healthy volunteers. In food-allergic patients, jejunal biochemical responses induced by cold pain stress were similar to those induced by antigen challenge.

CONCLUSIONS:

These results show the ability of the central nervous system to modulate intestinal mast cell activity and suggest that mast cells have a role in stress-related gut dysfunction.

・・・・・・・・・・

 

隠れた食物アレルギーでも、寒冷ストレスによってより、症状が悪化する可能性があります。その作用は主に小腸であることから、腹痛は、食後、比較的早く生じる可能性があります。夏は、冷たい食べ物や飲み物、そして冷房に注意が必要です。下痢型IBSでは下痢が悪化し、便秘型IBSでは差し込みのような腹痛が生じる可能性があります。

仕事場ではお腹を冷やさないように、そして、仕事が終わってからの冷えたビールなどに注意が必要です。

おだいじに。。。。

どうしようもない閉塞感

 
コラム:Uno Y


泳げない幼い私は、何度も海に投げられた。

私を海に投げたのは父であった。

私の父は、自分自身が幼い頃に海で溺れた時に自然と泳げるようになったという経験から、泳げない私を何度も海に投げ込んだのである。

父とは違って、私は溺れても泳げることはなかった。

何度か、溺れた後、どんなに苦しくても、最終的には父が引き上げてくれることを学習した。そして、死にそうになっても我慢することを学んだ。今では、明らかに虐待であるが、子供だった私は、海へ投げられるとわかっていても、父と海へ行くのが楽しみだった。子供の私はけなげであった。その後、どんなことがあっても、父の手のような救いが現れるような、そんな気がしていた。

 

しかし、高校の頃、崖から落ちて溺れた時は違っていた。

助けてくれる人はいなかった。

崖の刃物のように鋭い岩肌にしがみつき、全身血だらけになり岩を這い上がって生き延びた。その時、学んだのは、一旦死んだと思い込み、力を抜いて沈むとこまで沈むということであった。そして、死んでいなければ、傷つきながらもゆっくり這い上がるしかない。

 

 

医師になり、僻地へ派遣された時、溺死した親子の死体を見た。

車がスリップして車ごと池に落ちて溺死したのであった。

親子は眠っているかのように、悲しいほど美しかった。

時々、あの光景が目に浮かぶ。

溺死。。。

東日本大震災で多くの人が溺死した。
津波が町を呑み込む映像は、被害を共有する効果を与えた。その頃、TVで笑っている人を見ると腹立たしくなったのを覚えている。
不謹慎
『なぜ、こんな時に。。。』
人がどんどん死んでゆく隣の部屋で大笑いのパーティー・・・これでいいのか?
常に不機嫌になり、人に対して過敏に批判するようになった。
私だけではなく、きっと、多くの人がそう思うようになったのか、以前よりも人々は互いを非難するようになった。単純にバカで面白いTV番組はなくなった。そして、どんなに懸命に生きていても、人間は自然災害であっという間に死ぬかもしれないという気持ちは、日本人の貯蓄額を減少させた。
しかし、不謹慎として、集団全体が喪に服して経済活動を萎縮させるわけにはゆかない。
自然災害の被害者を救う手だてには、集団の経済援助は必須である。
隣の不幸を胸に刻みながら、大笑いのパーティーであっても復興費用を捻出しなければならない。
こんな時であるからこそ、みんなで、心で泣きながらも、
作り笑いをしてでも、一所懸命働くべきなのかもしれない。

北日本に十三湖という淋しい湖がある。

そこは中世、日本有数の貿易港があり、多くの人々が暮らしていた。
日本最強の安東水軍の拠点でもあった。
当時の日本の中心地であったともいわれる。
しかし、巨大津波が全てを呑み込んだといわれる。
その規模はあまりにも大っきく、街全てが湖に沈んだ。
もうひとつの日本は一瞬で消失したが、それは日本の歴史の1行にすらなっていない。

 

西日本大豪雨の被害状況を知るにつれ、虚脱感でもなく、とてつもない閉塞感が襲ってくる。
この感覚は、東日本大震災の津波の記憶を呼び起こす。
今後、我々は笑えるのであろうか?
笑っていいのであろうか?
「不謹慎」という言葉が飛び交う。
そして、本当に自然災害のためだけだったのか?
陰陽師のように、自然災害に何らかの因果関係を結びつけ、
特定の人の不徳のせいにすることはないか?
確かに、

何かを突然失った時などの絶望のプロセスは、無反応、否定、怒り、抑うつ、悲しみ、孤独と愛、諦めと希望である。
TVを見ていると、被害者はまだ、初期段階のような気がする。
そして、今後、どうしようもない怒りが大きくなるような可能性がある。
集団被害の大きな怒りは、世論を動かす渦になる。
東日本大震災での集団の怒りは何をもたらしたか?
そして、それは、本当に集団にとって正しいベクトルを導いたのか?
われわれは、冷静に、思い起こし、先をみつめる必要がある。

戦後、無意識の言論統制の時代、
「りんごの唄」が流行した。

赤いリンゴに 口びるよせて

だまってみている 青い空

リンゴはなんにも いわないけれど

リンゴの気持は よくわかる


沈黙して、見つめる。
それが正しいとしても、どうしようもない閉塞感が襲ってくる。





 宇野




毎日、壊れたレコードのように、

同じ話をしています。





検査前


〇〇さんですね。よろしく、お願いします。

私は、ほとんど毎日、あちこちで胃カメラだけをしています。

胃カメラには、二つのコツがあります。

まず、ひとつは、唾(つば)を飲まないことです。

歯磨きして、舌の奥に触るとオエーとなりますよね。

それは、舌の奥にオエーとなるポイントがあるためです。

ですから、カメラを入れる時、そこに触れないように入れてゆくんですが、

唾をのむと、舌が後ろに下がって、カメラにあたってオエーとなります。

ですから、唾をのまないようにしてください。

でも、カメラが入っている間は、割り箸が喉にある感ようなじがして、

どうしても呑み込みたくなりますが、

「ああ、カメラが入っているんだな」と思って、諦めてください。

検査中に画面を見ようとして、顔を右に上げると、唾液が気管に入るがもしれないので

顔は、ベッドの方に向けて、唾液を口から流してください。


もうひとつは、検査の最後の方で、胃を広げて写真を取る時に、

空気を多く入れます。

これまで、バリウム検査したことはありますか?

バリウム検査の時に、「ゲップを我慢してください」って言われますよね。

バリウム程ではありませんが、あんな感じになります。

しかし、その後に、空気を抜いて終わりますから、

最後だと思って、我慢してください。

ゲップをしたくなったら、顎を引いてください。

この二つ、

唾をのまない、ゲップをしない、

よろしくお願いします。

では、カメラが入っていきます。

。。。。。。。。。。。。。。



検査終了後

ご苦労様でした。

〇〇さんは、〇年前に、ピロリ菌を除菌してますよね。

では、まず、なぜ、ピロリ菌が除菌されたのか?

について、簡単に説明します。

ピロリ菌がいると、慢性胃炎が起こり、その結果、胃の粘膜が薄くなります。

ggg図1


粘膜の下に血管があるので、血管が透けて見えます。その状態を萎縮性胃炎といいます。

そして、さらに、胃粘膜の遺伝子が異常を起こして、腸上皮化生になります。

そこまでくると、胃癌の危険性が高いので、そこまで進まないように、

ピロリ菌を退治することが行われていますが、

しかし、そもそも、萎縮性胃炎や腸上皮化生になっている人は、

ピロリ菌除菌によって、それらが改善する事を期待していましたが、

最近の研究では、ピロリ菌がいなくなっても、

それらが改善しないことが少なくないことがわかってきました。

〇〇さんの場合も、実は、そんな感じです。

そして、除菌前に記載のなかった腸上皮化生もある可能性が高いです。

ですから、除菌は成功しても、胃癌の危険性はあまり下がっていないかもしれません。

でも、心配しないでください。

ピロリ菌に関係している胃癌のスピードは、遅いのです。

発症してから、進行癌で手遅れになるまでは10年あるとされています。

つまり、1年間隔で胃カメラをしていれば、手遅れになることはないでしょう。

国の胃がん検診では2年に1度でもいいことになったは、そんな理由です。

それから、胃癌は、年齢とともに危険率は上がってゆきます。

自分が、納得するまで、毎年、胃カメラを受けてください。

お願いします。

それから、今回、逆流性食道炎がありました。

ピロリ菌除菌後の10%に逆流性食道炎が起こりますが、

症状がなければ、治療は不要です。

除菌後にPPIという薬を使用すると、胃癌が3倍増加するという研究もあります。

この知識は患者として知っておくべきです。

肥満、お酒、たばこは、逆流性食道炎を悪化させます。

心当たりのある場合、お気をつけ下さい。








日本低FODMAP食推進会: 会長: Uno Y

 

 

これまでの知識を整理しましょう。

なぜ、小麦が過敏性腸症候群(IBS)の原因(引き金:トリガー)となるのか?

に関して、FODMAP理論では、オリゴ糖のフルクタン(イヌリン)が、小腸で水分を増加させ、大腸内で発酵し、ガスが増加する。水分量とガス量は、消化管通過時間を変動させる物理的ファクターであるため、下痢や便秘を生じる。

2016年まではそれだけでよかった。

しかし、2016年、IBSの診断基準が変わった。

下痢と便秘、腹部不快、腹部膨満だけでIBSであったが、2016年からは腹痛があることが必須条件になった。

水分量とガス量の変動だけで腹痛を来すか?

しかし、同じ水分量、ガス量でも腹痛のある人とない人がいる。

それは何故か?

そこで、痛みの閾値、つまり腸管の過敏の程度が登場してくる。

痛みの閾値の感受性は精神的要因に左右されると言えば、たしかに関係もするであろうが、それが全てとすれば、あまりにも稚拙であり、そこで科学的思考が停止してしまう。そこで、精神的ファクターを排除すると、肥満細胞の関与が重要になる。

肥満細胞の増加によってヒスタミンなどの痛み刺激物質が産生される。

そして、肥満細胞が増加する因子として、大腸の血流障害があることをつきとめた。血流障害は過剰な運動による急性虚血だけではなく、慢性炎症による血流障害も原因となる。さらに、肥満細胞が増加するもうひとつの重要な要因はアレルギーである。

 

小麦の場合、高FODMAPのイヌリンの他に、

小麦アレルギー、セリアック病、非セリアックグルテン過敏症の3つの問題がある。

まず、セリアック病は小麦の蛋白質であるグルテンによって、小腸の慢性炎症を引き起こす。この病気は、遺伝子に異常があり、HLA IIDQ2 / DQ8対立遺伝子を保有する人がグルテンを摂取すると組織トランスグルタミナーゼに対するT細胞媒介免疫反応を引き起こし、粘膜損傷および最終的には腸の絨毛萎縮をもたらし、栄養障害を来す。しかし、それに至らない状況では、IBS症状だけの場合もある。以前は、セリアック病は遺伝子的に白人しか罹患しないと考えられていたが、最近ではアジア民族にもあり、日本では0.7%生じるとされている。治療は、グルテンを含まない「グルテンフリー」を一生にわたり摂取することにある。この場合においても、慢性炎症で粘膜の血流障害があれば、高FODMAPによる水分量とガス量の増加によって腹痛を誘発することは自明の理である。つまり、セリアック病であっても、IBS症状に対しては、グルテンフリーよりも、グルテンフリーを包括する低FODMAP食が有効であることは論理的に明らかである。

 セリアック病ではないが、セリアック病の軽度の症状を来し、グルテンフリー食が有効なものが非セリアック・グルテン過敏症 (NCGS)である。しかし、そもそも、そんなものはないという説もあるが、抗グリアジンIgGの陽性が多い。遺伝子異常や皮膚症状はない。NCGSの場合も、グルテンフリーよりも低FODMAP食が有効であるエビデンスが得られており、NCGSのなかには小麦だけではない原因が存在する可能性がある。

 小麦アレルギーは、小麦を主食としなかった日本人には縁遠いものであったが、西洋ではローマ時代から、「パン屋の喘息」として知られており、パン屋、粉ミルクやペストリー工場労働者の1015%に生じている。小麦アレルギーは小児ではアトピー性皮膚炎、蕁麻疹、血管浮腫、時に全身アナフィラキシー症状を来すことがあるが、成人では認識が困難なこともあり、最も多いのはIBS症状(下痢、鼓腸)である。小麦によって、IgE媒介の免疫反応を引き起こして症状を引き起こすが、IgE-mediated food hypersensitivity disordersと言われるように、胃腸症状に加えて、肥満細胞および好塩基球からのメディエーターの大量放出によって引き起こされる蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、口腔症候群、喘息、鼻炎、結膜炎を来たす。

 つまり、まとめると、小麦の摂取は、グルテンや小麦アレルギーによって、そもそも便通障害のベースを生じ、それに小麦のイヌリンによって物理的因子が加わって、症状が悪化するということになる。

 日本低FODMAP食推進会では、小麦粉よりもイヌリンの少ないスペルト小麦の使用を推奨している。

 

 そして、2017年、小麦に含まれるニッケルによって、ニッケルアレルギーもIBS症状に関与している可能性が示唆されている。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28157173

 

Contact Dermatitis Due to Nickel Allergy in Patients Suffering from Non-Celiac Wheat Sensitivity.

Nutrients. 2017 Feb 2;9(2). pii: E103. doi: 10.3390/nu9020103.

 

Abstract

BACKGROUND: Non-celiac wheat sensitivity (NCWS) is a new clinical entity in the world of gluten-related diseases. Nickel, the most frequent cause of contact allergy, can be found in wheat and results in systemic nickel allergy syndrome and mimics irritable bowel syndrome (IBS). 

Objective: To evaluate the frequency of contact dermatitis due to nickel allergy in NCWS patients diagnosed by a double-blind placebo-controlled(DBPC) challenge, and to identify  the  characteristics  of  NCWS  patients  with  nickel  allergy.  Methods: We performed  a prospective study of 60 patients (54 females, 6 males; mean age 34.1 ± 8.1 years) diagnosed with NCWS from December 2014 to November 2016; 80 age- and sex-matched subjects with functional gastrointestinal symptoms served as controls. Patients reporting contact dermatitis related to nickel-containing objects underwent nickel patch test.

RESULTS: Six out of sixty patients(10%) with NCWS suffered from contact dermatitis and nickel allergy and this frequency was statistically higher (p = 0.04)than observed in the control group (5%). The main clinical characteristic of NCWS patients with nickel allergy was a higher frequency of cutaneous symptoms after wheat ingestion compared to NCWS patients who did not suffer from nickel allergy (p < 0.0001.

CONCLUSIONS: Contact dermatitis and nickel allergy  are more  frequent  in  NCWS  patients than  in  subjects  with  functional gastrointestinal disorders; furthermore, these patients had a very high frequency of cutaneous manifestations after wheat  ingestion.  Nickel  allergy  should  be  evaluated  in  NCWS  patients  who  have  cutaneous  manifestations after wheat ingestion.

 ・・・・・・・・・・・・

 

金属アレルギー外来というサイトでは、ニッケルが多い食品として、はと麦、小麦麦芽、米ぬか、インゲン豆、大豆、きな粉、チョコレート、ハマグリ、生うに、アーモンド、コショウ、クルミ、落花生、干しひじき、昆布、シソ、タケノコ、ワラビ、ナメコ、ヒラタケ、コーヒー、お茶、紅茶、ウーロン茶が掲載されている。

http://www.sugiyama-dental.com/allergy/allergy13/


高ニッケルの食品の多くは、高FODMAP食とオーバーラップしている。

 

 

そして、ニッケルアレルビーであっても、スペルト小麦では症状を来さないという自験例もみられる。

 

http://yukari-akiyama.com/life/allergy/1697

秋山ゆかり公式サイト


私のところでも、洪水による避難勧告がでた。

実際に川に行ってみた。

町内放送で、「川には近づかないように」と警告があったが、

どうしても、確認したかったのである。

川は、勢いよく流れ、落ちたらすぐに海へ運ばれる。

私のようにいうことを聞かない人が、最も危ない。

川を見て、さすがに危ないと思い始めた。

しかし、避難勧告が出たが、避難所に行くには遠すぎる。。。


そこで、家に帰り、雨雲レーダーと川の水位の経過を追うことにした。

川の水位は、数か所の観測所なかで1か所だけで、氾濫水位を超えていたが、

他の個所では、水位は平行線であった。

そして、それらは徐々に低下していった。

雨雲レーダーの予想と同じように雨が降ることを確認し、

その動きから、川は溢れないと判断した。

そして、その後、川の水位は、避難水位を下回った。

その後も、雨雲レーダーを見ている。

https://weather.yahoo.co.jp/weather/zoomradar/



この、レーダーと、それまでの降水量と、川の水位の数値を数式化すれば、

川の氾濫のリスクが数値化出来ると思われる。

これまでのデータをAIを使って、分析して欲しい。


私が今日の早朝に予想したように、

死者が数十人になってしまったことは、非常に残念である。

ご冥福をお祈りいたします。

絶対に、今回のようなことが起こらないように、

今後、予防できる科学的解決方法を見出すべきである。


・・・・・・・・・・・


2018年7月7日

本日、横浜の病院の殺人事件の犯人が判明した。

やはり、病院の看護師であった。



宇野コラム
2016年09月30日

(更新6)ミステリー:点滴殺人の謎

http://blog.livedoor.jp/yoshiharu333/archives/48519198.html


 ・・・・・・・・・・・・・

2018年7月7日


今日も午前中バイトでした。

5555図1
古い家なので、雨漏りのため、

窓枠の上の板が折れ曲がり、水が滴っています。

全てにお金がかかります。

文句言わず、働きます。



西日本大豪雨:Heinrich's lawでは死亡危険数十人

 

ハインリッヒの法則では、1件の重大事故が発生すれば、29件の軽微な事故があり、300件のヒヤリハットがある。

すでに、3人の死亡が確認されており、今回の西日本大豪雨では、数十人の死亡が懸念される。

自治体からの自衛隊要請に答えるのではなく、
政府は、現状から被害を想定し、早急な対策をすべきである。
気象庁と自衛隊の連携は?


夏風邪をひき、峠は越えたが、咳が残った。

その咳は、突然に連続する。

我慢しようとすると、「うっ」と、嘔吐のような反応が起こる。

胃カメラをする前に、被験者に、

「検査中は、ツバを飲まないでくださいね。むせるので。。。」

と、説明している。

しかし、胃カメラ中に急に咳をしたくなった。

そのため、私自身、「うっ」と、嘔吐のようになり、

それでも我慢できず、咳が連続した。

被験者は目をパチクリしている。

「す、す、みません。私のほうがムセました。」

と言う。


昨日から、関西では雨が激しくなり、

昨日の姫路のバイト中に、姫路に洪水警報が出たため、そそくさと帰る。

我が家は、大きな川のそばなので、

昨夜は、洪水が気になり、ネットとテレビをみながら、

そして、外へ出て、洪水に備えたが、大丈夫だった。

今日は、神戸へのバイトであるが、さずがに中止だろうと思いながら、

駅へ行くと電車が動いていたので、神戸へ向かう。

バイトの施設も開いていた。

胃カメラ検査は10人予定であったが、

キャンセルは1人だけで、9人行って家へ帰る。


東へ、西へ、バイトは忙しい。


ところで、

色々な施設で、多くの医師の胃カメラの撮影した画像をみているうちに、

あることに気がつく。

関西の医師は、食道の画像の後は、すぐに十二指腸になる。

その間の画像がない。その間は、数十秒から1分。

この撮影方法でいいのであれば、その数十秒から1分を数秒に短縮すれば、時短が得られる。

そして、胃に空気を入れずに十二指腸まで行けば、

スコープの撓み(たわみ)も少ないので患者は楽である。

さらに、通常は、前庭部から、空気で胃全体を膨らまして、

胃体部から噴門部まで、引き抜きで観察するが、

そうではなく、

空気をあまり入れないまま、Uターンで体上部まで引き上げ、胃液を吸引した後に、

穹窿部で空気を入れ、撮影開始する。

穹窿部撮影後は、胃全体を膨らませて、胃体小彎を中心に前後壁を撮影し、胃角まで行く。

その後、さらに送気をして、大わんの皺を十分に引き伸ばして撮影する。

この撮影方法では約3分で終了する。

ということで、

関西式変法を行っている。








 

宇野

 1111

「みなさーん、こんんちわ―、ウノコ、どえーす!」

2006年、ある市のお祭りで、某病院の出し物として、パラパラを踊るウノコはデビューした。
ウノコは病院の忘年会、歓迎会で引っ張りだこであった。
ウノコとは、化粧をしてスカート姿の私であった。

その後、その病院のサイトでウノコのコラムが始まった。

それは、ウノコのコラムのため、「宇野コラム」と命名された。
主に、面白い話、はんかくさい(方言)話、時々真面目な話を連載した。

その後、勤務先が変わっても「宇野コラム」は継続した。

沖縄に行ってから、勤務先の病院のサイトではなく、自分自身でOffice Uno Colmnを立ち上げ、
「宇野コラム」を再開した。
そして、それから5年が過ぎた。その間、兵庫に移住した。

5年前までの宇野コラムは、研修医集め、患者集めの要素があったが、

この宇野コラムは、実際に会うことのできない患者さんへのメッセージの発信を目的にスタートした。その後、医療をとりまく問題、自分が経験したこと、あるいは社会問題、あるいは地震、近況などについても発信してきた。(画家への転職を試みたが、絵は1枚も売れなかった)
そして、現在のメインテーマは、低FODMAP食、IBSとピロリ菌になった。

宇野コラムの記事を書くために考え、勉強したことが、次第に本や論文の形になっていった。一時期、1人になったが、いつの間にか母を入れて5人家族になった。5年前に、屈託のない笑顔のウノコは自分から去り、常に、苦悩しているが、今後も継続してゆく予定である。

 2222図1

(記念に、自分でケーキを買った。高FODMAPである。)

3333図1
(ショコラのネネから、ノンのケーキをもらった。低FODMAP食認定食品です。)


昨日、頂いたコメントを紹介する。

 

初めまして、こちらからの投稿は正しくないかもしれませんがお許しください。
一年ほど前に低フォドマップ食の本をアマゾンで購入しました。
娘が留学先でお腹の調子がおかしくなり本当に困っていたのです、自分でももしかして過敏性腸症候群では?と行き着いたもののどうしていいものか分からず仕舞いだったようです。
今は食べ物を理解し選別し食べていますので、劇的に変わりガスのストレスもなくなり喜んでいます。
本当に出会えて良かったです、ありがとうございました。

現在出回っている加工品の甘味料には最善の注意が必要だということも身を以て感じています。
私たちの身体が敏感なのか?良く分からないことも多いですが・・・合わないものは避けることにしています。
合わない甘味料除去で体もすっきりむくみがなくなりました。この事も合わせてありがとうございました。
ブログ楽しみにしています・・
先生のご活躍も楽しみにしています。
お礼を言いたく投稿致しました。

・・・・・・・・

ありがとうございます。

https://www.youtube.com/watch?v=xGy3_BAnpEI&list=RDxGy3_BAnpEI

花になれ

A new study by Glenn Gibson in the UK

 
著:Yoshiharu Uno

これまで、宇野コラムでは、腸内で発酵する食品は、腸内でガスを過剰産生するため、便通異常の人では控えるべきとして、腸内で発酵しない低FODMAP食を日本に広めるべく努力してきた。

そして、日本での発酵食品ブームに警鐘を鳴らしてきた。

日本では、発酵食品は、

「便秘や下痢は腸の善玉菌が不足し、悪玉菌が増えているため、善玉菌を増やす発酵性食品を摂取すると便通を整えることができる」

といわれるが、そのような話は、ひと昔前の検査方法である菌培養法での概念の「善玉菌・悪玉菌」による都市伝説であり、現在では、腸内フローラ(腸内細菌叢)の偏りによる不利益は悪影響を及ぼす可能性があるので、その種類の豊かさが必要であるという概念には正当性があるが、腸内発酵を促進することによって、便通が改善するという科学的なエビデンスはない。(一部の体験者の話や数人の非ダブルブラインド結果は科学的エビデンスではない)しかし、そのような食品が便通に良いという情報は日常的に日本国民を洗脳している。さらに、腸内発酵を促す製品も、この洗脳に乗じて販売が展開されている。

腸内細菌叢を豊かにすることは理論的に正しいが、そのために発酵してガスが増加してしまうのであれば、元も子もない。

そのため、発酵せずに腸内細菌叢を豊かにする食品(製品)の開発が望まれていた。しかし、それが、果たして有効なのか?科学的エビデンスが必要になる。

 

201874.

米国消化器病学会の機関紙であるGastroenterologyに先行掲載された論文が先行公開された。

 

Effects of Prebiotics vs a Diet Low in Fodmaps in Patients with Functional Gut Disorder.

Gastroenterology. 2018 Jun 28. pii: S0016-5085(18)34687-0. doi: 10.1053/j.gastro.2018.06.045. [Epub ahead of print]

 

著者国籍はスペイン9人、英国1人である。その英国人こそ、プレバイオティクスの提唱者のGlenn Gibsonであった。

彼については、YouTubeの「低FODMAP食:概論」で紹介している。

https://www.youtube.com/watch?v=6kI1tJ7QT2U

一方、低FODMAP食の推進者はオーストラリアのPeter Gibsonである。

 yyy図1



今回のG.Gibsonの論文の抄録の最初に以下のように記されている文章は以下である。

 

Prebiotics and diets low in fermentable residues (low-FODMAP diet) might reduce symptoms in patients with functional gastrointestinal disorders, despite reports that some non-absorbable, fermentable meal products (prebiotics) provide substrates for colonic bacteria and thereby increase gas production.

非吸収性の発酵性食事製品(プレバイオティクス)が結腸バクテリアの基質を提供し、それによってガス生産を増加させるという報告にもかかわらず、発酵性残留物が少ないプレバイオティクスおよび食事(低FODMAP食)は、機能性胃腸障害患者の症状を軽減する可能性がある。

・・・・・・・・・

つまり、非吸収性の発酵性食品はガスを産生するので、便通障害には悪い影響を与えるのはわかっているが、では、発酵性物質を少なくしたプレバイオティクス(腸内細菌叢を増やす食品・製品)は低FODMAP食のように腸管機能を改善できるか?という意味である。

 

では、論文内容のエッセンスは以下である。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ガス関連症状を訴える患者は、発酵性残留物が少ない様々な種類の食事(低FODMAP食)によって有意に改善することが示されている。しかし、他の研究では、結腸バクテリアの基質となるいくつかの非吸収性発酵性食事製品(プレバイオティクス)が、ガス関連症状に対して同様の効果をもたらすことが示唆されている。これらの不一致に対処するために、我々は、鼓腸症状を訴えた機能性腸疾患患者におけるパラレル二重盲検試験を行った。使用したプレバイオティクスのサプリメントはBimuno(2.8 g per day Bimuno containing 1.37 g B-GOS, Clasado Biosciences, Jersey, Channel Islands)であった。このサプリ、と低FODMAP食が比較研究された。糞便分析はメタゲノム解析(従来の培養法はごく一部の菌しか検出できないため、遺伝子分析:16sによって、菌の種類を同定する方法)が行われた。低FODMAP食ではBilophila wadsworthiaが増加し、Bifidobacteriumの豊かさは非発酵性プレバイオティクスで増加した。

非発酵性プレバイオティクスと低FODMAP食は、共に鼓腸の症状、および放屁(おなら)の回数を減少させた。プレバイオティクスに含まれるB-GOSは投与初期にガスが一時的に増加したが連用によって腸内ガスが低下した。プレバイオティクス摂取した患者はプレバイオティクス補給を中止してから2週間症状の低下が持続したが、低FODMAP食の患者は低FODMAP食を中止した直後に症状が再発した。 したがって、断続的なプレバイオティック投与は、機能的な消化器症状を有する患者の食事制限の代替物となり得る。

・・・・・・・・・・・・・・・

この研究は、研究で使用された製品のプレバイオティクス会社からの助成金を受けたものであるから色眼鏡で見てしまうが、最初に低FODMAP食の有用性を認めていることに注目すべきである。

日本では、何らかの菌にしがみついて、プレバイオティクスが与えられた「ガス産生」という問題をクリア出来ないでいるが、世界のプレバイオティクスの最高権威であるGlenn Gibsonは、彼の理論に相反する低FODMAP食の有用性を認めただけでなく、すでに、「ガス産生を抑制する」プレバイオティクスの研究を推進しているということに我々は学ぶである。

つまり、自分たちのこれまでの研究の過ちを速やかに認め、では、どうすべきか?を真剣に考え、これまでの経験を基にさらに進化することが必要であろう。

なお、Bimunoという商品名に「uno」が入っているので、推奨しようか?とも考えたが、
そのコマーシャルにいて、未だに「good bacteria」という言葉が使用されているので、躊躇せざる負えない。人々にはわかりやすかもしれないが、「Enrich intestinal flora」で統一すべきであろう。
.................
4th July, 2018
Yoshiharu Uno, MD, PhD

To the authors:

This research has many problems.

1. In this study, the increase in gas was evaluated. But did it accurately assess the amount of gas objectively?

2. Even if the amount of gas increases, there are cases where symptoms do not occur. For example, abdominal pain depends on fluctuations in the pain threshold of intestinal hypersensitivity. Pain threshold is affected by increased intestinal motility. The prebiotic reaction (fermentation) may lead to an increase in SCFA and a decrease in pH. These changes may potentiate intestinal hypersensitivity.

From the above, the authors should clarify the following.

1.   What is the functional bowel disorder targeted by this study falling under the diagnostic criteria of Rome IV?

2. Objectively measure the increase in gas volume. Then, the relationship between the measured value and the symptom is clarified.

3.Measure the pH and short chain fatty acids in the intestinal tract and investigate the relationship between them and their symptoms.
4.Is the reduced gas hydrogen? Is it methane? If it is methane, has methane-producing bacteria decreased?


 手足口病は、2015年、2017年と奇数年に流行しており、

2018年は流行しない見込みである。

しかし、ヘルパンギーナHelpanginaは、それとは逆に偶数年で多いようである。

2018年は、今月から流行する可能性がある。

ひどい喉の痛みのある風邪症状に要注意。


↑このページのトップヘ