2010年08月03日

新規、ネット受注♪群馬県。バイクショップ様。ハーレー、インナーチューブの再メッキ完成致しました。


お疲れ様です。


福岡県の天気は晴れ。
暑さに慣れてきたのか?汗をかく爽快さに酔いしている私です。
お陰さまで夜に頂くビールが上手いです。


●ネット受注♪群馬県。ハーレー、インナーチューブの再メッキ
完成致しました。メッキ後の仕上がり寸法φ38,95。
メッキ肉盛りは片肉0,2mmが1本。もう一本は曲がりがありま
したので曲がり修整後、再メッキに移る。曲がりがある分は
メッキ肉盛り0,3mm。
ハーレー、インナーチューブの再メッキ<br>
完成致しました。
ハーレー、インナーチューブの再メッキ<br>
完成致しました。











本日は当社をご利用下さいまして有難う御座いました。
またのご利用お待ちしております。


ブログランキングに参加中です。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村 企業ブログへ 
yoshikawa_hard at 23:55│Comments(0)TrackBack(0)仕事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ネット受注実績
秋田県のお客様より
油圧シリンダーロッドの再生ではなく製作をさせて頂きました







油圧シリンダーロッドの再生では
なく製作をさせて頂きました

熊本県の企業様より
プレート表面へ硬質クロームメッキを30μ施し鏡面仕上げをさせて頂きました。









プレート表面へ硬質クロームメッキを30μ施し鏡面仕上げをさせて頂きました。

和歌山県のお客様より
CBR400Fのクランクシャフトをラッピング仕上げさせて頂きました。 








CBR400Fのクランクシャフトを
ラッピング仕上げさせて頂きました。 

茨城県のお客様より
油圧シリンダーロッドの再生メッキをさせて頂きました








油圧シリンダーロッドの再生メッキ
をさせて頂きました。

神奈川県のお客様より
v8用4気筒クランクシャフトのピン4ヶ所へハードクロームメッキを0,4mm施しФ56,60〜56,61mmに仕上げさせて頂きました












v8用4気筒クランクシャフトのピン
4ヶ所へハードクロームメッキを
0,4mm施しФ56,60〜56,61mmに
仕上げさせて頂きました

宮城県のお客様より
虫食い錆で痛んだエアーシリンダーを肉盛り再生ではなく切替え製作をさせて頂きました










虫食い錆で痛んだエアーシリンダー
を肉盛り再生ではなく切替え製作を
させて頂きました

埼玉県のお客様より
ブレーキキャリパーピストンの外形をハードクロームめっきで 再生させて頂きました









ブレーキキャリパーピストンの
外形をハードクロームメッキで
再生させて頂きました

鹿児島県のお客様より
材質;SUS304 腐食したポーラスクロームメッキ表面を再生にてポーラスクロームメッキ表面にする。








材質;SUS304 
腐食したポーラスクロームメッキ
表面を再生にてポーラス
クロームメッキ表面にさせて頂きました。

岐阜県のお客様より。
建設機械部品。腐食したブレーカーピストンの機能部位にハードクロームメッキにて肉盛り修整を行いました









建設機械部品。腐食したブレー
カーピストンの機能部位に
ハードクロームメッキにて
肉盛り修整を行いました。

熊本県のお客様より
メッキ後












樹脂金型。樹脂通路内となる
表面へ流動性の向上及びこびり
付き防止に硬質クロームめっき
を施す。

鹿児島県のお客様より
シャフト5本。ディスク3点の磨耗部位を硬質クロームメッキで肉盛り規定寸法に仕上げる












磨耗部位を硬質クロームメッキで
肉盛り規定寸法に仕上げる。

静岡県のお客様より
全箇所をラップ仕上げみした









クボタトラクターのクランクシャフ
ト。磨耗していたピン1ヶ所と
ジャーナル6ヶ所を肉盛り修復し
スタンダードにしました。

福岡県のお客様より
クランクシャフトのスラスト部位を硬質クロームメッキで肉盛り修復施工










レース用、自動車(日産)L型エン
ジンのクランクシャフト、スラスト
部位の肉盛り修復をさせて頂きま
した。

山梨県のお客様より
CB400 クランクシャフトのピンを<br>
1ヶ所を肉盛り再生をさせて頂き<br>
ました。









CB400 クランクシャフトのピンを
1ヶ所を肉盛り再生をさせて頂き
ました。

東京都のお客様より
ホンダCBX650カスタム インナー<br>
チューブの再メッキをさせて<br>
頂きました。









ホンダCBX650カスタム インナー
チューブの再メッキをさせて
頂きました。

東京都のお客様より
YAMAHA GT50 フロントフォーク・インナーチューブの再メッキ









YAMAHA GT50 インナーチュー
ブの再メッキをさせて頂きました。

佐賀県のお客様より。
再生後









油圧ピストン&シリンダーを硬質
クロームメッキにて肉盛り修復を
させて頂きました。

三重県のお客様より
再生後









油圧ジャッキロッドの再生メッキ。

熊本県のお客様より。
駆動用チャック軸(φ140×1377)の表面を鏡面研磨機にて研磨加工を行なう。









駆動用チャック軸の表面を鏡面
研磨機にて研磨加工を行いました。

鹿児島県のお客様より。
スタンダード仕上後は、ラップ(鏡面)仕上げを行なっています









船舶用 内燃機部品。
クランクシャフトの磨耗ヶ所
(ジャーナル及びピンの計9ヶ所)を
硬質クロームメッキにて1mm以上
肉盛りを行いスタンダード仕上にしました。

三重県のお客様より。
φ290シャフト&スリーブのオイルシール面へ硬質クローム<br>
メッキを施す









φ290シャフト&スリーブのオイル
シール面へ硬質クロームメッキを
施しました。

山口県のお客様より。
クランクシャフトのピンを硬質クロームメッキにて2㎜以上の肉盛りを行なう









硬質クロームメッキにて肉盛りの
みさせて頂きました。

福岡県のお客様より。
フロントフォーク・インナーチューブの再メッキ施工。車種、NSR250R。









バイク部品、車種、NSR250R。
フロントフォーク・インナーチューブ
の再メッキ施工をさせて頂きました。

神奈川県のお客様より。
シリンダー内面に硬質クロームめっきを50μ以上施す









素材SUS303のシリンダー内面に
硬質クロームめっきを50μ以上施
しました。

千葉県のお客様。
船のチルトシリンダーシャフトの再メッキ施工をさせて頂きました。再メッキ後の寸法は現寸戻しとしています。









船のチルトシリンダーシャフトの再メッキ施工をさせて
頂きました。

愛知県のお客様より
インナーチューブの再メッキ処理をさせて頂きました。









ホンダ専門バイクショップ様より
SL350インナーチューブの再メッ
キ処理をさせて頂きました。

大分県のお客様より
ペイントローラーの表面に硬質クロームめっきを片肉20μ施し鏡面研磨を行なう









ペイントローラーの表面に硬質クロ
ームめっきを片肉20μ施し鏡面研
磨をさせて頂きました。

岩手県のお客様より
精密機械部品の側面に硬質クロームメッキを50ミクロン(0,05mm)以上施しました









精密機械部品の側面に硬質クロー
ムメッキを50ミクロン以上
施しました。

福岡県のお客様。
スクリューローターへの肉盛<br>
り再生メッキ施工をさせて<br>
頂きました









スクリューローターへの肉盛
り再生メッキ施工をさせて
頂きました。

愛媛県のお客様より。
混錬用スクリューシャフトの<br>
羽根外周部へハードクローム<br>
メッキを厚みで0,2以上施し<br>
羽布研摩を行いました









混錬用スクリューシャフトの
羽根外周部へハードクローム
メッキを厚みで0,2以上施し
羽布研摩を行いました。

京都府のお客様より
樹脂金型・押し出し機ヘッドの内面に硬質クロームめっきを施し鏡面フェルト仕上げをする。









樹脂金型・押し出し機ヘッド
の内面に硬質クロームめっき
を施し鏡面フェルト仕上げを
しました。
ポーラスクロームメッキとは
ポーラスクロームメッキとは、あらかじめ 表面を機械的に加工を施してクロムめっきをするか、 又はハードクロームメッキ後その表面を 電解エッチングによって多孔性とし油の 保持性を与えるハードクロムメッキのこと。 ポーラスクロームメッキの特性。 微細な割れが均一に分布されており 潤滑油の保持性を高める為、 致命的な焼き付きの問題が解消できる。
硬質クロームメッキとは
硬質クロームメッキを施した表面硬度は、Hv800〜Hv1000の硬さが得られます。また硬質クロームメッキを施す事により、耐摩耗性・耐熱性・耐食性等々の性質を付加するだけでなく、部品そのものの寿命を長く保つ事が出来ます。従って次の修理までのサイクルが長くなり機械の生産性を高めます。




クロームメッキを剥ぐ方法!!
メッキ部品を再加工する場合、旧メッキ層をはがす必要があります。
クロームメッキの剥がしは、素材の材質によって適当な方法があり
ます、一般的に3つの方法を用います。



化学的な方法!!
塩酸5〜10%水溶液で(ステンレス、鉄)処理します小物で液量に比してメッキ面積の大きい場合、品物を重ねて入れるとクロムの溶解で発熱し局部的に液温が上昇
し、素材を腐食するので注意する必要があります。



電気化学的方法!!
クロム酸水溶液又はメッキ浴中で電解します。なお素材がアルミニウムの場合は、水酸化ナトリウム水溶液で電解します。



機械加工による方法!!
研磨機によってメッキはがしをします。ロール、ピストンロッドなどを良く用います、この方法は素材は何でも良いし、はがし後の精度、寸法を自由にできる利点があります。

Archives
Profile