2012年08月

2012/08/10 葉山柴崎 福栄丸 カツオ・キメジ

また、負けてしまった、カツオとの戦いに。金曜日に相模湾カツオに行ったが、カツオは坊主でした。

「また、負けた」と書いたのは、去年の駿河湾でのカツオ釣りの惨敗のことを前提に書いています。太いハリスに圧倒されハリスを1本も結ぶことができず釣具屋のニーチャンに仕掛けを作ってもらい、せっかく買ったカツオ用竿やPEラインの細さ(6号)を常連のオヤジにバカにされ、そして竿もカツオに折られ、何本かけてもバラしばかりでようやく1匹釣って持ち帰ったあの経験。

あのときの屈辱をバネにして、今年は準備をしてきました。竿とリールはゴツいのを新調。ハリスだって30号までは結べるようになった。毎日、毎日、指先が痛くなるのを我慢しながら練習したんです。

そう言った準備をしたうえで臨んだ、2012年カツオ釣りの第一戦。なぜか駿河湾ではなく相模湾でのリベンジだったが、ともかく今回はバラしてばかりで坊主というよりも、カツオはなぜか俺の餌をなかなか食ってくれませんでした。6時過ぎの出港から13時半の沖上がりまでの間、何度か盛り上がる時間帯はあった。もりあがりは結構長く、1時間以上は続いていた。その間、他の船では何度もカツオが取り込まれる瞬間を見た。

が、俺は一匹のカツオも釣ることができなかった。アタリやカツオの餌取りなら毎回のようにあった。本アタリにつながったのも何回もあった。だけどダメ。1回はちゃんとかかって水面まで魚を上げてきたが、取り込み時にオマツリしており、船長が強引に引っ張るもんだからカツオはさようなら。泣きたくなった。その他、ハリスの結び目からすっぽ抜けたことも1回あり。

オキアミの状態が悪かったこと、コマセのまき方がいまいちだったこと、そもそも船長の指示棚が他の船と違っていたこと、などなど釣れなかった理由はいろいろあるだろうが、結局のところは俺の未熟さだろうな。隣にいた常連さんはカツオを4匹、それもプリプリのヤツを釣ってたからね。

カツオは坊主でしたが、一応キメジは釣れました。6kgと4.5kg。6kgの太さはなかなかマグロっぽくてしびれます。
CIMG1411


6kgは船中1匹目で釣れた。針がかりした瞬間に道糸を10~20mくらい出して疾走。両手で引っ張ってやっとくらいのドラグ設定なのにです。4.5kgのキメジやバラしたカツオではドラグは出なかったが、やはり6kgのキメジのパワーはその他のヤツとは比較にならなかった。

でもね、俺がほしかったのはお前じゃないんだよ、カツオなんだよ。カツオにリベンジしたかったんだよ。キメジの引きは重く強かったが、カツオの引きは速い。その速さと対決したかったんだよ。まぁ、キメジの引きも物凄かったですけどね。やり取りの最中に呼吸が苦しくなり、竿を持ったまま呼吸を整えて何回か小休止をいれたし、釣り上げたあとは腰が猛烈に疲れたけど。

という訳で、相模湾カツオは要リベンジ。

以下、覚え書きメモ。

・福栄丸はマダイ釣りの船宿を探しているときに見つけて知っていたが、夏から秋にかけてはカツオでも出船ですか。
なんか、色々な意味で緩くてのんびりした船宿と常連さんです。

・当日のポイントは相模湾のどこか。実は相模湾の船に乗るのは初めてなので、どこでやっていたのかはさっぱりわからず。雰囲気としては、朝一で南下し、その後西側に移動した模様。最後のポイントは伊豆半島が見えた場所で、葉山までの帰港に1時間かかりました。

・6kgのキメジは16号3mハリスにヒラマサ針14号、4.5kgのキメジは14号ハリスで釣りました。何となく食いが渋い時間帯があったので、ハリスを14号にしたら4.5kgが食ってきた。細いハリスの効果はあるのか?

・付け餌に関しては要検討。船長はコマセからひろってというが、細いオキアミだし夏場はすぐにグズグズになるし。かと言って、特船オキアミはイマイチ信用できないし。

・新しいタックルは、特にリールが◎。なんと表現して良いのかわからないが、抜群の強度とパワーで魚を巻き上げてくれる。
P8100140


・次回はカツオのお土産を確保したら、一発大物キメジ狙いで太いハリスでやってみたい気もするね。

・自宅から港まで約1時間で到着した。この近さでこの熱い釣りが繰り広げられているとは、今まで知りませんでした。相模湾カツオ釣りは駿河湾のカツオ釣りとは少し違うようだが、俺は意外と気に入ったな。食い気が無いとき、良い群れがいないときには釣れないことを覚悟のうえで、のんびり釣れるし。船長も怒鳴らないしね。「ほら~、さっさとヤレ~」とか(笑)まぁ、そういう駿河湾の釣りも嫌いじゃないが。
P8100148

ランキング用ボタンをクリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

2012/08/04 富津 鹿島丸 タチウオ

土曜日に富津の鹿島丸からタチウオに行ってきた。

せっかく竿とリールを買ったんだから、実は駿河湾カツオか外房カモシ釣りに行きたかった。が、駿河湾カツオはまだ始まっておらず、外房は天気予報でもの凄いウネリの予報が出ていたので断念。

東京湾イナダかタチウオか迷ったが、前回のリベンジの意味も込めてタチウオにした。イナダは釣りたい(食べたい)んだが、まぁ俺はマダイ釣りに行く機会も多いので、秋までには外道としてでも釣れる(食べられる)でしょと判断。

当日の釣果は指3~3.5本の兄弟のようなタチウオが8匹。20匹くらい釣りたかったのだが、まぁこんなところか。
CIMG1385


当日は朝5時集合、6時前に出船。富津港から一番に出港したのが鹿島丸のタチウオ船じゃないかな。当日のポイントは、ずっと第二?海堡の周り。富津から出船した船が一番乗りでポイントに到着して釣りはじめられたが、朝は結構渋かった。

当日の天気は色々あってちょっと過酷だった。朝は北風と波がそれなりにあり、多少涼しさを感じるくらい。身体が冷えて、ちょっとお腹が痛くなりました(苦笑)。その後は本格的な雨が数回降ったりしたが、徐々に落ち着いて晴れてきた。
P8040130

付け餌はコノシロの切り身。脂ノリノリです。コノシロを釣って食ってみたいなぁ。
P8040129

いつものタチウオ船団。
P8040133

シーズン開幕からしばらく経過しているせいか、結構空いている船も見られる。鹿島丸も11人だったし、その他、数人しか乗っていない船もあり。ルアー船やいつもの激混みの船(忠彦や川崎丸、浦安のどこか、など)もいるけどね。

タチウオの釣れ方のパターンとしては、

朝イチ~7:30くらい: ほとんどアタリなし
7:30~8:30くらい: 大きく早い誘いで食ってきた
8:30~9:30くらい: ふわふわとした誘いで食ってきた
その後: 特に何も無し・・・(泣)

特に何も無しの時間帯が特にキツかった。沖上がりは12時半過ぎだったが、そんなに粘ってくれなくてもなぁ、という感じ。

ただし、その時間帯でも隣の人は置き竿か!というくらいのゆっくりした誘いで食わせていたので、要するに粘れば釣れたのかもね。ただ、俺にはその粘りはなかった。「ライトタチウオ」と言っても、潮が早いなかで50号のオモリをぶら下げた6:4のライトタックルの竿をしゃくるのは、結構疲れました。タチウオ釣りは面白いんだが、時期や一日の中での釣れ方にムラがあるのがちょっとな・・・。

鹿島丸には初めて乗りましたが、なかなか熱心な船長さん(若船長?)ですね。釣れていない人に繰り返しアドバイスしたり、竿を貸したり。また、取り込みの手順や作法みたいなものができていない人には都度指導をしていた。普通にできる人には何も言わないので、気楽に過ごせます。

釣ったタチウオは塩焼き、刺身、フライ、押し寿司、潮汁、ピチット干物にした。塩焼きは旨いが、やはりフライが最高ですね。身はふわふわだし、骨せんべいはパリパリで旨い。
CIMG1404


押し寿司は、まるかつさんのレシピを参考にして手まり寿司を作り始めたが、途中で手間を考えて方向転換しました。
CIMG1393

炙ってみたりもした。
CIMG1394


が、できあがった手まり寿司と押し寿司を食べ比べると、手まり寿司の方が明らかに旨い。押し寿司だと、タチウオのふんわり感が損なわれてしまうのかな。次回は覚えておこう。

ランキング用ボタンをクリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ