2013年04月

2013/04/28 片貝 洋一丸 イサキ/ハナダイ

1か月ぶりくらいで釣りに行ってきた。年度末の忙しさが収まったあとは、我が家の引っ越しがあり、その後片付けや風邪で体調不良などもあったが、ようやく落ち着いてきた。

新居への引っ越しなので妻と私の両親を呼んでパーティーでもしましょう、とのことでオカズになりそうな魚を釣りに行った(つもりだった・・・)。宴会用の魚なので、色々種類な混じりそうな釣りものをいろいろ検討してみた。私は普段こういう五目釣りはあまりやらないが、汐留の漁労長さんのBlogに釣られてこの船宿を選んでみた。なんと、イサキとハナダイのリレーという美味しそうなリレー(と思っていた)。

DSC_0748

当然、俺がこの船に乗るのは初めてだが、なんか変わったつくりの船ですね。結構デカいんだが、床が金属でできていたり。

出港して、操縦席の後ろにある高いデッキでゴロゴロして、「さすが九十九里だ、海がすげぇ広い」とか思っていると、操縦席から大船長が出てきて何かを指差した。

お?なんだ、あの赤い物体は?と一瞬真剣に悩んだが、日の出だったんですね(当日の出船は4:30)。

DSC_0752

DSC_0753

快晴の空にとてもキレイに見えました。大船長は「毎日海に出ていても、水平線からこんなきれいに日の出が見えるのは滅多にないことです」とか言っていた。爺さんになってもこういう「もののあわれ」に心を動かされるのは良い生き方だよね・・・。

ここまでは良かったんだ、今日は。しかし、ポイントに着くと海の神様(または海中にいるバルタン)は俺達に冷たかった。

まず、イサキ。大東沖というそのポイントは風とうねりがあって、ちょっと釣りにくかった。しかも、この日は片側8人という大盛況。手前マツリするか、隣とおまつりするかで、とても釣りにくかった。

そして、イサキの反応は皆無。時々アタって上がってくるのはウマヅラのみ。最初のウマヅラはリリースしたが、その後の3匹はキープした。今日はこれを逃したらお土産が少なくなるだろう、と思ったから。実際には、「これを逃したらお土産は無くなる」が正しい表現だということは、あとで分かるんだが・・・(苦笑)。

5:30~7:30までやってイサキは終了。終了を告げる船長の声の「ダメだ、こりゃ」というトーンが印象的。イサキは船中16人で2、3匹は釣れたようだ・・・。

そして、移動してハナダイ五目に変更。船長はやけに「五目」を強調していたが、それはもしかしたらアジも準本命ですよ、という意味だったのかも知れない。前日はアジが結構つれていたようだし、ここのアジは40cmとかの大アジらしいんで、それはそれでOKなんだが。

んで、釣り始めました。一投目で手のひらサイズのハナダイが釣れて安堵したものの、その後が続かない。船長は探索を繰り返してくれるが、それでも釣れない。当然アジも釣れない。

俺の隣の常連さんは絶妙なシャクリと食わせる間の演出で3匹ぐらい釣ったが、それがおれのいた左舷でのほぼ全ての釣果だったような。とにかくシャクっても、置き竿にしても何をしても食わなかった。置き竿にしてると隣とすぐに祭るんで、そんなにゆったりもできなかったのがさらに辛かった。

そして11:30までやって無念の沖あがり。アジは多分船中ゼロ。俺の手のひらサイズのハナダイは逃がしてやった。なんだかマダイの稚魚を虐待してるみたいで、これは食えんと思った。

DSC_0755


雄大な九十九里の海と空に囲まれて、太陽の光を浴びて昼寝しながらの帰港は気持ちよかったです。帰港後は激しく意気消沈していたんで、サービスのラーメンも辞退した。が、大船長がどうしても食べてってください、お土産もあるんで、というのであんまり意固地になるのもアレなんで素直にごちそうになってきた。

DSC_0756

シンプルなラーメンなんだが、結構旨かったです。そして、お土産のイワシの丸干しをもらって帰宅。


とにかく親切な宿です。常連さんも感じが良い人が多く、釣れなくても楽しい雰囲気を出そうとして盛り上げてくれる姿勢が感じられた。何も悪くないんだよ、この日は。悪くない、釣れなかったこと以外は・・・。釣りっていうのは、本当に難しい遊びだよね・・・。


帰宅後、ウマヅラは一瞬でさばき終わった。明日のパーティーでは、から揚げにでもしましょうか。お土産にいただいたイワシの丸干しも焼こうか。親はもしかしたら喜ぶかもな。ふぅ・・・。


追伸
帰宅時には前日(4/27)に開通したという、圏央道を通って帰ってきた。この道路、片側一車線だし、パーキングが1つもないんだよね。運転中に眠くなっても寝る場所がない、というのは困る。低コストで作ったための仕様なんだろうが、かなりイマイチ。


ランキング用ボタンをクリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村


2013/03/30 南房 伊戸 海老丸 イワシ泳がせ

日曜日に海老丸のイワシ泳がせに行ってきた。

前回海老丸に乗ったときには、それが俺にとっての今年最後のイワシ泳がせになるかと思って。が、何とか間にあってもう1回乗ることができた。とにかく、今年はじめて知った海老丸のイワシ泳がせという楽しい釣りを、1回でも多く経験したかったんです。

結果は本命のマハタはボウズで船中3人でゼロ。外道はヒラメ(2kg)とカンコ2匹(2kgとチビ)とマトウダイ(チビ)が釣れた。
DSC_0719


事前の予想では1匹くらい釣れるんじゃないの?と思っていたが、やはりマハタは甘くはなかった。浅場のポイントを攻めているときに、来るぞ来るぞと思って構えていたが、特に何もなし。そして、最近なぜかよく釣れているというヒラメのモゾモゾとしたアタリがやけに目立った。アタリがあってもマハタを想定して早合わせしてしまうんだが、ヒラメのアタリだと針がかりしないんだよね。

すごく余談だが、海老丸の常連さんの間では船長が常連さんを狙い撃ちして、釣らせないように船を流しているという説があるそうだ(笑)船の前から順番に釣れてきて、大ドモの常連さんが「よし、次は俺の番だ」とか喜んで待っていると、船が不自然に曲がっていくとか。ははは。

まぁ、勿論ジョークですが、マハタのように根についていて個体数が少なそうな魚の場合、そういう操作は可能だろうね。船長はどこのポイントに何匹マハタがいるか、実はそれなりに把握してるんじゃないかな。いきなり良いポイントを全部流したら魚が釣りきられちゃうから、適当に根を保護しながら回ってるんじゃないかな、とちょっとだけ思ったりもした。

浅場の次はいつも通り沖に出て、カンコ狙いっぽい流しになった。船長に「ここはカンコ狙いですよね?」と言ったら、一応マハタも狙っているとのこと。しかし、潮の流れによってポイントの地形に対する船の流し方が変わるそうで、当日の潮の流れは不利なようだった。

最後に沖から岸よりに戻ってきた辺りで、俺のヒラメは釣れた。水深40m前後の浅場で、棚は底から3m切っていた。置き竿にしていると、ちょっと竿先が揺れたなと思ったらいきなり突っ込んだ。これこれ、これはマハタの食い方だろ!?と思ってリールを巻き、魚を底につかれないようにした。そして船長の「頑張れ!」という応援を背にリールを巻いてくると、途中でやけに引きがかるくなった。何か魚がふわふわと流されているような感じがした。え?と思って巻いてくると、それが釣れたヒラメだった。マハタだと思い込んでリールを巻いてきたから、ちょっとガッカリしたね。

しかし、このヒラメはなかなか良い魚だったんですよ。身が肉厚で幅広で、尾びれなんかウチワのようにでかくてね。と思って船長に同意を求めたら、

「いや、これはマズいヒラメだ。尾びれに黒い寄生虫がいないヤツは旨くない」

だってさ。本当に一言余計なことを言う人だ(笑)

そして12時に沖上がり。船宿に戻ってからのコーヒータイムではいつもの船長のおもしろ話があり。次はマダイでお世話になりたいが、イサキもデカイのが釣れるというので1回くらいは乗ってみようかな。

当日の朝には餌屋さんがきて、イワシを納品していた。
DSC_0711


イワシ泳がせの最終日になぜわざわざイワシを買うのか、ちょっとわからなかった。船のイケスには十分な量のイワシが泳いでいるというのに。その辺にここの船長の(意外な)律儀さ、筋を通す姿勢が見えていると思った。釣りをしているときも、意外なほど真正面からの鋭い指摘が飛んでくることもあるし。かと思えば、常連さんのことを「貧乏人」とか呼んだり、俺の釣ったカンコのお尻から漏れたタマゴにまぎれていた大量の寄○虫をみて、「それで新しい料理を考えたら?スパゲッティみたいな」とかアホなことを言ったり。よくわからないけど、自由な人ですね。

沖のポイントでは結構なウネリがあり、かなり船は揺れた。
DSC_0713

昼前に岸近く、平砂浦沖まで帰ってくると、空も明るくなりべた凪に。
DSC_0717


雨の予想に反してほとんど雨は降らず、それほど寒くもなく意外と快適な一日だった。やっと春が来たんだねぇ。

ランキング用ボタンをクリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

ギャラリー
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ