2013年05月

2013/05/18 大原 加幸丸 泳がせ

土曜日に大原に泳がせ釣りに行ってきた。「泳がせ釣り」とは船宿のHPの記載に従ったものですが、実際にはマハタが本命です。5月以降は「泳がせ」という名目でないとやれないとかなんとか、事情はありそうです。

当日の釣果はこれ。
DSC_0870

ヒラメ×1とキントキ×1で、本命は釣れず。ヒラメは1.8kgで、キントキは驚きの1.3kgオーバー。こんなでかいキントキは初めて見たよ。

ちなみ伊勢海老はイワシ餌に食いついてきた・・・ものではなく、漁協直売所で買いました。当然ものすごく高いが、妻が好きなので思い切って買ってみた。「伊勢海老って雰囲気を味わうようなもんだよね。刺身よりも火をとした方がうまいよね(苦笑)」みたいな斜に構えたトーンで食ったら、実は刺身はかなり旨かった(汗)

当日は4時すぎに出港。出港後すぐに、港の目の前でサビキで餌を釣った。船長が丹念に反応を探して投入指示を出す。それでサビキを下ろすとカタクチイワシが7本針にパーフェクトに。魚の移動が速いのか1投ずつしかできないが、この調子で50匹くらい釣るぞ、と思いきや、3、4回下したところでマハタポイントへの移動が通知された。

え?餌は足りるの?もっと釣って、カタクチイワシをお土産にしたいのだが、と思った。どうも船のイケスには餌はたくさんいたようで、別に釣らなくても足りていたようだ。


その後、30分くらいかけて沖のポイントに移動。先ほど釣ったイワシは一旦回収されたうえで中乗りさんから配給された。俺はイワシしか釣れなかったが、配給はイワシとアジが半々だった。どちらが釣れるかと聞くと、「そりゃもうイワシ」とのこと。イワシの方が柔らかくて魚も食いやすいのか?

1投目でヒラメが、2投目でキントキが釣れた。餌は両方ともイワシ。おいおい、このまま行くとどうなるんだよ、と思ったがその後は沈黙。11時の沖あがりまでまともなアタリはほとんど無し。ほとんど竿は手持ちで頑張ったが、なんか疲れたな・・・。

大原でのマハタ狙いは当然初めてだが、海老丸の狙うポイントと比較してものすごく荒い根を攻めますね。ちょっと船が流れただけで平気で10mぐらいのアップダウンがあったりする。俺は必死で棚取りをしていたので、オモリのロストは1個だけだったが、それにしても緊張感のあるポイントです。


当日は船中まともなサイズのマハタは1匹のみ?その他、ちびっこ赤ちゃんマハタが数匹釣れたようだ。ちびっこ赤ちゃんマハタは、小さすぎてなんだかちょっとかわいそうという気がしないでもない。


かわいそうという点では、俺が釣ったヒラメもそう。釣りあげた後、白い液を大量に放出していました。たぶん、精子ですね。産卵期に釣ってしまうのはちょっとかわいそうですね。でも、持って帰ってきて食べてます。ははは。

当日は変なコケみたいなものが道糸にやたら絡んできて、中のりさんは「これがあるから釣れない」とか言っていた。まぁ、どんな潮でもマハタ狙いなので、そう簡単に皆が釣れるということはないでしょうね。気が向いたらまた行きます。


当日は朝のうちは凪。その後、そよそよと風が吹いてきた。海が荒れた日だと、餌を釣ったりするのも大変そうです。
DSC_0795


■ 自分用覚え書メモ
・加幸丸の船は小さくてボロ。小便器が見つからなかったが、船後方で立って船外にするのか、大便器でする模様。大便器は左舷の胴の間にあり。

・中のりのオッサンはとても親切でまめ。釣った魚のうち本命とヒラメ(準本命ですか)のみ、持って行ってくれてイケスで生かしておいてくれる。その時に結束バンドを目印と付けて、「アンタは○色」とおしえてくれる。
外道は自分で管理だが、出船時に氷をもらえないので持参しないと悲惨なことになる。


・帰港後に簡単な昼ごはんを出してくれる。ついでに、おかみさんとオババが慰めてくれる(笑)


・大原までは我が家から正味1時間半。圏央道のおかげだが、かなり近いね。


・オモリは80号。船宿推奨のハリスは10号。

■ 追伸
帰宅後、ヒラメのお腹が膨らんでいることに気がついた。精巣が大きくなっているにしても、その盛り上がり方は怪しいと思って捌いたら、胃のなかに大量の内容物が。俺は普段は釣った魚の胃は開いて見ない(怖いので)のだが、ちょっと開けてみた。

すると、大量のカタクチイワシとマイワシ1匹が出てきた。
DSC_0798
DSC_0799

これだけ胃の中にあっても、まだ食うのか。

■ 追伸 その2
握り寿司も作った。
DSC_0810

左がキントキ、右がヒラメ(刺身と昆布〆)。赤いのはスーパーで買ったマグロ。

ヒラメは身が柔らかく水っぽさもあるが、それでも肉厚で美味しいです。昆布〆はやっぱり最高に旨い。キントキはまだ身がしっかりしていて、さらに熟成させても良いくらい。


ランキング用ボタンをクリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

2013/05/05 那珂湊 つれたか丸 カレイ

昨日は那珂湊までカレイを釣りに行った。

実は連休の合間に出社したときに仕事で結構なトラブル発生。そのせいでいろいろな予定が狂ったりご迷惑をおかけしたりした。そしてそういうときに限ってケンタン(息子1歳6か月)が熱を出したりして、我が家は一時混乱状態になった。おかげ様で連休後半に突入する前にどれも片付いた(はず)だが、色々な管理はしっかりしないとな、と痛感しました。


常磐のカレイは3年ぶりか?実は2011年の震災の翌日(3/12)に鹿島のカレイ船を予約していました。それがパーになってその後の放射能関係のごたごたもあって、この辺りに行くのは控えていました。いまも何がどうなっているのかイマイチ不透明な部分も無くはない。鹿島でカレイ船が出ていないことも、何か不安を増幅させるんだよね。まぁ、俺がよく行く南房と海はつながってるんだしあんまり大量に摂取しなきゃ平気かな、ということで行ってみた。


前日に大洗の以前乗ったことのある船に電話したら満員とのことだったので、初めていくこの港のこの船に乗っていた。まるかつさん、マルッチPPさん、calmさんのBlogを参考にさせていただきました。


余談ですが、ここの船長は結構ワイルドですね。ディープな常磐の海の男、という感じ。良い面だけでなく、「船長、それはちょっとどうかな」という面もあったりするのだが、とりあえず出港するときには、予約したお客はおいてけぼりにしないでください!私は集合時間(5時)の5~10分前にギリで到着したんですが、その時にまさにロープが解かれて船はバックして出船してしまいました。一瞬、我が目を疑ったね、「何が起きてるのか?」って。大声で呼んで戻ってきてもらったら、船長は「わるいわるい、何か忘れてると思ったんだよなあ、がはは」だと(笑)


当日は晴天で海は凪。朝方は陸から吹いてくる風が異様に寒くて凍えるかと思ったが、8時過ぎからは風も止んでやっとGWらしい天気になった。10時くらいには無風のべた凪になった。でも、水は冷たかったね。やや濁り気味だった。
DSC_0768

この日はお客は5人しかいなかったので、かなり釣りやすかった。
DSC_0766

初めは水深25mのポイント。フグのアタリばかりで、針がかりもしないしイライラしたが、7時前後に良い時間帯が来た。小突いている間にぐぐっと食い込んだりして、一気に3匹を釣った。全部マコガレイで、うち1匹は40センチオーバーのナイスなヤツ。このくらいになると引きも良いし、釣った充実感があった。

このまま行くとつ抜けしちゃんじゃないか?と思ったが、いつも通りの「潮が動かない時間帯」が到来。何をやっても食わず、フグのアタリもなくなった。途中で水深40mのポイントに移動したら、そこで1匹追加できたが、その後はまた沈黙。

11時頃に船長が「カップラーメンを食いなよ」と勧めてくれた。もうそろそろ沖上がりだろ、と思いつつも素直いただいておいた。
DSC_0767

でも、このカップラーメンによってちょっと気分転換ができた感じがした。その後、船はまた25mポイントに移動。そこに戻って、11時半過ぎ、最後の最後でまた食い出した。

そのポイントで俺にはムシガレイとフグが数匹来たが、隣の人は凄かった。ぱっと見で45cmくらいありそうなマコを2匹も連発。その引きも強さはイナダかサバかよ?っていうくらい。俺の40cmのときもそうだったが、腕と身体全体を使ってのやり取りがむちゃくちゃ楽しそうだった。

その後12時に沖上がり。俺はマコ4、ムシ1、フグ9で終了。腕と経験の差がもろに出る釣りだからしょうがないけど、余裕のスソでした。できれば大マコをもう1匹くらい釣りたかったとか、数は8匹くらい釣りたかったとか、吸盤だけ帰ってきたタコ(ビクともしなかったので大タコか?)をできれば釣りたかったとかいろいろあるが、まぁ楽しめたかな。ついでに言うと、イシも1匹欲しかった。この時期のイシガレイの煮付けはすごく旨いと思う。
DSC_0770

そういえば、常連さんの仕掛けはオレンジ色を中心に異常な派手さで、水中ライト(カレイ用?)も着いていたようだった。これまでマコ狙いは緑色中心のシンプルなものが良い、と色々なところで聞いていた気がするが、やはり時と場合によるのか?潮が動かなかった時間帯に船長は「仕掛けは短くね」と言っていたが、そういうのも含めてすごく奥が深いよね。

帰港した後は、寄り道せずに一気に自宅まで帰った。当初の想定では、妻とケンタンが実家に遊びに行っているので、各所で飲み食い居眠りしたうえで深夜に帰宅しようと思ったが、高速ICから那珂湊の漁港まで続く大渋滞を見て目が覚めた。GWをなめちゃいかんな、と。おかげでどこでも渋滞には巻き込まれず、15時には帰宅しました。また、行こうかな、ディープな常磐の海に(笑)

追伸
40cmのマコはまぁまぁ肉厚でした。

DSC_0775

ランキング用ボタンをクリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

ギャラリー
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ