2014年10月

2014/10/19 葉山柴崎 福栄丸 カツオ・キハダ

先週日曜日(10/19)に葉山の福栄丸に行ってきた。最近ちょっと忙しくて、当日の朝に起きてからごそごそと用意を開始し、船宿の集合時間にギリで間に合うぐらいで家を出た。準備不足と言えばその通りだが、「朝準備ができなかったら釣りには行かない」という、家族や家庭の仕事を重視し、自分の趣味で迷惑をかけない姿勢と思えば、これはこれでアリかと思う。

船宿には余裕の最終到着で、中乗りさん(または常連さん)に指示された右舷胴の間に座った。当日は片側8人くらいかな。

当日は出船後船長から「まずはカツオ、その後にキハダ狙い。だけど、予定は変更されることが多いから(苦笑)」というアナウンスがあった。今年はカツオとキハダ狙いにはちょっと厳しい感じがあったし、福栄丸のカツオ出船も当日が最終日とのことで、船長も疲れてんのかなと思った。

カツオ狙いは西に向かったポイントで開始。大磯沖とかなのだろうか、相模湾の三浦半島から小田原までの船がわらわらと集まって、真夏のように熱く船を走らせてカツオを狙っていた。
DSC_1674


が、我々の船は不発。右舷前から2番目の人のみカツオを2匹釣ったが、あとは沈黙。まぁカツオは食い気にむらがあるだろうからしょうがないよね。でも、去年釣ってあまりの旨さにたまげた相模湾の秋のカツオ、食いたかったな~。

その後、船は東の沖に向けて移動。途中で船長から「マグロをやるから仕掛けをかえて」との指示あり。移動後に釣りが開始されたのは10時すぎくらいか?

この日は朝のうちはやや北風があり寒かったが、この時間には暖かく海も凪ぎていた。俺としてはマグロを釣りたいのは勿論だが、まったりと釣りをできればOK、それになんとなく釣れる気もそんなにしなかった。朝のカツオの不発とか、船長の自信なさげなアナウンスとか、「まぁこういうシーズンもあるよね」くらいに思っていた。

その後、上の方から船長のぼやき「この反応で食わないなら俺は知らないよ~」が聞こえてきたときに、他の人にマグロが食った。右舷前から2番目のカツオを釣っていた人だ。この日、この人はかなりツイていたね。初心者なのか大物釣りに慣れていないのか、ややぎこちないやり取りだったが、途中から完全に仲間にバトンタッチしていた。置き竿にして電動+両手で道糸をたぐって巻き上げをサポートするやり方ですね。途中はすんなりあがってきたが、最後の方で思いっきり表層を突っ走ったり、船の下に入られたり見ているこちらがヒヤヒヤしたが、それでも無事にキャッチできていた。余談だが、このラッキーな人は今日(10/26)の福栄丸にもキハダを抱えて写真に写ってるね。

ラッキーな人に餌をどうやって付けていたか聞くと、「オキアミを2匹房掛け」とおしえてくれた。それまでは1匹を丸めてつけていたが、俺も真似してみた。渋いときには丸めて1匹が効くと思っていたが、ここは素直に結果を出した人に従ってみようと思った。

そして船長から飛んできたアドバイス「手返しが命だよ~」にも従ってみた。これまでキハダ狙いのときには延々と投入しっぱなしでやってきたが、この日はマダイ釣りのタイミング+αくらいのインターバルでやりかえてみた。

すると、12時くらいに俺の竿が突っ込んだ。オキアミを房掛けに変更して、1度餌をかじられた形跡があったので丁寧に房掛けすることを繰り返し、究極的にきれいな房掛けにして付けて投入した時だった。おっ?と思ってやり取り開始。スピードはそれほどでも無いが、重く突進するようにマグロは走っていった。一応多少は負荷をかけようと思って、指でスプールを軽く押さえていると、船長から「火傷しそうだよな」とか茶々が入った。100mくらい?でとまった後、本格的にファイトを開始。

今回はこのファイトがなかなかしびれました。両手と背中全体の力を使って必死でポンピングしてみた。竿はしなって道糸がメリメリ音を立てていたが、「こういう釣りを俺はしたかったんだよ!」と思った。が、やはりマグロのパワーは強力でどんなにやり取りしても糸は出て行った。1m巻くと3m出されるみたいな感じで、道糸の赤い部分の攻防が続いたと思ったが、その次の色になり、気がついたら次の色になっていた。一度もう疲れたと思って竿をロッドホルダーに置いたが、ホルダーごと持っていかれそうだったので、諦めて手持ちに戻した。

そして、「ヤバいよね、この調子であと100m以上ももたない」と思っていたがやれるところまでやろうと思っていると、突然竿が軽くなった。バレた?と思ったが周りからは「巻け、巻け」との声が。竿をホルダーに置いてゴリ巻きした。食い上げたというよりはビシの重さだけはあるから俺は最悪のケースを想定したが、それでも望みを持って巻いた。すると残り30mくらいで重さが復活した。これは嬉しかったね。で、あとはそれほど苦労せずに巻いて、船長がハリスをたぐってくれて常連さんがタモですくってくれた。今回は疲れながらも割りとやることには余裕があり、ちらちら時計を見ていた感じだと10~20分であがってきたかな。

釣ったマグロはオケのなかで血抜きして、船にある巨大クーラー(2年前には無かったな)に俺の氷とともに投入した。ものすごい疲労感と汗だったが、それでも物凄い充実感があった。その後は当然釣りを終了して、昼寝した。気持ちよかったな~。
DSC_1677




今回釣れたことは勿論良かったが、それ以外にも自分で満足できた点があった。

まずはある程度は魚に対して主導権を持ってファイトできたこと。2年前に釣ったときには「いつ走られるか」とかにビクビクしていた。竿は単なる「曲がっている棒」みたいな感じで魚をコントロールなどできていなかったが、今回はある程度は竿の弾力で魚に負荷をかけられたかと思う。途中からすんなりあがってきたが、それも深いところで引っ張りあいして、魚を疲れさせられたんじゃないかと思う。

そして、仕掛けが魚の引きに耐えられたのも良かった。実は今回の仕掛けは出船後、船の上で作った。一応家で作った仕掛けも持参したが、針が気に入らなかったでの船で作った。それでちゃんと強度が出せたんだから嬉しいよね。針はインターフックのひらまさかんぱち16号(金)にハリス20号を南方延縄結びで結んだ。ジャイアンとキハダは実績があり評価も高いようだが、個人的にはやはり色と形がどうもね。金色のヒラマサ針がオキアミには良いように感じるんだよね。
PEは1年前のものだったが、新品に巻きなおさなくても耐えてくれてよかった。まぁ、俺は毎回の釣行後先端の10~50mはカットしてるし、ウルトラダイニーマだから信頼していたけど。
竿はアルファタックルMPGスタンダップ1653、リールはタリカ25。

釣ったマグロを同船のお客さんにおすそ分けしたら、皆喜んでくれたことも良かった。釣った魚はまるごと持ち帰り家族に見せびらかしたかったが、都合により船宿の知り合いの料理店の大将にさばいてもらった。そのときに半身を6等分にしてもらい、希望者に差し上げた。「キハダなんて・・・」とか斜に構えたことを言われたらどうしようと思ったが、皆さん「ありがとう」と言ってくれた。
そして、船宿のお婆ちゃんにも「皆にわけてくれてありがとうね」と何度も言われて、とても感謝された。ちょっと良いことをした気分。



船長には帰港後、「久しぶりに来て釣るよね」と言われた。覚えていてくれたのは意外だったが、まぁ嬉しいよね。船長、どうもありがとうございました。この船のキハダ狙いの釣り方は一流しが長くて、色々考える時間(餌、針、コマセの振り方・・・)があって、俺にはあっているような気がした。

ランキング用ボタンをクリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

キハダを釣りました

今年は夏以降ちょっと大変なことが色々続き、まったく釣りに行けなかった。相模湾カツオ、キハダ釣りも当然1回も行ってなくて、このままシーズンが終わってしまうのかと思っていた。しかし、妻からもお許し「行ってもいいぞ」が出て、何も期待せず、年中行事をこなしましょう、程度の気持ちで行ってきた。10/19(日)に葉山の福栄丸に行ってきました。

そして、釣れました、キハダ。それも42kgのナイスなヤツを。船宿レコードらしい。本当ですか?まつかつさんはよく、無欲で釣ることが意外な釣果につながると言っているが、当日の俺はまさにそんな感じだったかも。それにしても運が良すぎるかも。

DSC_1683

※ 詳細は別途。毎日、すげぇ忙しいです・・・。

ランキング用ボタンをクリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ