日曜日に鹿島からカレイに行ってきた。

その日は妻と子供が妻の実家(葛飾)に遊びに行っていたので、帰りにピックアップしやすいように常磐道方面の釣り場を選んでみた。那珂湊と鹿島でどちらに行くか悩んだが、前日の風が残りそうなので船が大きい鹿島にしてみた。那珂湊や大洗の小船で荒れた海に出るのはちょっときついよね、と。

ちなみにその日は潮来から東関道には乗らず神崎(こうざきと読むらしい)まで走って圏央道に乗り、そのまま常磐道で三郷までというルートで帰ってきた。今後圏央道と東関道はつながるらしいし、帰りに妻の実家(葛飾)に寄るには便利だね。

という話はどうでもよくて、当日は本命はボウズ。フグ×2とナイスサイズのサメだけしか釣れなかった(泣)当日もかなりバタバタした海でうねりはあったが、前日までのシケの影響で底荒れして食わないんだろうと中乗りさんが言っていた。その中乗りさん(元気がよくてシャキシャキ動く、数年前にもいた人だ)もカレイは1匹も釣れてなかったから、やっぱりひどいコンディションの日だったんだろう。釣れなかったのは俺の腕のせいじゃないな。ははは。当日のお客は俺を含めて4人だけだったので、盛んに2本竿を薦められた。一応俺も2本竿を出したが、食い気のない日にはまったく無駄な試みだったような気がする。ちなみにフグのアタリは頻発するときもあったが、イソメをたらしてるんでほとんどかからず。後から考えたら、フグは貝の餌じゃないと釣りにくいね。

ちなみに当日の船宿発表では「*石カレイ・・・1~4枚 (40~55㎝)」となっていることはあまり突っ込まないであげてください。あれはボウズの人に恥をかかせない、優しい発表なんだと思ってます。ははは。

優しさという点ではボウズのおすそ分けとしてカレイを1枚もらえたのは嬉しかったな。これ。
DSC_2138


船で見たときは「なんだよ小さいじゃん・・・」とか思ってしまったが、帰宅後に見ると普通に良いカレイだよね。

当日は港を出て北上し、鹿島のサッカーのスタジアムが見える沖のポイントでずっと釣っていた。近くを流していたのは不動丸×2、植田丸、利喜丸か。鹿島のカレイ釣りでこのポイントにはこれまで行ったことがないような気がする。帰港後に別の船長が、沖のポイントは行けないとか始まってないとか言っていたような?でも、釣れないポイントを延々流し直すので期待感も薄れてちょっときつかったね。
DSC_2133


あとは天気もきつかった。予報どおりではあったが、朝からそよそよとした北風に降り続く小雨。久しぶりの修行でした。やっぱり、カレイ釣りは暖かくなったシーズンの凪の日じゃないとなぁ。

リベンジするかどうかは未定。来年また行けば良いかな。常磐方面の釣りは相変わらずどの船に乗れば良いかわからないしね。マルッチさんも散々な経験をされたようだし、個人的にはこっちの船宿に行くにはやはり少し緊張感がある。

釣ったもらったイシガレイで蒲焼を作った。俺のなかではイシはそれほど評価は低くなく、皮のとろとろ感を活かして食うと旨いと思っている。それを突き詰めたのがこれ。
DSC_2141


煮付けの余り汁で切り身を煮て、その後身をオーブントースターで炙り、煮汁は煮詰める。うなぎが好きなケンタン(長男、3歳)のために作ったのだが、期待通り彼は「うなぎだぁ」と言って食べてご飯をおかわりしたそうだ。ははは。

ランキング用ボタンをクリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村