2015年11月

2015/11/14 大磯 恒丸 泳がせ

土曜日に大磯から泳がせブリに行ってきた。

予定ではこの日はまるかつさんの根魚天国の仕立てに参加させていただく予定だった。しかし、海の状態が悪すぎるとのことで前日に中止に。オニカサゴでしゃぶしゃぶのイメージができてたので残念だが仕方ない。代替の釣行として考えたのは恵津丸のヤリイカ泳がせか千倉からヒラメか大磯のブリ。北東風が強めに吹くようなので外房、南房はダメだよね(特にヤリイカ泳がせは危険)と自動的に大磯に。しかも、妻と子供は実家に遊びに行っているので長時間釣行も可能、という大磯に行くには絶好のチャンス。雨とか風とか我慢するしかない。恒か邦のどちらに乗るか迷ったが、邦での前回の餌が1匹も釣れなかった件のトラウマが強烈なので、恒丸に。船長にどやされに行ってきた(笑)

釣れたのはこれです。
image


ワラサ5.2kgと裏本命のマサバさん。ブリが釣れなかったのは残念だが、ワラサでも釣れただけ非常に嬉しい。マサバさんは餌を釣ってるときに、「あちゃ~、反応が落ちた。底まで落として」という船長の指示に従い底まで落として、落とし込みからの停止で食ってきた。船長は「大きいサバは餌にならないからクーラーに入れてね」と盛んにアナウンスしてたが、このマサバですよ。餌になるとかならないとか一瞬も考えずに即効でクーラーにしまいました。

当日の泳がせの成績はこんな感じ。

1回目:10時ごろ?早合わせでさようなら
2回目:11時ごろ?がつがつハムハムという長いアタリに必死で待ってワラサをゲット
3回目:回収の高速巻上げ時にガツンと来たが針がかりせず、餌だけさようなら
4回目:12時ごろ?比較的短い前アタリのあと、ドンと入って針がかりしたがハリス切れ
5回目:13時ごろ?一瞬の前アタリのあと、ものすごい勢いでドンと入ったがまたもハリス切れ

5回も当たって1匹しか取れないとか下手すぎて情けない。でも、今回は失敗の原因もわかったし、まずはアタリを多く出せて針がかりもちゃんとさせられたという点を評価したい。勿論、アタリがたくさん出たのは船長のおかげです。あーでもないこーでもないと散々移動してそれで客に魚を釣らせる、攻めの操船という感じの凄い船長です。そして、船長の言うように誘いを多くしたのも効いたかも。棚は下から5mを基本として、上と下に適当に巻いたり底を取り直したらアタリが多くでたような気がした。

4回目、5回目では完全に乗せられたと思ったのだが、なぜかハリス切れ。ザラついた感じやスパっと切られた感じでもないから、サメやヒラメではなくブリだと思ったが・・・。帰港後に船長に指摘されたなんとなくわかった。「あの竿はダメだな」と言われたのです。俺の愛竿、アルファタックルMPGスタンダップ1653を使っていたのだが、タメが効かないのであれじゃ切られるよ、とのこと。確かに短いし、なぜか胴は強いし、そもそもメーカーの出してる適合ハリスは20~60号だったか。それで16号ハリスを使うのは合ってないね。しかも悪いことに当日はドラグをキツ目に設定していた。1回目のアタリの時にドラグが緩く、竿が突っ込む前からダラダラと道糸が出されてしまい焦ったので、キツ目にしてしまったのです。

う~ん、ラインと竿があってなければラインの強度を最大限に活かすことができない、当たり前のことですね。俺は何年釣りをやってるんだろう。ドラグ調整の件も含めて、要反省ですな。「10kgのブリを狙って万全のタックルで!」という気持ちが先行しすぎたか。

今回はたくさんアタリがあって幸せだったが、そもそも相模湾泳がせブリはすげぇ大変な釣りですよね。餌を釣ることのプレッシャー、棚は深くて一番深いときで250mを超えるとか、お祭りしたと思ったら道糸までぐちゃぐちゃになるとか、そして本命のアタリは1日に何度もなく乗せられなければそれで終わり、何も無し、とか。それに加えて恒丸の場合には船長の容赦ない口撃が待ってるとか。今日も他のお客さんで船長にドヤされ、「なら(ホームページに)書いとけよ!」とかキレてる人がいたね(笑)などなど、そういう困難を乗り越えて針がかりしてさぁ巻き上げるぞと思ったら、(ミスによる)ハリス切れ。釣りってのは本当に難しい遊びだよね。繰り返しになるが、本当にワラサが獲れてよかった。何もなく帰宅していたら、今頃は絶望のどん底にいただろうから(笑)

竿の件はあれかねぇ、ボーナスが出たらこの手の釣り用のを1本買うかねぇ。クロマグロの件で浅草釣具の小林さんに相談したときも、今日の船長と同じような指摘があったし。まぁ、考えよう。

さぁ、また行くよ。とは簡単には言えないのが相模湾ブリ。これから寒くなると餌すら釣れない地獄が待っているだろうし、このまま勝ち逃げ(勝ってないけど)というのも十分アリかな。

当日朝、港では風がびゅんびゅん吹いていて焦ったが、沖に出ると風はあまり感じずそこそこ良い感じの凪でした。雨は降っていたが小雨程度で寒いことは寒いが耐えられないほどではない。まだ11月ですしね。お客は6人+中乗りさん(常連さん)で、程よい混み具合。
image


マサバは全部〆たが、アラは焼いて食った。塩サバの雰囲気は味わえたので幸せです。このサバはお腹の中にラードが山盛りでこれは・・・と思ったが、意外と皮下脂肪やサシは控えめな感じ。〆サバは旨いと良いんだが。
image

 クリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

2015/11/03 葉山あぶずり 長三郎丸 カツオ・キハダ

祝日に葉山から今年初のカツオ、キハダに行ってきた。もうシーズンはほとんど終わっている今、「今年初の」とか遅いんだよと言われそうですが、まぁ釣りは遊びなんでこういう意味のない適当さは残しておきたいところ。単に10月は色々あって釣りに行けなかったこともあるが。

釣れたのはこれです。
image


マメジ(クロマグロの子)2.5kgくらい、ヒラソーダ(1.3と1.2kg)です。密かにキハダのでかいのを狙ってなかったこともないし、この時期のトロカツオは食いたかったが、それでも満足な釣果です。そして、この日は釣果だけでなく色々と楽しかったのが良かった。

11月になって出船は朝7時になったとかで、やや時間をもてあました感じの朝だったが、出港したら船は結構なスピードで沖へ。この日の船長は大船長だった。30分かそこらでスピードが落ちて棚が40mで開始。これはキハダ狙いだろうと思ってはじめるが何も無し。その後数回流したあとしばらく走り、今度は同じ港のまさみ丸がやってるポイントで開始。ここでの棚は10mの指示。これはキハダじゃなくてカツオまたはヒラソーダの反応だろうと思って開始。この日のお客は5人で俺のいた左舷は俺と大ドモのオッサンの2人だけ。まずはそのオッサンが食わせたが2、3回連続してバラした。それを見ているとやっぱりヒラソーダっぽいので、仕掛けをそれまでのハリス20号×6m、ひらまさ・かんぱちの16号から、ハリス14号×2m、ヒラマサ15号に変更。それで俺もやっと食わせたのがヒラソーダの一匹目。これでかなり楽になった。ヒラソーダではあるがお土産があるのと無いのとでは大違い。終盤戦の厳しい状況なので何でも獲れればうれしいよね。

そのポイントではまさみ丸が色々楽しそうだった。まずは船長が一本釣りの竿でヒラソーダを釣って「やったー」とか絶叫。表層でオキアミをまいて寄せて食わせたらしい。なんか凄いじゃねぇか・・・。そして、お客は2、3人がデカいのをかけてた。皆バラしたとか、サメにやられたようだったが、あれだけ食わせたのはちょっと羨ましかったね。女性のお客さんもデカそうなのをかけてて竿がのされてたが、その後持ち直したようで獲ってほしかったが、やはりサメかねぇ。でも、サメをかけて上まであげてきたときに船長とお客が全員集合して、「バーカ」とかサメに罵詈雑言を浴びせてた(笑顔で)のは笑った。この船は船が小さいとか、愛正丸との違いが分からないとか少し謎の船だったが、なんか楽しそうじゃねぇか・・・。

そのポイントではゆらりと1時間くらいのんびり流していたが、その後解散。大船長は放浪の旅に出た。30分ぐらい走り回って探索し、1投してすぐに「あげて」が来てまた放浪・・・、というよくあるダメな日のパターンだった。日向では暖かいが、風上に向かって走るときが日陰になって寒くてキツかった。

が、12時ちょい前に別の船団、と言っても5艘ぐらいだが、に合流。ここから驚きの展開が。真夏に戻ったのか?というような爆走~急停止&やって!~あげて~爆走の繰り返しに。はじめは葉山の船ばかりだったが、その後オキエモンや成銀丸、そうしん丸(新しい船宿?)まで合流して豪華な船団での大追いかけっこ大会に。それでも8艘くらいだったが(笑)今年は夏にこういう釣りをできなかったので、11月とは言えこういうのが経験できてとても嬉しかった。
image

image


が、食いは渋いのかなかなか食わなかった。船長によると25~50mくらいまで反応がびっしり出てるとのことだったが、何度やっても食わない。仕掛けは当然14号、2mだったので外してないはずなのだが、食わず。そのうちに船長のトーンも「なぜ食わないかなぁ?」から「なぜ食わせられないかなぁ?」に変わってきたような気もして少し緊張感が出てきた。餌のつけ方を色々試して、たまに餌を取られることも出てきたのでもう少しと思って頑張ると、なんとかヒラソーダを1匹追加できた。丸めて1匹付けで餌がかじられることが多かったが、食ったのは1匹まっすぐ付けだった。はじめのポイントでは無造作に山盛りで付けたときに食ったが、その違いが面白いよね。

ちなみにこの爆走追いかけっこは12時前から2時半過ぎまで続いた。この日は風邪からの回復途中で多少無理をして行ったのでこのやり取りでかなり疲れたことも事実。そんな客の疲労や「もういいだろ・・・」みたいな空気を船長には一切伝わらず、延々と爆走を続けてた。2時半になってたいぞう丸はあっさりとスパンカを畳んで帰り支度をしてたが、それでも諦めない長三郎丸の大船長。この人は「もう少し、もう少し」と延長してくれる凄い人だったんだな、と思い出した。その他諦め切れない船長はまさみ丸と洋征丸、最後まで残ってたのはこの人たちだ。

もう本当にすごいよ、この人たちは、もう勘弁してください、食わない群れだし帰りましょう・・・と心の底から思い始めたころ、すごいイベントがあった。船長が「イワシをつけて、今ならすぐに食うよ」と叫んだのだ。朝、船のカメにイワシが大量にいることは気がついていたし、それまでも船長はたびたびキャビンから出てきてイワシを放り投げていた。仕立てのときのイワシが残っていて、コマセとして投げてんのかな~?とかのん気に考えてが、実はこれ、イワシが食う群れとタイミングを探してた、待ってたんですね。それで魚がイワシを「獲った!」とかいうタイミングで客にイワシを餌にするように指示したと。

それが分かって思わず唸ったね。なんて凄い船宿、船長なんだと。シーズン終盤の少ない客でも延々と爆走して追いかけてくれただけじゃなく、活きイワシ餌まで用意してくれていたとは・・・と。そしてもっと驚いたのはイワシに変えて泳がせたらそれまで延々食わなかった魚があっさり釣れたこと。イワシ(カタクチイワシ)のエラブタの後ろ辺りに針を刺してビシが水面から見えるくらいの位置に下ろしたら、一瞬ですよ。バコンと入った。その日釣れたヒラソーダとは桁違いのもの凄い引きで焦ったが、そこで釣れたのがマメジでした。これまでの3時間は何だったんだと思うと同時に、やっぱり本物の餌、今食ってる餌は強いよね~と妙に納得しました。

その狂乱の活き餌タイムはあっさり終了し、皆が釣れたのか、船長も納得したのか、「遅くなったから上がりましょう」とやっと沖あがり。キハダはかすりもしなかったが、やはり釣れてる魚を釣る方がシンプルで楽しいよね。そして、船長が用意してくれていた秘策にも感謝です。来年は活きイワシのふかせ釣りのシーズンからやりたい気もするが、スピニングタックルを用意することが大変か。よく検討しよう。

マメジとヒラソーダは刺身に。下がマメジ、上がヒラソーダです。釣った当日なんでまだこりこりして熟成されてなかったが、それでもマメジは脂がのっていて旨いです。ヒラソーダは旨いことは旨いんだが、やはり本物のトロカツオの味が恋しかった。
image


その他、当日は竜田揚げを作った。ケンタン(長男、4歳になりました)が酒としょうゆとショウガとにんにくで下味をつけて、その後片栗粉をコネコネして遊んで手伝ってくれました。2日目にマメジの鉄火丼を食った(食っている)。ヒラソーダの残りは塩漬けにしているので干してみる予定。これは密かに期待している。

クリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

ギャラリー
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ