2018年05月

2018/5/20 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ

どうみても北風強風で大シケが確定なんだが、大分前から予約していたし満員だからキャンセルもしずらく、前日に電話すると大船長は軽く「大丈夫ですよ」というから仕方なく行ってみると、予想通り大シケで、予想を越えるような高い波に恐怖というか、「俺はどうなってしまうんだろう」と素直に思い、気がついたら船酔いしてゲロゲロで、漁船スタイルの船でかろうじてある屋根の下で死んでいたヤツがいるらしい。

ま、今日の俺のことですけどね(苦笑)

後で知ったが、御宿のカモシの船が強風で三本松に行けないっていうコンディションの日だったようだ。ムツのポイントはそれよりももっと沖だと思うし、とにかく高波と強風のなかで当然周りに船などいなくて、どうにかしてるぜこの船はと沖で思った。高波がはじける頂上の部分はエメラルドグリーンに妖しく輝いて、あぁ黒潮なのかねぇと思った。波のシャワーを浴びたというか、バケツをひっくり返した勢いで波を浴びたらやっぱり潮は生ぬるかったね。その後、全身が濡れて強風で猛烈に寒くなったが。フリースを着ていて本当に良かった。

周年でムツ(とアラ)が狙える貴重な船宿と思っていたが、やはりこういうリスクがあるので、予約は天気予報が見えてきた2、3日前に限るなと痛感した。空いてなかったら乗れない、それだけ。もう懲りた。

船酔いに関しては俺の準備がダメすぎた。そもそも一睡もしていなかった。そして、自宅や家に忘れたものが3つ4つとあり、それが俺のなかで不安感につながり酔いにつながった。不安感が船酔いにつながるというのは自分の経験から知っていたが、帰港後若船長に話すと漁師も似たようなことがある、と。丘で良くないことがあった後は、験を担いで?沖にすらいかない人が多いらしい。

この日は集合時間に間に合うように行ったつもりが、勝浦の山のなかで大船長から「まだですか」電話が来ちゃって、これも良くなかったな。まぁ、予約したときと、今日では朝が早くなっていて、それを考慮しないで集合時間を告げた大船長のチョンボだと思うけど(苦笑)

釣りは、ゲロゲロのマグロの合間で、一応やった。ムツは一回投入し、100メートルぐらいでサバに捕まってその後はペラに巻かれて高ギレ。その一投で船長はムツを断念し灘よりへ移動し、オニへ。波はマシになったが、それでも俺にとってはシケのレベルだな。この移動の最中に堪らず一回目のゲロゲロ。7年ぶりかねぇ、吐いたのは。

オニは沖で少し復活してやった。お?アタリ!と思って上げてきたら単なるオマツリで、ほどいていたら気持ち悪くなって終了。そのままマグロで通そうかと思ったが、どんどん灘よりに移動するなかで再開。最後の一時間半くらいはやって、その頃にはもう水深50メートルくらいまで来ていてオニどころかカンコの水深ですらないなと思って、でもなんとか1匹釣りたいと思って必死でやってカサゴを1匹釣った。その後、オニの赤ちゃんも。
DSC_3536

ちなみにオモリは終始200号。水深50メートルでオモリ200号というのは貴重な経験だね。

ちなみに船宿に対して悪い感情はない。あの強風の中でも出る船宿なので、上にも書いたとおり予約の仕方は要注意とは思ったが。

帰港後に若船長と話したが、今日のポイントは○マイルの場所だが、その手前2マイルから急激に風と潮が速くなって、しかも潮と風向きが反対でああいう高波になったんだと。しかも予報では12メートルくらい吹くかなと思っていたら、沖では19メートルぐらい吹いていたと。潮が速くなかったら風が強くても割りと海は平らなんでよ~、笑顔で言うが俺は色々と唖然(笑)

ちなみに時間通り9:50までやったが、帰港後にムツをちゃんとやれなかったということで1,500円を返してくれた。なんと律儀な。

まぁ、また行くよ。初栄丸と義丸が狙い始める7月になれば予約も取りやすくなるでしょう。いまは、もう6月まで日曜日は一杯らしい。

自分用覚え書き
3:10出船、9:50沖あがり。10:45ごろ現地を出て途中大多喜の道の駅でサクッと買い物をした他は休憩しないで12:45に帰宅。

2018/5/13 外房 勝浦川津 不動丸 カモシ釣り ヒラマサ マダイ

昨日、カモシ釣りに行ってきた。

ルアーではずっとヒラマサが釣れていたので早くカモシも始まらないかなと思っていたが、やっとはじまり、そしてそこそこ釣れているようなので行ってきた。船宿は、御宿のお気に入りの二軒は船体整備と満員で無理だったので、新規開拓でここに。

釣れたのはこれです。メダイ、4.6キロ。
DSC_3513

その他イサキが1匹釣れたが逃がしてやった。うーん、なかなかヒラ(ヒラマサのこと)は釣れませんなぁ。

この船宿は二艘あるようでカモシの他はルアー出船で、カモシは当然のように古い船で大船長で出船。大船長はものすごい爺さんなのだが、飄々とした感じで頑張って流しなおしてくれた。船も古いがミヨシとトモは広くて嫌いじゃないね。混んでなければね。
DSC_3504
昨日は天気予報通り、南西風がソヨソヨ吹いてそのせいか海は多少ドタバタでウネリあり。そして真潮が速く、勝浦用語で「激流」ということで、仕掛けを入れても何がなんだかの世界が続いた。ただでさえ抵抗が大きいカモシの仕掛けとナイロン道糸に加えて、あのコンディションなのでね。でも頑張ってやりかえて、朝一にメダイが釣れた。かなり引くし、最後までガッツをみせて暴れたのでヒラだ!と思ったのだが。まぁ、個人的には食うという点ではメダイは好きだから大歓迎なのだが。メダイのフライは魚のフライのなかで一番好きかも。

その後は対して書くことがない。必死でやりかえて、必死でカモシた。餌は前回の経験から変なことは試さず、でもサンマとイカで色々なパターンを試した。ハリスは8号で通したが、長くしたり短くしたり試した。それでもヒラは食わず。船長もオシッコで降りてくる度に、「食わないねぇ、でもこれから食うよ」と言っていたのが、「食わないねぇ(意気消沈)」という感じで変わっていった。

この日は俺以外は三人グループと中乗りさん(またはスーパー常連)がいて、彼らはタイを1匹ずつ釣ったみたい。俺も最後はハリス4号に落とすかかなり悩んだが、やっぱりヒラが来たときのこと考えて止めておいた。マダイを釣るのも食うのも好きだが、やっぱり今日はヒラ狙いだという気持ちがあったので。

帰宅して他の船宿の釣果も見たが、どこもかなりショボかったね。とにかく食わない日だったのね。

まぁ、釣れなかったけどやっぱりカモシ釣りは楽しいねぇ。色々な点ではチマチマセコセコしてなくて、大胆(大ざっぱとも言う)のがたまらんよね。昨日は真潮の激流と南西風で船は物凄い勢いで流されてるんだろうが、ポイントを流し直すときに延々と何キロ?も船を走らせて戻っていくのとか、面白くてしょうがない。

ところで、ここの船宿は初めて行ったが全般的になかなか良かった。大船長は穏和で良いし、とにかくおかみさんが気配りがすごい。俺がメダイしか釣れなかったと知って、それでもわざわざ写真を撮ってくれる気配りにはこちらが恐縮してしまいそうになった。

ま、ま、また行くよ。

追伸

それで、釣れたメダイだが、これが凄かった。釣り上がった瞬間にやけに丸々とした魚体だなと思ったが、さばいてみて驚いた。脂のノリが半端ない。例えばお腹の中にはラードの塊が!
DSC_3523

ハラミのところは身の中にサシというか脂の帯が入っていて、皮下脂肪もたっぷり。これは・・・、と思って塩焼きにしたらコンロの中には脂が溢れて、キミはアカムツですか?って感じ。子供たちもバカ食いでした。

クリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村

2018/5/4 羽田 かみや アナゴ

昨日はかみやからアナゴに行ってきた。

最近、仕事がクソ忙しくて、結局4月は釣りに行かず。休日も家でなんだかんだ仕事をしたりね。GWは暦通りの休みだが、普段の疲れが出たのか休みに入っても廃人のようなグダグダ生活。まー、もう普通に戻ろうかと、気持ちを奮い立たせて行ってきた。強風なので海はドタバタしてるだろうし、本当は行きたく無かったのだが(苦笑)

釣れたのはこれです、8匹。
DSC_3474


まー、今日は無効試合にカウントしたいぐらいの日なので、これだけ釣れれば十分か、という気はしないでもない。
middle_1525441878


とにかく、海が酷すぎました。強風でぐちゃぐちゃ。しかも、行きは南風だったのだが、ポイントに着いてアンカーが入ってしばらくしたら何故か船が一回転。右舷にいた俺は横浜が見えていたのに、気がついたらなぜか新日鉄住金が見えて???状態に。そして、帰りまで猛烈に吹いてドタバタ。行きも返りも風に向かって走るとか、罰ゲームすぎる。

潮もよう分からん流れで、風と合わせて底が取れてるんだか取れてないんだか分からない状態。マズメ時にほぼ全てを釣ってその後は1匹くらいしか追加できなかった。

今日はアタリがあっても針がかりさせられないことが3、4回あったが、あの海だし、2年ぶりだし、しゃーないか。

帰宅後は夜アナゴ後の恒例に従って、一休みせずに下ごしらえ~煮アナゴ~骨の素揚げまでを作成。一休みしたら朝になっちゃうしね。白焼きなどという大人の食い物は我慢。うちの子は多分、このサイズの煮アナゴなら三口で1匹食っちゃうしな(笑)このアナゴを餌に、実家に遊びに行った妻子を迎えに行ってきます

ギャラリー
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ