2019年02月

2019/2/24 南房 伊戸 海老丸 イワシ泳がせ

昨日は海老丸に行ってきた。

先週も行ったし昨日は行かなくても良かったのだが、妻子はどこかにお出掛けらしいし、気候も暖かくなってきたのでとりあえず行ってきた。相模湾ブリ狙いは依然として継続中だが、連チャンでブリ狙いは色々と心が荒むので(笑)、気楽にできる海老丸に。簡単に本命が釣れるという意味ではない(^-^;

釣れたのはこれです。
20190225_031238

小バタが2つでした。船長は「アイナメだろ?いや、シマアイナメか」とか笑わせてくれました。

密かにそろそろカンコが釣れるかなと思ったが、最近はまだ潮が速いとかで難しいようだ。でも、昨日はちょっと潮が良い感じだったらしく、船長の秘蔵のポイントを攻めたらしい。平砂浦から沖に向かって流れるような感じだった。デカイのが来そうな雰囲気はあったらしいが、船中不発。

でもね~、昨日はアタリが多くて良い日だったと思うね。俺にも釣れたの以外でも2、3回アタリはあったし、針がかりしたのもあった。首振りゴンゴンでバレちゃったけど。他のお客さんも小バタとかソゲとかだが、ポツポツ釣ってた。1月の本当に地獄のように釣れないときはこんなもんじゃないもんの。無の世界だもんな。

俺的に海老丸で外道とかがポツポツ釣れるようになると春は近い、ということになっている。昨日は凪ぎも良かったし、春は近いね。

野島崎方面からの日の出。20190224_062316

追伸
という感じでリラックスして帰宅しようとしたら、高速が大渋滞。13時半に海老丸を出発、14時半に鋸南富山インターで乗ったら金谷辺りから君津まで渋滞。その後、アクア連絡道の袖ヶ浦の手前からトンネルの真ん中まで渋滞。アクア連絡道が混むと完全停止も交えてのノロノロだから本当に辛い。日曜日ということもあるが、普通の観光客の皆さんが帰宅するのが早すぎだな。こういう日は意外と20時を過ぎると空いてきてさっさと帰れたりするのにね~。

2019/2/17 大磯 恒丸 泳がせ

昨日、恒丸から泳がせに行ってきた。

恒丸のホームページは常にチェックしているが、しばらく泳がせは休みだったようだが、カマスが釣れ始めたことに合わせて再開したようだ。恒丸と邦丸ではデカイ本物のブリが結構釣れているようだが、平日は休めず、土曜日はケンタン(長男)の学校行事で行けず。やっと行けた日曜日は・・・、ブリのやる気なく撃沈でした。泳がせでは船中ゼロ。船長がどやすことは一回もなかったしね、全く釣れる気がしなかった。

持ち帰ったのはこれです。
20190217_172912

言うまでもなく泳がせの餌の残り物です(苦笑)まぁ、カマスと旬のマサバなので準本命のようなもの。ムツが一匹いるが、これは餌釣りのときにフラッシャーに身餌を着けて底まで落としたら食ってきたもの。

この日の餌釣りだが、相変わらず○っ○○です。カマスは餌では全く食わないとのこと。前日も中乗りさん(またはスーパー常連さん)が二人で餌で散々やったがカマスは一切食わなかったとのこと。

俺はこれまで○っ○○でカマスを釣ったことがなかったので勘所がつかめず苦労した。サバはなんとか4つ獲れたがどうしてもカマスは釣れず、掛かっても途中でバレてばかりで最後の最後のでやっと一匹釣れた。ちゃんと口の周りに掛かってくるのよね。

この日は○っ○○でも終始渋いままで本当につまらない餌釣りだった。○っ○○でもバカスカ釣れたら漁と割りきって楽しめるし、胴付き仕掛けなら渋いなら渋いで食わせやアワセのゲーム性を楽しめなくもないしね。まぁ、サバとは言え餌が少しは釣れていたからこんな贅沢を言えるのだが(笑)

カマスはそのうち専門で釣りたいなぁ。ちゃんと餌を食うようになってから。○っ○○が嫌いなような渚丸がカマス船で出始めたときが見極め時かと思った。昨日は茅ヶ崎、平塚、大磯、小田原の船がいたが、大磯の船以外はみんなちゃんと餌をつけて釣ってそうだった(^-^;

昨日は朝のうちは曇りで糞寒かったが、泳がせを開始した11時過ぎから晴れて良い天気に。暑いくらいだった。
20190217_091255
20190217_130229

泳がせの残り物のマサバには一匹丸々としたヤツがいたが、こいつは期待度降り身は真っ白でした。半身は〆サバにしたので、食うのが楽しみ。

2019/2/2 大原 長福丸 サバ~オニカサゴ

土曜日に大原に行ってきた。

この時期に勝浦方面で話題の豚サバだが、俺は未経験。時期も短いしタイミングも合わなくてね。この日も釣りに行こうと思ったが、勝浦は定休日。休みじゃない大原からサバ狙いで出ている船宿は無いかと探したら、ここがヒット。単に餌釣りのためのサバじゃないかという心配はあったが、釣果ブログにはデカイサバの写真が載っていたし、「うちはサバも長くやるんで」的なコメントもあり安心して予約した。

4時半集合、5時出港で一時間くらい走って到着したのは・・・、予想通り勝浦沖でした(笑)

さぁ来い豚サバ!と思ったが、俺は不発。細っそいサバしか釣れませんでした。釣れたのはこれ。
20190202_155103

まぁ、マサバだし、経験上この時期のマサバは小さくても脂があって旨いはずと信じて全てキープ。ゴマサバは1か2だけで(オニの餌として消費)、他は全てマサバ。いいねぇ。あとは金魚が二つ。

周りではたま~に豚っぽいのが釣れてた。本家勝浦の定義ではあれが豚なのかどうかは不明だが、まぁ丸々としたマサバよね。あれが一匹でも釣れたら言うことなかったんだけどな。

まぁ、豚サバ狙いのド本命の港から出てないし、こんなものか。ただし、この日のコンディションは良くなかったようだ。船長も操船しながら、「なんで群れがいねーんだよ!」とか独り言でキレてた(笑)

独り言ではキレた船長だが、若いせいかフットワークも軽くオマツリするとすぐに飛び出してきてサクッと対処してくれた。そんな船長でもえらく処理に時間がかかったオマツリが途中で発生。PEまでぐちゃぐちゃで右舷のミヨシと左舷のトモとかがマツっちゃう系のオマツリだが、それでだいぶ時間を使ったのも当日の敗因のひとつか。まー、しゃーないが。
20190202_075154

オニの部は潮が流れないとかで必死で誘って誘ってなんとか3匹。でも2つは小さいので逃がしてやった。俺には小さいのが連発したが、周りのオッサンの釣ったのはまともなサイズばかりだった。なぜ?と思って考えてみたが、俺の誘いは激しくてチビしか食いついて来ないのか、と思った。

周りのオッサンはものすごくスローな誘いとか、置き竿のひともいたりでちょっと驚いた。それでスローな誘いを真似してみたらやっと俺にもまともなヤツが釣れました。勉強になったぜ。
20190202_113303

初めて乗ったこの船宿だが、船長、大船長、女性陣、お手伝いするチビッ子、皆頑張っていて気持ちの良い船宿だった。大原に行くことはあまりないが、機会があればまた乗りたい船宿かな。

さて、肝心の細っそいマサバの味だが、期待通り◎だった。ちゃんと脂があって、塩焼き、サバ味噌、どれもかなり旨かった。ちゃんとキープして良かった。〆鯖は作ったが、かなり身にアニサキスが多かったのでちょっと腰が引けて冷凍しちゃった。いつもは冷凍の〆鯖なんて食わないんだが、今回はなんとなく。

その他、同じマンションのママ友コネクションで盛大にお裾分け。ちゃんと味見してこのくらい脂があればOKと判断してからね。旨くない魚をお裾分けするのは絶対に避けたいのよね。

そういえば、土曜日はものすごい良い凪だった。俺自身もいつ以来か思い出せないくらいの良い凪。ベタベタというよりは、たまに小さいウネリがやってきてふわーと船が上下する感じの、俺が好きなタイプの海(笑)楽しめた。
20190202_075203

ギャラリー
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/6/2 外房 勝浦川津 源泉丸 クロムツ~オニカサゴ~アラ
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
  • 2019/5/24 外房 御宿岩和田 明広丸 クロムツ五目
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ