昨日は勝浦の源ちゃんからムツ狙いで行ってきた。

釣れたのはこれ。
20190421_143241

メダイ6キロ、2、3キロのメダイ、小さいメダイ×2、カサゴまたはカンコの小さいヤツ、その他サバでした。他にも赤ちゃんユメカサゴはリリース、3キロくらいのメダイ×2はリリースしようとしたら大船長がくれというから置いてきた。

つまりは、本命のムツは不発でした。う~ん、いつもながら厳しい。ムツも当たるし、針がかりはするんだが、ハリス切れとか途中で針外れとかで一匹も上がらず。船中8人で皆同じようなことがあって、上がったのは2匹だけ。どんだけ厳しい釣りなんだか。でも、上がった2匹のムツは両方とも2キロオーバーとかで、羨ましすぎて泣きそうなサイズ。

昨日は勝浦沖のムツのポイントのなかでも大きいのが狙えるという場所。多分、数が出るという場所とは水深が違う。ハイリスク、ハイリターンの場所ですな。

出港は3時20分。珍しく昨日は大ドモを指定された。お、珍しいと思ったが、理由は分かった。この船の投入ルールだと昨日は前から順番に投入だから(真潮、南風)、大ドモはつまり最後。まー、一見さんのようなたまにしか行かない客だからしょうがないか。

港を出たら予想通り南風がそよそよと吹いていて、船は爆走するからローリングがそれなりにあった。真っ暗だし、酔いそうな気配はあった。が、たまたま隣に大船長がいたので、場所まではずっと話していった。今日の場所のこと、先週釣れたナイスサイズのこと、サメのこと、アラのこと、漁で八丈島や青ヶ島まで行ったこと、巣潜り漁のこと。さすがに一時間もあるとたくさん話せるわ(笑)おかげで酔わずに場所まで行けた。

最初の投入はまだ暗いうちだったが、無事に投入し底まで落ちた。すぐに左舷の真ん中の人にアタルがハリス切れ。俺にはアタリがないがしつこく下から探っていたら遂にきた。が、最後は浮かぶわけでもなく、元気に引いてくれてガックリ。小さいメダイが数匹ひどいオマツリをしてぶら下がってきた。

結果的ににはこの一投目が最大のチャンスで、このときに右舷の女性がムツを釣った。色々な船宿で何度か見かけたことがある、中深場の人だ。

その後は落とせばアタルが、上がってくるのはメダイとサバのみ。メダイのサイズが徐々に上がってきて、釣れた6キロはそれなりに嬉しいが、やはり本命が獲れないとねぇ。

ちなみにハリスは船宿おすすめの12号。それでもムツの歯に触れば切れるのは分かるが、どうしてあんなに切れるかねぇ。ちなみに、ここの船宿ではアタったら強烈にアワセて針を口にかけろ、という指導がでます。それに従ってアワセを入れていたのだが。若船長によると、底の潮がおかしくて、アタリがあって竿に伝わりにくく、そこでアワセてもすでに飲まれちゃってると。そんな感じでムツは7時過ぎまでやった。

後半のオニカサゴについては、特に言うことはない。本命はアタリすらなし。まあ、この船宿のオニカサゴ狙いは、ムツの帰り道についでにやっていく程度のものだしな。釣れなくても悔いはない。

さて、どうするか。船宿にはリベンジしますと行ってきたが、3キロオーバーのムツなんて、3キロオーバーのマハタよりも幻なんじゃないかという気はするね。釣れなくて当然ととらえたうえで、また行くかねぇ。ちょっと色々と対策を考えてね。

沖は良い凪だったが、移動中に突然黒い雲がかかりポツポツと降ってきたことも。が、少し走るとまた晴れ間に。
20190421_071033