金曜日は代休が取れたので、イシナギを狙いに行ってきた。とりあえず、すげぇ疲れました。

予約の時にオモリは何号かと聞いたら、「250か300号で」ということでタマげていたのだが、実際にこのオモリを手巻きのリール(タリカ25)で上げ下げするのはものすごく重労働。「あげて」があったら腰を落として全身の力(というと大げさだが)で巻いていたのだが、帰宅後に腕と膝にものすごい疲労感が出た。家族と買い物に行ったのだが、帰りには「もう歩けません」というくらい膝がガクガクに。当日の水深は60~80mくらいだったのでまだ助かったが、ここはやはり無理をせずに電動にしとくべきだったか。
DSC_1433


そして、当日は潮の流れが物凄かった。オモリを落としていくと一瞬底に着いた感触があるが、あっと言う間にビュンと流されていった。再度底を取り直すと10~20mくらい余分に出る感じ。当日は3人しかお客が乗ってなかったのである程度は糸を出しても平気かな?と思ったりもしたが、道糸がぐちゃぐちゃになりそうな気がしたので、底の取り直しは1流しで1回程度にしておいた。なので、底からどのくらいのタナを仕掛けが流れているのか、まったく分からず。

そして、根がかりしたときに本当の潮の流れの速さを知った。根がかりしたかな?と思った瞬間、キハダでもかかったのかと思うような勢いで道糸がピューっと出て行った。「魚?」と思って一瞬身構えたが、大船長が寄ってきて根がかりだよ、と。若船長は船を前進させて俺の糸が出ないようにしてくれたのに、そんなに流れる?と思ったが、「そのくらい潮が速いんだよ」と。大船長によると黒潮の本流が入ってきたとのことだったが、なんというか恐ろしさすら感じるくらいの潮でした。

当日の船は流したら西(または南)に移動して流し直す、の繰り返し。結構移動の時間が長いよねとか、僚船(基吉丸と沖合丸)と仲良く何度も流しかえるなぁなどと暢気に考えていたが、帰宅後にやっと状況を理解した。潮に乗って東に船が流されるから、何度もポイントに戻っていたのですね。帰港するときにおかしいと思ったんだよね、「あれだけ西に移動したのになんだかずっと同じ場所にいるよね、何か変じゃねーか?」って。素人丸出しですいません・・・。

当日は一投目でさっそく釣れた。いきなりガクガク来るから大船長に告げてアワセのタイミングを聞いたら、「もう良いんじゃないんですぁ」と気が抜けた返事が。そして、そんなに引きは強烈ではないけどもしかしたら良いサイズの可能性もあるよね?と思っている俺の横で、大船長はタモの用意を!「あぁ、タモですくえるようなサイズですか」と一瞬がっくりしたが、彼には最初から大したサイズじゃないと分かっていたのね。でも、ちゃんとすくってくれて、イケスに水を張ってくれました。

その後は何も無い時間が続いたが、9時くらいに餌を小さいヤツに変えたらまたアタリが。大船長は「またさっきと同じようなサイズですね」とすぐに分かったようだ。途中の引きは1匹目よりも元気というかギュンギュン突っ込むなぁ、と思ってあがってきたのはメダイだった。

当日釣れたのはこれです。イシナギ6.3kg、メダイ4kg。
DSC_1444


その後変なサメも釣れた。根がかりのときに捨て糸を切って必死で回収したらコイツがついてきたのだが、なんだか皮が毛布みたいな乾いた感触でちょっとキモかったです。
DSC_1439


残念だったのは、そろそろ沖上がりかなというころに出たアタリ。それまでもガツンという奪うようなアタリやガツガツと突付くようなアタリはあった。でも大して食い込まないし、若船長によると「イシナギならもっと早く食い込む」とのことだった。が、その残念なアタリはまるで違った。ググっという前アタリの後に、いきなり竿が持っていかれてドラグも出た。釣った二匹ではピクリともしないくらい締めておいたドラグなのに。これはまさか!?と思って竿を持ってさぁ合わせるよと思ったらもう軽くなってた。がっくりして仕掛けを回収すると、餌が針から大きくずれていた。イシナギの口は硬いということなのでアワセは重要とのことだったが、それを痛感しました。

そんなこんなで10:30に沖上がり。他のお客さんはカサゴしか釣れなかったようだ。当日は餌のイカ釣りはやらなかったので全員死に餌を使っていた。俺はスーパーで買ったスルメ、他のオッサンはヤリイカを使っていたようだ。なんとなく、餌は頻繁に替えた方が食いが良いような気がした。気がつくとイカの目玉がなくなってたりするしね。

当日は盛幸丸に乗った。前日に他の船に電話したらどこも満員だったので。盛幸丸のHPには「大型船」と書いてあったが、どこからの誰かのブログから「あの船はもう売ったから、今は小型の船」という情報は入手していたのである程度は覚悟していたが、当日の船は漁船でした。おかみさんによると釣り用の船もあるのだが、「今日は漁がないので漁船で」?ということらしい。

漁船なのでよく分からない機材がごちゃごちゃと置いてある。
DSC_1430


通路には座るスペースがないが、そのかわりに船の側面にイグローすら置けてしまう。これは便利だ。
DSC_1431


そして、ちゃんと椅子も用意してくれてました。非常に味のある椅子だが、釣りをするだけなら何も問題なし。快適です。まぁ、キャビンなどは無いから雨の日は大変かな。

DSC_1434


そして、一番驚いたがこれ。俺の席のすぐ横にあった・・・、「ショッカー」のスイッチが。テレビの大間のマグロ特集とかでよく出てくれあれですね。帰港後に大船長に本当にこれを使うのかと聞いたら、「使いますよ。大きいのはこれがないと取れない」とのこと。マグロ漁などもやっているようだ。ひえ~。
DSC_1438


釣りだけでなく、なんだか社会化見学的な観点からも楽しめた一日でした。


追伸

イシナギを釣りに行くことは個人的にずっと悩んでいた。持ち帰れるサイズならOKだが、それ以上デカいヤツが釣れたらどうする?船宿で引き取ってくれるとのことだが、それは釣り人としてちょっと無責任な気がしたし、無益な殺生はしたくないし、と悩んでいた。それでもまぁ、イグローに入るサイズなら持って帰って必死で食うぜ、と思って行った。そういう考え方からすると、6.3kgという手乗りイシナギは好都合なようにも思えたが・・・、実際に釣ってみると非常に物足りない。ハリス60号とかMとかSとかの金具類とか、モロコ針の40号とかで釣るにはあまりにも手ごたえが無さすぎ。もっとギュンギュン竿が絞り込まれて、道糸がピキピキ鳴ったりするような体験!それがしたいんです。という訳でリベンジ予定。俺も単純だな・・・。

ランキング用ボタンをクリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村