セルロースファイバーを使った断熱工法の作業の紹介です。
まずは壁面に専用の透湿防水シートを張っていき、

換気口などに気密テープを貼ります。

その内部にブロワーを使ってセルファイを充填していくのですが、

自重による沈下を防ぐために高い圧力で吹き込む必要があります。

すべてに充填し終われば穴から飛び出さないよう

更に気密テープを貼れば完了です。


天井にも隙間なく降り積もらせることによって

高い気密性と防音性をもたせることができます。



 

一見すると簡単に燃えてしまって安全性に問題があるのでは?

と思われますが、添加されているホウ酸の効果によって

燃え広がることなく優れた防火性能を発揮します。



興味を持たれた方はTOPページの『セルロースファイバー』をclickしてお確かめ下さい。