2010年01月24日

あるものとなるもの

私の仕事広報は、企業や団体などが持つ情報をマスメディアやインターネットなど情報技術を通じて、伝えたい対象者に正確にわかりやすく伝え、その結果として理解を得、期待する行動に結びつけるのが仕事です。広報業務に携わり20年以上になりますが、この考え方はほとんど変わりません。

もちろん、あるがままのことを感動的に伝えることも大きな意味があると思いますが、今ここにある財産、資産、基盤という、今の時点(ストック)の価値をこれからどう発展させるのか、それこそがもっとも重要であり、そのために広報という仕事をもっと生かしたいと思います。

そこで、将来構想であるビジョンが必要になります。

あるものを評価すること以上に、伝統や文化を含め現在あるものを今後どうしていくのか。企業経営だけでなく、まちづくりについても、将来の構想なくしては老いも若きもが参加する活動は不可能です。来月21日(日)には、私がPTA会長をする因北小学校で地元のみかんを使ったみかんもちつき大会を公民館、子ども会と共催で行います。

今日の昼、地元の新年の祈祷があり、地元八幡神社の宮司さんに、みかんもち大会で八幡さんのうすを借りようたいと思い、その依頼をしました。
宮司さんから「神社にあるものは地元住民みなさんのもの。どうぞ使ってください」という返事でした。いろんな方の関わりを深め、地元の人、もの、情報という地域財をどのように生かし、どのなるようにプロデュースするのか。私たちの自力と地域の総合力が試されます。

Posted by yoshikionishi at 14:30│Comments(2)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
ブログ拝見しました。

大西さんの広報へのスローガンを伺って、私も「今の事をただ表現する事以上に、それをどう未来へつなげていくかを考えて情報配信を実践する」という事は、今後この世界で生きていく私達1人1人が決して忘れてはいけない事ではないかと痛感します。

自分の周りで生きている人達や建物などをどういう視野で見渡していくか、そのちょっとした見方の違いで、人の未来って大きく変わる事が多いと思います。

また、時折ブログ拝見させていただきます。

今後もよろしくお願いします。
Posted by mitsu at 2010年04月23日 10:13
こんにちは。

この記事にたいするコメントではないのですが・・・

この間の公演、志隆さんのエンターテイナーぶりに驚きでした。

大西さんにすごく感謝です。

因島での公演の際には、是非教えて下さい。

必ず参加します。

ありがとうございました。

Posted by paper moon at 2010年07月02日 15:18