yoshiko8yのブログ

自分の周りの良いニュース

ENDO ライブラリー 4年ぶりに再開!

11月12日午後1時半~4時 ENDOライブラリー再開します。。
どなたでも、ちょっと顔を出すだけでも、本、絵本、立ち読み座り読みOK!
手ぶらできてください。世界で一番うるさい図書館です。
毎月第2日曜日のみです。場所はエンドウ語学スタジオ
tel:042-622-4326  八王子市子安町4-2-8 

高校時代の思い出8

高校最後の思い出は受験でしょうか。。。 私は英語の点数は良かったのですが、それ以外がほとんどだめ。でもどうしても英語教師になりたいと思い、それには東京外国語大学にいかねばという思い込みで受験を目指し勉強していました。夏休みに外語大でサマースクールがあったのでSさんとHさんと3人で巣鴨の近く北区西ヶ原の外語大キャンパスに3週間通いました。講師は外語大の先輩でいま、当時高校などの教師だった先生のバイトのような形でした。一日3時間、reading, grammar, composition を3週間つづけたのでそれは英語の力がついたと思います。でもその時の思い出は3人で同じバッグをそろえようと白い固い紙の四角いバッグをお揃いで買いました。ただ、白いでけではつまらないので、赤いテープで何か英語の言葉を書こうということで、二人はLAD,LASS そしてわたしはLOVE としました。なかなかかっこよく、自我自賛で得意げに持って歩いていました。
 その後、私だけが浪人し、SさんもHさんも現役で早稲田大学へ進みましたとさ。
そうして私の浪人生活が始まるのです。

高校時代の思い出7

 高校3年生のときの思い出は英語が好きで、担任の先生が英語の先生でハンサムでも何でもない真面目なタイプでしたが、私は大好きで、ファンでした。なので先生が翻訳した言葉を一字一句たがわず書き写したりしました。でも何といっても文化祭で 劇「青い鳥」をクラス全員で作り上げ、脚本は文才のあるTさん、監督は頭の良いSさん、衣装やお化粧はバレーのことで衣装やお化粧道具をもっていたTさん。私は音楽担当で、家にあるレコードを何枚も持ってきて放送室で録音をしました。その時、二人きりで狭い放送室であれこれ音楽についてやり取りするうちに一緒に作業をしていたギターの上手なD君でした。噂によるとD君は今でも実家(市ヶ谷)でアメリカンカフェを開いているらしいので行ってみたいのですが。。。今回は一方的に私が好きになっただけなので、手をつないで演奏しようなどとはいいませんでした。でもきっと彼もわたしのことを悪くは思っていなかったと信じています。「青い鳥」の配役はダブルキャストでみな二人ずついました。わたしは以前からあこがれていた悪役の魔女でした。衣装は黒いミニワンピースじゃらじゃらフリルがぶら下がっていて動くとひらひらします。お化粧役が上手に美人になるようにしてくれて私はまんざらでもない気分でした。だ部あるキャストのもう一人のOさんはロングワンピースで白いきれいなドレスをきた良い魔女をただ、黒くした雰囲気で、Oさんは卒業後NHKに就職したぐらいおしとやかで優しい人でしたので同じ魔女でもこんなに違うのね!という感じでした。大道具や小道具、その他いろいろな役を全員で担ったというのがとにかく自慢でした。全体にすごくうまく行って、一日目が終わりましたが、担任のK先生は見に来てくれませんでした。でも二日目の最後に、青い鳥が飛んで行ってしまう場面のほんの少しまえにK先生が入っていらして、青い鳥がスーと飛んで行ってしまうはずが! 糸でつないでいたのが切れて、鳥が落下したのでした。落下でがっかりというところでしたが、劇全体がすばらしかったので今だったらビデオで残せたのでしょうが、、、残らなかったほうが良かったのかもしれませんね。
プロフィール

Lucy (スヌーピー...

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ