日本橋 高島屋

の紙袋が捨てられない



単純にデザインも好きなこともあるし
なんだか東京もんの 付加価値で


たかが紙袋されど紙袋









学生の頃
大分県から神戸の大学にでてきている女の子と
仲良くしており




一緒に なんばの高島屋 に買い物に行き
薔薇の絵のついた紙袋をもらったときには

「 大分には TOKIWA しかないけん 」と

たいそう感動しており


帰省したときの家族のお土産にする と
話していた気持ちが今なら、わかる








先日その大切にしていた
日本橋高島屋の紙袋が
夫の手により
” 古紙入れ ” にされていた



つくづく、女心の分からぬ男、、


20141109102114_0





よしむら







pagetop


正月帰省中の姉と

近所の岩盤浴に行ってきました




ロッカールームで私の履いている
ANTIPASTの靴下を見て


「岩盤浴ごときに
 なんでそんなかわいい靴下履いてるの?」 



コープさんの2階に売ってそうなセーターを着ている姉に
言われたのですが







数年前に
お洒落な方に

『 近所のスーパーでも散歩でも
 お洒落して出かけたらいいんだ 』

と教えてもらったことで
産後とくに
児童館でも公園でも、かわいい靴下を履くように
ちょっとだけ意識していました









大切に大切に履いていた時よりも
だめになるのは早いかもしれませんが



「 かわいい!」

声をかけられたり
足元にかわいいがあるだけで

こころのモチベーションが違う



ような気が
します



IMG_0385





よしむら


pagetop


2017年の終わり


今回も、ジャニーズカウントダウンに
チャンネルを合わすと

変えられ



無事に新しい年を

迎えました








辛いこと
悩み
面倒なこと
腹の立つこと

全部
2017年に 置いて行ってやろう

と思ったのですが





2018年
新しい年になったからとて

何かが新しくなったわけでは
ありませんでした










でも、
新しい年が来きて
日の出を眺めていると

やっぱり生まれ変わったような
やり直せるような



新しいノートの
書き始め のような

そんな気持ちになります












今年もみなさまが
大切な人や
家族と
あたたかで平和で笑いのあふれる


一年となりますように





よろしくお願い申し上げます


IMG_0349



よしむら

pagetop

今年こそは絶対


革ジャン



と思うのに
いざ、買いに行くと

革ジャンが買えない



気に入ったものはすごく高価だったり
革ジャン慣れしていないせいか
なかなか似合う形に出会えない








ダウンにぐるぐるマフラーで
モコモコ転がりそうな時

革ジャンの人とすれ違うと
羨ましくて仕方ない










そういえば

夫と初めてデートした時
彼は革ジャンに、パンツはブーツインで現れた


革ジャンに ブーツインしている男の人なんて
東方神起 しか知らなかったので


3倍増しに
見えてしまった












今年も
革ジャンが買えぬまま
2017年が終わる

2018年も革ジャンは買えないと思う
けれど

どうか穏やかで平和で
家族みんな元気な年になりますように





皆様も
暖かなお正月をお迎えください



ありがとうございました



dog






よしむら

pagetop


もうすぐ
クリスマス



プレゼントはロマンチックにしておかないと









今年の6月
誕生日

確か、夫からプレゼントを頂いた
けれど


一体、なにをもらったのか
あれこれ考えても思い出せない

洋服だったような

自分で買ったものに
後でお金だけをもらったような。。。







一日考えて、ベッドでメガネをはずした瞬間

ようやく
思い出した



この、メガネ だ





長年使ってボロボロになっていたメガネを
誕生日に買い替えたのだった。。。


量販店で買った
この大量生産のメガネが
今年の誕生日プレセントだった




やっぱり
ロマンチックがないと




せっかくもらっても
忘れてしまう

のだ


tasclapimage_2331



よしむら



pagetop



1カ月ぶりに
夫が休みでした




1カ月も
夜通し働いていた夫を
労うこともできないほど
その妻も

疲れ果てていました











夫というものは
休みとなると家族で過ごすのが当然

と思って家族で出かけようとするクセがありますが




妻 ひとり

になる時間も
実は欲しかったり

するのです


RS=^ADBElY



 
よしむら

pagetop


京都亀岡から
トロッコに揺られ


嵐山で下車し


ぶらぶら歩いて



常寂光寺へ向かう道の途中

その団子屋はあります






まだ結婚する前に
夫と
訪れた冬の京都




寒い寒い と言って
団子屋に入った私たちは

 ぜんざい を食べました











時は経ち、先日
今にも雪が降ってきそうな寒さの中



娘と3人
あの日のように

手をつなぎながら
常寂光寺へ歩いていました





思い出の団子屋を見つけた私と
ほぼ、同時に夫が



「 この団子屋! 」そう言うので


ほんの一瞬だけ
あの日のふたりにタイムスリップしたような
気に 

なっていた私にむかって





「 あの頃は もっと可愛らしいかったなぁ・・・ 」
夫がつぶやいたので






ひとりでタイムスリップしていた私は


団子屋の暖簾をくぐって中に入り

ぜんざいを食べている
あの頃のふたりに会えるのならば





「もうちょっとよく考えて!」そう
アドバイスするかもな・・・と
思ったのだけれど

今日は言わないことに

しました



IMG_0051



よしむら

pagetop



家の近所で

偶然 





小、中、高と同級生だった男子に
遭遇し


わたしは嬉しくて

わーーーっ!と手をふりました









しかし彼は、

” あの頃のわたし ”  と  ” いまのわたし ” を
重ね合わせて合致させるまでに
ずいぶんと時間がかかり

3秒か5秒の間があいて
ようやく 手を振りかえしてくれました








3秒って 長いよな、、、






その3秒に

あ~ もうあのころのわたしって居ないんだな。。。




しみじみ落ち込んだ
秋と冬の間の日







よしむら


pagetop

16歳の頃

同じ部活の、ひとつ上の先輩に密かに恋をしました
阪部くんです



友人たちに相談するも
皆、

「 さかべなんて趣味が悪い。 」だとか
「 さかべはダサイ。 」とか言って

誰も彼の素晴らしさに
同意してくれる者はいませんでした






結局、密かな思いで終わり
なぜか私も たいして好きでもない人物と付き合ったりなんかして
高校時代が風のように過ぎ去り




あっ
という間に35歳になったのですが

先日その高校時代の部活の同窓会のようなものがありました






わたしは参加できなかったのですが

参加した友人たちが皆、
口々に

「 さかべ がむちゃくちゃ良いパパで最高だった 」
「 さかべ みたいな人と結婚したかった 」

と言うので



やっと分かったか~。。。


と思いつつ、
さかべと出会い直して結婚するわけにも
いかないので




せめて20年前の若きわたしに
「 あんた見る目あるね! 」と
言ってやりたく
なりました


lPxdoTL5Zyaqvkn



よしむら


pagetop

帰りが遅いと


早く帰れ


と言い





休みが少ないと

もっと家にいろ


と言い










いたらいたで、

腹が立つ







夫って


なんなの でしょう




IMG_9391 (1)



よしむら

pagetop

↑このページのトップヘ