先日、
ムジークに行きました


赤ちゃんをベビーカーにのせ、
ふたりで電車に乗る 
ということは
かなりのチャレンジでしたが 



どうしても
行きたかったのです







お店には


すばらしく綺麗で くるくる回りたくなるような
ワンピース


これからの季節 ( 人生 ) が楽しみになりそうな
ニット


スーパーでも出かけたくなるような
ポシェット 





日頃、
閉鎖的な 和室 に居るせいで、
和風 に見えていた娘の顔も
ムジークではなぜか、
オシャレ
に見えます





結局

強烈なオムツ代と 
その他、もろもろが頭をよぎり

欲しいものは 買えませんでしたが







4月のくもり空の夜


「 ふぅ ぎゃーーー 」


と、それはそれは 綺麗な声で泣きながら
生まれ出てきたわが子を





こんなに美しいもの 今まで見たことない





そう思った日のことを

美しいもの をみた帰り道

思い出したのでした。。





よしむら






 

pagetop



理科の授業中

” 条件反射 ” について 
 教科書で勉強しながら




梅干やレモンを 見ただけで唾液がでたり 
そんな単純な人間に
わたしは
絶対ならないぞ!


そう誓って小学校生活を送っていました




その甲斐あって
" パブロフの犬 ”
には ならないで暮らしていたのですが




同じく小学生の頃
元メジャーリーガーの松井秀喜は

「 人の悪口を絶対言わないぞ 」 と誓っていたそうで

やっぱり大物は違うな~と
思うのです







単純な人間にならないぞ

意気込んでいた小学生は
34歳になり


先日、久しぶりに まとも な服を着て
美容院に行ったところ



「 どうぞ 」



と渡された雑誌が
” オレンジページ ” で






VERY 読みたかったな~・・・

と言えずに
過ごしたのでした


photo008064







よしむら









 

pagetop


旅先に着くと すぐ

帰る日の事を考えてしまう 




荷ほどきをすると すぐ

忘れ物が怖くて
スーツケースの中に荷支度してしまう 




温泉につかっても

あがった後
髪を乾かしたりめんどくさいな~と
考えてしまう 








そういえば

東京に遊びに行き、帰宅後
世話になった姉に

「 楽しかった。ありがとう 」

お礼のメールを入れると



「 えっ!?楽しかったんだ 」

と毎度、驚かれる





こんな性分のわたしは
人生 楽しめていないのだろうか・・・


PB092661


よしむら
 

pagetop


久しぶりに
頬に
 チーク まで ぬり

夫とお出かけをした




と言っても
娘の4カ月健診


市の保健センターには、こんなに4カ月の赤ちゃん
どこに居たの?
というくらい居て


わが子の成長は
よそ子と比べて いかがなものかと
横目でガンガンに眺めていた






ふと横で、夫も何かを目で追っていたので
当然 、
わたしと同じように よその赤ちゃん の成長を
わが子と比べているのかと思いきや

視線の先には




” 美しい  よその奥さん ”




え、
「 綺麗な人のこと すごい見てるけど 」

と そのまま 夫に伝えると



「 僕は日常で女性に会うことなんてないのだ 」(仕事がら)

と強い口調で言うので、




わたしも娘も 女性 だのにな・・・ と




真ピンクのチークが
秋の空に
むなしく テカる 帰り道なのでした




IMG_2685



よしむら

 

pagetop



幼いころ


姉と じゃんけん をして、負けた方が 
父に話しかける役 でした



算数が分からず
父に教えてもらっていた姉が
怒鳴り声とともに 畳に投げ飛ばされていた
” 巨人の星 ” のような思い出






とにかく
父は 本当に
怖かったのです 







そんな父( じぃじ )が
孫を見ては
甲高い声をあげ、
ほくそ笑む
わけです








「 みんなから愛されるように上手に育てるんだよ 」



父が言ったまさかの ひとこと



娘が生まれた日から
毎日のように  わたしの頭を
よぎるのです





よしむら

 

pagetop

なにも かもに
センシティブになっていた
妊婦のわたし






正月に

夫がひいた
おみくじは











出産にむけ、
不安100パーセントだった私は
星占いすら、読まないで過ごしていたのに





おみくじをひく と言って聞かなかった

夫は 凶を引いてきて






今年は引越しも考えていたのに

" 転居 : 良くない "


という神様のお告げ
も、もらってきた









その夫に近頃

「 もっと おおらかに 」

と言われます






それなら
大吉引き当ててくれよ




image



よしむら













pagetop


こどもができるまで

" 保育園 "

に対して全く違う考え
を持っていました




1歳にもならない赤ちゃんを
保育園に預けて
職場復帰する友人などに対しても
心のどこかで



赤ちゃん、寂しかろうに…



と勝手に想像し



他人に任せないで母親がしっかり
こどもの側にいないと!



と勝手に母親の責任感を
莫大にしていました








まだまだ走り出したばかりの育児ですが
この4カ月で分かったのは


赤ちゃんは家の中で
疲労と不安でガタガタの
ママとふたりで居るよりも
誰か他人でも、ママ以外の人と居るのも

かなり、良い
ということ




まして、保育園なんて
こどもの扱いのプロが居て
たくさんの刺激を与えてくれます




この夏休み
昔、幼稚園教諭をしていた私の姉と
過ごしている我が子は
本当に穏やかで
ニコニコで
楽しげです



保育園で過ごすのは
こどもにとって
学ぶことの増える貴重な時間なのだと





乏しかったわたしの考えは
こどもが生まれたことで
どんどん
変わりつつ

あるのです

image





よしむら





pagetop


吉村家は

結婚して より一層、
毎日の食事には気をつけていた方だと思われる 







外食もほとんどせず
いろいろなメニューを 料理本片手に作って きた



それでも
煙草を吸ったり、コンビニの弁当を食べたりする
友人の方が子供がすぐに授かったり




うちは上手くいかないね~・・・
と泣いた日もありました







幸せなことに
4月に
無事に産まれてきてくれた わが子ですが

3カ月をむかえ 乳児湿疹 という症状が出始め

「 お母さん 食べるもの気を付けてください 」

と医者から注意を受け
現在、わたしの食事を見直し中





乳製品・卵・小麦・肉類

これらを食べずに
野菜の煮物や味噌汁、玄米ご飯
を食べる日々





あ、これがマクロビってやつか~。。。としみじみ

マクロビってオシャレな人がやるやつと
思っていたので

まさか自分がマクロビになるとは








相変わらず隣で
コーヒーミルク とエクレアを食べる
夫が

うらめしい



うらやましい




よしむら


 

pagetop

産後3カ月

赤ちゃんとの生活は
何ひとつ上手くいきません






同じ世代ママの
釈由美子のブログや
エビちゃんの妹のブログを

見れば見るほど


何ひとつ上手くいっていないのは
自分だけで
そんな私のこどもで
この子がかわいそう。。


なんて思う日々






ひとつ落ち着けば またひとつ
ひとつ解決すれば またひとつ


次々にトラブルが起きるのです




釈由美子のブログでは
トラブルは起きてません






きっと振り返れば
あっという間に成長する赤ちゃん




わが子の長い人生、
この一瞬は2度と戻ってこないのですが

それを楽しむ余裕のない私は




かわいい かわいい と
ほくそ笑む

夫がうらめしい





うらやましい





image




よしむら



pagetop


いくら言ったって
無駄です


当の本人が

「 産後はホルモンのバランスが崩れてねー 」 とか

「 赤ちゃんといると自己嫌悪に陥るー 」 とか 

「 疲れた~~ って帰ってこないで! 」 など


当の本人だからこそ

言ったって無駄です 





第三者の誰かが
夫にひとこと


「 旦那さんの役目はね奥さんの八つ当たりを
 受けてあげることよ 」

そう言ってくれれば
ようやく夫にも響く訳です





当の本人がいくら言っても
無駄なのです




よしむら 


 

pagetop

↑このページのトップヘ