3つ上に姉がいます。


私が中学生の頃、私立の女子高に通っていた姉は
やはり、ませていて。
イモの妹である私はついていけないよ感を
かもしだしておりました。


そんな姉がたまに、自分のお化粧ポーチを
持ってきては
「お化粧してあげる〜」
とメイクごっこが始まり
「ぅえ〜〜」
とか、言いつつも中学生の私はうれしかったような
気がします。


「高校生になったら、私のポーチも
 お化粧道具でパンパンになるのかな、、、」
とか想像していました。



しかし、そんなイモの私の化粧ポーチは
高校生になり、大学生なり、社会人、嫁
となった今でもスカスカです。

朝早く出勤し、夕方退社しても
化粧直し、
なんてしないのでポーチはスカスカで
帰りの電車の窓に映る自分の顔に

ゾッ

としたりする日々です。


DSC_0971.jpg


(よしむら)

冬のお正月、いつもは運行していない
深夜の時間に、電車が動いているのは
なんだかスキです。



高校生の頃、
冬休みにお友達の家のお団子屋さんで
アルバイトをさせていただいたことが
ありました。


寺に続く参道にある、老舗の団子屋で
朝は真っ暗なうちに出勤し、
お店で正月用のお餅や赤飯の準備を
しなければなりませんでした。


寒くて寒くて指はかじかんでいましたが、

ふくふく

と、セイロから出る湯気の匂いが
それはもういい香りで、
今でもときどきセイロの匂いをかぐと
お団子の陰から
高校生の頃の自分に会える。

ような気がします。


まだまだ季節はずれの
寒い季節の思い出です。

image.jpg



(よしむら)

結婚すると
たちまち、
デートに誘われなくなります。


たまに、主人との休みが合うと

「明日、どおする?」との投げかけに

「マンダイ(近所の激安スーパー)いこうか。」と


言われ続けています。



あれ?

水族館や映画は?
???


結婚する前は、
「コスモス畑に行こう。」
なんて、素敵なことを突然言ってくれていたのに。
結婚して1年、既に

「スーパー」
「スーパー」
「スーパー」

と誘われ続けています。


それを
幸せ。と感じれるかどうかで
10年くらい先の自分が変わるような気が
して、仕方ありません。

しかし、今のところ
「がっかり」


今年の夏はお友達も帰省しなかったし
奇麗なワンピースの出番は当分、
なさそうです。。


写真


(よしむら)



わざわざ書くのもどうかと思いましたが


いま、はやりの
熱中症になり、入院しておりました。
家の中で。

ただただ、自己管理のなさが招いたことで
非常に恥ずかしいのですが、その間に発見した
ことくらいは書いて、入院したがい。あったな。
ということにしたいので、ひとつ。。


退院後、ヨタヨタと我が家に戻ったときのことですが
明らかに、いつもと違う家の雰囲気を感じました。



...ん?


家の呼吸が止まってる!


ただ、シーンとしているだけ。というのではなく。


主婦って、毎日同じの、同じリズムで
朝の支度して お弁当作って 掃除して 洗濯3回まわして
ドラマ見て 夜ご飯の支度して 
と繰り返しの日々を過ごしているように思っていたけど
そうではなくて。もっともっと重要な、
家、全体のなんというか何か、を一生懸命こいでこいで
まわして息を吹き込んでいたんだな。

ということに気づきました。

百万馬力で我が家に命を吹き込む。
それが主婦の仕事だったのか、、、



ヨタヨタ
してても、
     
あ〜
毎日私がしてることって
意味があったんだなー。
と少しニンマリしたのでした。。


とにもかくにも
異常な猛暑です。
みなさま、くれぐれも
おおげさにこまめに水分とって
お気をつけください。
ニュースの中の話ではなく
こんな身近に入院した人がいるというお話、お忘れなくです。
秋までがんばりましょう、、、


(よしむら)



↑このページのトップヘ