母が
「おいっしいパンケーキのお店見つけたから
 今度連れて行ってあげるわ〜」

と東京から帰ってきました


「そんなに美味しいお店
 どうやって見つけたの?」

とスマホも持っていない
アナログな母に尋ねると

「表参道を歩いていて
 この人パンケーキ好きそうだな〜って人に
 『この辺においしいパンケーキのお店ありますか』って
 聞いた」

とのこと


そしてその見知らぬ、パンケーキ好きそうな顔の人も
ちょうどパンケーキ屋に向かうところだったので
連れていってもらったのだそうです。。。


ラッキーというか 感が良いというか
見習いたいというか



わたしはあまりにも
母を反面教師に育ったせいか
坊さんのような主人といるせいか

こんなにも
心配性でマイナス思考のジメジメになってしまったのでしょうか...



そんなわたしの来年の目標は
「言葉遣いを丁寧に」






2014.jpg



皆様にとって
たくさんの笑顔にあふれる
新しい年となりますようにー


よしむら


優しそうな旦那さんですね〜




言われると
「そう、 ですね」

と言うしかない



実際そうだとも、思う・・・



しかしもって

主人が
”優しそう” を手にしていくうちに


わたしは
”鬼嫁” にむかって全速力で
突っ走っている気がするのです




問題が起きれば解決しないといけないのは


言いにくいことを
円満に且つ、したたかに
交渉していくのも


少し先まで予想して
損をしないように計算するのも



世の中の優しくない部分を
そりゃ、妻がやっているのですから

主人は優しくいれるのですよ



反抗したい

時もある

訳です


2014merikuri.jpg


(よしむら)

ふと、気づくと
わたしはいつも

何かしらと、おびえている

ということに気づきました



「こんにちはー」と挨拶して
無視されたら

どうしよう



あまり乗らない路線バスに乗って
目的地につけず、変なところへ行ってしまったら

どうしよう



行きたかったお店が
閉まっていたら

どうしよう





5年ほど前に
青春18切符で、ひとり
岐阜の下呂温泉まで行きました

18切符は普通列車にしか乗れないので
出発の前夜、事細やかにパソコンで時刻表などを調べ
タイムスケジュールを作成したのですが

当日の朝、そのスケジュールメモを
しっかり家に忘れて出かけてしまいました


出発駅で早々に軽くパニックになったのですが
一発目の電車で遅れるとどんどんとずれ込むのが18切符
ここはもう来た電車に乗りこみ
自力の旅が始まりました


たくさんの駅員さんと話し、知らないおばさんと会話し
どこかの寒いホームで1、2時間次の電車を待ち


なんだかんだで下呂に到着できました


その日の温泉のポカポカと
飛騨牛の美味しかったこと


いい思い出なのです

t02200239_0380041311328852885.jpg



(よしむら)

〈〈12月3日 午後12時


「彼女にクリスマスプレゼントで
 かわいい靴下をあげたくて・・・」

男子大学生さんご来店



「男っぽいさばさばした彼女なのですが
 気に入ってる靴下がよく穴があくらしくて
 自分でちくちく縫っていたのを見て・・・」


クリスマスまではとても忙しいので
早めにプレゼントを準備して、当日はお家でゆっくり
初めてのクリスマスを過ごされる
そうです




〈〈12月3日 午後18時半


お昼間、お友達と二人でご来店された
女性のお客様が3時間後、今度はおひとりでご来店

さっきは着ていたチェック柄のコートも着ておらず


「実は、あれからずっと近くの喫茶店に二人でまだ居るんです
 電話してくる。って嘘ついて来ました

 彼女がさっき、かわいいな〜って言ってたスキーの靴下・・・」


久しぶりの再会でつきないお話
近頃お仕事が大変で
ヘトヘトにがんばっているお友達に

「どうしてもプレゼントしてあげたくなって」

秘密で買いに戻って来てくださりました






わたしは、こどもの頃から
12月の華やいだ感じよりも

1月の
しーーんとした中にある
暖かさ みたいなのが好きで

「クリスマスなんて興味ないね
 正月でしょやっぱり」

と公言していたのですが

今日2つも起きた靴下にまつわる
ストーリーに


12月って
暖かいな〜。。

とジーンとなりましたので、お裾分け
です。


sox_201312031906582e5.jpg


(よしむら)

↑このページのトップヘ