少し古い言葉
なのかもしれませんが


ほめ言葉に




「 感じがいい 」


というのがあります





山田洋次監督の作品のなかでも

ずばり

「 かわいらしい 」とか
「 美しい 」というのとは

微妙に違う





「 感じがいい 」



という ほめ言葉が 会話に出てきます












むかし
わたしの描いた絵を見た
父が



「 感じがいい 」



と ひとこと
言いました



父に誉められたことなんて
あまりないわたしは




絶妙な言葉だな〜
と思いつつ



今でも ふと
その日の情景を思い出します




IMG_7826.jpg






よしむら


こどもの頃


日曜日に通っていた教会で

バザーがありました



食器や クッキー どうしようもないものから
掘り出し物まで

なんとなく わくわくしながら
こども 全快に楽しんでいた わたし でしたが



3つ上の姉が
エンジョイして買ったものの中に



マドンナの
「 ライク・ア・バージン 」

のカセットテープがあり



なんて マセているんだ
と 仰天したのを
覚えています




頭にプロペラのついた変な帽子や
いい匂いのする消しゴム 等を
購入した3つ下の妹とは
レベルが違うかったのです








先日、姉に


「 夫のお義母さんはいつも、息子のことを誉めるよ 」
と冗談をまぜまぜ言うと



「 それはあなたのことが大好きで、そんなあなたに
 息子のことをもっと好きになって欲しいから言うんだよ 」



と 教えられ

ライクアバージン以来の
衝撃を受けたのでした







好きな人が
自分の好きなものを
好きになってくれるって
うれしいですよね。。



smile.jpg




よしむら

↑このページのトップヘ