カギっ子
末っ子


のわたしは

誰かに

「 おかえりー 」と迎えてもらった記憶が

ありません




一番最初にカギを開けて
一番最初に電気をつけて



だいたい次に帰ってくるのは 3つ上の姉









大人になり
結婚間近の頃

スーパーの袋を両手に抱えながら
玄関の前でカギを探し


「そうか〜 もうこれからも 
   ” おかえり ” と誰かを迎えることはあっても
 迎えてもらうことは ないのだな〜 」


と気づきました







友達の家に遊びに行くと

「 ただいま〜 」といって
カギのかかっていないドアを開けて入る
友達が


とても羨ましかった
のです。。




DSC_1011



「 いってらっしゃい 」
「 おかえりなさい 」

そんな言葉のあたたかさを知っている方で
ebagos は作られているんだろうな〜


そう思った
パスケースです




よしむら
 

台湾

に行ってみたいのです



テレビの特集や雑誌、本などで
見るたび


台湾に

行ってみたいのです





行った事のある母に感想を聞いても

「 小龍包が食べたいだけでしょ?日本で食べた方が美味しいよ 」

と言われ



わたしの好きな作家の エッセイでは
屋台で でたらめに飲んだジュースでお腹を壊し
台湾の病院に入院した というストーリー・・・







学生の頃 台湾に行ったことのある夫にも聞いてみたのですが

「 とにかく女の子が尋常じゃなく可愛かった 」

と、なんの参考にもならないことを言う始末






台湾で
安そうな雑貨とか、とにかく細々したものを見て、
小龍包が食べたいのです








関係ないのですが私はとても心配性なため

ついたホテルで荷物をほどいても、
すぐに帰る荷支度をしてしまいます



リラックスをしに旅行に行っているつもりが
常に緊張の糸が
はりっぱなし

という旅行音痴 なのです







こんな私にオススメの国は
日本くらいしか ないかも
しれません






DSC_0780



よしむら






 

↑このページのトップヘ