こどもの頃

2月14日
父が職場でもらった
両手に紙袋いっぱいの
チョコレートを持って帰ってくるのが

楽しみでした





姉と一緒に
綺麗な包み紙を開けて、

ウィスキーボンボンだと

「 なーんだ~ 」とがっかりして 







その父の両手いっぱいの チョコレートも
年々、数が減っていき


あ、あれが
バブルってことだったのか~ と
のちに理解するのです 









ホワイトデーの季節になると

ふと、ところであれは何だったの?
と思うことがあるのですが 



大学生の私に父が

「 なんでもいいからフランス製の香水を
  プレゼント用に買ってきてくれ 」

と言って
2万円を手渡し、遣いを頼んだことがありました





当時、香水が好きだったので
わくわくしながら選び
フランス製の香水をチョイスして

ラッピングをしてもらい
無事、父に渡しました





母にあげる訳もないし
聞くに聞けぬまま

香水のゆくへは分からぬまま
今日に至ります


buchi5



よしむら


 

夫の休みが
月に、2日あるかないかで

ひとり育児に限界を感じたある日



夫に
「 旦那さんが週休2日のママ友たちが羨ましい 」

と言うと




「 そんな週に2日も休みの人なんていない! 」

と返事が返ってきたので
怒りが 噴火 しました





夫というものは、妻の言うことを
まず否定する生き物なのはなぜ?
なのでしょうか







そういえば、友人夫妻の間でも
「 こどもふたりを乗せて走るのは大変なので
 電動自転車を買ってくれ 」
という妻の訴えに

「 電動だなんて贅沢だ。そんな奴はいない 」と夫に斬り刻まれ

合計20キロ以上のこどもたちを乗せて
毎日、保育園と職場を行き来するという
かわいそうな話を友人がしていた


その夫はのちに、あらゆる主婦や職場の人たちから
「 普通、電動自転車ですよ 」と言われ
ようやく、電動自転車を買ってやらなかったことを
懺悔していたらしいのですが



夫はなぜに
妻の言うことを否定し、
他人の言うことなら納得するのでしょうか…





この世で一番の
分からず屋です

lineline31




よしむら 



先日、ママ友の家に
初めてお邪魔した



洋風の、いま風の、室内は
真冬でも
とてもあたたかで 

リビングの大きな大きなテレビ画面に映し出された
” お母さんといっしょ ” を眺めている

その家の娘も  どこか満足げにみえた





日々、
和風で、古民家で、凍えそうな室内で
生活しているわが娘は


慣れない洋風に
ほっぺを真っ赤にし
モジモジしていたので

 
せつなくなった 








さて
年の初めにひいたおみくじに

「 転居:吉 」 とかかれていたし

今年は素敵な家に引っ越せますように・・・





よしむら 

数年前
確か、母の日のイベントで


近所の量販店に
幼稚園児が描いた

” おかあさん ” の絵が

飾られていました





近くの幼稚園やインターナショナルスクール など
5つの園が参加して
それぞれ20名ほどの園児の絵が

飾られていたのですが 





園児100名、各々
いろんな絵があると思いきや 


5つの園それぞれに絵が違うだけ

という とても奇妙な印象でした








ひとつの園内で
みんな同じような絵を描いているのです、、、


まるで

「 ほら、ここはこの色を塗るんだよ~ 」
「 おかあさんの絵ってこういうもんだよ~ 」

と、言われて描いたかのようで



100通りの おかあさん
ではなく、
5種類の おかあさん

を見て、
なんだか日本の未来が少し
不安になってしまいました




よしむら

 

↑このページのトップヘ