2009年09月17日

ユーヴェ、ミランに圧勝

 第24節ミラン戦をアウェイで迎えたユベントスは、6−0という圧倒的な強さで勝利した。

 前半20分、移籍以来4試合で4ゴール2アシストと大活躍中のシェフチェンコが、この試合でも先制のゴールを決めた。

 さらに後半になると、主将デル・ピエロが自ら得たPKを沈め2−0。ここでヨシミッシェル監督はシェフチェンコを下げる。

 しかしユベントスは一度引き寄せた流れを離すことなく、ここから20分間でデル・ピエロの追加点、トレゼゲの2ゴール、さらにマルキジオの今季初ゴールで止めを刺してタイムアップ。

 この勝利でミランは首位から3位に転落した。代わってインテルが首位に立ち、ユベントスは得失点差で2位につけている。
yoshimitsu51 at 20:05|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年09月16日

ヨシミッシェル監督、采配的中に満足

 後半初戦となった第20節カリアリ戦。シェフチェンコを獲得したユベントスは、システムを4−3−3に変更。中央にトレゼゲ、右にシェフチェンコ、左にデル・ピエロと豪華な布陣を展開した。

 このカリアリ戦でいきなり攻撃陣が爆発。新加入のシェフチェンコのアシストでトレゼゲが先制ゴールをあげると、またもシェフチェンコのアシストからジエゴが追加点。最後はシェフチェンコ自ら駄目押しとなるゴールを決め、この日1ゴール2アシストの大活躍。

 さらに続く21節シエナ戦でも1ゴールを決め、チームも3−0で快勝した。

 これについてヨシミッシェル監督は
「非常に満足な結果が得られてハッピーだね。しかし、同様の結果がインテルやミラン戦でも得られなければ意味がない。我々が望むのはスクテッドだからだ。」
と語っている。
yoshimitsu51 at 21:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

シェフチェンコを獲得

 ユベントスは前半戦19節を終えて3位。ブッフォンやカンナヴァロを擁するディフェンス陣はリーグ1位の失点数(8失点)だが、得点数は27得点と、首位ミランの44得点、2位インテルの41得点には遠く及ばない。

 そこでユベェントスは決定力不足を解消するため、ウクライナ代表FWシェフチェンコ(30)を獲得した。

 シェフチェンコは昨季終了後、チェルシーを退団し母国リーグに戻っていた。しかし、来年のワールドカップへ母国を導くためには、まだまだ自分の力が必要だと感じたようだ。そのためにも、欧州のトップリーグで活躍する必要があり、自身の全盛期を過ごしたイタリアへと戻る決意をしたようである。

 即戦力として迎えられたシェフチェンコが活躍できるのかどうか、再びイタリアサッカー界の注目が集まっている。

 また、ポルトガル代表MFチアゴが、エバートンへの移籍を決めた。チアゴは今シーズン、システムの変更やジエゴ、ヨッシ、マルキジオなどの若手の台頭で出場機会を失くしていた。
yoshimitsu51 at 12:46|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年09月15日

07−08シーズン登録メンバー発表

 ユヴェントスは07−08シーズンの登録メンバーを発表した。

GK ブッフォン
DF ファビオ・カンナヴァーロ
   アンドラーデ
   グリゲラ
   グロッソ
MF ポールセン
   ネドベド
   カモラネージ
   ジエゴ
FW デル・ピエロ
   トレゼゲ

リザーブ 
GK ミランテ
DF ブームソン
   キエッリーニ
MF マルキージオ
   ヨッシ(オリジナル選手)
   サリハミジッチ
FW アマウリ

ベンチ外
ゼビナ、ロベルト・コヴァチ、レグロッターリエ、ビリンデッリ、チアゴ、パーロ、ジャンニケッダ、イアクインタ

 ユベントスはファビオ・カンナヴァーロが復帰。さらにジエゴやヨッシの加入で中盤から終盤にかけての補強を行った。逆に前線ではパッラディーノやポイノフ、サラジェタを放出し、人員整理を行った。
yoshimitsu51 at 22:22|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

ユヴェントスでプレイ

長らくお休みしてました。

久々にユヴェントスでマスターリーグをプレイします。

ソフトはJリーグウイニングイレブン2007。

しかしながら移籍は09−10をちょっとだけ反映しております。

というわけでよろしくお願いします。
yoshimitsu51 at 18:27|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年03月08日

ヴィクトワレ、選手大量補強

トレード
エレーロ <=> アイサティ(PSV)
リーコック <=> ラーム(バイエルン)

移籍
マシューテイラー(ポーツマス)

契約
トルセン

 今移籍シーズンでヴィクトワレは大量に選手を入れ替えた。

 STには年齢的に衰えを隠せないデル・ピエロやトッティに代わりトルセンが、またCMFにはアイサティを迎えた。マシューテイラーやラームといったサイドアタッカーも獲得し、選手層を厚くした。
yoshimitsu51 at 01:19|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年度シーズン結果

 2011年度シーズンのヴィクトワレの結果は以下のとおり。

[リーグ]
優勝 勝ち点76、24勝4分2敗、70得点18失点
スヴェルコシュ 得点王 27ゴール
トッティ アシスト王 6アシスト

[カップ]
優勝
ドライ アシスト王

[WEFA CS]
優勝
スヴェルコシュ 得点王
トッティ アシスト王

yoshimitsu51 at 01:11|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2007年03月07日

ヴィクトワレ、3冠達成

 第33週、WEFAチャンピオンシップ決勝戦が行われ、ヴィクトワレとチェルシーが対戦した。

 試合は前半5分、左サイドをドリブルで突破したスヴェルコシュがそのままゴール。さらに前半ロスタイム、今度はトッティが右サイドからゴールを決め追加点。後半にもスヴェルコシュが2ゴールをあげハットトリックを決めると、そのまま4−0でヴィクトワレが勝利し、今年度の優勝クラブとなった。

 第31週にはカップ戦でインテルを破り優勝、32週にはリーグ戦でも2位インテルを破り優勝を決めた。1シーズンで3冠を達成したのは2006年のWEFA発足以来初の快挙となった。
yoshimitsu51 at 00:29|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年03月06日

[WEFA CS]18歳のジダンが魅せた

 WEFA CS準決勝でヴィクトワレはマンチェスターUと対戦した。

 前半6分、FKのこぼれ球を中央で受けたカマチョが左サイドのジダンへスルーパス。抜け出したジダンがファーサイドに沈め先制ゴールをあげた。

 その後スミスに同点ゴールを許したが、後半28分にスヴェルコシュが勝ち越しゴールをあげ、ヴィクトワレが2−1で1stレグをものにした。

 ジダンはスルーパスやクロスなどで攻撃の中心として活躍。後半20分にルイス・ゴンザレスと交代しベンチへ下がったが、両チームのサポーターから惜しみない拍手が送られた。

 ヨシミッシェル監督は
「ジダンはキーパーの位置を冷静に確認し、角度のないところからファーサイドへ正確なゴールを決めた。まだ若いがまるで老練な選手のようなテクニックを持っている。」
とジダンを褒め称えた。
yoshimitsu51 at 21:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

[D1カップ]カカ激怒

 第28週、カップ戦準決勝ASヴィクトワレ対ACミランが行われた。

 1stレグをホームで落としたミランは後がなく、2−0以上での勝利が決勝進出への絶対条件。その大切な試合で、なんとミラン監督はカカをOMFではなくRSBで起用。OMFにはバルディビアが起用された。

 この采配にはミランサポーターもヴィクトワレも、そしてカカ自身も疑問を抱いた。しかも2−1と勝ち越した後半18分、ミランはシステムを3−4−3に変更、RSBカカをベンチに下げFWフィリポ・インザーギを投入。カカはペットボトルを地面にたたきつけ、ベンチには戻らず控え室に引き上げていった。

 結局試合はこの後デル・ピエロの2ゴール目で2−2と引き分け、ヴィクトワレが決勝進出を決めた。

 以前ルイ・コスタがこのような扱いを受け他クラブへ移籍したこともある。カカ移籍説はより強いものになったのではないだろうか。
yoshimitsu51 at 20:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
Yoshimitsu
趣味ゲーム、ギターなどなど。
訪問者数