よしみ日記

NPO活動を通じて感じることやら、日々のたわいもないことやら、思うままにつづります。

2015年、ブログの最初は農園から

IMG_2636

















1年前に投稿してから、ブログから遠ざかり、facebookで日々のことをつづっていました。
よろしかったら、こちらをご覧いただけたらありがたいです↓
https://www.facebook.com/yoshimi.yamamoto.3975

でも、facebookをご覧にならない方から、「よしみさん、いったい今は何しているの?」と
聞かれることもあり。
ひっそりとブログを再開してみることにしました。
まずは、月1回ペースから(苦笑)。

IMG_2639

















農園は、お手伝いに来て下さってる内山さんのおかげで、貴重なチップを毎年いただいて、
杉やヒノキの香りたっぷりのチップでブルーベリーの株回りを覆っています

IMG_2642

















そして、冬はブルーベリーの剪定作業をひたすら。

IMG_2644

















自分の背よりもグングン高く伸びる枝を見て、途方に暮れる母。

母に「よしみ、この木も根元からカットね。」と言われて、せっせと切る娘。

IMG_2651

















今年も、美味しい実ができるように、冬も休まず、作業を続けておりました

ノーマライゼーション学校支援事業フォーラムのご案内

13年度フォーラムチラシ表





















2014年になって、初めての投稿は。
ノーマライゼーション学校支援事業フォーラムのご案内です。

この事業は、千葉県とNPOとの協働事業。もう7年目になりました。
今回は、済生会習志野病院の精神科医長の登坂真二さんにご講演いただきます。
学校支援事業の学校サポーターとして相談をお受けしていて、医療との関わりを正しく理解して、保護者、学校が連携していく重要性を感じています。
なかなか、精神科の先生のお話を聞く機会はないと思います。今回も、何とか講師をお引き受けいただいた貴重な機会なので、興味のある方は、ぜひいらして下さい!

******************************************************
ノーマライゼーション学校支援事業フォーラム
(千葉県とNPOとの協働事業)

発達障害のある子とその家族は、周囲の偏見に悩むことが少なくありません。偏見は障害への無理解から生じてきます。障害理解の基本には、医療との関わりが欠かせません。地域医療の現場を担う講師のお話を聞き、障害への理解を深めましょう。そして、医療と学校と家庭が協力して、少しでも偏見をなくし、暮らしやすい社会を築いて行きましょう。

日時:2014年2月8日(土) 13:30〜16:30
場所:千葉市ビジネス支援センター 1〜3会議室
   (きぼーる13階)[千葉県千葉市中央区中央4-5-1]

講師:登坂真二さん(済生会習志野病院 精神科医長)

<登坂真二さんプロフィール>
千葉大学医学部附属病院精神神経科、千葉市立青葉病院児童精神科、千葉県精神科医療センター、爽風会佐々木病院を経て、2012年から現職。
主に児童思春期診療に携わり、現在も外来で、一般精神科の他に、児童精神領域の診療を行っている。
また、ひまわり発達相談センター、県中央児童相談所嘱託医も務めている。

定 員:100名
参加費:1,000円
内 容:ヽ惺算抉膸業報告 登坂真二さんご講演
主 催:NPO法人ちばMDエコネット、
    千葉県教育委員会、千葉県
協 力:NPO法人VAICコミュニティケア研究所

申し込み【※事前申し込みが難しい場合、当日参加も可能です】
参加ご希望の方は、氏名、所属、住所・電話番号を明記し、下記申し込み先へ、メール(件名に「学校支援事業フォーラム申し込み」と明記して下さい)、FAX、電話のいずれかでご連絡ください。定員を超えてしまい、お断りする場合に限り、お申し込みいただいてから翌日までにこちらからご連絡いたします。

●ちばMDエコネット事務局
(コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉内)
電話・FAX:047-426-8825  Eメール:sun@mdeconet.jp

※本事業は、千葉県人権問題講演会・研修会事業補助金の対象事業です。

ひなたぼっこメンバーで、ディズニーランドへ!

4DSC00233












作業所ひなたぼっこで、初の遠出のレクリエーション!
11月30日に、ディズニーランドに行ってきました。

詳しくは、ひなカフェブログをご覧下さいませ↓
http://hinacafe.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-68d9.html

7月の佐倉ミックスベリーファーム

IMG_1765








お久しぶりです。よしみです。
日々、Facebookで様子を伝えていたら、「よしみさん、最近ブログは書かないの?」という声が。
なんと、夏に入るところの農園の様子を書いてストップ…

そんなわけで、7月からのちょっとダイジェストブログを書いていこうと思います(笑)。

IMG_1785








今年も、暑さの中でのブルーベリーとブラックベリー摘みは、7月と8月が最盛期。
特に、一番ブラックベリーが美味しかったのは7月の中旬でした。

IMG_1772








IMG_1777








今年は、潤菜どうしんの店主とスタッフの方、お友達も一緒に、たくさんで摘み取り

ランチに食べた、トウモロコシのおにぎりと、アイスクリームに幸せいっぱい

IMG_1782








IMG_1784








IMG_1787








皆さん、お疲れさまでした!


今年は、少量ですが、ラズベリー、ファールゴールド、ブラックラズベリー、ボイソンベリーといった珍しいベリーも収穫できました。

IMG_1727








ジャムも作りましたねえ。

IMG_1730








農園のキュウリもかわいかったなあ

IMG_1746








この夏は、本当にたくさんの方にお手伝いに来ていただくことができました。
また、お店で使っていただけるところも増えました。
ありがたいです

また続きのレポートは近々!

ブルーベリー×Little Breads To Go

IMG_1957











佐倉ミックスベリーファームで採れた、ブルーベリー。
船橋にある、こだわりのパン屋さん「Little Breads To Go」に納品。

IMG_1959





















毎年素敵なパンに変身です

IMG_1964

6月の佐倉ミックスベリーファーム

IMG_1715









久しぶりすぎる、投稿になりましたが…。
日々の様子、現在はfacebookでお知らせ中です。
https://www.facebook.com/yoshimi.yamamoto.3975

6月、7月、8月と、佐倉ミックスベリーファームは、ベリーの収穫期。
今年もたくさんのベリーが収穫できました!
ボランティアで収穫と草刈りに汗を流して下さったみなさま、感謝です

6月に収穫ができるのは、ブルーベリーの「ハイブッシュ」という品種。
大粒で、皮は薄く、平らな形が特徴です

IMG_1722









それから、今年はラズベリーも去年よりたくさん収穫できるようになりました。

IMG_1711









6月には、ジャガイモの収穫も

IMG_1714









キタアカリ、男爵、インカのめざめ、ベニアカリ、の4種類。
流山ゆめファームのメンバーに植え付けを手伝ってもらい、たくさん収穫できました

6月の記念の一枚。

IMG_1717









父の友人、鈴木さんの愛車です

千葉工業大学で授業をしてきました

1013950_414484118665816_907996153_n








4年ほど前から千葉工業大学の「インターンシップ概論」、という授業の中で年に2回、特別講義をさせてもらっています。前期と後期に1回ずつ。
NPOの現場を知ってもらうという趣旨で、ちばMDエコネットの活動を学生の皆さんにお伝えしています
福祉系NPO、ということになるわけですが、実際に障害のある人が周りにいないと、どんな活動をしているのかわからない人が多いのが現状です。
それから、担当の青木さんと話をして、NPOの施策提言の役割や、企業や行政の事業の補完的役割のことについても話すようにしました。

毎回、50名〜100名くらいの学生を相手にお話をするわけですが。緊張しますね(苦笑)。

今回は、私たちが取り組んでいるコミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉の活動を中心にパワポで画像をとりまとめて、知的障害のあるスタッフがバンド演奏をする様子や、高根台つどいの家の清掃の様子を映像でまとめているので、それを見てもらいました。
障害のある人が音楽活動をしたり、仕事をする様子を伝えるには、やっぱり彼らの姿を見てもらうのが一番、なんですよね。真剣なまなざしで映像をみて、話を聞いてくれたのが印象的でした。

…正直、午後イチの授業なので、眠い学生をいかに眠らせずに話を聞いてもらうか、私もいろいろ試行錯誤しつつ。
真剣勝負の1時間半(苦笑)。

そして、今回は最後に感想を書いてもらうことにしました。

感想のいくつかをご紹介したいと思います

***
・今回の話を聞いて、障がいのある子についての考えをあらためました。自分も、障がい者の方が仕事をできる社会になるように協力したいと思いました。
・僕も一度、中学校3年生の頃に老人ホームや障害者ホームへボランティアをしに行ったことがありまして、こういう人たちは果たして何ができるのか?と思ったこともありました。しかし、みなさんはやはり個性があり、僕が決してできないような技術や発想力があって驚きました。今回の授業を聞いていて、このようなことを思い出しました。
・障害のある人が働ける場所を作ることはすばらしいなと思った。障害者は守られる立場になりがちで、自分が働いて生活することは難しいから無理だと思っていました。ユニバーサル就労について学ぶことができて良かったです。
・知的障がいのある子は小学校や中学校でもいたし、同じ教室の子もそうだったから、学校に通うのは私たちと同じなんだなあ、と思っていた。けど、中学校・高校と卒業した後、彼らはどんな道を進むのか、というのは今まで知らなかった。あんな風に長期的に訓練して少しずつ仕事に慣れたり、地域になじんでいくことを始めて知ることができた。長い間を通して仕事に慣れてくることで、本人の行動が次第に変化していくということがとても印象に残っている。私の友人も知的障がいを持っているので、彼女も将来あんな風に社会で成長していくんだなと思った。
・自分のいとこも障がいを持っていて、障がいを持つ人と接していくのがいかに大変かわかります。それでも進んでやる人に感動を覚えました。
・障がいのある方の様々な活動についてわかることができた。フィールドアクティビティとしての活動への興味が出て、参加したいと思いました。
***

障害のある人との接点は、学生一人一人、それぞれに異なるので、どんな風に私の話を受け取るのかドキドキでしたが…。
私が伝えたかった、今の福祉の現状や、彼らが人として社会にかかわること、共に暮らして、働いていくことは少しは伝えることができたかな、と思います

そして、この授業は、このインターンシップ概論と合わせて、「フィールドアクティビティ」という、NPOの現場に入る授業も用意されているのです。…講義を受けてNPO活動の基本を理解して、現場に出て経験を積む。そこが千葉工業大学の仕組みとして素晴らしいところだと思います。

私が授業をする前から、フィールドアクティビティの受け入れ団体の一つになっていて、何人かの学生が活動に参加してくれました。
この数年は、他団体を含めて毎年数名の学生が履修をして、単位を取られているとのこと。NPOの体験をして、単位が取れる、というのは嬉しいですよね。昨年は、福島の被災地へ派遣された学生もいるとのこと。
…これから、より多くの学生にフィールドアクティビティに参加してもらいたい、という先生のご意向と、私もぜひ学生に来てもらいたいという思いがありました

そんなわけで、今回の講義の中では、他大学のインターンシップの学生さんのことや、ボランティアや研修生もたくさん受け入れているということをアピールして(笑)、何人かが興味を持ってくれたようです。

やっぱり、講義を聴くより、自分で一緒に活動してわかることが多いです。
学生さんに期待

今回、貴重な時間を下さった、千葉工業大学の荻林先生と、担当の青木先生に感謝です

美味しい野菜料理、「カーポラヴォーロ」

DSC_0005









休日。
ほぼ1年ぶりに会う友達とランチ。

ただ、友達は小麦粉、糖質、カフェインをできるだけ控えなくちゃいけないという食事制限付き…。
こういう場合は、昨年佐倉ミックスベリーファームにいらしていただいた、鳥海さんのお店がいい
…というわけで、高田馬場にある「カーポラヴォーロ」に予約をしていきました

12時半過ぎに行ったら満席で、にぎやかな店内
「野菜ランチ」を頼みました。

最初にねぎとジャガイモのスープと有機野菜のサラダ。
そして、メインが写真にある、9種の野菜の恵み。
ちょっと、写真を撮る角度が横からだったんですけど…。
この中で、真ん中にあるのはラザニア。
小麦粉を使っているということで、友達のプレートは、その他にも小麦粉を使っているものを別の野菜料理に変えて提供してくださいました。この心配りに二人で感激

目にも鮮やかな野菜料理は、旬のスナップえんどう、グリーンピース、ソラマメ、というお豆がふんだんに使われていて、前回来た時とは違った野菜の魅力満載

デザートのミルクレープは、クリームがふわっとして美味。
友人のプレートは、果物がメインのものに変えてもらい、紅茶も特別にハーブティーを用意してくれました。

いつの間にか、ランチタイム終了の時間に(苦笑)。
ゆったりしながら、体に良いものを二人で食べて、女子トークは盛り上がったのでした

今度は、ディナータイムに行きたい

ブルーベリーのネット張り作業、もう少しです

IMG_1650









もうすぐ6月。
ブルーベリーの実がなるのは、早いものでは6月下旬ころです

そんなわけで、4月からネット張りの準備を少しずつ進めています。
6月中旬までに何とか終わらせたいところ(苦笑)。
昨年のネットはシーズンが終わったところで取り外したわけですが、ところどころ切れて穴があいてしまったので、女性陣で繕います。
…が、延々と長い…。

IMG_1651









去年は、一番古いブルーベリーを植えているエリアの回りに支柱を立て、ネットを購入して張りましたが、仮設置の部分がありました。
今年は支柱を立て直し、ネットを張りやすくしています。
パイプは、長いものをカット。
「確か、パイプを切る電動ののこぎりがあったはずなんだけど。」と父の友人の鈴木さん。
「それは、お友達に差し上げたような気がするんですけど…。」と言いながら探して、やはりお目当てのものは見つからず。
ただ、別の道具でカットできるものがあったらしく、さっそくカット。

IMG_1654









写真では良く見えないですが、火花が散ってます
父の道具、かなりいろんなものがあって、私には使い方がわからないものもあり(苦笑)。
一度、倉庫の整理が必要

IMG_1652









切ったパイプを、すでに立ててある支柱につなげます。
その後で、ワイヤーを張り、ネットを上に張っていきます。

IMG_1653









ネット補修チームは、「こんな感じでいいわよね。鳥が入らなければいいんだから。」と言ったり、
「なんだか、ちょっと小さ目の穴も結構あいてるよねえ。」と私がぼやいていると、
「え?そんな穴あんまりないでしょ。…もしかしたら、私たち年配チームは見えないことにしてるかもね。ははは〜。」と切りかえし。
途中、真剣に沈黙作業。
そして、「なんだかこの裂け目は嫌な予感がする…。」と私が見つけた穴、というか切れ目は3メートル以上にわたって裂け目が。みんなでせっせと手分けして補修。
そんなところに、パイプをつないでいた相原さんが通って、
「おっと、今日は大漁ですか?」と。
「まあまあ、いい感じです。」

…漁師さんの網の補修もこんな感じなのかと話しつつ、なんとか終了

もう少しでワイヤーが張れるので、完成間近

ブルーベリーはだんだん色づいてきました

IMG_1643









ブラックベリーも、実がついてきました

IMG_1656

el corazonで、ディナー

IMG_1614









さて。
カフェのリニューアルは、少しずつ進めていますが、5月のGWでひと段落。
そんなわけで、保坂さんとディナーデート
フラワーラボデイジーヒルの保坂さんが店内のお花のアレンジをしているel corazonに行ってきました
二階席からちょっと見える大きな新緑をイメージした枝。4月までは桜だったそうです。
さすが、保坂さん

ディナーコースをお願いして、ゆっくり女子会モード(笑)。

IMG_1615









前菜の盛り合わせ
・夏みかんとブッファラのサラダ
〜ミントの香り〜

・イタリア産アカシアのはちみつでマリネしたサーモン

・美桜鶏むね肉の新茶のスモーク
〜燻製塩を添えて

「ブッファラ」って、水牛のモッツァレラ。少しクセがあるけど、美味しい。
鶏肉とトマトの相性、いいですね〜。

IMG_1616










・アスパラのクリームスープ

可愛らしいカップに入って、優しい味。

IMG_1617









・クレソンを練り込んだタリオリーニのアーリオ・オーリオ
 初鰹のタリアータと共に

この、タリオーニがすっごく美味しかったのです。
細い麺に初鰹がサッパリして合う

IMG_1618









・モンゴウイカとカルチョッフィのフリット

「カルチョッフィ」ってなに??
と思ったら、イタリアのお野菜。
「サトイモに似た感じですよ。」とお店の方の説明。
あ、「アーティチョーク」とか、「朝鮮アザミ」とも言うとわかり、あ、そうか、と納得。
それぞれの国の野菜や果物の呼び方、料理の仕方を知るのは、とっても面白いですよね
これが、ホクホクした感じで何とも言えない、私の好きなテイストでした(笑)。

IMG_1619









・仔羊もも肉のグリル 〜粒マスタードのソース〜

メインのお肉。
仔牛のやわらかいお肉に粒マスタードのピリッとした感じが合う。
…おなか一杯になってきました(笑)。

IMG_1620









・ラズベリーのムース 〜カーネーション仕立て〜

母の日に合わせたスイーツ。
ラズベリーのムースが甘すぎず、ふわっとして感激。

…完全に、お料理レポートになってますね

料理を堪能しつつ、保坂さんと仕事のことや、船橋の街のこと、いろいろお話
二人女子会は、時間を忘れて続いたのでした(笑)。