WTC発売中です。Categoriesより[ WTC yoshi version ]を見てください。
残り7本です。個別に連絡を取りたい方は「メッセージ」にアドレスを入力してもらえれば返信いたします。

2018年09月19日

リポバッテリーの管理 取り扱いについて

9月の3連休が終わっちゃいました。( ´△`)アァ-  でも安心してください!! また来週も3連休です。ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ 会社も有給取得を進めているのでお休み予定!!  秋分の日と言うことはこれから日が短くなりますね そろそろ白いゲレンデが恋しくなるころ・・・

さて今更ですがリポバッテリーの管理 取り扱いについて改めてまとめたいと思います。 リポバッテリーの初導入から10年経過しましたが、今まで大きな事故がなかったのは奇跡? 私なりの取り扱い方法についてまとめてみます。 また一部自己流なところがあるかもしれませんので以下の内容に従っても責任は取れませんので自己責任でお願いします。

Li-Po-001まずリポバッテリーとはリチウムイオンポリマー電池と呼ばれるもので取り扱いを間違えると発火する恐れがある電池です。よって三種の神器と呼ばれるものを必ずそろえなければなりません。三種の神器 其の一がリポ充電器とバランス充電です。 リポバッテリーはコネクタから充電だけをするとすぐに一杯になるセルと、そうで無いセルがあり均一に充電ができない性質があります。 よって各セルごとの充電量を見極めながら充電(バランス充電)をしなければならず、バランス充電ができる充電器が絶対に必要です。
 写真は最初に購入したハイペリオンのEOS 5i AC/DCです。この充電器だけではバランス充電ができないので別売りのバランサーLBA10をつないでバランス充電をしています。 この充電器を買ったときはバランサーは別売でしたが今では逆にバランス充電ができない充電器を探すほうが大変です。 なのでLI-Poが充電できる充電器であればそれほど気にする必要はありません。

Li-Po-002三種の神器 其の二がセルメーターです。 これは各セルの電圧を測定してバランスと残りの電力量を測定するものです。 リポは過充電と過放電に弱く電圧測定が必須です。
 上限は4.25V以上が危険ゾーンで4.35V以上は使用禁止
 下限は3.0V以下になると危険ゾーンです。
 セルバランスは各セルの電圧差が0.3V以上になると危険です。
なので常に残りの残量が定量的に目視管理ができるリポメーターが必要です。

Li-Po-003三種の神器 其の三が耐火バッグです。 リポは充電や放電中が一番発火の危険があり、充電中はもとより保管も耐火バックに入れるのが安心です。 YouTubeなどでリポを発火させる映像などがありますがありえない充電方法などで充電してわざと発火させているように見えます。 実際はキチンとルールを守って使えばこんなに便利な電池はありません。では続いて管理方法です。

Li-Po-004エアクラフトさんでリポがバーゲンセールだったのでまとめ買いをしちゃいました。新品で購入したリポは充電を行う前に必ず確認しなければならないことがあります。

 


Li-Po-005それはリポの電圧を測定することです。 電圧を測定してセルバランスが崩れていたりしたら即返品なので必ず確認を行います。 また私の場合は必ず同じ電池を2本購入するようにしています。 これは新品の時のバラツキが1本だけでは比較対象がないので分からず、使い続けていったときにバランスが崩れ始めたことが分かるように比較するためでもあります。 新品リポを測定したら3.75V 27%と出ました。 リポの保管は1セル 3.7から3.8Vが良いようです。 3.75Vならちょうど中間なので大丈夫ですね その他買ったリポを測定したらすべて3.75Vでした。 品質バラツキが少ないようです。

Li-Po-006また新品リポは内部がまだ活性がされておらずナラシをした方が良いとも聞きます。 1C充電で1C放電程度の負荷を2〜3回かけるといいみたいです。 私の場合は放電器の代わりに自動車用の12Vランプを使って放電をしています。 電球はオートバックスなどで1個100円台で購入ができて、負荷も1.74Aなので2200mAhだと1C以下の負荷です。 これを使って4.2Vの満充電から3.3Vの放電までを1C以下の負荷で1〜3回繰り返してナラシが完了です。

Li-Po-007え〜っと最新の充電器を買っちゃいました。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ ハイテック マルチチャージャー X2 AC プラス 250です。 イヤ〜バッテリーが増えてくると一度に2本ぐらい充電ができないと間に合わなくなるので前から欲しかったんですよね


Li-Po-008なんかいろいろと機能がついているみたいでAC/DC両方の電源からも使えてAC電源時にDC出力ができるようです。それと市販されているほとんどのバッテリーが充電ができるようでもちろんリフェも対応しています。充電は2系統合計で250W!!・・・・250Wってどういうこと?
ちょっと計算してみました。 手持ちの最大バッテリーは3セル 2200mAhなので
4.2V×3セル×2200mAh×1C充電=4.2×3×2.2×1=27.72W
2Cで充電すると
4.2V×3セル×2200mAh×2C充電=4.2×3×2.2×2=55.44W
これが2系統なのでさらに2倍で110.88W <250W以下なのでとりあえず大丈夫です。
仮に将来4S3300mAhを買って1C充電したとすると
4.2V×4セル×3300mAh×1C充電=4.2×4×3.3×1=55.44W
2本同時に充電しても55.44W×2=110.88W<250Wなのでとりあえず安心です。

Li-Po-009充電器に付属しているケーブル類です。とりあえずは2系統分あるので用は足りそうです。





Li-Po-010この充電器を選んだ機能のひとつがバッテリーの内部抵抗の測定です。 抵抗値が高い=ヘタリ の目安となるので早速手持ちのバッテリーを測定してみました。TURNIGYの3セルを測定してみました。 いずれも3S2200mAhですが左側は25-50Cで右側は35-70Cです。 左側は13/9/14 mΩで右側が6/7/7mΩでした。 右側のバッテリーはずいぶん前に買いましたがマダマダ行けそうです。

Li-Po-011気になったので手持ちのバッテリーを一通り測定してみました。

 


まずは3S 2200mAhから
HYPERIONグラフェン 3S 2200mAh 7 / 6 / 7 TOTAL20mΩ
HYPERIONグラフェン◆3S 2200mAh 6 / 7 / 4 TOTAL17mΩ
TURNIGY35-70C  3S 2200mAh 6 / 7 / 7  TOTAL20mΩ
TURNIGY35-70C ◆3S 2200mAh 6 / 5 / 4  TOTAL16mΩ
TURNIGY25-50C  3S 2200mAh 12 / 11 / 11  TOTAL34mΩ
TURNIGY25-50C ◆3S 2200mAh 10 / 12 / 11  TOTAL32mΩ

グラフェンは新品購入なので低いとしてもTURNIGY35-70Cが同等の抵抗値を持っているのは意外でした。まだまだ使えそうです。 こうしてみるとヘタり具合がわかりやすいですね

Li-Po-012続いて3S 2000mAh以下の測定です。





TURNIGY25-50C  3S 1800mAh 7 / 9 / 6  TOTAL27mΩ
HYPERIONグラフェン 3S 1800mAh 6 / 8 / 9 TOTAL23mΩ
HYPERIONグラフェン◆3S 1800mAh 7 / 8 / 7 TOTAL22mΩ
KYPOM 35-70C  3S 1500mAh 18 / 18 / 13  TOTAL49mΩ
KYPOM 35-70C ◆3S 1500mAh 18 / 16 / 17  TOTAL51mΩ
TURNIGY25-50C  3S 1000mAh 18 / 15 / 16  TOTAL49mΩ
TURNIGY25-50C ◆3S 1000mAh 16 / 18 / 16  TOTAL50mΩ
TURNIGY25-50C  3S 1000mAh 15 / 14 / 15  TOTAL44mΩ
TURNIGY25-50C ぁ3S 1000mAh 15 / 16 / 15  TOTAL46mΩ

同じバッテリーを2本以上そろえていますがいずれも誤差範囲内のばらつきです。3S 1000mAhは4本ありますがいずれもEDFに使ったりRYANでフルスロットルに近い使い方をしていましたが同等の内部抵抗値なので均等にヘタっているのがわかります。

Li-Po-013続けて今度は2Sを測定





KYPOM 35-70C  2S 2200mAh 6 / 7  TOTAL13mΩ
enLipo 25C  2S 2200mAh 8 / 7  TOTAL15mΩ
enLipo 25C  2S 1800mAh 14 / 17  TOTAL31mΩ
ROVIN 22-35C 2S 1300mAh 13 / 15 TOTAL28mΩ
ROVIN 22-35C◆2S 1300mAh 16 / 13 TOTAL29mΩ
enLipo 25C  2S 800mAh 30 / 21  TOTAL51mΩ
enLipo 25C◆ 2S 800mAh 24 / 22  TOTAL46mΩ
enLipo 25C  2S 800mAh 17 / 15  TOTAL32mΩ
enLipo 25Cぁ 2S 800mAh 17 / 17  TOTAL34mΩ
Tahmazo     2S 750mAh 20 / 25  TOTAL45mΩ

enLipo 25C  2S 2200mAhははじめて購入したリポなので10年近く前に購入したものですが、意外とヘタってませんね ちょっとびっくりです。2S 1800mAhはヘタり感があったので水モノに使うようにしてますが内部抵抗値からもヘタり具合が証明されました。
enLipo 25C 2S 800mAhは ´△脇瓜に購入してい録年後に追加で購入しています。
ヘタリ具合に差があるのはこのためです。スカイチョビィに使っていますが´△茲雖い諒が飛びが元気だったのが裏付けられました。

Li-Po-014購入したバッテリーはすべて購入日とナンバーリングと重量を記入しています。日付はどのくらい使っているか?の目安になりますし、重量は空モノの場合はバッテリー選択の目安になります。



Li-Po-015それと同じバッテリーを複数持っていると今日は1本だけ充電して使って・・・ということが発生します。次使うときに( ̄ー ̄?).....??アレ?? 前回ドッチを使ったっけ? とならないように目印をつけておきます。 オススメなのが食パンの袋などに付いてくるクロージャーをコードにつけておきます。 耐火バックに入れていても外れることはなく、樹脂モノなのでショートする心配もありません。 これなら前回コッチを使ったから今日はこっちを充電・・・ と一目瞭然です。




さて仕事の方も一段落・・・スカイチョビィに取り掛かるかな?

yoshimon at 23:57|PermalinkComments(0) 小ネタ&小技 

2018年09月16日

Robocat EMAX Simon Series 再セッティング

9月の3連休 いかがお過ごしでしょうか?  毎年夏休みは暑くて動く気が起きませんが9月の連休は過ごしやすいので出かけたくなりますね 高速代が安ければ気軽に出かけられるのですが・・・ 日本の高速道路は世界一高い!! (;`O´)oコラー!

Robocat-04-01さてRoboCatですが、毎回フライトの途中で横転して墜落・・・が続いています。 どうもアンプの設定をちゃんとしておかないとダメなようです。取説を見るといろいろとセッティングができるようです。



Robocat-04-02大事なのは電圧が下がった時のCutOffモードらしく、CutOffを切っておかないとモーターが止まってバランスが崩れて墜落・・・ これが原因みたいなので再セッティングをしてみます。


Robocat-04-03私が使っているのはEMAX Simon Series 20Aでありセッティング項目は全部で7項目あります。再セッティングの内容を書きだしました。 黄色がデェフォルトの内容であり青色の項目がセッティングを変える内容です。低電圧保護がONになっていると変なプロテクションが入るのでカットします。


Robocat-04-05セッティング内容はこのようになります。これから再セッティングを行うのにアタマでは覚えていられないので紙に書き出してメニュー6のセッティングを変更します。


 

Robocat-04-06プロポのスロットルチャンネルを使ってセッティングを行います。 スロットルハイが待ちのポジションになります。ビープ音を聞き取ってセッティングを行います。


Robocat-04-07スロットルスローが決定となります。

写真だけでは分かりづらいので動画にまとめました。(自分が忘れそうなのでメモ代わりにまとめました。)↓↓↓





Robocat-04-08アンプのセッティングとは別にBECもバッテリーから直接電源を引くようにしました。アンプからのBECだと低電圧になった場合に不安定になることが予想されるので安全策です。ドローンはバッテリー電源を4つのアンプ+モーターに電源を分けなければならないので、分電のためのプリント基板があります。名称はPDB(Power Distribution Board)と呼ばれるモノでありキット付属は単純に電源を分けるだけでしたがBEC付きのPDBがあるんですね 会社の仲間からいただきました。<(_ _)>ありがとうございます。

Robocat-04-09まずはキットのPDBを外します。ちょっとハンダが汚い・・・






Robocat-04-10新しいPDBですがXT60コネクタを直付けするようになっていました。ハンダにストレスがかかりそうですが・・・ Robo CatはPDBとコネクタの距離が遠いのでXT60コネクタをニッパーで粉砕して中の端子を取り出してシリコンコードをハンダ付けしました。 


Robocat-04-11新しいPDBの搭載完了!!"\( ̄^ ̄)゛ハイ!! これでアンプの再セッティングとBECの別電源化が完了しました。これでフライト途中の横転→墜落が改善されるかな?





さて今週は有給取得推進日となっていますが3連休!! 最近忙しかったのでノンビリとしたいけど・・・

yoshimon at 23:27|PermalinkComments(0) Robocat 

2018年09月09日

いろいろ購入

9月になりました。 8月末に韓国と中国に出張に行ってきたのですが初めてお腹の具合が・・・(*´Д`*) 何が悪かったのでしょうか? 同じものを食べた日本人はピンピンしていたのに自分だけお腹がイタイ・・・ 仕事によってはまた行くことがあるんだけどちょっとコワイ(´ヘ`;) う〜ん
SEA-WOLFの販売の方ですがヤフオクで出品をしていますが売り上げはサッパリヽ( ゜ 3゜)ノ ピストンバラスト式フルセットは早々に売れたのですが残りの3隻はサッパリです。 売れてくれないと次回作の資金が底をつきそう・・・

いろいろ 180903-01さて最近海外通販デビューをしてからいろいろと購入しています。ホビキン Banggood AliExpress が主な購入先でいろいろと使い分けてますが仲間から防水ケース付き小型カメラがバーゲンしているよ!!
と情報を得たので早速購入してみました。 購入したのは Quelima SQ12 Mini 1080P FHD Car DVR Camera with Waterproof Case Shell  です。バーゲンだったのでTOTAL1923円で購入!!  8/8に注文して到着が9/2なので到着まで約1か月かかりました。 なにやら送料無料の場合コンテナ便に詰めるだけ詰めてから発送となるのでコンテナがいっぱいになるまで出荷待ちとか・・・ まあBanggood は対応が確実と聞いていたので届かなければ返金処理かな?と思いましたが無事に届きました。30m防水となってますがほんとかな? 重さも軽いので飛行機にも載せられそうです。いったいどんな絵が撮れるのかちょっと楽しみです(^∀^)/

いろいろ 180903-02お次はバッテリーです。エアクラフトさんでバーゲンセールをやっていたので思わず買ってしまいました。 と言うかホビキンでリポバッテリーが買えなくなりました。 正確には日本への発送が今の所できないようです。 よって国内のショップから購入するしかなくエアクラフトさんの値段がホビキンと比べると数百円差だったので渡りに船でした。 どうせ買うなら最新式と思いグラフェンを購入しましたが性能差は?未知数です。3S 2200mAhを3本 3S 1800mAhを2本 2S 2200mAhを2本購入しました。3Sはドローン用で2SはSEA-WOLFの販売用に使います。

いろいろ 180903-03早速購入したリポの電圧チェック!! ( ̄ー ̄?).....??アレ?? 3セルともに3.75V 容量28%だとちょっと電圧が低いような気が・・・ でも各セルのばらつきはないですね




いろいろ 180903-04もう一本別のバッテリーをつないでみると・・・ やっぱり3.75Vです。 他のショップで買ったリポは大体50%の容量を持っていてのですが大丈夫なのかな?




いろいろ 180903-05最後に2セルをつないでみると・・・やっぱり3.75Vでした。  買ったすべてのバッテリーがこのように3.75Vになっていましたのでコレが正しいんでしょうね  後でネット検索をしたら3.7〜3.8Vぐらいが正解のようです。 長く使いたいと思うのでリポの ならし を行ってから使いたいと思います。

いろいろ 180903-06( ´△`)アァ- バンドソーの刃が折れたんですよね 鉛を切るときは刃が食い込みやすいので要注意ですね カンタンにポキッと折れちゃいました。
 



いろいろ 180903-07バンドソーの刃は4本ぐらい持っていまが4本すべてが折れてから、まとめてロウ付けを行っています。例によって破断箇所を観察しましたが4本ともロウ付け部から破断ではなく、新しい箇所が破断しているので溶接では無くロウ付けで十分なようです。 折れたらその都度繋ぎ直しているので、つないだ分だけロウ付け箇所が増えていますが、継ぎはぎの回数と刃がボロボロ どちらかが限界になったら廃却します。 5回ぐらいが限界なのかな?  ロウ付けを覚えたのでバンドソーの刃をロールで買えればかなり安上がりになりそうw( ̄o ̄)w オオー!




さて9月で涼しくなってくる頃ですがスキーシーズン前にはチョビイを完成させたいですがその前にドローンをリペアしなくては・・・ 

yoshimon at 23:43|PermalinkComments(0) その他(^0^)/ 

2018年08月19日

F-3A 15E V2(EPO) skylark モーター交換

あぁぁ( ´△`)アァ- 夏休みが終わります。 このマッタリとして時間の流れが今日で終わってしまうとちょっと悲しい・・・ 明日から通常業務に戻りますが、いつもの仕事の波にのるまでちょっと時間が掛かりそうです(〃´o`)=3 フゥ

さて夏休みの間でずかスカイチョビィを作る予定でしたがいろいろとバタバタしていて何もできていません。 というかちょっと空ものがトラブル続きでした(´ヘ`;) う〜ん 

F-3A 15E-03-01まず夏休み初日は例によって会社仲間と飛行会を開催しました。 当日はとっても暑く背中がジリジリと焼けました(´ヘ`;) う〜ん ここでのトラブル第一弾はF-3A 15E V2(EPO) skylark のモーターが焼けました!! いつものように1フライト目は無事に終わったので2フライト目!!とバッテリーを接続したらモーターから煙がモクモク・・・ ( ̄△ ̄;)エッ・・? と思いもう一度繋いでもモクモクと煙が・・・ なんで1フライト目が大丈夫だったのに2フライト目でダメなの??? "o(-_-;*) ウゥム…
前回泥に突っ込んだ時の泥除去されておらず擦れてモーター線が剥がれて短絡してしまったのでしょうか? 今までのことをよく考えるとこのモーターは一度飛ばすと結構アッチチになります。 すぐに続けてフライトは出来ないほどに熱くなっていました。 スロットルも常に全開では無く60〜80%程度の飛ばし方をしていても熱くなるのでモーターの負荷が高かったのか? いずれにしても、このモーターと9×6のペラの組み合わせでは負荷が高かったようです。

F-3A 15E-03-02モーターはもう使えないので交換します。 交換の前にまずはサイズ測定!! 外径は28mm 10T 1100KVって書いてあります。





F-3A 15E-03-03長さは32mmでした。電線の取り出しがフロント側なのでモーターグライダーなどと同じフロントマウント方式です。





F-3A 15E-03-04家の工具箱をゴソゴソと探すと・・・w( ̄o ̄)w オオー! 
FSD FC2835-08 1038KVが出てきました。 SPECをKK HOBBYで探すと・・・

【FSD FC2835-08 1038KV】
タイプ:アウターローター
リポセル数:3〜4セルまで
KV値: 1038KV
通常電流 : 20Aまで
最大電流 :25A(5秒以内)
サイズ:直径28 x 長さ33.9 mm(シャフト部を入れた長さ45.5mm)
シャフト径:4.00mm
重量:68g
モータービス穴間隔:16mm一対、24mm一対
ペラ  電圧(V   電流(A)  回転数(rpm) 推力(g)
9x6   11.1V   16.1A    9180rpm   920g

外径は一緒で長さが1.9mmだけ違いますね ま〜長さは許容範囲内ですね
電流値も20Aなので範囲内であり推力が920gなのでちょっと期待できそうです。
なのでこのモーターに換装します。

F-3A 15E-03-05早速交換しますが2つのモーターを比べて分かるようにシャフトの長さが異なります。 よってシャフトは元々のモーターから外して移植することにします。またFC2835-08はバックマウント式なのでフロントマウント式に入れ替えなければなりません。 どっちにしても一旦バラさなければならないので一度両方のモーターをバラします。 まずは両方のモーターともEリングを引っこ抜きます。

F-3A 15E-03-06元々のモーターからシャフトを抜きますが、イモネジを外して万力の上にモーターを置いて、シャフトに対して真っすぐに上から叩いてシャフトを抜きました。




F-3A 15E-03-07元々のモーターのバラシ完了!!
泥が残ってましたね 泥がアウターローターと電線の間に残っていて擦れて電線のエナメルが剥がれてしまったのでしょうか?  もうこのモーターは使えませんが、貴重なネオジウム磁石は他のことに再利用が出来るのでアウターローターから磁石は外しておきます。 磁石とアウターローターは接着剤で止まっているだけなのでカッターなどでコジってやるとカンタンに外れます。

F-3A 15E-03-08FC2835-08のバラシです。 このモーターはトムさんに頂いたバルサキットのT-34で使いましたが機体の重さとモーター推力が合わずパワーが無かった思い出が・・・ シャフトにシムが付いていたのでアウターローターとの調整用に取っておきます。


F-3A 15E-03-09FC2835-08のシャフトもイモネジで止まっていたのでイモネジを外してシャフトを叩い・・・ ポロッとシャフトが外れました。 前に使っていた時にシャフトを曲げた記憶が(´ヘ`;) う〜ん 軸の根元がちょっと開いてますね 



F-3A 15E-03-10両方のシャフトを比較すると、いずれも4mmなので流用は可能でEリングの溝も合いそうですね





F-3A 15E-03-11シャフトの入れ替え完了!! アウターローターを組み立てる際にアウターローターとモーターが擦れないようにシムで調整してEリングで止めました。 アウターローターとシャフトのガタは脱脂して高強度の瞬着でガッチリと接着 ついでにイモネジもねじロック剤で緩まないようにしました。


F-3A 15E-03-12長さの比較です。 無事にシャフトの入れ替え完了です。 






F-3A 15E-03-13肝心の機体への取り付けですが C=(^◇^ ; ホッ! 見事にボルトオン!! 無加工で取り付けが出来ました。





F-3A 15E-03-14機体内部側からです。 電線の取り出し方向が若干変わっています。 モーターマウントと擦れて断線するとショートの可能性があるのでビニールチューブを巻いて対処しておきます。



F-3A 15E-03-15ペラとスピナーをつけて隙間の確認!! 機体と干渉もないのでバッチリです。(^_^)v





F-3A 15E-03-16ではモーター乾燥後のテストフライトです。 ( ̄△ ̄;)エッ・・? いつも飛ばしているところにこんな立て看板が・・・ イノシシ出るの? 河川敷なんだけどイノシシの巣でもあるの?




F-3A 15E-03-17ではではテストフライトです。 結果は・・・・ンモォー!! o(*≧д≦)o″)) なんで最初からこのモーターにしてくれないの!!(怒) イヤねもうホントにペラとモーターがベストマッチでした。 まずは離陸ですが今まで初速がつくまで少し距離が必要だったのですが5mも走れば離陸してくれます。上がってからは変な反トルクも無くスロットルも60%程度で演技ができます。 今までトルクロールもどきをやると推力が足りないのかうまく持続できなかったのですが、モーターの引きが強くなり今までより持続します。  うれしかったのが1フライト目3S1500mAhで7分程度飛ばして下してモーターを触ってみたら・・・w( ̄o ̄)w オオー! 触れる!! 前は触れないほど熱かったので次のフライトまで待たなければならなかったのですが、手で触れるぐらいの温度なので続けて2フライト目に入れます。 
結果としては、モーターの推力も上がってバッテリーの持ちも変わらず、モーターの発熱も抑えられてすべてにおいて問題無し・・・と言うよりなんで最初からこのモーターにしてくれなかったのでしょうか?  モーター付きのキットを買ってもこのモーターに変えることをお勧めします(^∀^)/



さて夏休み中はこれ以外にドローンのトラブル対応でした。
何とか出口が見え始めたかも・・・

yoshimon at 21:37|PermalinkComments(0) F-3A 15E V2(EPO) 

2018年08月09日

F-3A 15E V2(EPO) 重心位置

8月!! チビッコは夏休み真っ盛りですね 先週は親戚の子供たちが遊びに来ていろいろとお出かけで大騒ぎ!! 一足早い夏休み気分を満喫できました。でも遊び疲れたね(´ヘ`;) う〜ん  遊びの充実と共に仕事もピーク!! 日本が休んでいる間に韓国人と中国人に仕事を指示しないと((((( ( (ヽ(;^0^)/

F-3A 15E-02-01 さてメッセージよりご質問が1件ありましたのでF-3A 15E V2についてちょっとupします。 この飛行機は今まで飛ばしていた中で自分の好みと物凄く合う飛ばしやすい機体です。 ムサシノのスカイチョビィと同じぐらい「もう一度買いたい飛行機」に入るぐらいお気に入りです。ただ取説が無く重心位置が不明なのが難点!! なので同じ時期に購入していた飛行機仲間から重心位置の写真をもらいました。 意外と前寄りなんですね 後ろ重心過ぎるとちょっと飛ばしづらいので写真の位置がベストでした。 KYPOM リポ3S1500mAh 123gをモーターマウントの直後に配置して追加のオモリなどは無く重心ピッタリでした。

F-3A 15E-02-02 物凄く飛ばしやすい機体なのでスタントの練習をやってましたが あぁぁ(´ヘ`;)  やっちゃいました。 前回の飛行会で見事にドボン・・・ よりによってなんでドロまみれのところに落ちるの? ナイフエッジの練習で右に傾けて飛んでいたら高度が下がってラダーを当てる前にあらら・・・  瞬間的にモーターはスローに落としたのでそれほど大破は無くとりあえず原型をとどめています。 臭〜いドロを落とすところから始めます。 

F-3A 15E-02-03モーターマウント周りのベニヤが割れたのでまずはいったん外します。 外してみると・・・ ( ̄ー ̄?).....??アレ?? こんなに曲がっていたっけ? サイドスラストが付きすぎじゃない? でもよく見るとマウントが座屈している形跡は無くベニヤとマーターマウントの接着面が剥がれていないのでこの形状が正解と判断します。  半信半疑でしたがこの後フライトしてみてこの形状が正解でした。

F-3A 15E-02-04胴体を切開!! モーターマウントを取り出すために胴体を切開しています。 ま〜そもそも胴体は左右を張り合わせているので接着面にカッターを入れてパカッと割りました。 きれいにドロを落としてモーターマウントを挟んで接着しました。割れているベニヤ部分は転がっていた航空ベニヤでサンドイッチして補強しました。これで元通り・・・ ちゃんと飛ぶかな?

F-3A 15E-02-05修正後フライト!! 輪ゴムは機体を接着したのが前日なので念のため付けていますが、1フライト後は取り外しました。 いつも思うのですが墜落→修理→初フライトって緊張しませんか?  今まで調整していたトリムがすべてリセットされ、どんな飛び方をするかもわからず、 ましてやモーターマウントをイジっているとサイドスラストやダウンスラストがどれだけズレているかもわかりません。修理後はまっすぐ飛ぶかも分からないのでドキドキです。
では初フライト・・・スロットルUP…o(;-_-;)oドキドキ♪
  

まっすぐ・・・・・飛ぶ!! w( ̄o ̄)w オオー!
ロール・・・ 前と変わらない  宙返り・・・( ‥) ン? ちょっとズレるのでラダーで補正
インメルマン スプリットS キューバンエイト ( ̄ー ̄?).....??アレ?? 墜落前とあまり変わらない イイ意味で裏切られました。 買ったお店ではスペアボティが売っていたので初フライトによってはポチッと行こうと思ってましたが全く必要無いことが分かりました。ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ
多分墜落したときに真っすぐにスピナーから突っ込んだのではなくナイフエッジ状態で横から落ちたのが良かったんでしょうね 結果的にモーターマウントのズレが無く墜落前と変わらない結果になったと考えられます。



さてそろそろ夏休み突入!!  夏休みは何をしようかな?
まずは販売用に作っていたSEA WOLFが売れましたで出荷作業を最優先で進めます。(^∀^)/

yoshimon at 14:04|PermalinkComments(0) F-3A 15E V2(EPO) 

2018年07月22日

海外通販にてWPLトラック 到着(´ー`)y─┛~~

(;´д`)ゞ アチィー!! ほんとに暑いですね〜 いかがお過ごしでしょうか?
この暑さは人間として大事な何かを吸い取られてしまう暑さです。(´ヘ`;) う〜ん 生命の危険すら感じてしまう暑さです。  やる気が起きず頭の中が夏休みモードになるのは私だけ? 

ホビキンさてSEA-WOLFも完成したので次に何をするか考え中ですが、実は海外通販デビューしました。(^∀^)/ 第一段はホビキンに初めて発注してみました。 結果は・・・ ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ 無事に届きました。 何事もなく無事に・・・と言いたいですが、ちょっとしたトラブルと言うか手続きに手間がかかってしまいました。  実はカートに入れていた一部の商品がタッチの差でバックオーダーになってしばらく止まってしまい、ま〜気長に待つか・・・ と思って2週間ほど経過したらホビキンからメールが来て、しばらくモノは入荷しないからバックオーダー品をキャンセルして残りを送るか?  代替品を送るか? それともさらに待つか? どうするか答えてね ってメールが来たので、新たに頼みたいモノもあったので一度すべてをキャンセルしてもらって再発注しました。 ( ̄△ ̄;)エッ・・? 日本語で問い合わせたのかって?  ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ 日本語で通じるわけがありません。もちろん回答と問い合わせはすべて英語です。 Google翻訳を駆使してインチキ英語でもなんとかなるんですねw( ̄o ̄)w オオー! 何とかこちらの意図を伝えて無事に商品が届きました。 発注から届くまでの時間と問い合わせが英語となる以外は日本のショップと変わりがなく、安心して取引ができました。 ちょっと自信がついたのでまた利用させてもらいます。(´ー`)y─┛~~

WPLトラック-01お次はAliExpressでちょっと前に流行ったWPLトラックをポチッといっちゃいました。 相変わらず船便?飛行機便? 箱がボロボロに潰れてしまいますが、これも無事に届きました。 AliExpressは日本の楽天のようなシステムで複数のショップが出店しています。 なので良いお店もあれば悪いお店もあり、購入した客のFeed Backによる採点で店の良い悪いを判断しなければなりません。 最低でも96%以上の評価があるお店を選んで購入しました。 それにしても商品も激安で送料も無料とかが多いのですが送料無料っていったいどういうこと? ちゃんとトラッキングもできるしどういうカラクリなんでしょ? お仕事で中国工場で生産したモノを日本に持ってくるとw( ̄o ̄)w オオー! っていう物流費が掛かりますがAliExpressを見習いますか( ̄∇ ̄;)ハッハッハ 

WPLトラック-02買ったのはこちら!! 2台まとめて買っちゃいました。 だって〜2台合わせて7000円ぐらいだったのでこの金額なら・・・ (。・・)σポチッと誘惑に負けて押しちゃいました。 まずはノーマルのままて走らせてそれから改造プランを考えてみます。 AliExpressをいろいろ検索していると改造パーツがいっぱい出てきますね これまたいろいろと注文しちゃいそうです( ̄∇ ̄;)ハッハッハ



さてお次は・・・と考えていますが、空モノは暖かい時期にしかではないので、まずはしばらく寝かせてしまっているスカイチョビィを仕上げることにします(^_^)v

yoshimon at 23:45|PermalinkComments(0) WPLトラック 

2018年07月15日

ラジコン潜水艦キットARD SEA-WOLF その46 浮力調整

7月になりました。 梅雨明けが早かったですね〜 梅雨が明けたとたんに猛暑!! これだけ暑いと頭が夏休みモードになってしまうのは私だけ??? 夏はある程度暑いほうが消費が動くようですが暑すぎると今度は動かなくなりますね( ̄∇ ̄;)ハッハッハ 熱中症には注意しましょう!!

SEA-WOLF用WTC46-01すでにヤフオクに出品中ですが出品前にSEA-WOLFの浮力調整をしていたのでアップします。 写真は浮力調整に使っていたオモリです。 自分で溶かして20g前後に切り出したモノを使っています。 切り出したオモリは重量を測って重さを記入しておくと調整するときに目安となるので調整がラクですね(^_^)v

SEA-WOLF用WTC46-02船首側です。 このSEA-WOLFは船首側はバッテリーしかなく、船首側にはある程度オモリを載せないとバランスが取れません。 バランス取りをした結果、ソコソコのオモリが必要でした。 


ガス式   前側 157g 中央 6g 後側 90g TOTAL253g 
ピストン式 前側 200g 中央 0g 後側 135g TOTAL 335g
ガス式の方がガスタンクがあるので追加するオモリは少なくて済みました。

SEA-WOLF用WTC46-03オモリをバラバラで載せるのはズレたりするので、一旦溶かしてオモリをまとめました。





SEA-WOLF用WTC46-04船尾側はスキマに詰められるようにオモリの形を工夫して載せています。





SEA-WOLF用WTC46-05お次は浮力材です。 船体の形に合わせて円形に切り出しています。切り出した浮力材を水につけて浮力を測ってみると・・・意外と大きさの割に浮力って小さいんですね この大きさで14gほどです。
 


SEA-WOLF用WTC46-062倍のものは・・・ 当然浮力は約30gでした。 この大きさで30g!! 逆に考えるとちょっとの切り出しに対して浮力の変化分が少ない なのでオモリ1gより浮力材の方が微調整ができますね



SEA-WOLF用WTC46-07初めて注射器を使ったピストンバラストを作ってみましたが、一点盲点がありました。(´ヘ`;) う〜ん プロポの6chダイヤルでグリグリとピストンを動かすのですが( ̄ー ̄?).....??アレ?? 水中停止ができない・・・ どうしても操作が潜ったり浮かんだり・・・右往左往してしまいます。 一度バラしてみて問題点がわかりました。 写真はピストンをバラしたところですが先端のゴムは被っているだけで若干のガタがありました。 また先端のゴムを押すとプニプニと凹みます。 サーボの動きに対してきっちりリニアに動いていないことがわかりました。

SEA-WOLF用WTC46-08原因が分かれば対策はカンタンです。 要はゴムのガタを無くせば良いので隙間に詰め物をします。 ゴムとABS材を間に詰めてPP用の接着剤で先端ゴムを固めました。 コレでテストしたらバッチリ(^∀^)/ 水深の浅い風呂場で水中停止ができました。 ピストンは遊びがあってはダメなんですね 勉強になりました。...... ( 〃..)ノ ハンセイ でもガタを無くせばいいだけなので安価な注射器を使ってもピストンバラストができる事が分かりましたので一つ勉強になりました。

SEA-WOLF用WTC46-09船体の方にはバラストタンク中央位置を目印として書いてきます。 こうすればココに重心と浮力中心を合わせればいいことが分かります。 SEA-WOLFのWTCは前が軽い傾向なのでできるだけ前側にはオモリを載せて後ろ側は若干浮力が足りず、重心も下げたいので浮力材とオモリを配置しています。





さてこれでヤフオク出品用のSEA-WOLFは準備完了です。
すでに出品中ですが売れるかな(´ヘ`;) う〜ん
売れてくれないと今まで投資した資金が回収出来ないので、次回作の製作金がメドが立たず頓挫しちゃいます。(´ヘ`;) う〜ん 
でも次は何を作ろうかな・・・ ARK MODELの1/48 U-BOATがものすごく気になるんですが買った人っているのかな?

yoshimon at 18:31|PermalinkComments(0) ラジコン潜水艦キット ARD 

2018年06月27日

ラジコン潜水艦キットARD SEA-WOLF 先行販売

6月ももう終わりですね 梅雨明けはもうしばらく先になりそうですが今年は暑いのでしょうか? 来週から7月となりますがそろそろ夏のボーナスですね(^_^)v  ボーナスでラジコン潜水艦などはいかがでしょうか?

SEA-WOLF用WTC販売予告01ラジコン潜水艦はかなりマイナーな分野となっておりメーカーなどから半完成品などは皆無であり販売されていても上級者向けの組み立てキットだったりして、初心者にはハードルが高い分野となっています。そこで今まで10年ほどラジコン潜水艦を作ってきましたが、今まで積み上げた技術を使って気軽に楽しめるように半完成品として4隻準備しました。ラジコン潜水艦は水モノや陸モノと違い3次元で楽しめて、空モノとは違う3次元航行が楽しめます。 1隻いかがでしょうか?
7月になりましたのでヤフオクに出品しました。
その前にブログを見ている方だけに先行販売いたします。購入希望の方はまずはコメント欄もしくは右上のメッセージ欄より連絡をお願いします。


SEA-WOLF用WTC販売予告02準備したのはガスバラスト式2隻 ポンプバラスト式2隻です。 半完成品なので送信機やバッテリーを準備して頂き浮力調整をすれば直ぐに遊べます。
ラジコン潜水艦は万が一水没して沈んだとしても、引き上げれば原型は留めているので、中のメカ類を入れ替えれば必ず復活することができます。 またWTC方式ですのでWTCを別の船体に組み替えることも可能です。 なので長い目で見れば長期に渡って楽しめる仕様になっています。

【テクニカルデータ共通仕様】
プラモデルキット : トランペッター 1/144 USS SSN-21 Seawolf
赤:タミヤTS33/ダルレッド  黒:タミヤTS-63 NATOブラック 塗装済み
潜舵/ラダーサーボ 組み込み済み 艦橋にLED電飾付き
バラストタンクサーボ : コロナCS-238MG (4.0kgf/cm)
スクリュー : D:30 4枚ペラ(モデルショップキャプテンにて購入)
モーター : 180モーターFK-180SH 1:4.5ギヤダウン
アンプ : KOG製 MC13 リポ対応RCカー用スピコン バック付きブレーキ無し)
マグネットスイッチ: KOG製 MT-10 マグネットSWを標準装備!! 船体の外側から電源SWのON/OFFができます。
持ち運び用にダンプラで作ったキャリングケース付き

ガス式1-03ガスバラストタイプ式 RC潜水艦 プロポ付き 受信機付き 
ガスバラスト用のフロンガス(モデルガン用のフロンガスHFC134a(実売 1200円前後))を1本お付けします。 
送信機 : フタバ 4EX FM40MHz 4ch送信機
受信機 : 40MHz 4ch受信機 準備中
RCコントロール : ラダー / 潜舵 / モーターAMP / ベント弁&ガスブロー / 合計4ch +LED電飾

【走行までに別途用意していただくもの】
・送信機用バッテリー 単3×8本 (充電式の電池推奨です。)
・動力用バッテリー (推奨 リポ2S-2200mAh)
・浮力調整用のおもりと浮力材
 搭載する動力用バッテリーに併せて重心バランスのセッティングを行ってください。


ガス式2-02ガスバラストタイプ式 RC潜水艦 プロポ無し 受信機無し 
ガスバラスト用のフロンガス(モデルガン用のフロンガスHFC134a(実売 1200円前後))を1本お付けします。
RCコントロール : ラダー / 潜舵 / モーターAMP / ベント弁&ガスブロー / 合計4ch +LED電飾

【走行までに別途用意していただくもの】
・地上用27 or 40MHz送信機と受信機 地上用27 or 40MHzクリスタル (2.4GHzは水中に電波が届かないので使用できません)
・送信機用バッテリー 単3×8本 (充電式の電池推奨です。)
・動力用バッテリー (推奨 リポ2S-2200mAh)
・浮力調整用のおもりと浮力材
 搭載する動力用バッテリーに併せて重心バランスのセッティングを行ってください。

ガス式3バラストタンク内にガスタンクを設置したガスバラスト式潜水艦です。 停止状態から潜行/浮上ができます。 1個のサーボでベント弁OPENとガス放出をしています。





ポンプ式03軸流ポンプ式+ピストンバラスト プロポ無し 受信機付き 
受信機 : コロナRP8D1 フタバ/JR対応シンセサイザー 40MHz 8ch受信機 付き
RCコントロール : ラダー / 潜舵 / モーターAMP / ベント弁 / 軸流ポンプ / ピストンバラスト 合計6ch +LED電飾

【走行までに別途用意していただくもの】
・40MHz送信機と送信機用クリスタル (2.4GHzは水中に電波が届かないので使用できません)
・送信機用バッテリー 単3×8本 (充電式の電池推奨です。)
・動力用バッテリー (推奨 リポ2S-2200mAh)
・浮力調整用のおもりと浮力材
 搭載する動力用バッテリーに併せて重心バランスのセッティングを行ってください。


ポンプ式04軸流ポンプ式+ピストンバラスト プロポ付き 受信機付き 

送信機 : WFLY WFT08モジュール式  FM40MHz 8ch送信機
受信機 : コロナRP8D1 フタバ/JR対応シンセサイザー 40MHz 8ch受信機
RCコントロール : ラダー / 潜舵 / モーターAMP / ベント弁 / 軸流ポンプ / ピストンバラスト 合計6ch +LED電飾

【走行までに別途用意していただくもの】
・送信機用バッテリー 単3×8本 (充電式の電池推奨です。)
・動力用バッテリー (推奨 リポ2S-2200mAh)
・浮力調整用のおもりと浮力材
 搭載する動力用バッテリーに併せて重心バランスのセッティングを行ってください。


ポンプ式3バラストタンク内に軸流ポンプとピストンバラストを設置しています。 まずはベント弁OPENでバラストタンク内に注水して喫水線を艦橋まで上げます。 その後ピストンバラストを作動させ潜行/浮上 ピストンをうまく調整すると水中停止が可能です。 風呂場のテストで水中停止ができました。



いずれの潜水艦も購入後の破損やメカ類の入れ替えなどには相談に乗ります。
交換部品など発生した費用はお支払いいただきますが簡単なメンテナンス等はお引き受けいたします。

yoshimon at 23:25|PermalinkComments(0) ラジコン潜水艦キット ARD | WTC yoshi version発売

2018年06月22日

ラジコン潜水艦キットARD SEA-WOLF その45 プロポ改造

SEA-WOLFプラモにバラストタンク付きWTCをセットにしたラジコン潜水艦キットをヤフオクで販売を予定しています(^∀^)/ 
このブログを見ている方だけに先行予約受付中? 価格は検討中ですが
 ガス式プロポ無しで13万ぐらい?
 軸流ポンプ式+プロポ付きで15.5万ぐらい?
ヤフオクだと手数料が8.64%も取られるんでヤフオク出品は値上げ・・・



早いもので夏至になりました。一年で一番日が長い日ですが、よく考えると春分の日と秋分の日って祝日ですよね? なんで夏至と冬至は休みではないの? 誰かわかる人手を挙げて"\( ̄^ ̄)゛ハイ!! ま〜祝日になったとしても自動車業界に祝日という言葉はありません。出勤になるので意味がないかな?

SEA-WOLF用WTC45-01SEA-WOLFですがプロポの改造を忘れていました。 販売用で準備が出来たのがこの2つのプロポです。 フタバの4EXとWFLYのWFT08です。 4EXはガスバラスト式 WFT08はポンプ式に使います。



SEA-WOLF用WTC45-02購入したプロポは飛行機用なのでモード1と呼ばれる右側の上下がスロットルに割り当てられています。 ラジコン飛行機では飛行中にスロットルはあまり動かすことがないので固定するためのカリカリがついています。 しかし潜水艦として使うには潜舵やスロットルはバックも使いますので、いつも中立に戻るセルフニュートラル式が使いやすいのでプロポを改造する必要があります。4EXを開けて左側のジンバルからセルフニュートラルを作っている部品を取り外してみました。このレバーとスプリングによってプロポのステックが常に中立に戻る仕組みになっています。

SEA-WOLF用WTC45-03 要は外した部品と同じ部品が反対側にあれば同様にセルフニュートラル式となります。早速コピーしてみました。 材料は転がっていた自作FRP板の切れ端から切り出して軸の部分はハトメを仕込んでます。



SEA-WOLF用WTC45-04早速組付け〜 スプリングをひっかけるのがちょっと難しいですが何とか組みあがりました。 一応動くけどなんかぎこちない(´ヘ`;) う〜ん どうも板が倒れちゃうのでうまくいかない様子(つд⊂)ェ〜ン  作り直してみます。



SEA-WOLF用WTC45-05何回作り直しているんでしょうか(ノД`)  ある程度厚みがあった方が安定しますね





SEA-WOLF用WTC45-06ちなみに使ったばねはホームセンターで買ってきたバネを適当な長さに切って使っています。 意外と違和感なく使えています。(^_^)v




SEA-WOLF用WTC45-07やっと満足いくものが出来ました。 でもまだちょっと倒れるので最後に・・・





SEA-WOLF用WTC45-08プラ板を張り付けて調整しました。 これでバッチリです。ъ(`ー゜)   フタバ4EXは素直にフタバに部品を頼めばよかったかな? でもWFT08は通販でも買えないと思うのでどっちにしろ自作するしかありませんね(´ー`)y─┛~~



SEA-WOLF用WTC45-09"\( ̄^ ̄)゛ハイ!! これで船体は完成です。 ちょっと時間がかかりましたね あとは風呂場に籠って浮力調整を残すのみ!! 大体の予想はついているのでおもりをせっせと用意しておきます。




SEA-WOLF用WTC45-10実ははお気づきの方もいるかもしれませんが実は販売用のSEA-WOLFは全部で4隻あります。約2年かかって出来たのは4隻・・・ 手抜きなしで作ると時間がかかりますね(´ヘ`;) う〜ん 
まずはこのブログを見ている方に販売後、ヤフオクに出品しますがヤフオクって販売手数料が8.64%もかかるんですね 1万円だと864円 10万だと8640円!! ヤフオクでの販売はちょっと値段を上げないと原価割れしそう・・・





さてSEA-WOLFは浮力調整をすれば終わりかな?
そろそろ次に何を作るか考えないと・・・  WTCの材料がまだ余っているので簡易型WTCでも作ろうかと考えていますが空モノのスカイチョビィがいつまでも作らないのでとりあえずはスカイチョビィかな?

yoshimon at 00:35|PermalinkComments(0) ラジコン潜水艦キット ARD 

2018年06月12日

ラジコン潜水艦キットARD SEA-WOLF その44 箱

梅雨になりました。 雨が降らないとカラ梅雨で水不足・・・と言われますが今年はどうなんでしょう? 例年通り雨が降っているのでしょうか? 梅雨が明けると夏本番!! (;´д`)ゞ アチィー!! 
寒さは着込めば過ごせますが暑いのはどうにもならずちょいと苦手です。 冬の方がワクワクするのは単にスキーヤーだから?( ̄∇ ̄;)ハッハッハ 

SEA-WOLF用WTC44-01sea-wolfですが販売も兼ねているので運送用の箱を作りました。 とは言ってもRefine版と同様にプラ段? 段プラ? を組み合わせて作ります。 写真はすでに完成しちゃってますが2個目となるともう作りは熟成の域? 曲げ方のコツは段々つかめましたね


SEA-WOLF用WTC44-02段プラだけでは角が弱いので例によってアングル材を組み込みます。 2017/9/28の議事では段プラの曲げまででしたが今回はホームセンターなどに売っているプラスチックのアングル材40×40を使って角を補強します。 タケノコドリルを使って10mmの穴をあけます。


SEA-WOLF用WTC44-03アングル材に穴をあけたら段プラにも同様に穴をあけます。





SEA-WOLF用WTC44-04段プラとアングル材両方に穴が開いたところで両方を重ねてパンロックで締結します。 このパンロックは種類がいろいろとあって大きさはΦ10mmと12mm 新たに6mmも加わって厚さは4/6/8/10/15と種類が豊富です。私はΦ10×10mmを使って締結しました。 100個入りで3000円しなかったので1個当たり30円以下 1箱に16個使いましたので1箱あたり480円の費用発生です。

SEA-WOLF用WTC44-05"\( ̄^ ̄)゛ハイ!! お天気が良かったので記念撮影!! 船体と箱はほぼ完成!! あとは浮力調整のみとなりました。 このまま調整せずで売ってもいいんだけどピストン式はテストしないと・・・



SEA-WOLF用WTC44-06箱の中身はこんな感じにクッションとしてスタイロフォームを詰めています。船体の大きさから箱の大きさを決めて作りましたのでピッタリとハマっています。 ただしプロポなどは入らず船体のみ・・・ プロポなどは別の箱に入れて運びましょう



さてさて箱も船体もほぼ完成なので浮力調整用の鉛を用意して・・・
( ̄0 ̄;アッ プロポの改造を忘れていました。 潜水艦の場合、スロットルはバックを使うので常に中立に戻るセルフニュートラル式が使いやすく、潜舵も深度一定で走行する場合ステックが常に中立に戻るセルフニュートラルが使いやすいので改造を行う必要があります。 プロポをあけてちょっとイジればいいのでちょこっと改造してみます。

yoshimon at 23:43|PermalinkComments(0) ラジコン潜水艦キット ARD