続・菓子箱電車で行こう!

とりあえず「手」動かせば、なんか「!」が浮かぶかもしれんよ~

(15)灯火の作成

ちょっと先が見通せた気がしたので、ここらでLED関係の準備にかかります。

P1120505-b

正面窓下の前照灯は電球色チップ2粒を直列に配置しました。本来701には制動灯がありますが、さすがにブレーキ掛けた時だけ点灯なんてことは無理ですのでパスします。

P1120508-b

オデコ両端の尾灯と中央部の行先表示用照明は1つの台紙に載せてしまいます。

P1120509-b

表示用は白色チップを1粒、上向きに置いて眩しくないようにします。
尾灯は1粒だけ、これで両端を照らそうという魂胆です。

P1120510-b

表示用のランプを囲むようにカバーをかけます。写真は黒く塗ったものですが仮設置したところ暗かったんで、尾灯側も含めて銀色のテープを貼りました。

P1120506-b

室内照明は簡単に済ませました。電球色のLEDテープを台紙に貼り付けて、空いたところにブリッジダイオードとコンデンサーを詰め込みました。

(14)配管・パンタまわり

大きな機器が出来上がったので、小さいものを仕上げて行きましょう。

P1120443-b

パンタ台ですが市販品を買いに行けず、今回も結局プラ板で自作です。

P1120470-b

機器や配管の配置を印刷した紙を屋根に軽く貼り付けて、適宜穴など明けてレイアウトを写します。

P1120481-b

配管は真鍮線の太いのと銅線の細いのを斜めに削って半田付けしてみました。

P1120482-b

マッハさんの南海用配管止めを使って固定します。

P1120483-b

エコーさんのフューズ箱Aを挿してみましたが、やっぱり形が違うので後ほど檜棒と紙で作ることになりました。

P1120502-b

屋根の先頭部にある配管カバー、適当なものがなかったので真鍮チャンネル材と帯板を半田組みしました。

P1120516-b

配管らしい配管はこの程度です・・・

P1120503-b

Zパンタにある空気シリンダーをアルミ丸棒とプラ板で細工して、真鍮線を突き当てます。接着はしません。
エコーさんの避雷器も差し込んで、パンタ周りはこんなもんでしょう。

KATOのパワーパック(ジャンク品)

コストコへの買い物終わりでららぽーと和泉のポポンデッタに寄りましたところ

P1120761-b

こんな楽しいモノをみつけてしまいました。
ケースとつまみ2つで100円やったら値打ちありです。

P1120763-b

早速バラしてみました。電源部が別なのでスッカスカです。交流16Vを直流に変換するダイオード4コとトランジスタ、蓋側には可変抵抗とロータリースイッチだけ。

P1120765-b

で、カラカラ言うもんですから何かと思ったら

P1120764-bP1120767-b

トランジスタの足3本のハンダ付けしてあるプリント基板部分が剥がれてます。
放熱用アルミ板がトランジスタにボルト止めされているのですが、この1本で放熱板の重量を支えているものですから、子供が振ったりすると一発でアウトになりますわな。
どんな設計してるんでしょう(滝涙

P1120768-b

この切れた部分にLEDの足の切ったやつ(要はスズめっき線)を半田付けして復旧工事を行いましたところ、
治ってしまいました・・・(´・ω・`)しょぼーん

P1120798-b

修理するのが目的ではないので(こらぁ
当初の予定通りPWMコントロールユニットとAC100V→DC12V(2A)のコンバーターを仕込みました。

P1120800-b

蓋側は可変抵抗がPWMコントロールユニットの付属品に変わったぐらいですか。

P1120801-b

通電確認用のLEDは青色に変更しましたが、見てくれはほぼ一緒です。

P1120804-b

背面には電源スイッチを取り付けました。KATO純正の給電フィーダーを使わないので、ターミナルを追加しておきました。
記事検索
最新コメント
お見えになった方

    • ライブドアブログ