「現状渡し」で買ったモケーですから、「買った人が買ったあとでやる納車整備」やりましょう。

Gützoldのウェブサイトから取扱説明書をダウンロードして分解方法を確認します。

BED_38130-2b

DCCに改造するための上回り脱着はありましたが、下回りの分解方法までは載っていませんでした・・・(´・ω・`)

ETB_38200_!_teilw._Nr._falsch
慌てずにパーツリストを眺めながら分解方法を読み解きます。

P1130846-b

車体の下から見えたネジ2つを外し、ブレーキ周りを分解するとこの状態になりました。
先輪-第1動輪はプラ製、第2-第3動輪は「日」型の薄板でイコライジングされていました。
良く考えられてます。

P1130848-b

第4動輪はギヤ付きで、従輪の上に置かれたモーターからの動力を受けていました。
ロッドで第1-第3動輪に伝達していますが、ロッドがプラ製ですから駆動力に期待はできないです。
主としてゴムタイヤ付きの従輪2軸で牽引力を保持する極めてヨーロッパ的発想だと感心しきり。

P1130853-b

こんなところをコジって外して

P1130854-b

バルブギヤとシリンダ廻りを動輪から分離して

P1130857-b

スッキリさせて油分を除去しておきました。

P1130861-b

2軸従台車がパワトラ状態になっております。この4輪全てにゴムタイヤが付いています。
この写真だと第4動輪への平ギヤがある箇所がボールジョイントのようになっていることが良く分かります。
ここで主台枠と従台車が「く」の字に屈曲する仕組みです。従台車は円筒部を中心にして、主台枠も第1動輪より前のシリンダー付近を支点として左右に振れますから、R430程度のカーブは全く問題なく通過します。

P1130865-b

左右分割式のダイキャストユニットは3本の皿ネジで固定されていますが、1つはこんなところに隠れていました。車輪を抜かないと見えません。

P1130866-b

ようやく目標にたどり着きました。予想通りグリースべったりで、これでは夏場は溶けだすのも当たり前です。
ちなみにモーターはマシマ製。平ギヤがこれだけあるのに静かなことに正直びっくり。

P1130870-b

中性洗剤でキレイに洗って組み直しました。セラミックグリスを使いましたよ。

P1130705-b
P1130701-b

組み立て完了です(笑
客車でも貨車でも混合でも何でも似合いそうですが、東ドイツ国鉄仕様ですから緑の2階建て連接客車なんか牽かせたいですねぇ(買えないけど