2018年03月13日

IMG_8132

















 南足柄市から寄贈された「春めき桜」が一気に開花しました。
 日曜日の午前は蕾であったのが、昼からちらっと開花し、月曜日には明らかにちらほらとなり、今日はこのような開花状況になりました。最高気温が18度ぐらいとか。うれしい春の温かさです。

IMG_8129 うれしくないのが国会の状況です。データーの改ざんを認めてもなお責任ある態度を示しません。「お詫びしますは口先だけ」というのが国民みんなの感じていることではないでしょうか。
 さっそく、オダシゲさん、「まんまる団地15078号」に取り入れています。
 子どもを登場させているところが憎いですね。
IMG_8130












IMG_8150 野党の立場は「森友データー改ざん事件」でははっきりしています。
 会計検査院へは、改ざん前のものと後のものの二種類が渡されていたというのが表面に出てきました。
 「会計検査院まで」グルで、隠そうとしていたのかと疑いがかけられています。
IMG_8169










   でもこの方たち、(映像はNHKと朝日テレビ)
IMG_8157IMG_8159











  しぶとく抜ききろうとしています。
IMG_8152 この人たちも、何とかごまかそうと躍起になり、「佐川」も「昭恵夫人」も民間人だから、証人喚問にはなじまないと。え!!民間人の「籠池」をよんだのは誰だっけ?
IMG_8163










 若干この方は違ってきましたね。
IMG_8158 当然自民党議員の中からも不満が噴出してきているはずだが、まだ押さえつけられているのか。
 つくしんぼが顔を出すころ、めざめてから、「自分もおかしいと思った」と言い始めるのか。







IMG_8149 川西市議会3月定例議会、一般会計予算に引き続き、昨日と今日、国民健康保険事業など6件の特別会計、水道事業など3件の公営企業会計の審査を行った。
 川西市議会では、「一般」と「特別」半分づづ、13名の委員に分かれて審査しており、私は「特別」のグループで審査に加わりました。




IMG_8139 国民健康保険特別会計は、新年度から『県』も保険者に加わり、『県』が、保険事業総量と、それぞれの行政単位での「基準」なるものを設定して、それぞれの行政単位の「保険事業量」を示す制度と変わった。川西市はその「保険事業量」を100%県へ「納付」するために、川西市の「保険税」を決定し、国保加入者に伝達し、税を徴収するという仕組みになった。


IMG_8144 県が加わったとはいえ、加入者の負担が軽くなるわけではない。初年度は国も一定の財政的措置を行い、一挙に保険税が上がらないようにしてはいます。しかし狙いは、簡単に保険税が上がる仕組み作りでもあります。国の号令の下、「保険量が増大したから」と、それに見合う保険税を加入者に「強制的に支払いを押し付けて」来ることになります。


IMG_8137 今回川西では、「保険税率」には変わりがありませんが、限度額を4万円アップしており、負担増の影響が出ています。ですから議案に対して反対しました。
 後期高齢者医療事業はすでに「県が保険者」になり、今回も値上げになっています。介護保険事業の保険料も上がっています。ですから反対の立場をとりました。





IMG_8135 企業会計では、市立川西病院企業会計は、新年度、平成30年度をもって、企業会計全部適用を終了します。31年度から、今議案審議している、「指定管理者の指定を医療法人協和会にする」が採択されれば、民間の医療法人・協和会が、会計の責任を持つことになるからです。
 私は「指定管理者制度導入」反対。北部からの撤退を軸にした医療構想案に反対。280名に及ぶ医療従事者の分限解雇に反対する立場を表明し、予算に反対しました。委員会で反対したのは私一人でした。


IMG_8146 夕暮れ時今日の審査が終わりました。
 「夕暮れの街」を能勢電鉄の電車が北へ向かっていました。北部住民にとってはこの電車を利用して「新しい病院」までやってくることになります。
 身近なところに、入院ができる、手術もできる救急指定病院があることがどれだけ頼もしいか、病気をした人は感じておられるはずです。その安心感を奪うことになるのか、「川西市医療センター構想案」でもあります。自らの首を絞めてしまう構想に賛成できません。
IMG_8138 市役所の花壇に大きさが数ミリの花が咲いています。顔を近づけると、すてきな香りをかぐことができます。こんなにいい香りかと思える花でもあります。



コメントする

名前
 
  絵文字