2018年09月13日

600人余の園児が集合し、総合体育館で「なかよしフェスタ」が披露されました。毎年鑑賞させていただいていますが市会議員としてはこれが最後になります。

IMG_2610 それだけにどの子も精いっぱい羽ばたいてほしいと願います。
 市立幼稚園と保育所を廃止して「認定こども園」建設が進められ、その一園が今回参加しています。来年から毎年開園予定で3園が統合される計画です。
 決していい方向とは思えません。今回一番多く児童が集まっていたのが3歳児保育をしている幼稚園でした。保護者の願いを素直に実施すれば園児は集まってくるのです。


IMG_2609 来年開園予定ですでに建物建設が進められている「仮称・加茂認定こども園」の定員は230名、マンモス園になります。その弊害を指摘してきましたが聞く耳持たぬ行政に怒りだけが募りました。
IMG_2606












IMG_2611 子どもたちに最高の環境をと自分なりに訴えてきましたが、十分な成果を得られたとは思っていません。
 すべての川西市在住児に、それぞれの場において、健全に育つ環境づくりは行政の仕事であり、市会議員の仕事でもあります。幼稚園に通う子は幼稚園で、保育所に通う子は保育所で、家庭で育つ子は家庭において、周囲に見守られながら元気に育ってほしい、そのサポートを周囲の大人がしていく責任もあります。


IMG_2613



















IMG_2614 関空代替要請に対して、10市協で、①時間は7時から21時の存続協定で定めている時間内。②最高410便、現在370便が最高として就航していますが、夏ダイヤなどで増便を一時的に認めている数字に近いところで合意。③国際線も認めるとなっていますが、これは私は承服しかねます。活性化を強く主張する10市協の中の都市においては、増便、時間延長、国際線就航を何らかの形で実施させようともくろんでおられるからです。どこかで実績をつくり、それを突破口にしていこうとしているのです。④二か月後には協議をするとなっています。ずるずるとはさせないという立場で元に戻す努力をするとなっています。


IMG_2615 蓼が咲いてきました。畦道にいやというほど咲く花ではありますが、こうしてみると、「嘴の黄色い乙女」に感じてしまいます。
 野山を歩きたくなりますね。
 「なにかしら話声する蓼の花・由」



コメントする

名前
 
  絵文字