2018年10月10日

   雨の予報ではありましが、極端に降らず、外での作業も少し進んでいます。

IMG_3089





















 加茂認定こども園、3階部分の建設が進められています。
 プールができて、一定の遊びのスペースも確保されます。その床のコンクリートまで仕上がっています。


IMG_3079 川西市内での保育所、最近はいろいろな呼び名になっていますから、「保育所・園」だけではわかりづらいですね。
 子育て時代、民間の保育所に預け、共働きをしていましたが、それができたのは、民間保育所で産休明け保育をしてくれたおかげです。公的保育所でできないところを民間が「無認可」で補っていました。今から考えれば「粗末な施設」「ボランティア的な保育所勤務員」「保護者が駆り出されての行事・バザー」「運営資金捻出の物品販売支援」、いろいろとやりましたね。大変でしたが、「立派な建物での保育を」とは要求などしたことありませんでした。保育をしていただける、それだけで喜んだものです。


IMG_3091 そんなあんなを保護者が一丸になってやったがために、今でも仲のいいお友達でもあります。保育士とも気持ちが通い合って一緒に子育てをしている感じでした。子どもの数はせいぜい10名程度、少し多くなって20名程度でもありました。
 その保育所も認可園になり、100名の定員になっています。変わりましたね。




IMG_3070 川西市も、出産前の保護者対象の「両親学習」「こんにちは赤ちゃん事業」各年齢における検診と、川西で子育てする100%の対象者へ声掛けはできているとのこと。ほんの少しだけ、親子でどのように過ごしているのか不透明な家族もおられるようですが、保健センターを中心に事業を行っています。
 この流れをもっと拡充していけば、子育てするなら川西でとなっていくのではないでしょうか。それを強みにする行政になってほしいものです。そこへ力を注ぐ議員であってほしいと願います。
 もちろんその一人に、吉岡けんじさんになってほしいと願っています。



コメントする

名前
 
  絵文字