気比野菜(定年退職後の畑しごと)

 38年間公立小中学校で勤務し、平成31年3月に定年退職することができました。支えて下さった周りの方々に感謝の気持ちで一杯です。専業農家の長男に産まれた私の第2の人生の目標の1つは、農業で汗を流し、作物の成長を楽しみたいと思っています。東井義雄氏の『下農は雑草を つくり、中農は作物をつくり、上農は土をつ くる』という言葉があります。豊岡市気比の恵まれた自然の中で農業に挑戦する記録を残したいです。

 字「堂の前」の畑では、約25株のカボチャを栽培しています。
 順調に葉を広げ、花をつけてきました。今のところ病気の心配もなく、収穫が楽しみです。
 肥料袋で囲っているのは、種植えをしたスイカです。7本が順調に育っているように思います。
IMG_0158

















 赤丸のカボチャは18日に雌花をつけました。子どもの手の拳くらいになりました。花をつけて30〜40日が収穫時期になるようです。
IMG_0159

















農業・畜産ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村

 5月の始め、字「岩谷口」の畑にショウガ(土佐ショウガとお多福)を植えましたが、まだ芽が出てきません。数少ない出てきた芽も暑さのためか枯れてしまいました。
 天気予報では、明後日22日に梅雨入りになりそうですが、雨不足がショウガの発育不足にも影響していると思います。
 下の写真で、2列づつ植えた里芋の畝に挟まれた真ん中の1列がショウガの畝で全く芽が見えない状況です。
IMG_0151

















 我が家では、小さな畑が10枚ほどありますが、ポンプで水をくみ上げることが出来ます。井戸用のパイプ(赤い〇の位置)は全て亡くなった父親が一人で打ち込んだものです。字「岩谷口」の畑では10年ほど水をくみ上げたことがありません。土が詰まっていたためか容易に水が上がって来ず、あきらめかけたころに泥水が出た時には感動しました。
IMG_0154

















 水をたっぷりとかけてあげました。順調に育っている里芋は喜んでいると思いますし、ショウガも息を吹き返したと思います。
IMG_0155

















農業・畜産ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村

 黒豆の栽培を行うが2年連続全く実を着けず失敗に終わってしまった。枝木は立派に育つが花から実を大きくすることが出来なかあった。窒素分が多いと考え、昨年は、元肥に牛糞を入れ、肥料過多にならないようにした。夏場の花をつける時期には水を与えるようにした。
 失敗に懲りず、3年目の挑戦をすることにした。楽天市場で荒川種苗「特選 丹波黒大豆 種子 2デシリットル」を2袋注文した。説明書には1袋約160粒を書いてあったが、230粒ほど入っていたので得をした気分になった。
IMG_0147

















 育苗セルポットで苗を作るために種まきをした。へその部分を横にすると発芽率が上がると聞き位置を確認しながら作業をした。約450粒ほど蒔いたので、実をつけてくれるのが楽しみである。
 IMG_0149

















農業・畜産ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村

 今日早朝、久しぶりの雨が降りました。畑の作物にとっては恵みの雨でした。
 字「堂の前」のトマト畑とキュウリ畑です。雨が降っていましたが、天井をビニールで覆っているので濡れずに脇芽かきをしました。畑のスペースがあるので、切り取った脇芽は挿し木で栽培し、根付いた所で定植しようと思います。
IMG_0144

















 切り取った脇芽は1時間ほど水に入れた後、ポット鉢に植えました。葉はぐったりしているので根付くか心配です。そして、キュウリ畑の余ったスペースに植えるための種まきをしました。サカタのタネ「うどんこ病につよいキュウリ」を使いましたが、説明書通りぴったり39粒でした。
IMG_0146

















農業・畜産ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村

 今の時期のキャベツ栽培は虫の被害を考えると大変難しいです。
 あえて有機肥料+無農薬でキャベツ栽培に挑戦しようと思います。
 5/20にサカタのタネ「四季まきキャベツ」を播きましたが、その苗約80本を字「尻井」の畑に定植しました。
 化学肥料は使わず、有機肥料と牛糞と鶏糞のみ、農薬も全く使わずに安全である程度見栄えの良いキャベツを作ることが出来るか挑戦したいと思います。1筋の畝の植え残ったところには同じ日に播いた枝豆の苗を定植しました。
 IMG_0139

















 キャベツはこれからの季節はアオムシの被害を受けます。そこで、キャベツを植えた所には、不織布で防御することにしました。不織布のトンネルの向こう側にそら豆を植えました。
IMG_0142(1) 



















農業・畜産ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村


 ズッキーニの花が雌花しか咲かず交配ができないため、実を大きく成長させることが出来ませんでした。そこで、6月13日の早朝にカボチャの雄花の花粉で人工授粉を試みました。授粉をした10個の雌花の全て交配が成功し、僅か4日間で大きな実をつけることが出来ました。
IMG_0135

















 昨日から雄花も咲き始め、自然受粉でも実をつけることが出来ると思います。約25株のズッキーニは大きく葉を広げ、元気に育っています。
IMG_0134

















 ズッキーニの隣には、同じ日に定植したカボチャを植えています。カボチャも雌花をつけてきました。ズッキーニの雄花の花粉でも交配は上手くできるのでしょうか?
IMG_0137

















農業・畜産ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村


 趣味と実益を兼ねて野菜作りを楽しみにしています。
 そして、作った作物を買って頂くことを喜びにしています。
 作った作物をさばくことが大きな課題です。自宅から17kmほど離れたところにJAの直売所「たじまんま」があることを有り難く思っています。
 ただ、見栄えの良い商品が作れず、引き取らなければならないことも度々あります。
 写真の里芋の苗は1週間以上1株も買ってもらえず引き取りました。
 税込100円で激安ですが、需要がないようです。
IMG_0129
















 150株買ってもらうことを目標としていましたが、50個ほどしか売れず、100ほどは余ってしまいました。
IMG_0130
















 残った90株ほどは、マルチシートをはって、2列で植えました。

IMG_0133(1)

















農業・畜産ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村


 さつまいもの苗を植え付けて2ヶ月を迎えようとしています。灌水もせず、肥料も全く与えていませんが順調に育っているように思います。
 鹿やイノシシの被害やコガネムシの幼虫の食害が気になりますが、育てやすい野菜だと思います。
下の写真は、字天神浜の砂地の畑です。栄養を吸い取られないやよう、株元の雑草を抜いてやりました。
IMG_0125

















 字堂の前の畑です。さつまいもは連作障害がないので同じ場所に植えています。株元と畝間の雑草を取ってやりました。
IMG_0126(1)

















農業・畜産ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村

 先月中旬に種まきをしたオクラの苗です。オクラは、植物繊維などが豊富な緑黄色野菜で、ビタミンB1・B2・C、カロテン、カルシウム、リン、鉄、カリウムなどを多く含まれると言われます。
 本葉5〜6枚で定植するとありましたが、せっかちな私はこの状態で定植することにしました。
IMG_0120

















 24本植えた定植後の様子です。苗が弱弱しいので風よけ対策もしました。
IMG_0123

















農業・畜産ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村


 今年は春ジャガイモを2つの畑で植えています。同じ日に同じ品種を植えつけましたが、成長の違いが出ています。下の写真は字「天神浜」の畑です。左3列の「キタアカリ」については、茎がだらんと垂れ下がり、数枚の葉が黄色く変色し、枯れてますので収穫期に入ったようです。
 今日は大変暑く30℃を超える中で、左2列約80株の「キタアカリ」を収穫することにしました。
IMG_0109

















 形や色つや数については良かったですが、大きさについては小ぶりのものが多かったです。
IMG_0113

















 本日の収穫です。残念ながら大きい芋はなく小ぶりの芋ばかりでした。無農薬、有機栽培で育てましたが肥料が少なかったかもしれません。
IMG_0116


















 下の写真は、字「岩谷」のジャガイモ畑です。同じ種イモを同じ日に植えましたが、葉は青々と茂り収穫までに1週間ほどかかりそうです。写真右手間の部分は25日前に鹿に葉を食べられましたが復活してきました。生命の逞しさを感じることが出来、大変嬉しく思います。
IMG_0119

















農業・畜産ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村


 ズッキーニが大きくなり、雌花を沢山咲かせてくれます。収穫するのが楽しみですが、残念なことに雄花が全く出ないので受粉することが出来ないので大きな実をつけることが出来ません。
 我が家の畑ではすでに20個ほど花をつけましたが全て雌花で、雄花の咲く気配がありません。
 ズッキーニの苗が若い時は、比較的雌花が多く咲き、苗がしっかりするまでは、どちらかの花に偏って咲くのはしょうがないようです。
しかし、苗がある程度大きくなっても偏っている場合は次の理由があるようです。

/緤が少なくなると雄花が多く咲き、逆に水が多すぎると雌花が多く咲く可能性がある。ズッキーニは水分をあげすぎると、うどん粉病にかかってしまう可能性がある。
肥料が効きすぎると雌花が多く咲き、肥料が少なすぎると雄花が多く咲く可能性がある。

 少し水をかける量を減らしたいと思います。
IMG_0106

















 今日は10個の雌花を咲かせていました。せっかく立派な雌花を咲かせているので、近くの畑のカボチャの雄花を人工受粉しました。
 さて、実をつけることが出来るでしょうか。
IMG_0107

















農業・畜産ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村


 田植え後29日目に溝切りをして、次の日から3日間中干しをしました。高低差のある田んぼになっているので、3か所ほどは水が浮いている所がみられますが、全体的に表面にひび割れをしまたしたので中干しの完了とします。
 周りの田んぼをみると、我が家の田んぼより早い時期に田植えをされていますが、溝切りも中干しもされていない田が多く見られます。我が家の田の苗が株数も少なく背丈も低く貧相に見えるので、中干しの開始時期を調べました。
<コメント1>

中干しは,移植後 35 日を開始時期の目安とし,必要な茎数を確保してから始めて下さい。 余分な茎数(無効分げつ)の増加を抑えます。 地中のガスを抜いてイネの根を健康に保ちます。 田面を固めるので、倒伏しにくくなります

 このコメントを参考にすると1週間ほど早すぎたかもしれません。しかし、こんなコメントもありました。
<コメント2>

コシヒカリは、田植え後25 日に茎数を確認し、遅くとも田植え後30 日ま でに中干しを開始しましょう。

 成長の差があるはずですから、茎数が15本程度になっているかを確認しなければならなかったと思います。
IMG_0104
















IMG_0103

















 3日間の中干しを終了し、夕刻から水を入れ始めました。中干し後は、間断潅水(かんすい)を行うとあります。 根の活力を維持するためには、適度な水分と酸素が必要であり、 概ね2日湛水、3日落水の周期で水管理を行うとありました。
 上水道以上に清らかな水は溝切りの道を通って田圃全体に広がっていきます。
IMG_0105

















農業・畜産ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村


 既に字「堂の前」の畑に空中栽培の苗を28本植えていますが、昨日放任栽培用の苗を11本字「岩谷」の畑に植えることにしました。品種は全て「えびす」です。5月中旬にタネ植をしましたが立派に育っています。
IMG_0097(1)

















 3年連続同じ場所の植え付けですが、カボチャは連作障害を起こさないので安心です。
 収穫直前になったジャガイモ畑の隣にゆったりと株間約3m、畝間約5mとって植えましたので、1か月後には大きく広がると思います。
 株元には敷き藁をしました。
 敷き草の効果として、

 
幼苗期は雑草に弱いので株元を除草し敷き草をします。
敷き草は土壌生物の住みかになり根圏の土壌微生物の活動を活発にさせ根張りをよくします。
ツルが1mくらい伸び出したら、風でツルがふりまわされないようにワラや枯れ草を敷きます。
敷き草は疫病の予防にもなります。

とありました。藁をツルの下に敷く作業はできません。雑草がそのかわりになればいいのですが・・・。
IMG_0099(1)

















 先日、風の影響で3本の苗が被害に遭いました。風よけは確実にしました。
IMG_0100

















農業・畜産ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村


 ほうれん草の栽培で重要なポイントは間引きであるそうです。
 間引きする理由は、2つあるとのことです。

 ^貔討鉾芽させることが重要。発芽するタイミングでバラつきが生じると、そのまま生育レベルが揃わず、収穫時期にもちぐはぐな品質のものが混在することにつながる。
◆ー穫時のほうれん草のサイズは株間によって決まる。株間が狭すぎると、1株あたりの生育範囲が狭まり、葉の数が減ります。逆に株間が広すぎると1株あたりの葉の数は増えるが、それと引き換えに畑全体の収量は減少する。


 間引きする時期は2回あり、1回目は「子葉が展開した頃」に株間を2〜3センチメートル、2回目は本葉が3〜4枚の頃で株間は5〜7センチにするそうです。
 写真は種まき後ちょうど2週間たった畑の様子です。1回目の間引きをしていないので密集している所は青々としていますが、全く発芽していない場所も見られます。
IMG_0087

















 昨日夕刻に、肥料を少しだけ蒔き株間を5〜7センチに間引きました。間引いた後にたっぷりと水を撒いた後の様子です。
IMG_0096

















農業・畜産ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村


 今年は空中栽培でカボチャを30本植えました。その内16本の苗については大きくなったので風よけの肥料袋を取ってやりました。
 しかし、その内の3本が一昨日の南風で苗があおられ、根元が切り裂かれてしまいました。赤丸の2本については根元から切れてしまい、今日1日で苗が枯れてしまいました。
IMG_0082

















 1本は、根元部分が2/3以上が切れてしまっており、これではカボチャを実らすことは難しいと考えます。せっかく大きく成長しかけた時であるので非常に残念です。
IMG_0084

















 風よけ対策することの大切さを学ばせてもらいました。苗については写真のように大きくなりましたので、根元部分に2本の棒で支柱立てをして風にあおられないよう対策を取りました。
IMG_0085

















農業・畜産ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村


このページのトップヘ