2006年02月

2006年02月28日

心の海を探る 3

57af8f96.JPG遠藤周作氏の『心の海を探る』を読みました。
この本の中にあった、東北パイオニア株式会社の赤塚幸一郎氏との対談に興味が持てました。
赤塚氏は、トマトの水耕栽培の研究を進められています。パイオニアは音響メーカーですが、植物に音楽を聴かせることで成長を促すことを実証されていることに興味を持ちました。
1日に何時間か音楽を植物に聴かせると、低周波が植物に良い影響を及ぼしていることを紹介されていました。
植物にも適度な刺激が成長を促すのなら、教育の世界こそ子供たちに良い刺激を与えなければと改めて感じさせられました。

にほんブログ村 教育ブログへ←←←クリックして頂ければ嬉しいです。



yoshiokahisayuki at 07:00コメント(0)トラックバック(0)読書教育 

2006年02月27日

ひな祭 3

c7024c9d.JPG 3月3日は、五節句の二番目「上巳(じょうし)の節句」にあたるそうです。「桃の節句」ともよく言われます。中国には、この日、水辺で身体を清め、宴会を催し、災厄を祓うという風習があったそうです。こうした中国の節句の行事と、日本に古代から伝わる禊祓(みそぎはらい)の思想や、「人形(ひとがた)」を流す風習とが混じり合って、日本ならではの上巳の節句となったそうです。
 私の住んでいる但馬地方では、何故か1ヶ月遅れの4月3日が「ひな祭」の日になります。我が家でも昨日ひな人形を末娘と私の2人で出しました。妻の実家から、孫の成長を願って祝って貰ったものです。この時期は、雛人形にお菓子を供え、人形に語る場面があります。このようにして、人形に魂が入るのかも知れません。

にほんブログ村 教育ブログへ←←←クリックして頂ければ嬉しいです。


yoshiokahisayuki at 23:47コメント(0)トラックバック(0)家庭生活雑記 

2006年02月26日

コンピュータのウイルス 3

98fa35b5.JPG 今ライブドア社の堀江氏のメール問題で大きなニュースになっています。個人情報の問題もありますが、個人の特定も場合によってはしなければならない場面があるように思います。
 今私は、コンピュータのウイルス(?)に悩まされています。メールの添付ファイルを開くことはないのですが、この3ヶ月ほど、ハードディスクを初期化しても、数日でインターネットを繋ぐと電源が落ちるようになったり、記憶のない画面に変わったりして困っています。今まで、ウイルス対策のソフトは常駐させると重くなるような気がしてインストールしていません。
 今日始めて、1年半ほど前に購入したセキュリティソフト「e frontier社のういるすきらぁ2004」をインストールしてみました。
ディスプレイにキティちゃんが登場し、ネットでデータ交換するとメッセージを出してくれます。使い方は理解できていませんが、なかなか楽しくなってくる画面になりました。

最近は、身におぼえのない出会い系のメールや英語で書かれたメールが次々に送られてきて困っています。メールソフトは「Outlook Express」を使っているのですが、簡単に迷惑メール設定をする方法はないのでしょうか。

にほんブログ村 教育ブログへ←←←クリックして頂ければ嬉しいです。



yoshiokahisayuki at 21:41コメント(0)トラックバック(0)教育雑記 

2006年02月25日

港大橋の歩道橋建設 パート2 2

48baaaf0.JPG 港大橋の歩道橋建設が進んでいます。写真のように橋脚になる部分だと思いますが、大きく長い鉄パイプが次々に打ち込まれています。
 直径1メートル、長さが数十メートルの大きな何十本もの鉄パイプが束になっています。強度計算で設計されているのでしょうが、安全係数は大きくかけられ大きな災害にも対応できるものになっていると思います。
 これらのパイプは川底に打ち込まれ、橋が完成したら目にすることはなくなると思います。構造物において土台(基礎工事)の大切さを示しています。
 教育の現場では、「特色ある学校、個性ある教育」と言われますが、人間としての土台がしっかり身についた上で、個性が生まれてくると考えます。


にほんブログ村 教育ブログへ←←←クリックして頂ければ嬉しいです。



yoshiokahisayuki at 23:52コメント(0)トラックバック(0)但馬の自然教育 

2006年02月24日

算数のできる子供を育てる 4

368dadd9.JPG 木幡寛著「算数のできる子供を育てる」を読んでみました。
 「算数・数学は未来を予測する段取り力(類推できる力、論理的な力)の育成」という言葉に興味をもちました。そして、この力を獲得するために、ベースになるかけ算の考え方「シェーマ」を使って述べてあったことが面白かったです。
 たしかに、計算できることも大切ですが、なぜそうやるかの考え方を大切にしなければならないと認識しました。

にほんブログ村 教育ブログへ←←←クリックして頂ければ嬉しいです。


yoshiokahisayuki at 23:19コメント(0)トラックバック(0)数学読書 

2006年02月23日

スライドショー 3

c825cc74.JPG 卒業生に3年間の成長の足跡として、入学式から修学旅行までの写真をスライドショーにして、CDに焼き付けてプレゼントしようと考えています。
 私のパソコンには、「@映像館」等のスライドショーソフトが入っているのですが、使い方が今一歩分かりません。そこで、以前購入した「ADAPTEC社のEasyCDCreator5」を使用して編集することにしました。メジャーなソフトですから、市内の書店で使い方を説明した本を探しましたがありませんでした。なんとか試行錯誤して作成しました。
 特に分かりにくかったのは、デジタルビデオで撮影した学級歌発表会のテープから、歌声を取り出しパソコンに取り組む作業でした。何とか、その歌声をBGMにして、写真が次々に展開していくものを作成することが出来ました。

にほんブログ村 教育ブログへ←←←クリックして頂ければ嬉しいです。


yoshiokahisayuki at 23:46コメント(2)トラックバック(0)教育学校生活 

2006年02月22日

願書提出 3

082eff72.JPG 今日、公立高校の願書を無事に済ますことができました。兵庫県の出願は、2/21〜23になっています。教師としては大きな山を越えたような気がします。
 私は、今年進路指導の担当をさせていただきました。仕事上、私学や公立の先生から高校の特色や概要を伺う機会がたくさんありました。夢を持ち地道な取り組みができれば、それぞれの学校で着実に力を伸ばしていただけることが分かりました。25年も中学校教員をしている私自身が大変勉強になりました。そして、中学校でどのような指導をすべきなのか考えさせられることが多かったです。
 どの教師も着実に成長してほしいと願っています。そのために、生徒の希望を大切にして進路指導をしてきたつもりです。そのことは天に誓って言えると思います。
 今日は、確実に願書が受け付けられたか、何度も何度も受験票の枚数を数えて、金庫にしまいました。

にほんブログ村 教育ブログへ←←←クリックして頂ければ嬉しいです。



yoshiokahisayuki at 19:53コメント(0)トラックバック(0)教育学校生活 

2006年02月21日

確定申告

fac3e29a.JPG 私は、給料から源泉徴収されていますが、年老いた父親の農業所得があるので、確定申告をしています。週末は、恒例の書類作りのためパソコンに向かっていました。そして、今日税務署に書類を提出してきました。
 農業所得の収支内訳書は、耕作面積あたりの所得標準表から小作料や育苗費等の必要経費を引いていきます。
 そして、確定申告書は、給与所得や農業所得を入力すると自動的に一覧表が出来上がるワークシートを作っています。申告書右下の納税額さえなければ、結構面白い作業に思えます。
 しかしながら、父親が健康で、畑に出て確定申告ができることに感謝をしなければならないと思っています。愚痴一つ言わず、自然に逆らわず黙々と働く後姿は、私の家族の尊敬と目標でもあります。

にほんブログ村 教育ブログへ←←←クリックして頂ければ嬉しいです。



yoshiokahisayuki at 23:15コメント(0)トラックバック(0)家庭生活農作業 

2006年02月20日

井上怜奈選手を知っていますか 3

684b0e59.JPG トリノオリンピックも後半に入りましたが、インターネットを検索していたら凄い選手を見つけました。その選手は、フィギュアペアで米国から出場し7位入賞をはたした井上怜奈選手です。
 井上選手は、5歳の時に小児喘息克服のためにスケートを始めたそうです。15歳で92年アルベール五輪にペアとして、出場を果たしたそうです。しかし、シングルで98年長野五輪出場を逃すと、ペアの魅力を忘れなかった彼女は、土壌がない日本を離れ、アメリカに渡ることを決意したということです。
 しかし、渡米した直後、前年に亡くなった父親と同じ肺がんを彼女自身に宣告されました。抗がん剤に苦しみ、1年間のリハビリの末、復帰したそうです。そして、オリンピック出場するため、昨年9月に米国籍を取得しました。

 肺がんを克服しての出場だけで感動的ですが、彼女は中学校時代に、いじめで不登校になったそうです。スケートばかりしているといじめられ、毎日公園のブランコで1日すごしていたこともあったようです。また、03年には、練習直後、意識を失って倒れ、卵巣破裂という大きな試練も味わいました。

 そんな彼女は、「才能はないが、努力する才能ならある」と、小さいときからコーチに言われ、黙々と練習を積み上げてきたそうです。
 不屈の精神で夢を求める生き様は、私たちに勇気を与えてくれます。

にほんブログ村 教育ブログへ←←←クリックして頂ければ嬉しいです。


yoshiokahisayuki at 00:59コメント(0)トラックバック(0)教育ニュース 

2006年02月19日

田舎くらし 3

2044997b.JPG 内閣府が18日発表した次の世論調査結果に興味を持ちました。都市部の住民で、「週末は田舎の農山漁村で過ごしたい」と答えた人は、団塊の世代の50歳代が最も多く、45・5%だったそうです。また、50歳代のうちの28・5%が田舎での定住を望んでいるそうです。
 田舎に住むものにとって、嬉しいニュースですが、田舎の活性化につながるかどうかは疑問に思います。ネット化が進んだ現代にこそ、付加価値の高い製品工場の誘致を進め若者の定住化を図ることを強く望みます。そのことが、人口減の解消につながったり、企業の空洞化の防止になると思います。
 今日、午後三原峠を越え、久美浜湾一周のジョグをしました。30kmを歩くようなスピードで走り(歩き?)続けました。写真はその時のコースです。まさしく田舎暮らしの写真です。田舎暮らしは、私のジョグのように時間がゆっくり進むところが良いところかも知れません。

にほんブログ村 教育ブログへ←←←クリックして頂ければ嬉しいです。



yoshiokahisayuki at 20:42コメント(2)トラックバック(0)但馬の自然マラソン(ジョギング) 
Profile

hisa

鈍足ランナーでしたが、定年退職した平成31年3月に鳥取で29回目のフルマラソンを完走しました。
退職後はランニングする気力は失せ、畑で汗を流しています。
何をするにも、「あせらず、たゆまず、トコトコと」をモットーにしたいと思います。




訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ