2007年01月

2007年01月31日

WindowsVista発売

1e504eec.jpg 昨日、"WindowsVista"が発売された。“Vista”という名称はイタリア語で“眺望”という意味だそうです。「混乱を解消し、あふれる情報を整理し、未来を垣間見せる」の意図があるということです。

 Windows Vistaの内部バージョンはWindows NT 6.0です。Windows 2000の内部バージョンがNT 5.0、Windows XPの内部バージョンがNT 5.1であったことを考えると、Windows 2000以来の大きなバージョンアップであることが伺えます。その変更の多くは信頼性とセキュリティの向上に関する変更だそうです。

 また、3Dグラフィックを使用し、透過ウィンドウ、フリップ3Dなどの視覚効果が可能で、操作性が大変良いということです。

 昨年、安いノートパソコンを購入しましたが、"WindowsVistaCapable"というシールが貼ってあります。さて、インストールに値するハード環境なのかと考えてしまいます。

 ところで、皆さんはどこのメーカーのパソコンを利用されていますか。アンケート集計をしていますので、http://yoshiokahisayuki.hp.infoseek.co.jp/an.htm をクリックして下さい。



クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  




yoshiokahisayuki at 07:16コメント(0)トラックバック(0)雑記ニュース 

2007年01月30日

角の二等分線の性質を知っていますか?

fa2dd952.jpg 写真を見てください。∠BACの二等分線ADを引くとAB:AC=BD:DCになる性質を知っていますか。先日、ある高等学校の入試問題にこの性質を用いるものがありました。
そして、この証明をするには、いろりおな方法で説明できることが分かりました。 「相似な図形」、「平行線と線分の比」、「面積比」、「円周角の定理」など中学校で学習した図形の性質を用い様々な方法で証明する良さをまとめてみました。

http://www.geocities.jp/hhhhhhh_yyyyyyy/kakunitobunsen.htmをクリックしてください。

クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  



yoshiokahisayuki at 00:10コメント(2)トラックバック(0)数学教育 

2007年01月29日

山越えの昔道

6dec8966.JPG 写真を見てください。昨日は天気もよかったので、末娘と山道を歩いてきました。
70年以上前、人々が往来しておられた道は、今は道の跡は残っていませんでした。地図には点線で書いてあるのですが・・・・。

 自動車がなかった時代は、村の行き来は、山越えが多かったようです。

 ちょっとした探検気分を味わうことが出来、娘は「恐ろしかった」と言っていました。古の生活の一端を触れることが出来たように思います。娘にとっても、私にとっても良い経験をさせてもらいました。

クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  



yoshiokahisayuki at 07:20コメント(0)トラックバック(0)但馬の自然家庭生活 

2007年01月28日

養蚕の研究発表に学ぶ(2)

2ecf1eff.JPG 写真を見てください。これは、紡いだ生糸を糸巻きに巻き取る機械です。
生徒が、市販のモーターを使って糸巻きの機械を自作したものです。

 見たことのない養蚕を自分達で調べて取り組み、糸巻き車も自作して工夫をしたのです。与えられた勉強ではなく、自らか課題意識をもって追及していった様子が伝わってきます。

 今、教育改革が問題になっています。この発表を聞いてみて、今の教育の目標が見えたような気がします。基礎的な力があってこそ、目的意識を持つとができるのでしょう。 今こそ子供たちにどのような力をつけさせたいのかを議論する必要があるように思います。

クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  



yoshiokahisayuki at 02:11コメント(0)トラックバック(0)学校生活教育 

2007年01月27日

養蚕の研究発表に学ぶ(1)

23529139.jpg 昨日、本校の総合的な学習の時間発表会があった。
 写真は、3年生の生徒が、蚕の卵を自分達で取り寄せ、夏休みをつかって育て、繭から生糸を取り出しているものです。
 自分達で課題を見つけ、山に行って餌になる桑を葉を取ってきて育てたようです。感心して研究発表を聞かせて頂きました。

 我が家でも、35年ほど前までは養蚕をしていました。窓を開け閉めしたり、炭火をおこして温度をするのが難しいと聞いたことがあります。カイコが大きくなると、動きも活発になり、家の中が「ガサガサ」と大きな音がしていたことが印象に残ります。家の周りの畑も桑畑ばかりでした。
貧しい農家の、貴重な現金収入だったと思います。

 生徒の発表のすごいところは、また次回に掲載します。

クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  



yoshiokahisayuki at 08:30コメント(1)トラックバック(0)教育学校生活 

2007年01月25日

「教育再生会議の第1次報告に異論」のニュース

自民・公明両党は24日、衆院第1議員会館で教育再生検討会を開き、教育再生会議がまとめた第1次報告について協議したニュースを目にした。

 出席者から「ゆとり教育」の見直しに異論が続出したという。「知識向上に重点が置かれている。ゆとり教育が目指す人間力の向上が大事だ」というのが理由だそうである。さらに、いじめ対応策に関しては、「現場の視点を持つべきだ」との指摘が出されたとあった。

 ブログで私見は書くことは止めようと思うが、教育の流れを変える大きな問題を含んでいると考えます。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouiku/kettei/070124houkoku.htmlに、第1次報告の内容紹介と国民の意見を受け付けるページが用意されています。国民の声をどんどん届けることが大切ではないかと思います。
私も早速、アンケートに答えようと思います。

クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  
 

yoshiokahisayuki at 07:33コメント(0)トラックバック(0)教育 

2007年01月24日

アカウンタビリティ

f299b158.JPG 教育の現場においても、説明責任(アカウンタビリティ、accountability)の重要性さが言われるようになりました。
「アカウンタビリティ」は、本来は会計学の用語だったそうです。これが今ではその他の分野でも広く使われます。
「説明責任を果たす」とは、その事柄について理解しようとする者に対し十分な情報を提供し、理解してもらうことです。分かりやすい説明することも必要であるし、専門的に高度な説明をすることも必要であると書いてありました。

写真は、昨日歯医者に行ったときに受けた「歯周疾患指導管理説明書」です。長年同じ歯科医で診てもらっていますが初めての説明でした。
ささいなことですが、着実に社会は変化していることを実感しました。


クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  


yoshiokahisayuki at 20:30コメント(1)トラックバック(0)雑記 

2007年01月23日

センター試験問題に挑戦!

f3096835.JPG 大学入試センター試験が先日行われました。私の住んでいる田舎でも、初めて試験会場が設けられました。画期的なことだと思っています。

 昨日、新聞で試験問題が発表され、私でも何とか出来そうな数学気膨戦しました。しかしながら、どうしても1問できません。かなり時間を費やしても出来ませんでした。

 写真がその問題です。このときの、ADとCDの長さの比を求める問題でした。どうしても出来なくて、今日同僚の先生に教えてもらいました。三角関数を使えば簡単に出来るものでした。そして、鮮やかに出来ることにびっくしました。

 苦労したからこそ、分った時の喜びがあるのだと思います。低次元かも知れませんが、数学の面白さを感じさせて頂きました。


クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  


yoshiokahisayuki at 20:49コメント(0)トラックバック(0)数学教育 

2007年01月22日

ローマ数字を考えよう!

915be5a2.JPG 身の回りの数字を学習することは、数学に興味を持たせるきっかけになると考えました。
 そして、投げ入れ教材的に中学校1年生を対象に「ローマ数字」を取り上げました。他の教材に応用できることはほとんどないと思いますが、ローマ数字の記数法を学ぶことによって、数学的な考え方を身につけさせる糸口になったと考えます。

 生徒は意欲的に取り組んでくれました。授業の流れは、http://www.geocities.jp/hhhhhhh_yyyyyyy/suji.htmをクリックして下さい。

クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  


yoshiokahisayuki at 20:05コメント(0)トラックバック(0)教育数学 

2007年01月21日

「手紙」

 東野圭吾著「手紙」を紹介させていただきます。
田舎の書店でも何十冊も高く積まれていた本であり買って帰りました。すると、妻も勝って読んでおり、もったいないことをしました。

 強盗殺人の家族の苦悩を描いた作品であった。兄弟の絆は「手紙」でした。進学、恋愛、就職と主人公が幸せをつかもうとするたびに、「殺人者の弟」という運命が立ちはだかり差別をうけます。そして、兄から送られてくる「手紙」が、そのきっかけになることもありました。

 しかしながら、彼を全てを理解するフィアンセに出会います。家族を思いやる姿は、感動させられました。

手紙


クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  


yoshiokahisayuki at 14:25コメント(0)トラックバック(0)雑記読書 
Profile

hisa

鈍足ランナーでしたが、定年退職した平成31年3月に鳥取で29回目のフルマラソンを完走しました。
退職後はランニングする気力は失せ、畑で汗を流しています。
何をするにも、「あせらず、たゆまず、トコトコと」をモットーにしたいと思います。




訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ